イオン銀行

イオン銀行カードローンの審査まとめ

更新日:

イオン銀行カードローンの審査まとめ

イオン銀行カードローンの審査や在籍確認・メリットやデメリットに関する説明を行っていきます。

イオン銀行カードローンの利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

イオン銀行カードローンの審査

審査の難易度

審査通過率は発表されていない

まず肝心の審査難易度に関してですが、これはイオン銀行カードローンが公表しているデータの中にはありません。

消費者金融等の中には「審査通過率」を発表しているところがあり、これは審査難易度を考える上での1つの指標にはなりますが、残念ながらイオン銀行カードローンでは審査通過率も公表されていません。

ですから、イオン銀行カードローンの審査難易度を考えるためには、申し込んだ人の口コミや評判等から判断するしかありません。

審査は難しめ

審査は難しめ

口コミや評判から総合的に判断すると、イオン銀行カードローンの審査は難しいと言えそうです。

そもそも銀行カードローンは消費者金融よりも審査基準が厳しめに設定されていることが多く、消費者金融の審査に通過した人でも銀行カードローンの審査には落ちてしまった、ということはよくあります。

金利は銀行や消費者金融からすると利益を生み出す元であるため、それが低く設定されているということは融資対象者も「確実に返済を行ってくれるであろう人」に自然と絞られていきます。

その結果、イオン銀行カードローンの審査難易度は相対的に高くなっていると考えられるのです。

そして、審査を行う上で特に重要なのが「収入等の属性」と「信用情報」の2つです。

収入等の属性

収入等の属性は、審査において「継続的な返済能力の有無」を判断するために重要となります。

属性には色々な要素がありますが、主なものを挙げると

  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 勤務先
  • 持ち家の有無

等です。

カードローンの審査においては、企業勤めの人よりも自営業の方のほうが不利になると言われています。

これは企業勤めの人よりも自営業の方のほうが収入等の面において「安定していない」と考えられやすいからです。

同じ企業に勤めている人でも、正社員の人より派遣・契約社員の方のほうが不利になりやすいのも同様の理由ですね。

その他の属性も逐一判断されていき、最終的に各銀行や業者が設定している「合格ライン」に届いていれば、属性面でのチェックは無事クリアです。

信用情報

信用情報とは信用情報機関に登録されている情報のことで「これまでの金融取引の履歴」が分かります。

信用情報をチェックすることで、例えば

「過去にクレジットカードを利用したことがあり何の問題もなく支払いを行っていた」
「消費者金融から30万円を借りたが、返済が遅れてしまったことが2度ある」

といったようなことを知ることが可能です。

属性から分かることが「現在~未来の支払い能力」だとするのであれば、信用情報から分かることは「過去の支払い実績」です。

銀行や消費者金融からすれば審査においてはどちらも重要であることは言うまでもありません。

遅延や延滞、債務整理といったマイナスの情報は一般的に異動情報と呼ばれ、この情報が信用情報に登録されているとイオン銀行カードローンでは100%審査落ちになります。

異動情報は一度登録されれば数年単位で登録され続けるため、ここ数年以内にクレジットカードや各種ローンの返済を遅延してしまったことがあるような人は、イオン銀行カードローンに審査に通過することは難しいと言えるでしょう。

この2つの要素は審査において共に重要ですが、比重としては1:9や2:8程度で信用情報のほうが重くなっているようなイメージだと思っていただけるといいでしょう。

信用情報という情報はそれほど重要なものなのです。

イオンの系列会社での取引履歴

イオンの系列会社での取引履歴

イオン銀行カードローンを利用する場合、もう1つ気を付けておかなければならないのは「イオンの系列会社でのこれまでの取引履歴」です。

イオン系列の子会社の中には、住宅ローンや保険等を取り扱っている会社があります。

過去にそれらの会社のサービスを利用して返済を遅延したことがある方は審査通過に黄信号が灯ることになります。

実際に行われるかどうかは分かりませんが、イオン銀行カードローンの審査を行う際にグループ会社での取引履歴もチェックされる可能性があるからです。

属性面もバッチリで信用情報上も何の問題もないはずなのに審査に落ちたという方がもしいらっしゃいましたら、過去にイオン系列の会社で何か問題を起こしていないかを疑ってみるといいかもしれません。

在籍確認や職場連絡はある?

在籍確認とは「申し込み者が申告した通りの職場で本当に働いているのか」を確認するために行われるもの。

カードローンの利用が職場にバレてしまうきっかけにもなりかねないため、回避できるのであれば回避したいと思っているハズ。

イオン銀行カードローンの審査では、在籍確認を行わずに済ませることは可能なのでしょうか。

基本的に在籍確認は必要

結論から言うとイオン銀行カードローンの審査は在籍確認が必須です。

ですから、イオン銀行カードローンに申し込む際には「在籍確認は行われるもの」と思っておいたほうがいいでしょう。

在籍確認を回避できる条件とは

ただし、口コミを見ていると在籍確認無しで融資を行ってもらえた!というものもいくつかありますので、条件によっては在籍確認をパスすることも可能だと考えられます。

もちろんその条件は公にされているわけではありませんのであくまで推測ですが、

  • 融資希望金額が小さい
  • 属性、信用情報共に優秀な内容
  • 他社借り入れ残高が小さい

といったような「融資対象として優秀であり、融資した場合のリスクも少ない」ような人であれば在籍確認をパスできる可能性が高いと考えられます。

ただし、在籍確認を回避するためには

「即日融資を希望しているが今日は勤務先が休みのため在籍確認を行うことができない」

といったような真っ当な理由が必要です。

「職場に電話はややこしくなるんでちょっと勘弁してもらえませんか」

といったような漠然とした理由は認められないことには注意しておきましょう。

イオン銀行カードローンのデメリット

イオン銀行カードローンのデメリット

ではここからは、イオン銀行カードローンの特徴について説明していきましょう。

まずはデメリットからです。

1.運転免許の提示が必須

まず1つ目は、インターネット経由で申し込みを行う場合は本人確認書類として「運転免許証が必須」であるということです。

一般的に、本人確認書類としては運転免許証の他にもパスポートや健康保険証等の利用が認められていますが、イオン銀行カードローンで利用できる書類は運転免許証のみと決められています。

ですから、属性や信用情報がいくら優れていても、免許を持っていなければインターネット経由でイオン銀行カードローンに申し込むことはできないのです。

運転免許証をお持ちの方であれば何も問題はないのですが、持っていない方からすれば死活問題だと言えるでしょう。

2.学生は利用できない

続いて2つ目は、学生の場合は利用できないということです。

イオン銀行カードローンではいくつかの申し込み条件が掲げられていますが、その中の1つに「学生不可」があります。

学生の方はアルバイトをしている方も多く、学生の利用を認めているカードローンも多いです。

しかし、イオン銀行カードローンは「学生」に対しての融資をしていません。学生の方は別のカードローンを探す必要があります。

3.イオン銀行の口座が無いと即日融資不可

最後は、イオン銀行の口座を所有していないと「即日融資」が受けられないということです。

即日融資が可能であるということはメリットの1つです。

しかし、イオン銀行カードローンで即日融資を受けるためにはイオン銀行の口座が必要となります。

そのため、普段からイオン銀行を利用していない人が即日融資を受けるのは無理ということになります。

同じ銀行カードローンでも三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などは、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても即日融資を受けることができるので、この違いは大きなデメリットと言えます。

イオン銀行カードローンのメリット

イオン銀行カードローンのメリット

では続いてメリットを紹介していきます。

1.上限金利が低い

利用者にとって一番嬉しいメリットは、上限金利が低めに設定されていることでしょう。

100万円未満の少額の借り入れでは、ほぼ上限金利に近い金利が適用されるため、利用者からすると上限金利がいくらかというのは非常に重要なポイントとなります。

イオン銀行カードローンの上限金利は13.8%であり、これは他の銀行カードローンと比較してみても低い部類に入ります。

低い金利のところで借りたいというのは、利用者に共通した想いでしょうからイオン銀行カードローンは非常に魅力的なカードローンであると言えます。

2.幅広い人が利用可能

続いては、幅広い人が利用可能であるということです。

先ほど学生の方は残念ながら利用できないということをお伝えしましたが、学生以外の方であれば

  • パート
  • アルバイト
  • 専業主婦
  • 自営業者
  • 年金受給者

の方でも利用可能となっています。

特に専業主婦や年金受給者の方は利用できない銀行カードローンも多いため、そういった方々にとってイオン銀行カードローンは非常にありがたい存在だと言えます。

3.土日でも即日融資可能

銀行カードローンは母体である銀行が土日に営業していないため、土日の申し込みの場合は即日融資を受けられないというケースも多々あります。

しかし、イオン銀行カードローンでは土日でも即日融資が可能で、これが3つめのメリットです。

これは、イオン銀行が土日を含め年中無休で審査を行える体制を確立しているからです。

土日が仕事休みであり、休日に急にお金が入り用になったという理由でカードローンに申し込む人もいるでしょう。

そういった人にとって土日でも即日融資可能なイオン銀行カードローンは非常に頼りになります。

ただし先ほど申し上げたように、即日融資を受けるためには「イオン銀行の口座を所有していなければならない」点には注意しておかなければなりません。

4.イオン銀行の口座無しでも利用可能

即日融資どうこうの前に、そもそも当該銀行の口座を所有していなければ利用できないという銀行カードローンもあります。

その点イオン銀行カードローンの場合は、イオン銀行の口座を所有していなくても利用することが可能であり、これが最後のメリットとなります。

口座を所有していない銀行で取り扱われているカードローンを検討している際に、利用条件として「口座の所有」が挙げられていたら、それだけで少し検討対象から外れてしまいそうになりますよね。

2つ目のメリットとして紹介した「幅広い人が利用可能である」ということも踏まえて、イオン銀行カードローンは非常に多くの人に門戸が開かれているカードローンだと言えそうです。

まとめ

以上、イオン銀行カードローンの審査や在籍確認・メリットやデメリットに関する説明でした。

低い金利設定になっており、様々な人が利用可能な非常に便利なカードローンだと言えそうです。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-イオン銀行

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.