アイフル

アイフルのまとめ

更新日:

アイフルのまとめ

消費者金融業界の業績不振で大手が続々と銀行系の傘下に入る中、アイフルだけはそのまま独自の消費者金融として営業しています。

今回は、CMでもお馴染みの大手消費者金融アイフルについて解説していきます。

利用可能額

アイフルの利用可能額は500万円?

新規での最高利用可能額は約50万円が目安

アイフルでは限度額が500万円となっていますが、これは最大金額で審査が通った場合です。

ここまで要らないけど…

と思う方もいるかもしれませんが、通常ここまでの利用額は取れません。

お金を借りる際の審査は、50万円を超えると一気に厳しくなります。

「総量規制」において、50万円を超えるか、他社の借入を合わせて100万円を超える貸付は、源泉徴収等の収入証明書が必要になるため審査が難しくなる為です。

新規で最高の利用可能額は50万円だと思っておくと良いでしょう。これは他社の消費者金融でも当てはまります。

実際はいくら借入できるの?

実際には申込みをして、審査で利用可能額は決まります。

審査は信用情報と属性で決まります。

信用情報…信用情報機関の登録情報(氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先等)、他社の借入や借入情報等

属性…年齢、家族形態、婚姻区分、居住形態、勤務先と勤務形態、年収等

上記を踏まえてみると、新規で最高50万円というのは次の様な属性の方です。

  • 借入額が他社も含め年収の3分の1
  • 他社借入は0件~1件で返済も遅れなし
  • 年齢は20代後半から50代くらいまでの働き盛り
  • 独身で親と同居か既婚者
  • 持家や分譲マンション
  • 公務員か大手企業の正社員
  • 保険証が組合か社保
  • 居住年数と勤務年数は長ければ長いほど良い
  • 年収は高ければ高いほど高評価

この辺りを押さえていると借入はスムーズにできます。

逆にパートやアルバイトの非正規雇用の場合は10万円~20万円くらいですが、他社の借入状況や属性によっても変わってきます。

更に下記の様な勤務先は人によっては住み込みで働いていて、逃げやすいイメージがあるため、残念ながら評価は低くなります。

  • パチンコ店員
  • 水商売
  • 新聞配達

更に最低5万円というものもあります。審査によっても異なりますが最低基準です。

  • 他社3社で150万円以上
  • 仕事は決まっていてこれから勤務等

取り急ぎは、仕事をしていて他社が規定内であれば大抵は利用ができると考えて良いでしょう。

余談、他社の借入0件の場合

余談ですが、他社が0件で信用情報が全く無しの場合の申込は「該当なし」とでます。

略して「該なし」と呼ばれていて、一見高く評価されそうですが、本当に該なしか?申告に偽りがないか?が重要になります。

住所は本人確認書類で確認でき、携帯電話はその場で折りかえしたり、来店ならその場で確認できますが、電話番号等は信用情報に登録がなければ確認できません。

貸す側も詐偽の被害などにあわないために、不安材料を必死で調べます。

そのため審査には時間がかかります。

利息と金利

お金を借りるにあたって、一番重要といっても過言ではないのが「利息」です。アイフルの利息はどうでしょうか?

アイフルの利息0円期間サービス

アイフルは平成28年2月28日より「利息0円」サービスを開始しました。

これは30日間利息が0円で利用ができ、期間内であれば元金のみの返済でOKのとてもお得なサービスです。

もちろん期間内は利息がかからず、一度全額返済しても、契約書を返却していなければ何度でも利用ができるのです。

利用の条件はたったの2つです。

・アイフルの利用が初めて
・無担保キャッシングローンの利用

両方を満たした場合なので、通常の新規の借入なら適用されます。

ひとつだけ注意点があります。

「契約の翌日から30日間」

つまり契約だけして、30日間が経ってしまうと残念ながら利息0円のサービスは終わってしまいます。

利息

アイフルの通常利息は年4.5%~年18.0%で遅延損害金は年20.0%です。

つまり上限金利は他の消費者金融とは変わりません。

年4.5%なんて銀行よりも安い?とつい思いがちですが、低い金利は余程の優良顧客のみに適用されます。

利用可能額が大きければ大きいほど、(金額によっての上限金利も法律で決まっているので)低い金利で契約できます。

低い利息の契約を締結していれば、借りる金額が1万円でも仮に500万円でも低い利息のままで利用ができるのです。

しかしながら、新規での利用はまず大口は有り得ないので、上限金利の年18.0%が適用されると考えた方が良いでしょう。

融資について

アイフルの借入条件は満20歳以上69歳までです。

安定した収入と返済能力がある方で、アイフルの規定内の方が申込みできます。

つまり安定した収入のない専業主婦は申込みすらNGです(これは貸金業の法律の総量規制で決められています)。

しかし、パートでもアルバイトでもしていれば主婦でも利用はできます!

すぐ借りれる?借り方と契約の流れ

借り方・申込の流れ

アイフルの申込みはネット、電話、来店(店舗、無人契約機)の方法があります。

①信用情報機関への登録と問い合わせ、個人情報についての説明を了承してスタート。

②信用情報機関への内容を確認しながら、簡単な仮審査が終わると、借入ができそうなら引き続き詳しい受付をします。

③免許証や保険証等の本人確認書類で本人確認をします。

④担当者の個人名にて勤務先への在籍確認をします。

⑤全ての審査が終わり契約です。

もちろん申込み方法や、内容によってはケースバイケースですが、流れ的には上記の様に進みます。

⑥契約が終わると契約書、カードが発行され、カードで引き出したり、口座への振込みが行われます(書類やカードは郵送)。

新規以外にも、繰返しの利用や今まで以上の利用枠を増やした増額、一度完済して再度の借入も契約書があれば面倒な手続きは殆どなくできます。

振込先について

借入はアイフルのATMはもちろん、インターネットや電話で口座への振込みも依頼できます。

振込みにかかる手数料は無料なので銀行が近い方や、引き落としがある方は銀行振り込みが特にオススメです。

他にも提携先として「コンビニのATM」や提携先も利用できます。

三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、セブン銀行、E-net、ローソンATM、西日本シティ銀行、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行が利用可能です。

コンビニは全国どこにでもあるのでとても利用しやすいです。

しかし、1万円以下の引出しで108円、1万円以上の引出しで216円の手数料がかかるので毎回の利用は負担が大きくなるので、注意が必要です。

審査・契約の時間

審査の手間・時間

消費者金融はとにかく審査のスピーディーさがウリですが、アイフルは審査を最短30分としています。

在籍確認がとれない、勤務先自体の確認がとれない、イレギュラーがある、申込みが混雑しているなどの場合は時間がかかりますが、通常であれば一時間もあれば審査は終わります。

手間を省くならネットや電話で申込をしておいて、契約を店舗や無人契約機の「無人契約でんわBOXてまいらず」で契約をすると、契約書やカードのやり取りはその場で出来、併設のATMで利用ができます。

この方法だと、わざわざ来店したのに契約が出来なかった。という事がまずないのと、書類の郵送のやり取りの手間がありません。

返済方法

アイフルの返済方法はいくつかあります。

全国のアイフルのATM

一番簡単なのがATMからカードを使っての入金です。アイフルのATMなら手数料0円で入金できます。

全国のアイフルの店頭

店頭だと、本人確認が必要になります。営業日に営業時間内に行く必要があります。手数料は0円です。

振込み

銀行等からアイフルの口座へ振込み手続きします。手数料は自分で負担します。

インターネットバンキングは対応していません。

口座振替 (自動引落)

自分の口座から毎月自動で送金されますので忘れることはありません。手続きは自分でします。

提携先金融機関ATM

三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、セブン銀行、西日本シティ銀行、親和銀行等で手数料がかかります。

コンビニ

E-net(ファミリーマート・サークルKサンクス、ポプラ・スリーエフ・デイリーヤマザキ)、ローソンATM、イオン銀行、セブン銀行や、マルチメディア端末(ファミリーマートのファミポート、ローソンのロッピー)で入金できますが、手数料がかかります。

返済方法は多々ありますが、手数料がネックです。

アイフルのメリット・デメリット

大手消費者金融のアイフルはメリットもあればデメリットもあります。

デメリット

金利

消費者金融の平均的な金利なので、銀行系のカードローンと比べると金利は高いです。

返済方法

アイフルのATMが近所にあれば一番ですが、手数料かかかる返済方法が多すぎるので、積み重なるとかなり大きくなります。

メリット

即日融資が可能

アイフルのメリットはといえば、消費者金融だからこそのスピーディーな審査です。即日融資が可能です。

無利息期間サービス

30日の無利息期間サービスがあるので返すあてがあるときにはオススメです。

まとめ

大手消費者金融のアイフルは、消費者金融なので総量規制対象ですが、パート、アルバイトをしていれば主婦でも利用可能で、とにかく審査はスピーディーです。

小口の融資で直ぐに返済するあてがあれば、30日の無利息期間サービスを利用すれば元金のみで利用も可能です。

あとは返済で手数料をいかにかけないかで、アイフルを上手く賢く使いましょう!

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-アイフル

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.