カードローン・キャッシング

カードローンとは?キャッシングとの違い

投稿日:

カードローンとは?キャッシングとの違い

ここでは普段利用している

「クレジットカードの仕組み」や
「キャッシング」と「カードローン」

とはどう違うのかについて解説します。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの比較表

融資額 返済 金利 利用までの時間
キャッシング 小口 翌月一括 高い 平均1週間
カードローン 大口 分割 低い 最短1時間

キャッシングとは?

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとは大きくまとめると「小口の融資を受けて翌月一括返済」のことをいいます。

以下のような特徴があります。

  1. クレジットカードやキャッシングカードでお金を借りること
  2. 小口の利用
  3. 返済は翌月一括払い
  4. 金利は高い

もともとは「クレジットカード」で10万円くらいまでの小口(少額)な金額をATMから引きだし、翌月の返済日に一括で銀行口座より引き落とされ返済する方法を「キャッシング」と呼んでいました。

小口(少額)の利用のため、一括での返済がしやすく総額的に大きくならず、自分でどのくらい使ったのかを管理しやすいのがポイントです。

期間も翌月までの1ヶ月と短いので、気楽に借りる事ができます。

カードローンとは?

カードローンとは?

カードローンとは「大口の融資を分割で返済する」のが特徴です。

他にも以下の特徴があります。

  1. ローンカードを使ってATMやCD(現金自動支払機)等からお金を借りる
  2. 大口の利用
  3. 分割の返済
  4. キャッシングより金利は低い傾向にあり
  5. 枠内であれば繰り返し利用可能

カードローンは銀行や消費者金融等で無担保、無保証人でローンカードを作り融資を受けます。

審査によって借入の可能額が決まり、可能額の中で返済をしながらも繰り返しの利用が可能です。

無担保、無保証人で小口の融資ではないため、借入には厳密な審査があります。

きちんと返済をするための収入が安定しているかが、大きなポイントとなります。

審査は個人の年収や家族構成などの「属性情報」や他社での借入情報としての「個人信用情報」よりコンピューターが行う「スコアリング審査」にていくらまで可能かどうかが判断されます。

ちなみに・・・

カードローンの使用使途は事業資金以外であればほぼ自由ですが、よく耳にする銀行のフリーローンとは違います。

銀行のフリーローンは1度の融資で返済のみの利用しかできませんが、銀行のカードローンであれば繰り返し利用可能です。

利用勝手はカードローンの方が断然便利です。

お金を借りるならキャッシング?カードローン?

さてお金を借りるのは「キャッシング」か「カードローン」どちらがよいのでしょうか?

うまく使い分けるにはポイントを押さえましょう!

こんなときはキャッシング?カードローン?

こんなときはキャッシング?カードローン?

こんなときはキャッシング!

「小口で翌月一括返済」が特徴のキャッシングですが、どんなときに利用すべきかというと…

・すぐに現金が必要
・海外で現金が必要

クレジットカードなのでキャッシング枠さえあれば、ATMやテレホンキャッシングができます。

クレジットカードキャッシングのやり方とメリット・デメリット

特に海外であれば両替不要で現地で調達できるのでとても安心です。

しかもほぼ全ての種類のクレジットブランドが利用できます。

利用は駅や空港、ホテルにショッピングセンターなどとあらゆる箇所で使えます。

もちろん銀行での窓口でも使えます。

その場合はクレジットカードとパスポートを提出する必要があります。

あらかじめ自分のクレジットカードに海外キャッシング枠があるかどうか、金額や回数の制限、どこでどのくらいの手数料がかかるのかを確認しておく必要があります。

こんなときはカードローン!

「大口融資で分割払い」が特徴のカードローンですが、国内で通常融資を受けるにはカードローンの方がオススメです。

審査が通ればカードローンは、100万円以上の利用可能額が設けられ、利用額に関しては自由なので極端なところで1,000円からの利用ができるところもあります。

利用方法も、融資から返済までATMや窓口、口座へ振り込みなど多岐に渡っていて、即日融資も可能なところが多いので利用勝手はよいでしょう。

どこでローンカードを作るかによって金額や金利、申し込みから融資までのスピードも違います。

もともとクレジットカードは持っていなくて、どこでお金を借りるか迷っている方にはカードローンの方が利用しやすいです。

即日融資が可能!スグ借りたい人はコチラ

キャッシングとカードローンの審査

キャッシングとカードローンの審査

無担保、無保証人でお金を借りるには厳正な審査によって判断されます。

クレジットカードで審査が甘いのはどこ?

基本的にクレジットカードを作るにあたって、「キャッシング枠」をもうけるか否かで審査はガラリと変わります。

そのなかでも審査が甘いと言われているのが、「アコムACマスターカード」です。

アコムって消費者金融?と思うところですが、消費者金融ゆえのクレジットカードなので審査の規定が異なります。

そのため審査はあるのですが、通常のものよりも甘いといわれています。

しかしながらどんなに甘いといわれる会社でも審査自体はしっかりとあるので、審査に通らなければ利用はできません。

審査の流れはどうなっているの?審査の流れは?

クレジットカードでも、ローンカードでも利用するには審査があります。審査に通らないともちろん利用はできません。

  1. 電話や来店、メールなどで申し込みをする
  2. 説明と承諾のもと、個人信用情報機関に照会、登録
  3. 上記②で問題がなければ、申込み内容詳細を確認
  4. 勤務先などの在籍確認(電話や書類にて)
  5. 最終審査にてスコアリング
  6. 契約
  7. カード発行から融資

簡単に説明すると上記が審査の流れとなります。

特に②は内容をみて問題があれば直ぐに断られるので、あまりに断られる時間が早ければここに問題がある可能性が高いのです。

審査に通らない?何故なの?

更に厳密にいえば、ショッピング枠であれば改訂割賦販売法のもとに、キャッシング枠においては改訂貸金業法が適応されます。

特にキャッシングについては、かなり厳しい審査になりなかなか簡単には通らないのです。

そのなかでも審査が通らない場合、理由としては、

  • 個人信用情報に問題がある(多重債務、携帯の料金滞納や金融事故など)
  • 本人や家族がブラックリスト
  • 多重申し込み
  • 属性が低すぎる

いくつか原因はあげられます。

個人信用情報については内容によって登録される期間が決まっているので、問題を起こせば一定期間は登録されたままになります。

例えば過去に長期延滞などで金融事故を起こしていれば即否決されます。

他にも、多重申し込みについて言えば、申し込みをするにあたってその事実が登録されます。

もちろん個人情報のため承諾してからの登録です。

しかし承諾しないと申し込みをすることができません。

申し込みをした事実は6ヶ月登録されます。

同時期に何件も申し込みをするということは、イコール生活がいっぱいいっぱいであるイコール返済できない可能性がある、とみなされます。

多くとも半年間は申込み件数は2件までにしておきましょう。

属性に関していえば、

  • 収入が不安定だったり極端に低い
  • 勤務年数1年未満
  • 住所不安定
  • 連絡手段がない

など、結局返済能力へとつながる部分がポイントになります。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリット・デメリット

銀行系のカードローンの場合

銀行系のカードローンのメリット

  • 金利が低い
  • 総量規制の対象外
  • 銀行系のためイメージが安心

銀行系のカードローンはなんといっても「金利の低さ」にあります。

審査や基準においてはかなり厳しいところもありますが、審査に通れば年10.0%未満の一桁代の金利もめずらしくありません。

更に銀行法の適応なので総量規制対象外となり、収入の3分の1を超えた金額でも審査が通れば借り入れができます。

銀行によりますが収入証明の提示も、200万円以上や300万円以上とかなり大きい金額からになります。

銀行系のカードローンのデメリット

  • 審査が厳しい
  • 審査に時間がかかる
  • 銀行口座の解説が必要な場合がある

金利も低く、利用額も大きい銀行系のカードローンは消費者金融と比べて審査が厳しいのが特徴です。

年収や属性にも基準に届かなければ審査には通らないため、ある程度の勤務年数や年収も必要です。

あらかじめ普段から給料振り込みや、公共料金の引き落としなどで利用している銀行であれば実績を考慮される場合もあります。

更に引き落としの口座をわざわざ開設する必要がないので、時間もかけずにすみます。

地方銀行などの場合は住居や勤務先の地域が限定される場合もあります。

更に融資までにかかる時間が、1週間近くかかる場合もあるので即日融資を希望する方はあらかじめどのくらいかかるのかをよく確認しましょう。

勤務先の在籍確認においては、ほぼ確実に電話確認があるので、Webで完結はできません(専業主婦に関しては連絡なしが殆ど)。

消費者金融の場合

消費者金融のカードローンのメリット

  • 審査がスピーディー
  • 当日融資が受けやすい
  • 全国に展開している
  • 無利息期間のサービスがある
  • Webで完結できるところもある

となっています。特にいちばんのメリットは「スピード」です。

早ければ申込みから融資まで1時間程度で終わるので、急な出費の対応ができます。

更に初回の融資において無利息期間のサービスを行っているところが多く、短期間の借入であればとてもお得です。

Webで完結は、申し込みから融資までカードレス、郵送物なし、更には在籍確認も書類をアップロードするだけでOKなのでとても手軽です。

即日融資可能なカードローン特集

消費者金融のデメリット

  • 利息が高い
  • 総量規制の対象
  • イメージが悪い

昔ながらの「サラ金」や「借金取り」のイメージが残っているので、借り入れにためらいを感じる方もいるでしょう。

しかし2010年に貸金業法が改正され取り立てに関しては横暴な取り立てが一切できないように規制されるようになり、金利の上限も引き下げられました。

同時に収入の「3分の1を超える借り入れはできない」という「総量規制」の対象になるため金額における制限ができてしまいました。

総量規制(そうりょうきせい)を徹底解説

多重債務に対する懸念からできた法律の改正ですが、いままで収入の3分の1を超えた金額を、毎月きちんと支払し繰返し利用してきた方にとってはかなりの痛手になりました。

さらに50万円以上の借り入れや、他社を含む借り入れが100万円以上の場合は収入証明書が必要になります。

キャッシングやカードローンの金利

銀行系カードローンの金利

銀行系カードローン
会社名 金利(年利)
みずほ銀行カードローン 3.0%~14.0%
三菱東京UFJ バンクイック 1.8%~14.6%
三井住友カードローン 4.0%~14.5%
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6%

※銀行系カードローンの上限金利は14%代が多い。

消費者金融の金利

消費者金融
会社名 金利(年利)
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

※消費者金融は上限金利が法定で定められている上限18%の場合が多い。

お金を借りるにあたって重要なのが「金利」です。

「金利」が高ければ高いほど返済の負担は大きくなります。

「金利」で借り入れ先を選ぶのも重要です。

翌月一括払いで小口の「キャッシング」よりも、長期で支払える大口の「カードローン」のほうが金利は低い傾向にありあす。

キャッシングは金利を高く設けているものの、翌月一括で支払いをするため利息をとれる期間が短くなります。

それに対してカードローンは、キャッシングと比べて金利は低いのですが、大口のため分割で毎回最低金額のみ支払うことになると、長期返済になるので総額が大きくなってしまいます。

カードローンの中でも消費者金融と銀行系のカードローンとがあり、それぞれ特徴があります。

金利で言えば消費者金融は、法律の上限ギリギリに対して銀行系のカードローンは低く設定されています。

消費者金融の金利も安心できる

消費者金融においては、2010年に貸金業法が改訂され、上限金利もあいまいだったグレーゾーンが撤廃されました。

貸付金額ごとに金利は徹底され年10.0%近く、もしくはそれ以上の引き下げが行われました。

参照:上限金利の引き下げ | 貸金業法について

しかし、銀行系のカードローンに比べるとまだまだ消費者金融の金利は高いままです。

銀行系のカードローンで低い金利の契約をするか、消費者金融で無利息期間のサービスを利用するかがポイントです。

キャッシングやカードローンの利用方法と返済

キャッシングやカードローンの利用方法と返済

キャッシングやカードローンには利用方法や返済方法がいろいろあります。

少しでも損をしないためにも、あらかじめどんな方法があるのかを知っておきましょう。

利用方法

キャッシングやカードローンの利用はカードで提携のATMやCD機などから、好きな分だけ引き出したり、指定の銀行口座へ振り込んでもらったり、店頭で本人確認をして融資を受けたりと自分の都合に合わせて様々です。

ローンカードなどで引き出す場合、どんなに少なくとも1,000円~の利用となります。

銀行系のカードローンの場合、指定口座へ振り替えとして1円~利用できるところもあるのでとても便利です。

手数料がかからない方法で利用するのであれば、お財布代わりに利用して利用でチマチマ使っていくことをオススメします。

利用の際のポイントとしては、

  • 利用の際の手数料
  • 領収書の郵送の有無など

手数料は提携先によって108円~かかってしまいます。

自社のATMや店頭であれば手数料は無料ですが、手数料がかかる場合、金利も手数料も支払うことになるので積み重なると結構大きくなるので事前に調べましょう。

領収書は発行の義務があるため、その場で発行されるか後日自宅へ送られます。

社名がわかりにくい封筒や、本人以外が開封不可の「親展」で送られたとしても家族の場合開けられる可能性があります。

家族に内緒の借り入れの場合は必ず借り入れ先の担当者へ伝えて、事前にWeb明細などを登録しておきましょう。

1番大事なのは返済?

契約をして融資を受けたら、返済の義務が生じます。

返済は遅れなく、不足金額なく、しっかり続けることで信頼の実績ができます。

借り入れは重要ですが、返済は今後の借り入れはもちろん、住宅ローン等にも響いてくるので1番大切といっても過言ではありません。

住宅ローンを組む際には、利用していないショッピング枠のみのクレジットカードさえ借金の対象になる場合があります。そのため不要なカードは解約しましょう。

融資可能額を増やす「増額」の審査や、新たに他社で借り入れをする際にもこの「返済実績」がきちんとしているかどうかで審査に通りやすくなったり、落ちたりの目安になるのです。

信用情報機関には、借り入れや直近の返済情報が登録されるので、問題があればすぐにわかってしまいます。

返済方法は

  • カードでATMやCD機から入金
  • 銀行口座へ振り込み
  • 自分の口座より自動で引き落とし
  • 郵便にて現金書留
  • 店頭で入金

といろいろな手段がありますが、現金書留や銀行振り込みは手数料がかかるのでオススメはしません。

銀行系のカードローンはあらかじめ口座を開設させて、その口座より自動で引き落としになるところが多いので、振り込み忘れる心配はありません。

口座に残高が足りない場合、そのぶんを自動で融資してくれるところもあるので便利です。

最近ではインターネットバンキングと提携していれば365日ほぼいつでも送金手続きがとれます。

自分の返済状況を把握しよう!「返済シミュレーション」

返済を続けることで、全額返済へとつながる訳ですが、一括で返済しないカードローンの場合はいつ返済が終わるのかというのを把握しにくい状態です。

そこで役にたつのが「返済シミュレーション」です。

大抵どこのホームページにも、借り入れ金額と金利、返済額を入力するだけで、回数と返済総額がわかります。

返済額のうち、どのくらいが元金に充当され、どのくらいが金利にあたるのかも計算されるのでわかりやすいです。

カードローンは最低金額が低く設定されているので、そのまま支払えば支払い総額は増えますが、途中多目に入金することで支払い総額は抑えられます。

例えば…

  • 借入後残高スライド元利定額リボルビング形式
  • 借り入れ金額50万円
  • 金利は年18.0%
  • 月々13,000円の支払いの場合

  • 全58回=4年10ヶ月
  • 総額751,057円

となります。

1回目の支払いは利息が7,500円で元金は5,500円なのに対して、最終回の58回目は10,057円の残高で利息が148円で元金は9,909円となります。

1年(12回)以内での返済を考えるのであれば最低月々45,840円を支払うと終了します。総額は550,850円です。

3年以内(34回)での返済を考えるのであれば最低月々18,076円で総額は650,743円です。

回数は重ねれば重ねるだけ支払い総額が増えるので、ボーナスの時期など余裕があるときはどんどん入金していきましょう。

ところで話が変わりますが

クレジットカードとキャッシング

クレジットカードとキャッシング

そもそもクレジットカードの「クレジット=credit」は、ラテン語の「貸し付け」の意味からきています。

「信頼、信用」の意味もありクレジット会社は無担保、無保証人の貸し付けでつけ(後払い)ができます。

クレジットカード1枚でコンビニのジュース1本から、デパートの高級品も購入できるのでとても便利なカードです。

クレジットカードには「VISA」「JCB」「MasterCard」「AMEX」などの「カードブランド」と「クレジットカード発行会社」というものがあり、この2つを組み合わせるためクレジットカードの種類はとてもたくさんあります。

カード会社は購入時の支払いをたてかえることで、加盟店より手数料をもらいます。

加盟店は便利なクレジットカードの利用によって集客をします。ここで相互に利益が生まれ合致します。

申し込みをして、審査に通ると「クレジットカード」が郵送などで送られてきて、利用できます。

後日翌月の指定日に指定口座から利用金額を引き落とされます。

クレジットカードには2つの利用用途があります。

①ショッピング枠

買い物に利用できる利用可能額が設定されます。

この枠内であればクレジットカードが使える加盟店では自由に買い物ができます。

翌月一括払いであれば、利息はかからず、分割やリボ払いで払うと、利息が生じたりします。

②キャッシング枠

現金をATMやCD機から引き出せます。

一般的には翌月一括払いで、ショッピング枠よりは低い利用可能額が設定されます。

キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれます。

そしてショッピング枠はキャッシング枠よりも優先されるので、ショッピング枠を使いきってしまうと、キャッシング枠はなくなります。

キャッシング枠を設定するには、ショッピング枠の審査とは別のより厳しい審査も必要になるので、注意が必要です。

ショッピングのみの利用しか考えていなかったり、キャッシングはしたくないという方でも、キャッシング枠は0円でも申し込みができます。

カードによっては年会費無料だったり、持っていることが大人としてのステータスとなったり様々ですが、メリットはかなり高いものです。

クレジットカードのメリット

  • 現金のようにかさばらない
  • 支払いをその場でしなくてよい
  • ポイントがたまる
  • 補償がある
  • 支払いをきちんとしていれば、クレジットヒストリーで高く信頼される
  • 現金を引き出す必要はないので手数料がかからないなど

デメリットとしては、使用金額を把握しにくいので、使いすぎる可能性があることです。

しかしながら利用可能額が設定されているのでそれ以上の利用はできない、というところで使いすぎに歯止めがかけられます。

まとめ

キャッシングとカードローン、どのような違いがあるかというと、もともとは支払い方法の違いでしたが、最近ではキャッシングもリボ払いなどが増えてきたのでそれほど明確な違いはなくなりました。

しかしながら、どちらが得かといえば断然カードローンです。

スピードと無利息期間サービスでいえば「消費者金融」ですし、金利の低さと金額でいえば「銀行系のカードローン」です。

キャッシングは、ショッピング枠があってのキャッシング枠なのでどうしても融通がききません。

どちらにしても借金は借金です。なければない方がよいものです。

金利や返済期間を考慮して、うまく付き合って便利にお得に利用しましょう。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-カードローン・キャッシング

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.