カードローン・キャッシング

カードローンとは?キャッシングとカードローンの違い

投稿日:2018年4月9日 更新日:

カードローンとは?キャッシングとの違い

「キャッシング」と「カードローン」は、どちらも現金が必要になった時に利用できる便利なサービスです。

しかし、「キャッシング」という言葉はお金を借りること全般に使われるため、最近では違いが曖昧になっています。

このページでは「クレジットカードのキャッシング」と「カードローン」について、どのような違いがあるのか解説します。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとは?

キャッシングとは?

キャッシングとは「クレジットカードのキャッシング機能を使って小口(少額)のお金を借りること」をいいます。

手元に現金がない時や、急に少額の現金が必要になった時に借り入れして、ATMなどで引き出すことができます。

キャッシングの特徴には、以下のようなものがあります。

  1. クレジットカードに付帯しているサービスである
  2. クレジットカードを使ってATMやCD(現金自動払機)などでお金を借りられる
  3. 利用額は数万円から数十万円の小口(少額)でキャッシング枠の範囲内
  4. 必ず毎月1回は口座引落しで返済
  5. 金利は高め
  6. 海外でも利用できる

クレジットカードのキャッシングは、あらかじめキャッシングの申し込みをしたクレジットカードを持っていれば、いつでも現金を引き出すことができます。

買い物をするためのショッピング枠と、お金を借りるためのキャッシング枠
クレジットカードには

・買い物をするためのショッピング枠
・お金を借りるためのキャッシング枠

の2つの枠があり、それぞれに限度額が決まっていますが、キャッシング枠はショッピング枠の中に設けられています。

例えば、ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円に設定したクレジットカード。

ショッピング枠で40万円を使っていた場合、キャッシング枠で利用できるのは20万円ではなく10万円までとなります。

ショッピング枠で限度額まで使ってしまうと、いざという時にキャッシング枠が使えなくなってしまいますので注意しましょう。

キャッシング枠を設定するには、ショッピング枠の審査より厳しい審査が必要になります。

しかし、キャッシング枠のあるクレジットカードを持っていれば、

・すぐに現金を借りられる
・海外でも利用できる

という点は、カードローンにはないメリットです。

カードローンとは?

カードローンとは?

カードローンとは「ローンカードを使って銀行や消費者金融などから大口のお金を借りること」をいいます。

ある程度まとまった金額を借り入れしたい時に利用できるサービスです。

カードローンの特徴は、以下のようなものがあります。

  1. 借り入れ専用のサービスである
  2. ローンカードを使って銀行や消費者金融などからお金を借りられる
  3. 利用額は十数万円から数百万円の大口
  4. 指定期間内にATMなどで返済
  5. キャッシングに比べて金利は低め
  6. 借り入れ限度額の範囲内であれば繰り返し利用可能

カードローンは、銀行や消費者金融などで無担保、無保証人でローンカードを作りお金を借り入れします。

事前の審査によって借り入れの可能額が決まり、借り入れ限度額の範囲内でなら、返済をしながらも繰り返しの利用が可能です。

無担保、無保証人で大口の借り入れになるため、借り入れには厳密な審査があります。

審査に通るかどうかは、きちんと返済をするために収入が安定しているかという点が、大きなポイントとなります。

また審査では、個人の年齢、職業、居住形態などの「属性情報」や、他社での借り入れ状況などの「個人信用情報」で、いくらまで借り入れ可能か判断されます。

ちなみに・・・

カードローンの利用目的は事業資金以外であればほぼ自由ですが、よく耳にする銀行のフリーローンとは違います。

利用目的が自由で、限度額の範囲内であれば繰り返し利用可能なカードローンに対し、フリーローンはあらかじめ利用目的を決めた融資で、何度も借り入れすることはできません。

一度に全額借り入れして返済していきます。

また、フリーローンは担保や連帯保証人が必要な場合もあります。

キャッシングとカードローンの比較表

カード 融資額 返済 金利 返済方法
キャッシング クレジットカード 数万円から数十万円の小口 必ず毎月1回は返済 高め 口座引落としが基本
カードローン ローンカード 十数万円から数百万円の大口 指定期間内に返済 低め 返済方法は選べる

お金を借りるならキャッシング?カードローン?

お金を借りるならキャッシング?カードローン?

さて、お金を借りるなら「キャッシング」と「カードローン」、どちらがよいのでしょうか?

うまく使い分けるためにポイントを押さえましょう!

こんなときはキャッシング

  • すぐに現金が必要
  • 審査なしでお金を借りたい
  • 海外で現金が必要

クレジットカードなので、キャッシング枠さえあればATMやCDでのキャッシングやネットキャッシング、テレホンキャッシングが利用できます。

金利は高めですが、今持っているクレジットカードですぐにお金を借りたいという時には、キャッシングがおすすめです。

また、海外でお金を借りられるという点もカードローンにはないサービスですので、海外でも利用したい方には大きなメリットです。

但し、海外キャッシングを利用するには、あらかじめ自分のクレジットカードに海外キャッシング枠があるかどうかを確認しておく必要があります。

こんなときはカードローン

  • すぐに、または近日中にお金が必要
  • ある程度まとまったお金が必要
  • できるだけ金利の低いサービスを利用したい
  • キャッシング機能がついていないクレジットカードしか持っていない

カードローンは申し込みをして審査に通らなければ利用できませんが、キャッシングより金利が低いため、ある程度まとまった金額を借り入れしたい場合には、利便性が高いサービスです。

カードローンは、審査に通れば100万円以上の利用可能額が設けられ、返済額を自由に設定できます。

返済額は1,000円から利用ができるところもあります。

利用方法は、借り入れから返済まで、ATMや窓口、口座引落しなどさまざまで、即日融資が可能なところも多いので、すぐに現金な必要な場合でも借り入れできます。

利用可能な借り入れ額や金利、申し込みから融資までにかかる時間は、どこでローンカードを作るかによって異なります。

カードローンは利用方法や返済方法のサービスが充実していますので、できるだけ金利を抑えて現金を借り入れしたい時は、カードローンがオススメです。

即日融資が可能!スグ借りたい人はコチラ

キャッシングとカードローンの金利

キャッシングとカードローンの金利

お金を借りるにあたって重要となるのが「金利」です。

金利の設定は、借入額が多いほど低く、借入額が少ないほど高く設定されます。

金利が高ければ高いほど返済の負担は大きくなるため、金利で借り入れ先を選ぶことはとても重要です。

それでは詳しく見ていきましょう。

キャッシングの金利

キャッシングの金利は、概ね15%〜18%程度と高めに設定されています。

クレジットカードにより異なりますので、利用する前によく確認しましょう。

銀行系カードローンの金利

銀行系カードローンの金利

カードローンには銀行系や消費者金融などいくつかあり、それぞれに特徴があります。

銀行系カードローン
会社名 金利(年利) 借入限度額
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 最高800万円
三菱UFJカードローン バンクイック 1.8%~14.6% 最高500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最高800万円
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6% 最高1000万円
楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9%~14.5% 最高800万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 最高800万円
住信SBIネット銀行カードローン ミスターカードローン 0.99%~14.79% 最高1200万円

(金利は2018年4月時点での調査に基づく)

※銀行系カードローンの上限金利は14%代が多い。

消費者金融のカードローンの金利

消費者金融カードローン
会社名 金利(年利) 借入限度額
アコム 3.0%~18.0% 最高800万円
アイフル 3.0%~18.0% 最高800万円
プロミス 4.5%~17.8% 最高500万円

(金利は2018年4月時点での調査に基づく)

※消費者金融の上限金利は法定で定められている上限18%の場合が多い。

「カードローン」の金利は、「クレジットカードのキャッシング」よりも低めに設定されています。

但し、消費者金融の上限金利は法律の上限ギリギリのところが多く、上限金利ではクレジットカードのキャッシングとあまり変わりません。

これに対して、銀行系カードローンは上限金利が低めに設定されていますので、金利を抑えるなら銀行系カードローンがおすすめです。

しかし消費者金融のカードローンの中には「30日間無利息」など、無利息期間を設けたサービスを提供しているところもあります。

すぐに返済できる短期の借り入れをしたい場合には、うれしいサービスです。

初めてお金を借りる!無利息期間カードローンとその条件

消費者金融の金利も上限引き下げで安心

2010年に貸金業法が改正され、消費者金融の貸出し金利の上限が大幅に引き下げられました。
(最大29.2%→最大20.0%)

これにより消費者金融でも安心して借り入れができるようになりました。

とはいえ、銀行系のカードローンに比べると、やはり消費者金融の金利は高い設定になっています。

参照:上限金利の引き下げ | 貸金業法について

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングのメリット

キャッシングのメリット

  • 審査なしですぐにお金を借りられる
  • ATMなどで手軽に利用できる
  • カードによっては海外キャッシングも可能

キャッシングは海外で利用できるクレジットカードなら、現地で必要な通貨を借り入れできる点がメリットです。

空港や現地の両替所よりもお得に利用できる場合もあります。

キャッシングのデメリット

  • 金利が高め
  • 借り入れ可能額がカードローンより少額
  • 借金の感覚が薄れがち

クレジットカードでキャッシングを利用する時には、新たに借り入れの審査を受ける必要がないため「借金をしている」という感覚が薄れがちです。

キャッシングは「借金」であるという意識をしっかり持って利用しましょう。

キャッシングのやり方とメリット・デメリットは下記で詳しく紹介しています。

クレジットカードキャッシングのやり方とメリット・デメリット

カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリット・デメリット

銀行系カードローンの場合

銀行系カードローンのメリット

  • 金利が低い
  • 借り入れ可能額はキャッシングより高額
  • 銀行系のためイメージが安心

銀行系のカードローンのメリットは、なんといっても金利の低さにあります。

審査や基準においてはかなり厳しいところもありますが、借入額によっては金利が10.0%のところもあります。

銀行系カードローンは、貸金業法ではなく銀行法が適用されるので、総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超えた金額でも審査に通れば借り入れすることができます。

但し、銀行系カードローンで多重債務者が増加したことを受け、2017年4月以降は、銀行系カードローンも自主規制により、年収の3分の1にしたり、審査を厳格化するなどの対応をとっています。

銀行系のカードローンのデメリット

銀行系のカードローンのデメリット

  • 審査が厳しい
  • 審査に時間がかかる
  • 銀行口座の開設が必要な場合がある

金利が低く、利用可能額も大きい銀行系のカードローンは、消費者金融と比べると審査がやや厳しいのが特徴です。

年収や属性情報が基準に届かなければ審査には通らないため、ある程度の勤務年数や年収も必要です。

普段から給与振り込みや、公共料金の引き落としなどで利用している銀行であれば、実績を考慮される場合もあります。

また、引き落とし口座をわざわざ開設する必要がないので、時間もかからずにすみます。(稀に証券取引用の銀行口座開設が必要な場合もあります)

消費者金融のカードローンの場合

消費者金融のカードローンのメリット

  • 審査がスピーディー
  • 即日融資が受けやすい
  • 全国に展開している
  • 無利息期間のサービスがある
  • Webで完結できるところもある

消費者金融の一番のメリットは「審査がスピーディー」という点です。

早ければ申込みから融資まで1時間程度で終わることもあるので、急に現金が必要になった場合でも対応できます。

初回の融資で無利息期間のサービスを行っているところが多く、短期間の借り入れであれば利息なしで借り入れできます。

Web完結は、申し込みから融資まで郵送物なし、在籍確認も書類をアップロードするだけでOKなので、とても手軽です。

即日融資可能なカードローン特集

消費者金融のカードローンのデメリット

  • 金利が高い
  • 総量規制の対象になる
  • 世間的なイメージが悪い

消費者金融は、昔ながらの「サラ金」や「街金」のイメージが残っているので、借り入れにためらいを感じる方もいるでしょう。

しかし2010年に貸金業法が改正され、横暴な取り立てが一切できないように規制されるようになり、金利の上限も引き下げられました。

ただ、同時に総量規制により年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはならないという借り入れ金額の制限ができてしまいました。

業者の過剰貸付けを制限し、消費者を守るためにできた法律の改正ですが、いままで年収の3分の1を超えた金額を、毎月きちんと返済し、繰返し利用してきた方にとってはかなりの痛手となりました。

総量規制(そうりょうきせい)を徹底解説

キャッシングとカードローンの審査

キャッシングとカードローンの審査

無担保、無保証人でお金を借りるためには、厳正な審査を受けなければなりません。

クレジットカードの審査とカードローンの審査を見ていきましょう。

クレジットカードで審査が甘いのはどこ?

クレジットカードのキャッシングを利用するためには、まずクレジットカードの申し込みが必要になります。

クレジットカードを作るにあたっては「キャッシング枠」を設けるか否かで審査は大きく異なります。

そのなかでも審査が甘いと言われているのは、「アコムACマスターカード」です。

クレジットカード(ACマスターカード)【アコム公式サイト】

アコムって消費者金融?と思うところですが、消費者金融ゆえのクレジットカードなので、審査の規定がクレジット会社とは少し異なり、通常のものよりも甘いといわれています。

しかし、どんなに甘いといわれる会社でも審査自体はしっかりとあるので、審査に通らなければクレジットカードを作ることはできません。

審査の流れはどうなっているの?

審査の流れはどうなっているの?
クレジットカードでもカードローンでも、利用するためには審査があります。

カードローンの審査の流れを簡単に説明します。

  1. 電話や店舗窓口、インターネットなどで申し込みをする
  2. 説明と承諾のもと、個人信用情報機関に照会、登録
  3. 上記2.で問題がなければ、申込み内容詳細を確認
  4. 勤務先などへの在籍確認(電話や書類にて)
  5. 最終審査にてスコアリング
  6. 契約
  7. カード発行、融資

申し込みの際には、運転免許証などの本人確認書類が必要です。

また、収入証明書が必要になるケースもあり、銀行系カードローンは200万円以上や300万円以上の借り入れの場合、消費者金融は50万円以上の借り入れや他社を含む借り入れが100万円以上の場合には、収入証明書の提示が求められます。

上記2.は、内容を見て問題があれば直ぐに断られるので、断られるまでの時間があまりに早ければここに問題がある可能性が高いです。

審査は

  • 個人の年収や家族構成などの「属性情報」
  • 他社での借入情報などの「個人信用情報」
  • コンピューターが行う「スコアリング審査」

で、いくらまで借り入れ可能かが判断されます。

勤務先への在籍確認は、基本的には電話確認になるためWebでは完結できません。

融資までにかかる時間は、最短で1時間程度のところもありますが、1週間近くかかる場合もありますので、即日融資を希望する方は、あらかじめどのくらい時間がかかるのかをよく確認しましょう。

審査に通らないのは何故?

審査が通らない場合、理由として下記のような点があげられます。

  • 個人信用情報に問題がある(多重債務、携帯の料金滞納や金融事故など)
  • 本人や家族がブラックリスト
  • 多重申し込み
  • 属性情報が低すぎる

個人信用情報については、内容によって登録される期間が決まっているので、問題を起こせば一定期間は登録されたままになります。

信用情報の開示方法と属性情報について

例えば、過去に長期延滞などで金融事故を起こしていれば即否決されます。

他にも、多重申し込みをすれば、借り入れの申し込みをする際にその事実が登録されてしまいます。

もちろん個人情報のため承諾してからの登録ですが、承諾しないと借り入れの申し込みをすることはできません。

借り入れの申し込みをした事実は、6ヶ月登録されます。

同時期に何件も申し込みをすれば、生活に余裕がない、返済できない可能性がある、とみなされてしまいます。

借り入れの申し込みは、6ヶ月の間で2件までにしておきましょう。

属性情報の審査では、以下のような返済能力につながる部分が判断のポイントとなります。

  • 収入が不安定だったり極端に低い
  • 勤務年数1年未満
  • 住所が不安定
  • 連絡手段がない

キャッシングやカードローンの利用方法と返済方法

キャッシングやカードローンの利用方法と返済

キャッシングやカードローンには、利用方法や返済方法がいろいろあります。

あらかじめどんな方法があるのか知っておきましょう。

利用方法

キャッシングは、クレジットカードを使ってATMやCDから現金を借り入れします。

カードローンの場合は、ローンカードを使ってATMやCDから引き出し、銀行口座へ振込み、店舗窓口で借り入れなど、自分の都合に合わせて選ぶことができます。

1,000円単位での借り入れが可能なサービスもあり利便性が高いのですが、借り入れの際に手数料がかかってしまう場合や、領収書の郵送がある場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

返済方法

返済方法

融資を受けたら、返済の義務が生じます。

遅延なく、しっかり返済し続けることで信頼の実績ができます。

クレジットカードのキャッシングの場合、返済方法は口座引き落としが基本です。

もともと「翌月一括返済」のみのサービスでしたが、分割返済できるカードローンの利用者が増えたため、クレジットカードのキャッシングも「分割返済(リボルビング払い)」ができるようになりました。

今ではキャッシングもカードローンも、分割返済ができるという点では大きな違いはありません。

分割返済(キャッシングリボ払い)は、毎月1回指定の期日に口座引き落としされますが、ATMやネットバンキングからの振込みにより臨時で増額返済も可能です。

カードローンの場合、返済方法は以下のようなものがあります。

  • ATMやCDから入金
  • 指定の銀行口座へ振込み
  • 口座自動引き落とし
  • 現金書留で送付
  • 店舗窓口で入金

銀行系のカードローンに多い口座引き落としは、口座から自動で引き落としになるので、振り込みを忘れる心配がありません。

銀行振込みは、最近ではネットバンキングを利用していれば、365日いつでもどこでも送金手続きができますが、手数料がかかるのでオススメではありません。

また現金書留は、書留代がかかる上に配達までの時間もかかりますので、あまり利用されない返済方法です。

「返済シミュレーション」で自分の返済状況を把握しよう!

返済を続けることで全額返済へとつながりますが、返済が長期に渡るカードローンの場合は、いつ返済が終わるのか、利息はどのくらいかかるのか把握しにくくなります。

そこで役に立つのが「返済シミュレーション」です。

大抵どのローン会社のホームページにもあり、借り入れ金額と金利、返済額を入力するだけで、回数と返済総額を見ることが出来ます。

返済額のうち、どのくらいが元金に充当され、どのくらいが金利にあたるのかも計算されるのでとても分かりやすいです。

返済方式はローン会社によってさまざまですが、大手消費者金融の多くは「残高スライド元利定額リボルビング方式」、「元利定率リボルビング払い」、「元金定率リボルビング払い」のいずれかを採用しています。

ここでは「残高スライド元利定額リボルビング方式」のシミュレーションの例を見てみましょう。

  • 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
  • 借り入れ金額50万円
  • 金利は年18.0%
  • 約定日制(毎月払い)
  • 月々13,000円の支払いの場合

☟の場合でシミュレーションして見ると

  • 支払い回数58回=4年10ヶ月
  • 支払い総額751,057円

となります。

回数 返済額 利息充当 元金充当 残元金
1回目 13,000円 7,500円 5,500円 494,500円
2回目 13,000円 7,417円 5,583円 488,917円
57回目 13,000円 338円 12,662円 9,909円
58回目 10,057円 148円 9,909円 0円

「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」は、借入残高に応じて、毎月の返済額が変動(スライド)する方式です。

返済が進むほど毎月の利息額は減っていきます。

上記のシミュレーションでは、1回目の返済では利息が7,500円で元金が5,500円、最終回の58回目は残高10,057円で、利息が148円で元金は9,909円となります。

借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

これを1年(12回)で返済したい場合は、月々の返済額は45,840円となり、支払い総額は550,074円となります。

3年(36回)での返済を考えるのであれば、月々18,076円で、支払い総額は650,721円となります。

カードローンは最低返済額が低く設定されていますので月々の返済はラクですが、少額づつ返済すると、支払い総額が大きくなってしまいます。

ボーナス時期など余裕がある時に出来るだけ追加返済していくことで、支払い総額を抑えることができます。

まとめ

クレジットカードのキャッシングもカードローンも、どちらも現金を借り入れることができるサービスですが、2つには以下のような違いがあります。

  • 借り入れできる上限金額が違う
  • 審査基準が違う
  • 金利が違う
  • 返済方法が違う

クレジットカードは、もともとショッピングつまり商品代金の支払いのために申し込みするもので、そのサービスに付帯したキャッシング枠で現金を引き出すことができます。

クレジットカードのキャッシングは、金利は高めですが、審査なしですぐに借り入れ出来ますので、一時的な借り入れに向いています。

一方、カードローンは借り入れの目的で申し込みをしますので、現金の借り入れがメインならば、金利が低く、返済方法などのサービスが充実しているカードローンがよいでしょう。

状況や用途、借り入れしたい金額などに応じてどちらを利用するかを選び、賢く使い分けましょう。

◆目的別で探す◆

良く読まれる記事「Best3」

おすすめカードローン”シーン別”ランキング

おすすめカードローン

あなたに、おすすめのカードローンを「シーン」別にランキングにしました。

  • スグ借りたい
  • 審査が不安
  • 女性向け

などなど、あなたにピッタリのカードローンを教えます。

お金がない時の対処法14選

お金がない時の対処法14選

ガチで”お金がナイ”時の対処法を14個まとめました。

  • 弁護士へ相談する!
  • 生活保護をもらう!
  • 保険を見直す!
  • クレジットカードを作る?
  • 掃除をする

どの方法で”お金がない”を解決するか教えます。

日本全国の「消費者金融一覧」

消費者金融一覧

日本全国の消費者金融をまとめました。

出来るだけ近くでお金を借りたい、店舗に来店して安心して借りたい。

独自の審査基準で大手よりも審査が柔軟な場合もある全国の消費者金融はコチラ。

-カードローン・キャッシング

Copyright© キャッシング7 , 2018 All Rights Reserved.