審査

カードローンの審査を元・消費者金融ライターが解説

投稿日:

カードローンの審査を元・消費者金融ライターが解説

初めてカードローンを申込むのは不安で心配。

そもそも、審査が通るのか?どんな基準で判断されるのか気になりますね。

今回はあなたが審査に通りやすい人のなのか?を知るために、カードローン審査について徹底解析します。

カードローンの審査と審査基準

信用情報と属性

カードローンの審査は、あなたの「信用情報」と「属性」により決まります。

昔は会社の規定と担当者と決済者の判断で決まっていましたが、今では信用情報と属性をスコアシートに入力すると、結果が出る「スコアリング」の審査になりました。

もちろん担当者と決済者の判断は大切なのに変わりはありませんが「スコアリング」はかなりスピーディーで、担当者レベルの問題はあまり関係なく、重要事項さえ押さえていれば、ある程度の正確さがあります。

信用情報ってなに?

信用情報は主に「他社での借入状況」です。

ここで件数が多くて会社の規定を超えているとまず落とされます。

他にも事故情報やマイナス材料が明確な場合は審査は通りません。

※信用情報についての詳細は☟の「個人信用情報機関について」で詳しく説明しています。

属性ってなに?

属性とは「顧客属性」つまり、あなた自身の個人情報です。

年齢や婚姻区分、住居区分、勤務先や勤務形態、保険証の種類などが重視されます。

以下、属性の有利・不利(通りやすい・通りにくい)をまとめてみました。

  1. 年齢は20代後半から50代くらいが働き盛りとして評価は高い
  2. 婚姻区分は独身よりも結婚している方が有利
  3. 独身でも住居が安定している家族と同居が望ましい
  4. 住居区分は持家、分譲マンションが高評価
  5. 勤務先、勤務形態については大手企業だと信用が高い
  6. 正社員の方がパートやアルバイトより評価は良い
  7. 勤務年数も長ければ長いほど評価は高く
  8. 役職もあれば申告するとプラスアルファ
  9. 部署等もしっかり伝えておくと在籍確認のときにスムーズ
  10. 保険証については社会保険か国民保険ですが、社会保険の方が評価は高い
  11. 国民保険でも組合保険などは社会保険と同様に扱われることも

どう進む?審査の流れ

どう進む?審査の流れ

カードローンの申込みをすると審査が始まりますが、その前に申込みをするにあたって

「信用情報機関の登録と問合せ」
「個人情報保護法」

についての説明があります。

ここで申込者が了承して初めて申込みが始まります。申込みをした人の個人情報は登録され、問合せされます。

※ここで登録された個人情報は審査や与信、返済能力の見極めだけに利用するので悪用されることはありません。

個人信用情報機関について

個人信用情報機関は「CIC」「JICC(日本信用情報機構)」「KSC(全銀協)」の3つに分かれています。

簡単に説明すると

「CIC」ではクレジットカードなどの信販会社やローン関係
「JICC(日本信用情報機構)」では消費者金融系
「KSC(全銀協)」では銀行や銀行系クレジットカード

の情報が取得されます。

カードローンを申込むと以下の内容が一定期間登録され、照会されます。

また個人信用情報機関に問合せることで、借入が何件でいくらあるのか、その利用状況や詳細は全て分かります。

審査の内容

本人だと特定するための情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 勤務先電話番号
  • 運転免許証等の記号番号

旧姓等での借入があると結び付いてデータが出てきます。ここで申告と違うところがあれば審査はすんなり進みません。

借入の契約内容に関する情報

  • 登録会員名
  • 新規
  • 増額
  • 再度借入等契約の種類
  • 契約日
  • 貸付日
  • 契約金額
  • 貸付金額
  • 保証額

ここで他社の借入がわかります。少なく申告しても全てわかってしまいます。

返済状況に関する情報

  • 入金日や入金額
  • 次回支払い日や完済
  • 延滞等

延滞等があるとわかります。しかもそれがどの程度の延滞かもわかります。

入力日イコール次回支払い日になっていると、不足入金ということもわかります。

取引事実に関する情報

  • 債権回収
  • 債務整理
  • 保証履行

この辺が出てくると利用はできません。

申込の情報

・申込みに関する情報

申込み履歴はおよそ6ヶ月間は登録されます。

貸付自粛の情報

・日本貸金業協会に貸付自粛依頼を申入れたことを表す情報等の日本貸金業協会情報

自分や家族が申入れると貸付自粛の情報がでます。もちろん借入はできません。

参照サイト:CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC
参照サイト:登録内容と登録期間|日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

カードローン申込み~契約まで

申込みはWebやインターネット、電話や来店等色々あります。

氏名や氏名、勤務先等、年収や希望額を申告して申込みが終わり審査に入ります。

その後、審査と平行して本人確認書類を確認し審査がほぼ通れば、勤務先の在籍確認をとります。

審査が終わると契約です。

Webやインターネットからは入力をして完結、折返し電話や来店にて契約をします。

電話の場合は申込み後に折返し電話か来店にて契約します。

来店においては申込みから契約まで完結します。

カードローン審査で落ちる場合

カードローン審査で落ちる場合

カードローンの審査が受かるポイントもあれば、落ちるポイントもあります。

ここでは確実に落ちる審査での内容を紹介します。

誤字脱字

Webやインターネットではほぼありませんが、氏名における誤字脱字はかなり致命的です。

本人かどうかを疑われます。審査が通っても契約書に誤字脱字は絶対に許されず契約できません。

仮に間違えてしまうと訂正印等が必要になります。

虚偽申告

氏名の読み方を変えて申込んだり、明らかに虚偽申告は詐偽行為にあたります。

無収入

消費者金融は年収の3分の1を超える貸付は出来ない総量規制により、専業主婦は無収入のため利用できません。

銀行系のカードローンは配偶者に安定した収入があれば利用はできますが、専業主婦でもなく無収入の場合は審査は通りません。

事故情報有り

ここで言う事故とは金融事故です。長期間の延滞や債務整理など信用情報に登録されるので直ぐにわかります。

申入み件数過剰

こちらも信用情報に登録されますが、1件落ちてまた1件と数を重ねていくと半年間は登録されたままなので、多ければ多いほど、今後も借入が増えるという不安材料になるので審査はまず通りません。

そのうえ、会社のブラックリストに問合せ多しとして登録される恐れもあります。3件くらい続けて審査に落ちたら半年間は申込みは控えましょう。

希望額過剰

自分の属性も考えなく大きすぎる希望額で申込むと、今後も借入が増える恐れがあると見なされます。

ただし、まとめ目的であれば多少は考慮されますし、まとめローンの商品などもあります。

カードローンの審査で電話の在籍確認なしはある?

カードローンの審査で電話の在籍確認なしはある?

カードローン審査で申込み者にとってとても不安なのが「在籍確認」

会社にばれたらどうしよう、と心配に思うのが普通です。

電話での在籍確認が免除されることはあるのでしょうか?

電話での在籍確認なし

まず銀行系のカードローンでは電話で勤務先の確認は絶対です。

しかし、とある人達には電話での勤務先の在籍確認は一切ありません。

それは「専業主婦」です。

専業主婦のカードローン審査

専業主婦は借入可能額は低いながらも、規定内であれば本人確認書類だけで契約ができます。

銀行系のカードローンは貸金業ではないので、貸金業法の「総量規制」は対象外になります。

その為、消費者金融では申込みすら出来ないのに、銀行系のカードローンでは在籍確認なしで借入ができます。

銀行系のカードローンでは、専業主婦でいられるイコール配偶者に安定した収入があるとみなされるからです。

更に配偶者の勤務先に電話で確認することで借入がばれてしまうと、夫婦仲が悪くなり支払いにも支障があると困るという点もあるのです。

消費者金融の場合

消費者金融においては、在籍確認は絶対なイメージです。

しかし、Webで完結の「モビット」や「プロミス」は審査時に担当者に、電話での勤務先への連絡はしたくない理由や詳細をしっかりと伝えると、社員証や直近の給料明細2ヶ月分などでOKになる場合があります。

例えば

  • 直行先へ出向しているので、連絡が来ることはまずあり得ない
  • 会社が少人数で敏感なため連絡が来ると疑われる
  • 大手のため直通番号でしか把握されていない

などの理由をしっかりと説明することが大切です。

在籍確認の方法

在籍確認という言葉を初めて聞くと、会社に電話なんてとんでもないと思いがちです。

しかし在籍確認は実はそこまで心配するものでもありません。

勤務先の在籍確認は担当者の個人名でします。第三者に借入の事実や内容を伝えることは、貸金業法で違法になるので担当者は絶対に社名は言いません。

かといって存在しない会社の名前や全く別の会社の名前で(保険会社など)を使うことももちろん違法になります。

電話での在籍確認の例

「○○(オペレーターの名前)と申しますが△△さんいらっしゃいますか?」

「△△は本日お休みです」
「△△は只今席を外しております」
「△△は外出しております」

というような内容です。

仮に「△△はいません」というような返答だと、休みでいないのか、離席中なのか退職したのかが不明なので、

「次はいついらっしゃいますか?」

と少し突っ込んだ感じになります。

休職中だったり退職したのでなければ、すんなり在籍はとれるでしょう。

しかし会社によっては個人情報の観点から一切問合せが出来なかったり、過去に金融関係からの督促が多かったりした場合も、

「お答えできません」
「いません!」

等と言われたりします。

あらかじめそんな不安があるときは担当者に相談しましょう。

時間を決めても良いですし、仲の良い同僚がいれば知り合いから連絡があるかも、などと言っておいても良いでしょう。

ただし自分でその電話にでてしまうとその場で本人確認として氏名と生年月日を言わなければならず、ちょっと大きな声では話しにくいので注意が必要です。

土日でも借りられる?カードローン審査

審査の時間

通常のカードローンの申込みはWebやインターネット、電話や来店を合わせれば365日24時間できるとうたっています。

これだけ見ると、とても便利な感じに受け取れますが、実は申込みだけで審査は営業時間内になります。もちろん窓口は平日のみなので土日祝日はお休みです。

仕事で朝が早くて夜が遅いとなかなか申込みは難しいです。

Webで完結の場合の審査

Webで完結の場合はカードレスなインターネットバンキングを利用したりすれば大丈夫ですがそれ以外だとなかなか難しいです。

そんなときには「無人契約機」がオススメです。

無人契約機は大体が土日祝日もやっていて夜も遅くまで利用ができます。

本人確認書類をもって契約機に行けばその場で全て終了します。

土日だと休みの勤務先の確認も、先に契約書やカードだけ発行して、利用は後日在籍確認がとれてから、という方法もあります。

あらかじめWebや電話である程度の申込みをしておいて審査を通しておき、契約だけ無人契約機にすれば書類の郵送のやり取りは必要ないので家族にばれる恐れもありません。

まとめ

カードローンの審査は規定内であれば、身分証明書と勤務先の確認さえとれればあまり不安にならなくてもスムーズに進みます。

不安だったり心配なときはとにかく担当者に相談するのが一番のコツです。

しかしながら借入件数が増えると返済も辛くなってしまいます。

あくまで返済計画はしっかりとたてましょう。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-審査

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.