中小消費者金融

中央リテール

更新日:

中央リテール

東京の渋谷区に店舗を構える「中央リテール」は、おまとめ専門の中小消費者金融です。

2003年からの創業で、現在ではおまとめローンとしての「貸金業法に基づくおまとめローン」と、利用目的が自由な「不動産担保ローン」を取り扱っています。

今回は中央リテールの「おまとめローン」について詳しく見ていきましょう。

中央リテールの「おまとめローン」は一体どんな人に向いて、どんな人に向いていないのでしょうか?

目次

中央リテールが向かない人

  1. お金を借りるのがはじめて
  2. 早くお金を借りたい
  3. 借入金額、件数が少ないOR極端に多い
  4. 借入の1本化は考えていない
  5. クレジットカードの利用は必須
  6. 過去に金融事故をおこしたり、延滞を繰り返している
  7. 収入がない

1)お金を借りるのがはじめて

中央リテールはおまとめローン専門なので、まとめる債務がない方の利用はできません。

はじめての借入の場合は、金利の低い「銀行系カードローン」や、利用勝手の良い「大手の消費者金融」をオススメします。

2)早くお金を借りたい

中央リテールの審査にかかる時間は「最短2時間」と公式サイトに記載されています。

最短30分をうたっている大手消費者金融や、一部の銀行系のカードローンに比べるとかなり時間がかかります。

また融資までの時間は、最短即日となっていますが、契約の際は東京の店舗に来店が必須なので、即日の融資はまず難しいでしょう。

※無人店舗はありません

土日祝日は店舗も休みなので審査も受け付けもできません。

大手消費者金融の場合、土日は無人店舗での契約が可能、申し込みから融資まで最短1時間程度なので、スピードを重視する方は消費者金融の方が良いです。

3)借入金額、件数が少ないOR極端に多い

中央リテールはある程度の金額と件数をまとめることを前提としています。

通常、金融審査は、債務は少ないほうが有利です。

しかし、中央リテールは大口の融資で利息収入を得るスタンスなので、ある程度の金額と件数が必要です。

ただ明らかに多すぎる金額は、返済を続けられなくなる恐れがあるのでNGです。

4)借入の1本化は考えていない

中央リテールは、無担保、無保証の融資に関しては、おまとめ専用の消費者金融です。

他社の借入をまとめるのは、借入の為の必須条件なので、おまとめの必要がなければ時間も手間もかかるので利用する必要はないでしょう。

5)クレジットカードが生活の必需品

融資後に借入中のすべてのカードの解約が必要になります。

仕事などで、どうしてもクレジットカードが必要な方でも、例外なく解約が必要です。

解約ができないのであれば、契約はできません。

6)過去に金融事故をおこしたり、延滞を繰り返している

金融事故は「5年を超えない期間」登録されているので、その間は審査通過が難しくなります。

審査の際は「信用情報の取得と登録」に同意をしなければ、申し込みができません。

はいくら隠しても信用情報を取得すればすべて分かってしまいますので、他社の延滞情報があれば審査は絶対に通りません。

7)収入がない

中央リテールのおまとめローンでは、安定した収入が、申し込み条件に入っています。

そのため専業主婦や学生、年金収入のみの場合は残念ながら申し込みすらできません。

さらにパート、アルバイトの場合は収入の金額から考えて審査は難しいでしょう。

向いてる人

  1. 借入金額、件数が多すぎて毎月の返済が苦しい
  2. 大手など、他社で断られた
  3. 他社での取引で延滞がほとんどない
  4. 借入は多いが返済能力はある
  5. 借金を全てなくしたい
  6. 平日休み

1)借入金額、件数が多すぎて毎月の返済が苦しい

  • 他社の借入が上限金利の年18.0%である
  • 件数や金額が多くて負担になっている

これらの場合は、おまとめすることで月々の負担も減ります。

中央リテールのおまとめローンの金利は、上限金利で年13.0%なので、返済総額も少なく抑えることができます。

2)大手など、他社で断られた

大手の消費者金融では、通常他社の借入件数が4件以上あるとNGです。

借入可能な金額に関しても、総量規制があるため年収の3分の1までしか借入ができませんが、中央リテールのおまとめローンは総量規制の対象外です。

3)他社での取引で延滞がほとんどない

他社での取引情報は、これからあなたがどんな取引をするかの参考になるので重要視されます。

特に大口のおまとめローンは貸し倒れになった場合のリスクが大きいので「他社での取引状況は通常の審査以上に重視」されます。

そのため、遅れなく返済を続けているという情報は、審査での評価を上げてくれます。

4)借入は多いが返済能力はある

「返済能力」とは、支払いを無理なくできることです。

他社の借入件数がどんなに多くても、支払いが無理なくできるのであれば多重債務者とは呼ばれません。

収入が多くて、返済に困らないのであれば中央リテールとしても、大口できちんと利息を回収できるので積極的に貸したいので審査は通りやすくなります。

5)借金を全てなくしたい

もういい加減借金生活から抜け出したい!と考えている方には、中央リテールのおまとめローンはとてもオススメです。

このおまとめローンは返済のみの商品なので、繰り返しの利用はできません。

しかも他社の解約が契約条件にあるので、クレジットカード等もすべて使用ができなくなります。

単なる完済ではなく「解約」なので契約の解除となり、再度の借入は簡単にはできません。

そこまで徹底しているので、返済のみの生活になり、借金が増えることはありません。

6)平日休み

休みの日が中央リテールのおまとめローンに関係あるの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

実は中央リテールは「契約時の来店が必須」なので、営業日の営業時間内に来店ができないと契約ができません。

場所的に考えると、東京近郊に住んでいたり勤務地があれば、来店がしやすいのですが、あなたの仕事が「土日休み」の場合は、仕事を休まなければ契約ができません。

また、契約前に本審査、契約後に他社の解約手続きをしなくてはならないので、時間はかかると思っておいたほうが良いでしょう。

中央リテールの審査と基準

中央リテールの審査は、甘くはありません。

口コミなどを見ても「最後の砦」的な消費者金融として紹介されているのですが、審査に通るにはいくつかの条件が必要になります。

なぜ審査は甘くないの?

中小の消費者金融は大手と違い、テレビCMなど広告に費用をかけていないので顧客獲得に必死になるので、審査が甘くなりがちです。

しかし、中央リテールの場合は、金額が大きいおまとめ商品です。

逃げられたり、支払い不能になって債務整理などの貸倒れになってしまえば、たとえ1件でも大きな損失になります。

そのため審査は慎重で、厳しくなるのです。

審査基準

まず申し込みの対象者の条件から見てみましょう。

  • 年齢・・・満20才以上~60才以下
  • 勤務先属性・・・安定した収入が必要で、専業主婦、フリーター、学生はNG
  • 居住地・・・原則として関東地方全域と東北地方から近畿地方までの一部のみ

年齢は上限が60才なので、他社と比べても高くはありませんが、条件としては仕事をして安定した収入が必ず必要です。

地域制限については、契約時に東京の本店への来店必須があるため関東近郊となっています。

ただし来店可能であれば、その他の地域でも応相談となっています。

公式には発表されていませんが、審査の基準と言われている4つの条件を紹介します。

  1. 借入件数4社以上、借入額150万円以上
  2. 半年以上のクリーンな返済実績
  3. 毎月7万円を超える返済金額

1)借入件数4社以上、借入額150万円以上

借入件数4社以上、借入額150万円以上が借入の目安となっています。

件数や金額が少なすぎると審査に通らないというのが「おまとめローン専用」ならではです。

以前の条件は借入件数5件以上、借入額200万円以上だったので少し緩くなったと言えますね。

件数や金額がそれほど多くなければ、他社に申し込んだ方が良いでしょう。

2)半年以上のクリーンな返済実績

おまとめローンなので融資が決まれば、大口商品になります。

返済が滞れば遅延利息は入るものの、延滞が続けば支払いが不可能になるリスクは大きくなります。

そのため他社の遅れは、審査に大きく響きます。

他社の返済実績については信用情報で確実にチェックされますので、思い当たる場合は正直に担当者に相談してみましょう。

審査に通りたいからといって、嘘をついて自分の評価を上げようとしても逆に「不誠実な人」「虚偽申告者」として不利になってしまいます。

3)毎月5万円を超える返済金額

毎月5万円以上の支払い実績が必要なのは、意外にハードルが高いです。

しかし中央リテールの返済金額は、最低5万円からと言われているので、それだけを支払い続ける返済能力が必要ということなのです。

この5万円という金額は、実は最低借入条件の150万円を借り入れて、3年間で返済した場合の最低返済金額50,541円からきています。

なぜ期間が3年なのかというと、公式サイトの返済シミュレーションの借入金額は自由に入力できますが、返済期間は3年以上からとなっているのです。

つまり大抵の返済期間の目安が3年間ということなのですね。

クイック診断

中央リテールは、申し込み前に融資可能かどうかチェックする「クイック診断」があります。

  1. 希望商品
  2. 希望金額
  3. 年齢
  4. 居住地
  5. 住居種類
  6. 職種
  7. 他社の借入件数
  8. 金額

の8項目を入力すると、融資可能かどうかの目安が瞬時にわかります。

融資が可能と思われる場合

融資可能かと思われる、との内容とともに「オンライン申し込みフォーム」「フリーダイヤル」「代表番号」の表示が出ます。

融資可能か不明の場合

融資可能か判断できず、との内容と「代表番号」の記載が出てきます。

ただしクイック診断はあくまで「目安」ですので、正式な結果は申し込まないとわかりません。

審査の流れ

中央リテールは申し込みをすると、仮審査、本審査があり、その後契約となります。

1)申し込み

①インターネット

公式サイトより「オンライン申し込みはこちら」から、個人情報の内容に同意し申し込みをします。

24時間365日申し込みOKなので、いつでも気軽に申し込めます。

②電話

代表番号とフリーコールがあります。

フリーコールは携帯電話からも可能なので、少しでも通話料が節約できますね。

電話の受け付け時間は、平日の9:00~18:00と決まっています。

2)仮審査

スコアリング審査

信用情報や、属性を確認後、スコアリング審査が行われます。

内容に問題がなければ折り返しの電話連絡で「完済までの期間や返済額など無理のない返済計画」を相談し、融資可能かの審査をします。

この電話確認では、万が一最終的に支払いが滞った際には

「給料の差押えなどの強制執行」

がなされるという最終的なことまで説明されるので、本気でまとめ融資を考えているかを判断されます。

これで全てOKであれば、勤務先の在籍確認をします。

勤務先の在籍確認

中央リテールでは在籍確認は必須です。

在籍確認は電話で行われます。

もちろん担当者の個人名で行われるので、借金の申し込みがバレることはまずありません。

ただし電話自体かかってくることが怪しいと思われてしまったり、常駐先が異なるため電話確認が難しいという場合には、あらかじめ担当者に相談しましょう。

それでも不安だったり、困るという方は在籍確認が書類でOKな会社もあるのでそちらをオススメします。

3)仮審査の結果連絡

希望した時間帯に、希望した折り返し連絡先へ、電話がかかってきます。

混み合っている場合には、希望の時間帯に連絡がこないので、予定の時間を過ぎるようなら電話をしてみましょう。

担当者から折り返しの連絡をもらえます。

4)契約の説明

融資が可能な場合は、契約日を決めて必要書類などの説明があります。

5)来店による本審査

中央リテールは契約の前に「本審査」があります。

これは来店していくつかある個室のひとつで、担当者と直接対面して行われます。

仮審査に通過していれば、ほぼ本審査は通ると言われていますが、融資申込書の記入や、必要書類に不備がある場合は審査に通らないこともあります。

遠方からの来店に関しては、時間はもちろん交通費などがかなりかかってしまいます。

6)契約

本審査に通過すると契約の説明と契約書の発行があります。

契約の際に、Webの会員登録が必須です(会員ページから取引状況を確認可能)。

7)融資

融資は振り込みではなく現金の手渡しで行われます。

8)他社の解約

担当者が一緒に同行して、完済手続きをしてくれます。

件数や借入先によっては1日かかってしまうので、契約日には他に予定は入れないほうが良いでしょう。

すべての確認が終わり次第、終了となります。

審査の時間

公式サイトに書かれているように、審査は最短2時間ですが、融資の「最短1日」はほぼ不可能です。

申し込みをしてから審査の結果が出るまで、公式ページでは最短2時間、融資までは最短1日と記載があります。

ただし、これは最短の場合なので、誰にでも当てはまるわけではありません。

週末や夕方の仕事が終わる時間帯などは、混み合ってしまい、翌営業日に持ち越しの場合が多いです。

特にネット申し込みは、申し込み自体は24時間OKでも、審査は営業時間内になるので申し込み時間によっては、2時間以上か翌日以降になります。

土日祝日に関しては、店舗は休みで無人契約機もないので即日の回答は不可能です。

翌営業日から審査がスタートするので、時間がかかると思っていたほうがよいでしょう。

仮審査が通っても、本審査や契約は来店となるので、即日の融資も難しいでしょう。

信用情報や属性情報に全く問題がなくても、必要書類を用意して、平日の営業時間内に来店して他社も全て解約するとなると、当日は厳しそうですよね。

融資までのスピードを重視するのであれば、大手がオススメです。

必要書類

中央リテールの申し込みには必要書類がいくつかあります。

本人確認書類

本人確認書類としては、運転免許証や健康保険証などがあります。

詐欺などを防ぐためにも、身分証明書の提出は必要です。

収入(所得)証明書

実際に申告先の勤務先で勤めているか?どうかの確認書類です。

更に年収の確認にもなるので、返済能力を確認できます。

収入証明書として認められるのは、「確定申告」「源泉徴収票」「直近の給料明細2ヶ月分以上」などです。

他にも契約時には「印鑑」や、現在の借入先の利用明細やカードなどが必要です。

必要書類については、人によって違うので、必ず担当者に確認しましょう。

審査落ちする人の特徴

審査が「否決」になるには、いくつかの特徴があります。

  1. 借入件数と金額に問題がある
  2. 信用情報に問題がある
  3. 来店ができない
  4. クレジットカード現金化など不正な利用をしたことがある

1)借入件数と金額に問題がある

中央リテールのおまとめローンは、ある程度の件数と金額が必要です。

そのため少なすぎても否決になってしまうんですね。

2)信用情報に問題がある

信用情報はあなたのほぼ全ての状況がわかってしまいます。

他社の借入状況や金融事故情報はもちろんのこと、氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先の情報もあるので虚偽申告もできないようになっています。

さらに半年以内の申し込み件数は、全て件数としてカウントされています。

この申し込み件数も、審査の対象となるので注意が必要です。

これからどんどん借入が増えそうな人に、なるべく融資は避けたいですよね。

3)来店ができない

中央リテールの契約は来店が必須です。

そのため居住地によっては、来店が難しかったりすると否決の原因となります。

ちなみに他社の解約の際にもスタッフが同行するので都内で手続きができない所での借入先がある場合も否決の原因となり得ます。

4)クレジットカード現金化など不正な利用をしたことがある

グレーゾーンと言われる「クレジットカードの現金化」は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化する行為です。

この現金化は、実際には還元率が低いのですが、キャッシング枠が一杯で他社のカードも利用できなくなり資金繰りが難しくなった方の最終手段的な存在になっています。

もともとクレジットカードの規約には、ショッピングとキャッシングの用途以外の利用は、違反行為でカードの停止の対象になるとの記載があります。

一時期は新幹線の回数券を大量に購入させたり、転売できるような物を買わせたりすることで、そのぶんの金額と手数料を差し引いた金額を振り込んだりしていました。

最近ではビー玉やプリントされた絵画などに高価な金額をつけてインターネットで購入させたりしています。

クレジットカードの不正利用はバレようがないように思われますが、カード会社もキャッシング一杯の顧客のチェックをしているので意外とバレる可能性が高いのです。

バレてしまえばカード停止や強制解約などになり信用情報にも内容が登録されてしまいます。

そうなると中央リテールだけでなく、ほぼローン審査には通りにくくなります。

否決理由

通常のローンへの申し込みが断られる際に「否決理由」というのは、教えてもらえないものです。

しかし、中央リテールの場合はある程度の内容であれば教えてもらえるという口コミがとても多いです。

信用情報に問題がある場合は、担当者がみるだけでわかります。

例え否決だとしても、内容がわかると納得できますし、今後の対策にも繋がります。

申し込み者にとって、とても親切ですね。

借り換え・おまとめローンのデメリット・メリット

中央リテールのおまとめローンのデメリットとメリットを比べてみましょう。

デメリット

  1. 東京への来店契約必須
  2. 知名度が低い
  3. 返済は銀行振込のみ
  4. 他社のおまとめ以外の利用不可
  5. 利用カードの解約

この中でいくつか説明します。

①知名度が低い

ヤミ金ではないのかが心配

中小の消費者金融は、大手と違ってテレビCMで見かけることがほとんどありませんよね。

「中央リテール」は本当に正式な消費者金融なのか?ヤミ金ではないのか?と心配になります。

それで良いのです。

大手の場合はほぼありませんが、中小の消費者金融は、知名度が低いことを利用したヤミ金がとても多く存在します。

似た社名や、同じようなデザインのホームページで申し込みをさせるような悪徳業者が
とても多く、被害も多くあります。

そのため正式な消費者金融かどうかは、絶対に気を付けないと、いけないポイントです。

ヤミ金に申し込みをしてしまうと、個人情報が全て流出してしまうので、違法な金利や取り立てによって後々生活が脅かされるのは間違いありません!

万が一、ヤミ金と契約してしまったら、弁護士や警察に必ず相談しましょう。

正式な消費者金融かを確認するには、自主規制機関である日本貸金業協会に加入しているかが目安になります。

こちらは金融庁からの検索ページで確認できます。

☞ 登録貸金業者情報検索入力ページ

中央リテールは、「登録番号 日本貸金業協会会員第005560号 / 東京都知事(3)31283号」

と記載があり、公式ページの住所や電話番号と一致します。

以前は他県に支店があり、関東財務局の登録でしたが、都内の本店に統合になったため、東京都知事の登録になっています。

さらにカッコ内の数字が(3)となっているので少なくとも3回は更新しています。

更新は3年ごとなので、9年以上は確実に営業しているということになります。

地図を見ても、渋谷東急の道路を挟んで目の前に、社名があるので安心ですね。

②返済は銀行振込のみ

中央リテールのおまとめローンは、融資の際には現金を手渡しで、ローンカードというものが存在しません。

返済も中央リテールの指定口座への振込のみです。

そのため都度手数料がかかってしまいます。

大手消費者金融などは、ローンカードや自社ATMがあるので、毎月の返済時や、繰り上げ返済の際に手数料がかからずに済むところが多いです。

さらに銀行からの振込も、インターネットバンキングからの入金や、自動引き落としが無料でできるので、返済日を忘れる心配もありません。

中央リテールの場合は、そういった手段が一切ないので、繰り上げ返済というよりは、毎月の返済に上乗せして返済するほうが手数料も一度に済んでお得です。

③他社のおまとめ以外の利用不可

中央リテールのおまとめローンは、利用目的が「おまとめ」にしか利用できません。

契約のときに、他社の利用明細の提出が絶対ですので、それ以上の金額は融資をしてもらえません。

現金を手渡しされても、中央リテールのスタッフを同伴して、他社の解約をしなくてはいけないので他の用途には利用できません。

④利用カードの解約

中央リテールのおまとめローンは、借金「0円」を目指していく商品です。

そのため審査後や契約の際には、ローンカードやクレジットカードを解約して、1本化するという条件を説明されます。

つまり今後の利用を考えたり、返済と利用を繰り返すことはできなくなります。

メリット

  1. 件数や金額が多くても契約可能
  2. 確実に完済へ向かえる
  3. 金利が低い
  4. 担当者全員が貸金業務取扱主任者の資格あり
  5. 総量規制対象外
  6. 諸費用一切無し
  7. 口コミ評判優良

こちらもいくつか説明します。

①金利が低い

中央リテールの金利は年10.95%~年13.0%です。

結局のところ、元金とは違い、利息のというのは借りた金額にプラスして支払う金額なの、出来るだけ限り少なくしたいものです。

新規の契約はどこも上限金利が、通常です。

上限金利で考えても、他社の消費者金融の場合は大抵年18.0%なので、中央リテールの場合は年5.0%も低くなっています。

年5.0%の金利がどのくらいの金額になるのか見てみましょう。

例)200万円を5年間で返済するときの利息金額

50万円を他社で4件、合計200万円借入して返済期間が5年の場合は、1件につき利息が261,781円なので4件分で1,047,124円です。

ところが、中央リテールの年13.0%の場合は利息は730,332円なので、316,792円も差がでてきます。

この差はかなり大きいですよね。

②担当者全員が貸金業務取扱主任者の資格あり

貸金業取扱主任者とは「貸金業に関する法令について正しい知識があり、助言や指導を行う」という役割があります。

平成21年には国家資格となり、試験での合格が必須で、営業所や事務所で50人に最低1人以上の設置が必要になっています。

私も国家資格になった時点で、勉強して休みの日に取りに行った記憶があります。

以前は簡単な研修のみで取得できたのですが、現在は試験に合格して内閣総理大臣の登録が必要なので確実な知識が必要です。

そんな「貸金業取扱主任者」の資格を、中央リテールでは担当者が全員取得しているのです。

つまり貸金業に関する知識は確実なので、会社としても安心ですし、担当者全員を信頼できるということですね。

③総量規制対象外

通常、消費者金融などの貸金業者は「年収の3分の1までしか借入不可」という貸金業の法律である「総量規制」があります。

中央リテールのおまとめローンは、返済額や金利の負担を減らし、段階的に残高を減らすことを目的としている「例外」の一部となる「顧客に一方的有利となる借り換え」として総量規制の対象外となります。

そのため消費者金融だから総量規制があるので借入ができない、と諦める必要はありません。

④口コミ評判優良

中小の消費者金融の利用にあたって、絶対に外せないのが「口コミチェック」です。

ヤミ金かどうかの確認以外にも、自分に合った商品があるのかを探すには口コミがとても役に立ちます。

中央リテールの口コミは、とても評価が高いです。

特にスタッフの対応の評価が高く、アドバイス等も最適で、仮に審査に通らなかったとしても今後どうしていくべきかの相談にのってくれます。

まれに債務整理をすすめられたり、弁護士を紹介されたという内容もみます。

中央リテールのおまとめローンに申し込む方は、債務が多くて困っている場合が多いので、残念ながら中央リテールでは融資ができなくても最善と思われる方針を提案してもらえます。

もちろん強制ではなく、あくまで提案なのでどうするかは自分次第です。

口コミをチェックする際には、良い評価のみを掲載しているサイトもあるので、1箇所だけではなく何箇所かチェックするようにしましょう。

中央リテールの返済

中央リテールの返済は、指定の銀行口座への振込のみです。

返済額

中央リテールは返済期間が、最長10年と長く設定されています。

中央リテールの公式サイトには、「返済シミュレーション」が2パターンあります。

完済までの回数と返済額のどちらかを算出できます。

最長10年と上限金利の年13.0%で考えてみましょう。

・100万円の場合…月々14,931円
・200万円の場合…月々29,862円
・300万円の場合…月々44,793円
・400万円の場合…月々59,724円
・500万円の場合…月々74,655円

さらに返済期間を半分の5年で考えてみると、期間は半分でも月々の支払いが倍になるわけではありません。

つまり、返済期間は短ければ短いほど返済総額は少なくすみます。

・100万円の場合…月々22,753円
・200万円の場合…月々45,506円
・300万円の場合…月々68,259円
・400万円の場合…月々91,012円
・500万円の場合…月々113,765円

ちなみに200万円の場合の利息をみてみましょう。

・10年の場合…1583,440円
・5年の場合…732,332円

その差は851,108円で倍以上の金額になります。

利息だけで、この金額の差は大きいですよね。

返済方法

返済方法は「元利均等」すなわち「元利定額リボルビング方式」です。

元利定額リボルビング方式とは

「元利定額リボルビング方式」は、完済まで一定額の金額を支払う返済方式です。

決まった返済額を毎月払い続けます。

この返済額には「元金」と「利息」が含まれていて、返済を続けるうちに元金の割合がだんだんと増えていきます。

そのため支払いはじめのうちは、利息の割合が大きくなかなか元金が減らないので残高も減りません。

繰り上げ返済

そこでオススメなのが「繰り上げ返済」です。

毎月の返済とは別の、余裕があるときの返済なので、繰り上げ返済をすればするほど元金に充当されていくので、早く残高が減っていきます。

ただし中央リテールは追加の借入が不可なので、無理に返済をすると生活に影響してくる恐れがあります。

余裕があるときに、繰り上げ返済を積極的にしていきましょう。

まとめ

中央リテールのおまとめローンは、増えてしまった借金を完済に向けて減らしたい方にはとてもオススメのローン商品です。

今後借金生活と決別するには、徹底して返済のみの「中央リテール」を利用してみてはいかかがでしょうか?

借金はいつかは全て返さなければいけないお金です。

少しでも利息を少なく抑えて、無駄な支払いはしないようにしましょう!

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-中小消費者金融

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.