クレジットカード

クレジットカードキャッシングのやり方とメリット・デメリット

投稿日:2018年2月15日 更新日:

クレジットカードキャッシングのやり方とメリット・デメリット

今回は、クレジットカードでキャッシングを行う方法について説明していきます。

併せて、クレジットカードキャッシングの「メリット」や「デメリット」についても触れていきますので、クレジットカードでキャッシングを行う際の参考にしてみてくださいね。

クレジットカードには2つの枠

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つの枠があり、それぞれの枠ごとに機能が異なっています。

知っておきたい!ショッピング枠とキャッシング枠の関係

クレカの2つの枠とは以下の2つのことを指します。

  1. 普段のショッピングで利用する「ショッピング枠」
  2. キャッシングを行う際に利用する「キャッシング枠」

2つ機能は別々のものなのですが、クレジットカードのシステム上切っても切り離せない関係でもあるのです。

ショッピング枠

ショッピング枠で利用できる金額はクレジットカードに設定されている限度額と同じです。

つまり限度額30万円のカードがあれば、そのカードでは「1ヵ月に30万円までショッピングができる」ことになります。

これは普段クレジットカードを利用してショッピングをしている人であれば、何となくイメージできるのではないでしょうか。

キャッシング枠

次にキャッシング枠に関してですが、キャッシング枠にはクレジットカードの限度額に含まれる、独自の上限金額が設定されています。

例えば「限度額30万円、キャッシング枠10万円」というような感じです。

このように書くと

「このカードでは30万円分のショッピングと10万円分のキャッシングができるのか!」

と思われるかもしれませんが、そうではなくキャッシング枠の金額は限度額の中に含まれる金額なのです。

つまり「キャッシング枠は限度額が残っている範囲内で利用することができて、その上限は10万円まで」ということです。

したがって、すでにショッピング枠で25万円利用していたとすると、キャッシング枠で利用できる金額は30-25=5万円ということになります。

もしその月に利用したショッピング枠が20万円以内であれば、キャッシング枠は10万円まで利用可能です。

このショッピング枠とキャッシング枠の関係を知らなければ、いざという時にキャッシングができないということになりかねないので、注意が必要です。

クレジットカードのキャッシング、やり方を解説

クレジットカードのキャッシング、やり方を解説

では実際にクレジットカードでキャッシングを行う方法について解説していきましょう。

クレジットカードのキャッシングはATMを利用して行います。

コンビニ等に設置されているATMでも銀行ATMでも大丈夫ですので、お近くのATMを利用するといいでしょう。

手順としては主に以下の5つになります。

  1. クレジットカードをATMに挿入
  2. 「お借り入れ」ボタンを選択
  3. 暗証番号を入力
  4. 返済方法を選択
  5. 借入希望金額を入力

順に説明していきましょう。

1.クレジットカードをATMに挿入

ATMでキャッシュカードを利用するのと同じ要領で、クレジットカードをATMに挿入します。

カードを挿入する向き

この時注意しておきたいのはクレジットカードを挿入する向きです。

キャッシュカード一体型のクレジットカードの場合は、挿入する向きによってクレジットカード機能を利用するか、キャッシュカード機能を利用するかが変わります。

カードの4隅のどこかに矢印と一緒に、「クレジットカードのご利用」「キャッシュカードのご利用」といったような記載がありますので、クレジットカードが利用できる向きに合わせて挿入するようにしましょう。

ATMにも2通り

ATMには、先にカードを挿入してから操作を行うATMと、カード挿入前にカードの種類を選択しなければならないATMの2種類があります。

上記の説明は前者を基にして行いましたが、後者のATMを利用する場合には画面上にある「クレジットカード」というボタンを選択してから、クレジットカードを挿入するようにしましょう。

2.「お借り入れ」ボタンを選択

実際に挿入すると、いくつかのボタンと一緒に「お借り入れ」というボタンが画面に現れますので、そちらを選択します。

クレジットカードによっては「出金」「引き出し」といったような表現になっている場合もありますので、該当するボタンを選びましょう。

3.暗証番号を入力

暗証番号を入力します。

周囲の人に暗証番号がバレないように、手元を隠すなどして最新の注意をはらいながら入力するようにしましょう。

4.返済方法を選択

続いて返済方法を選択しますが、利用するATMによって表記が若干異なる場合があります。

基本は一括払いとリボ払いの二択なのですが、一括払いが一回払いやキャッシング、リボ払いがカードローンやキャッシング・リボ払いのような表記になっているケースがありますので、慎重に選択するようにしましょう。

なお、これも利用するATMによるのですが、「4.返済方法を選択」と「5.借入希望金額を入力」の順番は前後する場合があります。

画面の指示に従って操作を続けてください。

5.借入希望金額を入力

最後に、借入希望金額を入力すればお金が出てきて無事キャッシング完了となります。

なおエラー等が出た場合には前述したような「ショッピング枠を使いすぎているため、キャッシング枠で利用できる枠を超えた金額を入力してしまっている」というようなことが考えられます。

クレジットカードの個人ページ等で、ショッピング枠とキャッシング枠の残り金額を確認してみるといいでしょう。

クレジットカードキャッシングのデメリット

クレジットカードキャッシングのデメリット

クレジットカードでキャッシングを行うことのデメリットを説明していきましょう。

1.金利は高め

借り入れを行うと返済時には必ず一定の利子を上乗せしなければなりませんが、適用される金利によって、この利子が多いか少ないかが決まります。

当然金利が低いほうが利子も少なくなりますが、クレジットカードキャッシングの金利は、利息制限法という法律で制限されている上限金利ギリギリの設定(100万円未満の融資の場合は18.0%)になっている場合がほとんどです。

同じ金額を借り入れたとしても、消費者金融や銀行カードローンを利用した場合には、より低い金利で借り入れできることが多いため、クレジットカードでのキャッシングは返済の際の負担が大きいと言えます。

2.借金をしている感覚が薄れがち

クレジットカードでキャッシングを行う際には、既に自分が所有しているクレジットカードを利用して行うため、新たに借り入れの審査を行う必要はありません(このこと自体はメリットとして考えられます)。

そのため、消費者金融や銀行カードローンに申し込む場合とは異なり、審査の申請や在籍確認といったような過程をすっ飛ばして借り入れが行えるため、「借金をしている」という感覚が希薄になりがちなのです。

クレジットカードキャッシングも消費者金融や銀行カードローンを利用する場合と同じく「借金」である、という意識をしっかり持っておくことが必要です。

クレジットカードキャッシングのメリット

クレジットカードキャッシングのメリット

続いてはメリットに関してです。

1.審査無しですぐ借りられる

先ほどデメリットの説明でも少し触れましたが、「審査無しですぐに借り入れをおこなうことができる」というのがクレジットカードキャッシングのメリットの1つでもあります。

特に、夜遅くに急きょお金が必要になってしまった場合などは、消費者金融や銀行カードローンはすでに審査受付時間が終わってしまっているということも多々あります。

そんな時でもすぐに利用できるクレジットカードキャッシングは、他にはないオンリーワンの強みを持っていると言えるでしょう。

2.コンビニATM等で手軽に利用可能

コンビニATMを利用して借り入れが行えるのもメリットです。

すぐに借り入れが行える体制が整っていても、利用できるのが金融機関のATMだけだとすれば、金融機関の営業時間外には利用できず意味がありません。

「借りたいときにすぐ借りられる」これがクレジットカードキャッシングのポイントです。

3.カードによっては海外キャッシングも可能

クレジットカードによっては海外キャッシングを利用できる場合があります。

旅行先や出張先で急きょお金が必要になったとしても、現地の言葉が分からなければどうにもならないことだってあるかもしれません。

しかし、海外キャッシングが可能なクレジットカードを持っているだけでそういった問題を全て解決することが可能です。

海外に行く際には、所有しているクレジットカードが海外キャッシングに対応しているかどうかをあらかじめ確認しておくといいですね。

返済はどのように行う?

ではキャッシングを行った後、返済はどのように行えばいいのでしょうか。

ここでは詳しくは説明しませんが、大きく分けると2通りの返済方法があります。

  1. 1.ショッピング枠と一緒に自動引落
  2. ATMで返済

まず1つは、ショッピング枠で利用した金額と一緒に、クレジットカードの引き落とし日に口座振替で支払うという方法です。

引き落とし日の前日までに、ショッピング枠の引き落とし金額とキャッシングの返済額を口座に入金しておくようにしましょう。

そしてもう1つは、借り入れを行った時と同じ様にATMを利用して返済を行う方法です。

銀行口座にお金を入金する時と同じ様な手順で、返済を行うことが可能です。

このどちらかの方法を利用して返済を行うようにしましょう。

クレジットカードの返済方法について詳しくはこちらへ
クレジットカードキャッシングの返済方法と注意点

似て非なるキャッシング枠と「クレジットカードの現金化」

似て非なるキャッシング枠と「クレジットカードの現金化」

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードキャッシングは、クレジットカードを利用して現金を得る方法(正確には現金を借りる方法ですが…)のため、「クレジットカードの現金化と同じではないのか」と思われる方がいるかもしれませんが、両社には大きな違いがあります。

それは、クレジットカードキャッシングはあらかじめカード会社がキャッシング用に設けてあるキャッシング枠を利用してお金を借り入れる方法です

しかし、クレジットカードの現金化は本来はキャッシングの用途には利用できないショッピング枠を用いて、お金を得る方法だということです。

分かりやすい例を言えば、キャッシング枠がもう利用できない状態の時にショッピング枠で買い物をして、その品を中古品のお店やリサイクルショップに売ることがそれに当たります。

カード会社の規約違反にあたる

クレジットカードの現金化は、法律上では違法ではないかもしれませんがカード会社の規約には違反しているため、行ってしまうとクレジットカードの停止・解約という処分を受ける可能性もあります。

ショッピング枠で品を買ってから売って現金化するまでの期間の長さにより、現金化に当たるのかどうかという判断の基準が曖昧であるのが、実情ですが。

キャッシング枠を上限いっぱいまで使ってしまったからと言って、クレジットカードの現金化に手を出すのは避けるようにしましょう。

まとめ

以上、クレジットカードキャッシングのやり方と、メリット・デメリットについての説明でした。

クレジットカードを利用したキャッシングは方法さえ知っておけば簡単に行えるため、金欠の時や急にお金が必要になった時など、あらゆる時に役立ちます。

◆目的別で探す◆

良く読まれる記事「Best3」

おすすめカードローン”シーン別”ランキング

おすすめカードローン

あなたに、おすすめのカードローンを「シーン」別にランキングにしました。

  • スグ借りたい
  • 審査が不安
  • 女性向け

などなど、あなたにピッタリのカードローンを教えます。

お金がない時の対処法14選

お金がない時の対処法14選

ガチで”お金がナイ”時の対処法を14個まとめました。

  • 弁護士へ相談する!
  • 生活保護をもらう!
  • 保険を見直す!
  • クレジットカードを作る?
  • 掃除をする

どの方法で”お金がない”を解決するか教えます。

日本全国の「消費者金融一覧」

消費者金融一覧

日本全国の消費者金融をまとめました。

出来るだけ近くでお金を借りたい、店舗に来店して安心して借りたい。

独自の審査基準で大手よりも審査が柔軟な場合もある全国の消費者金融はコチラ。

-クレジットカード

Copyright© キャッシング7 , 2018 All Rights Reserved.