クレジットカード

クレジットカードキャッシングのやり方とメリット・デメリット

投稿日:2018年2月15日 更新日:

クレジットカードキャッシングのやり方とメリット・デメリット

クレジットカードのキャッシングは、急に現金が必要になった時に、ATMなどで現金を借りることが出来る便利なサービスです。

今回は、クレジットカードでキャッシングする時のやり方とメリット・デメリットについて説明します。

クレジットカードでキャッシングする際に参考にしてください。

クレカ「キャッシング」のデメリットだけ見る☟

クレジットカード「キャッシング」のやり方

クレジットカード「キャッシング」のやり方

実際に、クレジットカードでキャッシングをする方法について解説していきましょう。

クレジットカードのキャッシングは、ATMやCD(現金自動払機)を利用して現金を引き出します。

コンビニなどに設置されているATMでも銀行ATMでも利用可能ですので、最寄りのATMを利用するといいでしょう。

ATMでの利用手順は、以下の通りです。

  1. クレジットカードをATMに挿入
  2. 「お借り入れ」ボタンを選択
  3. 暗証番号を入力
  4. 返済方法を選択
  5. 借り入れ希望金額を入力

それでは順に説明していきましょう。

1.クレジットカードをATMに挿入

ATMでキャッシュカードを利用するのと同じ要領で、クレジットカードをATMに挿入します。

カードを挿入する向き

カードを挿入する向き

この時に注意しておきたいのは、クレジットカードを挿入する向きです。

キャッシュカード一体型のクレジットカードの場合、挿入する向きによってクレジットカード機能を利用するか、キャッシュカード機能を利用するかが異なります。

カードの四隅のどこかに、矢印と一緒に「クレジットカードのご利用」「キャッシュカードのご利用」といった記載がありますので、クレジットカードが利用できる向きに合わせて挿入するようにしましょう。

ATMにも2通り

ATMには、先にカードを挿入してから操作を行うATMと、カード挿入前にカードの種類を選択するATMの2種類があります。

後者のATMを利用する場合には、画面上にある「クレジットカード」というボタンを選択してから、クレジットカードを挿入するようにしましょう。

2.「お借り入れ」ボタンを選択

「お借り入れ」ボタンを選択

クレジットカードを挿入すると、いくつかのボタンと一緒に「お借り入れ」というボタンが画面に現れますので、そちらを選択します。

クレジットカードによっては「出金」「引き出し」といった表現になっている場合もありますので、該当するボタンを選びましょう。

3.暗証番号を入力

4桁の暗証番号を入力します。

周囲の人に暗証番号がバレないように、手元を隠すなどして最新の注意を払って入力するようにしましょう。

4.返済方法を選択

返済方法を選択

続いて返済方法を選択しますが、利用するATMによって表記が若干異なる場合があります。

基本は「一括払い」か「リボ払い」のどちらかを選択するのですが、一括払いが「一回払い」や「キャッシング」、リボ払いが「カードローン」や「キャッシング・リボ払い」のような表記になっているケースがありますので、よく確認して選択するようにしましょう。

5.借り入れ希望金額を入力

最後に、借り入れ希望金額を入力すれば、現金が出てきて無事キャッシング完了となります。

利用するATMによっては、「4.返済方法を選択」と「5.借り入れ希望金額を入力」の順番は前後する場合があります。

画面の指示に従って操作してください。

なお、もしエラーが出た場合には、前述した「ショッピング枠を使いすぎているため、キャッシング枠で利用できる枠を超えた金額を入力してしまっている」ということが考えられます。

クレジットカード会社のサイトの個人ページなどで、ショッピング枠とキャッシング枠の残額を確認してみましょう。

クレカの「ショッピング枠」「キャッシング枠」はコチラで解説

クレジットカード「キャッシング」のデメリット

クレジットカード「キャッシング」のデメリット

クレジットカードでキャッシングをする場合のデメリットを見ていきましょう。

1.金利は高め

クレジットカードのキャッシングは、金利が高めに設定されています。

借り入れを行うと、返済時には必ず一定の利子を上乗せしなければなりませんが、当然、金利が低い方が利子は少なくてすみます。

クレジットカードのキャッシングの金利は、利息制限法で定めらている上限金利ギリギリの設定(100万円未満の融資の場合は年利18.0%)になっている場合がほとんどです。

返済が長期間になれば、それだけ利子がかさんでしまいます。

分割返済で借り入れするなら、より低い金利で借り入れできる消費者金融や銀行系のカードローンの方がお得です。

低金利で借りたい人向けカードローン

2.借り入れ額が少額

借り入れ額が少額

クレジットカードのキャッシングの限度額は、ほとんどの場合、数万円〜数十万円です。

限度額は、申込み時の審査により設定されます。

ある程度まとまった金額を借り入れをしたい人は、消費者金融や銀行系のカードローンの方が向いています。

3.ショッピング枠を使い切ってしまうと利用できない

キャッシング枠は、ショッピング枠の中に設定されているので、ショッピング枠を限度額まで使い切ってしまうと、キャッシング枠は利用できません。

キャッシング枠での利用可能額は、ショッピング枠で残っている範囲内での上限金額になります。

あらかじめ利用状況を確認しておきましょう。

4.借金をしている感覚が薄れがち

クレジットカードでキャッシングをする場合、既に自分が所有しているクレジットカードを利用するため、新たに借り入れの審査を行う必要がありません。

このこと自体はメリットと考えられますが、消費者金融や銀行系のカードローンに申込む場合とは異なり、新たに審査を受けずにすぐに借り入れできるため「借金をしている」という感覚が希薄になりがちです。

クレジットカードでのキャッシングも、消費者金融や銀行系のカードローンを利用する場合と同じく「借金である」という意識をしっかり持っておくことが大切です。

クレジットカードキャッシングのメリット

クレジットカードキャッシングのメリット

それではメリットを見ていきましょう。

1.審査なしですぐ借りられる

先ほどデメリットの中でも少し触れましたが、「審査なしですぐに借り入れできる」ということが、クレジットカードでキャッシングする大きなメリットです。

クレジットカードの申込み時にキャッシング枠の審査を受けているので、必要な時にすぐにお金を借りられます。

夜遅くに急きょお金が必要になった場合などは、消費者金融や銀行系のカードローンはすでに審査受付時間が終わってしまっていて、すぐに借り入れすることはできません。

そんな時でもすぐに借り入れできるクレジットカードのキャッシングは、他にはないオンリーワンの強みを持っていると言えるでしょう。

キャッシング枠は、クレジットカードの新規申込み時に設定していなかった場合でも、後から申込むこともできます。

2.コンビニATMなどで手軽に利用可能

コンビニATMなどで手軽に利用可能

コンビニATMを利用して借り入れできるのもメリットです。

すぐに借り入れができるクレジットカードがあっても、もし利用できるのが金融機関のATMのみだったとしたら、金融機関の営業時間外には利用できないので意味がありません。

「困った時にすぐ借りられる」ことが、クレジットカードキャッシングの魅力です。

3.カードによっては海外キャッシングも利用可能

クレジットカードによっては、海外キャッシングを利用できるものもあります。

旅行先や出張先で急きょお金が必要になった時に、現地の言葉が分からなければどうにもならないこともあるかもしれません。

しかし、海外キャッシングが可能なクレジットカードを持っていれば、そういった問題を解決できます。

また、海外のATMから現地通貨を引き出せるので、空港や両替所で両替するよりも、お得に利用できる場合もあります。

海外に行く際には、持っているクレジットカードが海外キャッシングに対応しているかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法

返済はどのように行えばいいのでしょうか。

ここでは3つの返済方法について解説します。

  1. 口座引き落としによる翌月一括返済
  2. 口座引き落としによる分割返済(リボルビング払い)
  3. ATMやネットバンキングからの繰り上げ返済

クレジットカードのキャッシングの返済方法は、基本的にショッピング枠で利用した金額と併せて口座引き落としになります。

借り入れの際に「翌月一括返済」か「分割返済(リボルビング払い)」を選択できます。

口座引き落としによる翌月一括返済

ひと月に利用した金額を、翌月の引落日に一括で自動引き落としで返済する方法です。

利用金額が大きければ、翌月の負担は大きくなりますが、長期的な返済になる心配がなく、かかる利子もひと月分だけで済みます。

引き落とし日の前日までに、ショッピング枠とキャッシング枠の返済額を口座に入金しておくようにしましょう。

口座引き落としによる分割返済(リボルビング払い)

口座引き落としによる分割返済(リボルビング払い)

利用した翌月の引落日から、自動引き落としで一定額ずつ分割で返済する方法です。

返済額が一定なので毎月の負担が少なくて済む一方、完済までに時間がかかります。

ATMやネットバンキングからの繰り上げ返済

分割返済にした場合、クレジットカード会社によっては、ATMやネットバンキングからの繰り上げ返済が可能な場合があります。

毎月の指定日の返済とは別に、銀行口座にお金を入金する時と同じような手順で返済できます。

繰り上げ返済は、返済分をすべて元金の返済に充てられるので、借り入れ期間を短縮し、発生する利子を減らすことができます。

余裕ができたら、できるだけ繰り上げ返済を活用しましょう。

クレジットカードのキャッシング返済方法について詳しくはこちらへ
クレジットカードキャッシングの返済方法と注意点

ところで話は変わりますが...

似て非なるキャッシング枠と「クレジットカードの現金化」

似て非なるキャッシング枠と「クレジットカードの現金化」

クレジットカードの現金化とは、本来キャッシングの用途には利用できないショッピング枠を用いてお金を得る方法です。

分かりやすい例で言えば、キャッシング枠がもう利用できない状態の時に、ショッピング枠で買い物をして、その品物を中古品のお店やリサイクルショップに売って現金化することがこれに当たります。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードを利用して現金を借り入れする方法であるため、「クレジットカードの現金化と同じではないのか?」と思われる方がいるかもしれません。

しかし、この2つには大きな違いがあります。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカード会社があらかじめキャッシング用に設けてあるキャッシング枠を利用してお金を借り入れます。

ショッピング枠は、ショッピングの購入代金の支払いが目的ですので、キャッシングには利用できません。

つまり、本来の利用用途ではない方法でお金を得るのが「クレジットカードの現金化」です。

カード会社の規約違反にあたる

クレジットカードの現金化は、法律上は違法ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約には違反しています。

ショッピング枠で品物を買って現金化するまでの期間や方法によって、その行為が現金化に当たるのかどうかの判断基準は曖昧です。

しかし、もし現金化と判断されれば、クレジットカードの停止・解約という処分を受ける可能性があります。

キャッシング枠を上限いっぱいまで使ってしまったからと言って、クレジットカードの現金化に手を出すのはやめましょう。

まとめ

以上、クレジットカードでキャッシングするやり方と、メリット・デメリットについての説明でした。

クレジットカードのキャッシングは、方法さえ知っておけば簡単に利用できますので、金欠の時や急に現金が必要になった時には、大変便利なサービスです。

ただし金利が高いため、安易に利用すると返済に苦労することになります。

利用する際には、借金するという意識を持って、返済計画を立てた上で利用しましょう。

☞ 審査が甘いキャッシング会社は?通らない・落ちた理由も教えます

◆目的別で探す◆

良く読まれる記事「Best3」

おすすめカードローン”シーン別”ランキング

おすすめカードローン

あなたに、おすすめのカードローンを「シーン」別にランキングにしました。

  • スグ借りたい
  • 審査が不安
  • 女性向け

などなど、あなたにピッタリのカードローンを教えます。

お金がない時の対処法14選

お金がない時の対処法14選

ガチで”お金がナイ”時の対処法を14個まとめました。

  • 弁護士へ相談する!
  • 生活保護をもらう!
  • 保険を見直す!
  • クレジットカードを作る?
  • 掃除をする

どの方法で”お金がない”を解決するか教えます。

日本全国の「消費者金融一覧」

消費者金融一覧

日本全国の消費者金融をまとめました。

出来るだけ近くでお金を借りたい、店舗に来店して安心して借りたい。

独自の審査基準で大手よりも審査が柔軟な場合もある全国の消費者金融はコチラ。

-クレジットカード

Copyright© キャッシング7 , 2018 All Rights Reserved.