お金借りる

初めてキャッシングでお金を借りる方法

更新日:

初めてキャッシングをする前に覚えておきたい5つのこと

カードローンキャッシングはお金のピンチに備える1つの手段。

今回は「初めてのキャッシング」をする前に思う疑問についてお答えします。

キャッシングする前に「キャッシング」を知る

キャッシングってつまりローンのこと?

キャッシングとはカードや機械を通じて、お金を借りるサービスのことを指します。

クレジットカードのキャッシング機能やカードローンのキャッシングサービスが一般的ですが、双方メリット・デメリットが異なります。

クレジットカードのキャッシング機能

キャッシング機能付きのクレジットカードの場合、個人の属性や使用状況により決まった上限でお金を借りることができます。

新たにカードローン会社と契約する必要がない一方、限度額が低めに設定されており大口融資には不向き!海外旅行などで両替が必要な場合、便利な機能と言えるでしょう。

カードローン

銀行や消費者金融によるキャッシングサービスのこと。

金利は金融機関により異なりますが、小口融資から大口融資まで幅広く対応しています。

いざというときに何かと便利になるカードローンですが、そのサービス・利便性の高さ故、計画的に返済出来る自信がある方以外はオススメいたしません。

クレカのショッピング枠もローンなの?

クレカのショッピング枠もローンなの?
私達がお店でクレジットカード支払いをすると、カード会社は私達の代わりに代金を支払います。

お店は利用手数料を差し引かれた代金をカード会社から受け取り、私達はカード会社に利用した分の代金を支払います。

これをショッピング機能と呼び、特に高額商品を購入する場合非常に重宝します。

ショッピング枠に関しても、一度カード会社が利用者とお店を仲介し、代金を立て替えているわけなので一種のローンと言えるでしょう。

キャッシングと総量規制

キャッシングを考える前に絶対知らなければならない要素として総量規制が挙げられます。

総量規制とはいわゆる借り過ぎを防ぐ為に設定された貸金業法のこと。

シンプルにローン利用者は年収の1/3以上の借り入れは出来ないというものです。

しかし銀行カードローンの場合は総量規制の対象外となり、年収によらず大口融資も可能。

逆に消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能に関しては、総量規制の対象になり、年収の1/3以上の借り入れは不可!

また複数の借り入れがある場合(銀行は例外)、個々の額ではなくトータルの借り入れ額が総量規制の括りになるので注意が必要です。

初めてのキャッシング!それぞれのカードローン特徴まとめ

初めてのキャッシング!それぞれのカードローン特徴まとめ

  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融
  • 信販系カードローン

3つのカードローンについて解説します。

低金利が嬉しい、銀行カードローン

銀行カードローン最大の特徴は、その金利の低さ。

平均で5~15%の間で動く金利を誇る銀行カードローンですが、金利が低い分厳格な審査が待ち構えています。

銀行の審査は「独自審査」プラス「保証会社」と呼ばれる外部組織との二重審査が待ち構えているので審査はかなり厳しめ。

無担保そして年収の1/3以上も借入れ出来るのが魅力的な銀行カードローンですが、多重債務になるのを恐れ、昨今融資を渋る銀行も増えてきています。

低金利でお金を借りられて、何より銀行からの借金という安心感こそが最大のメリットでありデメリットであるのかもしれません。

全国のカードローンまとめ

消費者金融カードローン

銀行カードローンと異なり、柔軟な審査と高金利で知られるのが消費者金融カードローン。

審査基準は銀行と大差ありませんが、各社の審査のみで保証会社による審査はありません。

金利幅は10~18%と高いですが、各社即日融資や30日間無利息サービスなど美味しい特典も満載なので、金利と反比例して利用者の口コミはなかなか好感触!

また中小規模の消費者金融は、収入や在職歴が安定しない新入社員や転職直後の方、もしくは信用情報に傷がある方の審査にも前向きなので、大手以外の消費者金融もある種の選択肢になることを覚えておきましょう。

即日融資、消費者金融の解説

クレカと合わせて使いたい、信販系カードローン

銀行、消費者金融と合わせて覚えておきたいのが信販系カードローン。

両者の間で存在感が薄れがちな信販系カードローンですが、セディナやオリコなどのクレジットカード会社によるキャッシングが信販系カードローンです。

信販系カードローンのデメリットとして審査からカード発行まで時間がかかることが挙げられます。

金利や審査に関しては銀行と消費者金融の中間を行ったり来たり、格段の特徴がないのが信販系カードローン……

ただしカードローンを使わなくても、お得な特典やサービスが充実しているのは嬉しい限り!

キャッシング初心者必見!申込方法と審査方法

Webで簡単完結申し込み

Webで簡単完結申し込み

消費者金融、銀行カードローンともに、いくつかの申し込み方法があります。

店舗がある場合直接窓口申し込みも可能ですし、電話や郵送、FAXなどでもOK。

しかし一番簡単なのが「Web経由」での申し込み。

いわゆる「Web完結申し込み」と言われる方法で、書類による郵送が必要なくネットで全ての手続きを完了出来るため、即日審査にも向いている申請方法です。

無人契約機でスピーディーにローンカードGET

個人的に一番オススメするのが無人契約機による審査です。

拘束時間が長いのはデメリットと言えますが、その代わり即日でローンカードを発行してくれるので、銀行の営業時間外だから即日融資が無理だった……なんて最悪なパターンも避けられます。

ただし銀行、消費者金融によっては、無人契約機を設置していない金融機関もあるので要注意。

どうしてもお急ぎで融資を受けたい!だけど無人契約機がないという場合は、直接店舗に足を運んでの窓口契約をオススメいたします。

審査のポイントと注意点

カードローン審査では

  1. 毎月の定収入
  2. 勤続歴
  3. 過去の借入れ状況

上記3つが、審査通過の可否に大きく影響します。

他にも固定電話の有無や家族構成、持ち家があるかないかも関係してきますが、トータルでこの人にお金を貸しても返ってくるのか?という当たり前な審査をするわけですね。

一概に年収が低いから、正社員ではないから審査に通過しない!とは言い切れませんが、やはり

正社員>派遣社員>アルバイト>フリーランサー

の順で審査が通りにくくなってきます。

年収に関しては最低でも200万前後がボーダーラインになっており、まだ収入が安定しない方は消費者金融・銀行に関わらず融資が厳しくなるのは言うまでもありません。

返済方法について

返済方法に関しても各々の金融機関によって異なりますが、リボルビング方式が一般的。

毎月の支払い額が一定なので、無理せずお金を返せるのは嬉しいですね!例を見てみるとプロミスで5万円を借入れした場合、月々の最低返済額は2000円となっています。

しかし裏を返せば、最低返済額(ミニマムペイメントとともいいます)の返済は、完済までの道のりが長期化するということも意味します。

つまり金利が発生する以上、いかに損をせずに返済するかは、繰り上げ返済をこまめにする点に尽きます。

また各金融機関返済日を設定出来るので、自身の給与振込日(その日に設定出来ない場合は給与振込日の数日後)に設定するといいでしょう。

借入残高により抱える利息の負担は減るので、散財しないうちに随時繰り上げ返済をしていきましょう。

他のローンでは設定可能なボーナス払いに関しては設定不可能なので、ボーナスを自分へのご褒美!と思わずに強い意思で速やかに追加返済の精神を忘れずに。

返済方法ですが口座引き落としの他に、自社ATMもしくは連携ATM、窓口での返済も可能です。

しかし特に連携ATM、コンビニATMの場合、手数料が利用者負担になる場合も多いので、その点に関しては注意しましょう。

こんな人はキャッシング利用不可!

あなたはどんな人にならお金を貸せる?ここではキャッシング不可の条件について見てみましょう。

無職

無職

全てのキャッシングは20歳以上であれば利用可能です。

審査のポイントでも言及していますが、キャッシング・クレカに限らず信用を担保にする金融商品の場合、条件はとにかく安定した収入があるかないかに限ります。

いくら家族に収入があっても、貯金があったとしても、あなた自身が無職の場合、カードローンキャッシングにクレジットカードの審査には通過しません。

勤続歴が短いもしくは転職直後

年収・職種以上に大切な要素になってくるのが、勤続歴の長さです。

いくら高収入が期待できる職種でも、労働環境が整っていなかったり、本人のモチベーションが低く仕事が続けらない場合は論外!

逆に収入が若干低くても、長い在勤歴を誇る方は審査通過の可能性大と言えます。

仕事の形態に限らず、最低でも半年から1年というスパンがボーダラインです。

新入社員や転職間もない方は、まずは地道に働いて地に足を付けて生活をしている!という実績から始めましょう。

新入社員へ!お金の借り方、カードローン審査と申込み

毎月の定収入が期待出来ない職種

年齢、家族構成、年収に人格面も至って普通。それでも審査に落ちてしまう例がしばしあります。

それはある特定の職業に対する審査への影響です。例を上げてみると

  • 自称アーティスト(超有名歌手や画家などは除外)
  • 風俗関係
  • 営業職など特に歩合制で働いている方
  • パチンコ業界
  • タクシー運転手

など挙げればキリがありません。

職業差別!?と喉の奥まで出かかってしまいますが、これらの共通点はやはり毎月の収入に波がある点です。

いくら大きな組織に属していても、肝心の給与に反映されていなければ、やはり審査への影響は少なからず出てきます。

その為、これらの業種についている場合、信頼関係を築く為にも過去数ヶ月分の給与明細や源泉徴収等を用意してキャッシング審査に望むといいでしょう。

条件付きで借入れ可能?年金生活者と専業主婦

年金生活者と専業主婦

様々な条件で貸付けが決まるカードローンキャッシングですが、年金生活者と専業主婦の方は注意が必要です。

年金のみが収入源になる場合は、有名所でみずほ銀行と新生銀行レイクのみ融資対象になります。

専業主婦の場合は、基本無職ですので総量規制の影響下にある消費者金融での借入れは不可能。

銀行カードローンの場合、配偶者に収入がある場合は30万程度の借入れがOKな場合が多いようです。

その為どちらのケースも自身がアルバイト・パートで毎月の収入源を作ることが、審査通貨の鍵になってくると言えるでしょう。

信用情報に傷がある場合

カードローンキャッシングにクレジットカード審査で重要な要素になるのが信用情報。

信用取引の際に参照される、過去の借入れ状況や支払い状況等の個人情報を指します。

クレジットヒストリーとも呼ばれ、日本ではCIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターの3機関が、それらの情報を収集、管理しています。

消費者金融・信販系の場合、CIC、JICCの2者、銀行カードローンの場合はプラス全国銀行個人信用情報センターの情報も参照されます。

これらの信用情報は過去の借入れ額・件数から、延滞・滞納がないかを徹底的にチェックされ、最高5年間情報が保存・共有されるのです。
(携帯電話の賦活購入や毎月の支払いもチェック事項です!)

その為、一度でも信用情報に延滞・滞納マークがつくとカードローン審査には通りにくい点は明確です。

自分自身で過去の支払い状況を思い出すことは困難だと思います。

その為カードローンを申し込む前に一度、これらの信用情報機関に情報開示をしてみることをオススメいたします。

500~1000円で郵送・窓口(CICの場合ネット経由も可)で情報開示が可能です。

初めてのキャッシング、気になるQ&A

初めてのキャッシング、気になるQ&A
キャッシング自体が初めての方は、何かと疑問が付き物です。

ここでは多く寄せられる質問をQ&A方式でまとめてみたので参考にしてみてください。

身バレナシで借り入れ可能?

最も多い不安要素が、この身バレについてです。特に主婦、家族と同居している方にとっては、身バレ以上に恐ろしいものはありません。

多くの金融機関は申し込みの段階で、必要書類が送付されないWeb完結方式の申し込みを導入しています。

またプロミスやアコムなどでは明細をWebで観覧できるので、利用明細からの身バレを防ぐことが可能です。

収入証明ナシ・在籍確認なしでキャッシング出来る?

基本金融機関で融資を受ける際、在籍確認電話は必須です。例え個人事業主の場合や契約社員の場合も例外はありません。

勿論「アコムですけど、~さんは在籍していますか?」等のダイレクトな表現での在籍確認ではないのでご安心を。

心配な方はクレジットカードを作ったから、会社に電話が来るかも知れないと言えば問題はありません。

在籍確認についてはプロミスなど幾つかの消費者金融の場合、収入証明を提出することで在籍確認電話を回避することも可能です。

どうしても!という場合は消費者金融に限っての話しですが、一度フリーダイヤルで収入証明を提出する代わりに在籍確認をしないで欲しい旨を相談してみるのもいいでしょう。

収入証明に関しては基本消費者金融では50万(モビットの場合は例外的に必要な場合あり)、銀行カードローンに関しては100万~500万以上の借入れの場合に収入証明が必要になります。

在籍確認なしでお金を借りることは可能?

キャッシングをすると信用情報に影響が出る?

もしかしてカードローンでキャッシング(もしくはクレジットカードのキャッシング機能)を利用したら、信用情報にも傷がつく?!と思う方も多いと思います。しかし結論から言うとキャッシングを利用しただけでは、信用情報がマイナスになることはありません。

勿論返済が滞ってしまうなどがあった場合は、事故情報として信用情報機関に情報が記載されてしまいます。

またキャッシング自体がローンであることは変わりませんし、例えばクレジットカードを作りたいもしくは自動車・住宅ローンを新たに組みたい場合、審査に影響が出る場合もあります。

各社の審査尺度は異なりますが、クレジットカードや新たなローンを組む場合は、まずはキャッシングを完済してから申込みましょう。

取立てって今更あるの?

取立てって今更あるの?

昨今の金融機関はヤクザ並みの取立てを行うことは皆無!電話と手紙を自宅に送付することで、ひたすら返済を待ちます。

どうしても回収が難しい場合は裁判にまで事が運び、給与差し押さえの最悪パターンに至ることも……

ただし電信柱や電話ボックスに広告が出ているような、誰でも借りれる!街金(闇金)の場合、お金の出処がそういうところですので、取立て以前に違法な金利が待っていることも。

規模に問わずいわゆる普通のカードローンを利用する分には、例え返済に遅れが生じても命の危険を感じるような取立てにあう事はありませんのでご安心を。

まとめ

キャッシングを初めて利用する際は、なにかと不安や疑問が付き物です。

キャッシングは便利な反面、お金を借りる一時しのぎが、あなたの人生を左右することも。

その為キャッシングの利用を計画的に出来ない方は、キャッシングをする前にまずお金に関する価値観を変える努力からスタートしましょう。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-お金借りる

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.