お金借りる

専業主婦が総量規制対象外のカードローンでお金を借りる

更新日:

専業主婦が総量規制にひっかからずにお金を借りる方法

2010年「総量規制」による貸金業法の改正。

これにより、収入のない専業主婦は消費者金融での借り入れが出来なくなりました。

しかし!

この総量規制に引っ掛かることなく安心して利用できるカードローンがあります。

主婦が総量規制にからずにお金を借りる

主婦が総量規制にからずにお金を借りる

パート、アルバイトをしている主婦が借入できる場所

総量規制を考えると、主婦は借入が出来ない消費者金融ですが、実は借入可能な場合があります。

それはパートやアルバイトしていて安定した収入がある場合です。

安定した収入があれば、金額は低くなりますが50万円以下の借入は「収入証明」も必要なく、主婦でも消費者金融の利用は可能です。

消費者金融は金利が少し高く設定されていますが、メリットも多く少額の借入にはとてもオススメです。

  • 手数料が0円の提携先ATMが多い
  • 初回の契約に限り30日間無利息のキャンペーンを実施
  • 即日融資の可能性も高い

専業主婦は総量規制で引っ掛かるのか?

総量規制で「引っ掛かる」とは、申込みの対象にならないことを指します。

仕事をしていない収入「0円」の専業主婦の人は、消費者金融からは、借入どころか申込みすら出来ないのです。

銀行系カードローンで借りる

総量規制は「貸金業法」なので、貸金業者(消費者金融など)を対象とした法律です。

なので専業主婦は「消費者金融」以外で借入をすればよいのです。

そこでオススメなのが銀行系カードローンです。

銀行は銀行法というものがあるので、貸金業法の総量規制は関係ありません。

その為専業主婦でも借入ができるのです。

銀行系カードローンは専業主婦でいられる=配偶者に安定した収入があると見なされます。

更に勤務先の在籍確認においても、配偶者に借入がばれてしまうと夫婦仲に支障をきたす可能性があり、支払いも困難になる可能性があるため、必要ありません。

自宅や携帯電話で話をして終わりです。

銀系のカードローンの特徴としては「銀行」という安心感と、金利の安さがあります。

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは専業主婦は最高30万円まで借入可能で、金利は3.5%から14%までととてもお得です。

みずほ銀行の口座をあらかじめ持っていると手続きも早く終わります。

みずほ銀行カードローンで専業主婦がお金を借りる

地方銀行など

地方銀行や信用金庫でもカードローンがあり、専業主婦でも借入可能なプランがあります。

全国のカードローン

まとめ

総量規制といえども、内容を良く理解していれば、専業主婦でもカードローンの借入ができます。

しかしながら収入は「0円」なので無理の無い程度に計画的に利用をしましょう。

とっさの出費は専業主婦でもあるものです。

そんなときに慌てることなく対処できる金利の低い銀行系カードローンの口座を持っておいても便利です。

☞ 全国のカードローンのまとめ

-お金借りる

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.