お金がない

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

投稿日:2019年2月22日 更新日:

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

副業で少しでも稼ぎたい!という方にオススメなのが「ライティング」です。

このページでは「ライティング」の稼ぎ方について体験談も含め紹介します。

ぱっと読む目次

副業ライティングでどう稼ぐの?

ライティングの仕事はクラウドソーシングで見つけよう

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

ライティングの仕事は「クラウドソーシング」を利用して探します。

クラウドソーシングとは、企業が不特定多数に対して業務を依頼、発注することをいいます。

クラウドソーシングは仕事内容も豊富で、自分がやりたい仕事を選ぶことが可能です。

そのなかでもライティングは、特別な資格や技術を必要としなくてもできる案件が多く、報酬も10円程度のものから契約によっては万単位のものまで様々あります。

クラウドソーシングのサイトは無料で登録ができます。

クライアントとのやり取りの仲介もしてもらえるので、トラブルになりにくく、安心です。

こちらではクラウドソーシングサイトのなかでも規模の大きな2つのサイトを紹介します。

どちらのサイトも登録は無料でできます。

ランサーズ

2008年からサービス開始の「ランサーズ」は仕事の種類がとても多いのが特徴です。

仕事を依頼する「クライアント」と仕事を受ける「ランサー」で成り立っています。

2019年2月現在依頼件数210万件、依頼総額2,100億円となっています。

ランサーズ公式サイトをチェックしたい方はこちらから。
ランサーズ公式サイト

仕事の案件

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

仕事案件は簡単なものもありますが、技術的なスキルを求められるものも多いぶん、高額案件も多いです。

しかし1つの案件に関して1名のみの獲得なので、依頼件数イコール仕事数となります。

ランサーズでは仕事を探す際の「こだわり条件」が細かく、より自分の希望に合った仕事を見つけることが可能です。

認定ランサー制度

たくさんある仕事を選ぶにあたって、ランサーズには「認定ランサー制度」があり、ランサーズが定める基準をすべて満たしたランサーが認定されます。

応答速度、納品実績、獲得額、高評価などの条件を満たしているということなので、クライアントが仕事をしてほしい!と思う目安になります。

さらに「ランク制度」があり、ランサーの内容が反映されるので、よりお互いに希望に合うマッチングができるようになっています。

報酬

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

報酬に関しては、1,000円以上から手数料5%~20%を差し引いた金額が指定口座へ振り込まれます。

ちなみに手数料は依頼金額が20万円を超える場合は5%、10万円超え~20万円以内の場合が10%、10万円以下の場合20%が手数料として差し引かれます。

報酬額は「ランサー報酬額計算ツール」で簡単に算出可能です。

報酬確定後の指定口座への振り込み手数料は、楽天銀行だと税込100円、他行は500円です。

クラウドワークス

日本最大級を誇るクラウドワークスでは、2019年2月現在ユーザー数約249万人、仕事依頼約233万件、仕事の種類は200種類以上と公表しています。

クラウドワークスでは仕事を依頼する「クライアント」と仕事を受ける「クラウドワーカー」で成り立っています。

クラウドワークスが気になった方はクラウドワークスの公式サイトをチェック。
クラウドワークス公式サイト

仕事の案件

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

仕事の依頼形式はプロジェクト形式とコンペ形式の他に、初心者でも簡単に参加しやすいアンケートや単純作業のタスク形式があります。

ランサーズと異なり、案件1件に対し多数のクラウドワーカー募集が可能なので、仕事に応募しやすくなっています。

報酬

手数料に関しては、報酬が発生した時点でシステム使用料として20万円超の部分報酬額の5%、10万円超20万円以下の部分報酬額の10%、10万円以下の部分報酬額の20%、タスク形式に関しては一律20%です。

さらに報酬確定後の指定口座への振り込み手数料は、楽天銀行だと税込100円、他行は500円と同様ですが、締め日に関係なく「クイック方式」を利用すればいつでも報酬が獲られます。

どのクラウドソーシングサイトが稼げるの?

数あるクラウドソーシングサイトの中から、ランサーズとクラウドワークスを紹介しましたが、どちらが稼げるかと言うと…

正直いって、どちらも変わりません!

というのも、仕事案件数に差はあるもののどちらも個人が受けるには多すぎるくらいの件数があります。

それよりも、どちらか一方に登録してガンガン仕事を受けて自分の実績数を伸ばす事の方が重要です。

仕事の実績をつければあなたの評価も上がるので、受注できる仕事の質もあがり、クライアントからも高く評価されやすくなります。

あなたの実績を作ることが、一番の稼げるコツなのです。

私のライティング体験談

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

では、私のライティング体験談を紹介します。

あくまで私の体験と感想ですが、これからライティングを考えている方、ライティングが気になる方に少しでも参考になれば幸いです。

ライティングへのきっかけ

子供が幼稚園入園前になり、常にかかりっきりだったのが少しずつ手が離れてきて、自分の時間が持てるようになりました。

同じくらいのお子さんがいるママ友が自宅で内職をして、ちょっとしたお小遣い稼ぎをしているというのをチラホラ聞いていたので興味はありました。

しかし、子供の昼寝時間や家事のスキマ時間を目一杯使って、1部屋段ボールの山になりながら、簡単な景品などを作って1個1円…月に3,000円も稼げれればよい方だと聞いてやる気はなくなりました。

そのうち近所のスーパーでパートでもできればよいかな…と思っていたときに見つけたのが、大手クラウドソーシングのサイトでした。

ライティングをはじめる

インターネット環境があれば良し

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

自宅にはインターネット環境といったら「スマホ」のみ。

しかも自分自身PCのスキルは一切なしという状況です。

それでもクラウドソーシングの簡単なライティング作業は、メール感覚で入力すればそれでOKという案件がたくさんありました。

それまではポイントサイトでアンケートに答えて一件10円などをちまちま貯めていましたが、クラウドソーシングなら、アンケートが送られてくるのを待つのではなく、多数ある案件から自分でガンガン仕事を見つけて稼げます。

ものすごく簡単なアンケート入力だけで30円!2項目のチェックだけで10円なんていうのもありました。

頑張れば300文字で100円、1000文字500円という案件もありました。

単価は低くても、収入0円の専業主婦にとっては「稼いでる!」ということに喜びを感じました。

この頃は、提示された商品の公式サイトを調べて内容をまとめるものや、本や漫画の感想などネットで調べることができる簡単なものばかりなので、タスク案件をガンガンこなしていました。

半月分の収入は5,000円

気がつけばその月の半月分の収入は5,000円になっていました。

まわりの作業系の内職と比べても、時間も場所も取らずにこれだけの収入が得られたのです。

これはやればやるだけ稼げる!と調子にのった私は時間さえあればスマホを手にしている生活でした。

夜中も遅くまでスマホを見て、酷いときには枕元で暗いなかで作業をしたり、家族で出掛けても作業をしていました。

少し慣れてくると、簡単で単価の高い案件を見極められるようになってきました。

稼げる案件は、競争率が高く気がつけばすぐに募集終了してしまいます。

割の良いクライアントはお気に入り登録をして、仕事があれば即作業をする毎日でした。

ここで落とし穴

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

3ヶ月も経つと月に3万円は稼げるようになりました。

娘の幼稚園1ヶ月分の保育費分です!

しかし、ここでいくつかの落とし穴がありました。

作業に没頭しすぎて、家事や育児が後回しになり、体にも不調がではじめたのです。

特に視力が悪くなり、寝不足から目眩もありました。

スマホのみの作業だったので、腕も腱鞘炎に…。

常にネットに繋いでいる状態なので、パケット代金が定額を超えてしまうこともありました。

眼科や接骨院に通うことになり、結構な出費になりました。

仕事を選ぶ!

「このままではまずい…と思いつつも稼ぎたい!」

ということで、仕事を選ぶことにしました。

  • 自分の経験が役に立つ内容
  • 興味がある内容

の仕事を優先することにしたのです。

私は、もともと独身時代に金融系の仕事をしていたので、金融系の記事を選んだり、ダイエットにも興味があったことから、サプリメントやエステの紹介文などの仕事を見つけるようにしました。

また、その頃には大分仕事に慣れてきていたので、案件の金額ではなく、単価の最低金額を自分の中で決めていました。

私の場合は「単価0.5円以上」でした。

記事作成の依頼が来ることも

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

そこから仕事はセーブしながらも以前と同様に稼げるようになりました。

さらにそこで嬉しいことがありました。

頻繁に応募していたクライアントの方から、記事作成をお願いされたのです。

単価はなんと一気に1.0円です。

1000文字を3記事とボリュームはありましたが、喜んで引き受けました。

その後も金融系の記事を他でも作成させてもらうようになりました。

環境を整える

コンスタントにお仕事をもらって張り切ってはいたのですが、前回の様に生活や体に悪い影響が出ては医療費など無駄な出費がかさみます。

そこで眼精疲労にはブルーライトカットのメガネを購入、腱鞘炎対策としてスマホと繋げられるキーボードとマウスの利用、腰痛対策として座りやすい椅子にしました。

そしてパケット代金対策としてWi-Fiを導入しました。

あとはやる気

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

1年も経つと、時間を決めながらも月に平均5万円程度は稼げるようになりました。

体調が思わしくなかったり、子供のことで仕事が進まないこともありましたが、私の場合クライアントの方でかなり気を使ってくれたのでスムーズに仕事をすることができました。

自分のスキルが低い為、何度も提出記事を修正したりしてめげることもありましたがどうにか頑張って仕上げてきました。

とにかくライティングは、やる気があれば稼げます。

やればやっただけの評価と報酬が手に入る仕事だと私は思っています。

メリハリも大事

慣れきたとはいえ、簡単な作業ではないので時間をかけてリサーチや修正を何度もしています。

ただし、家庭や健康を第一に考えないと、のちのち辛くなるので注意しなくてはなりません。

そのため、作業時間を決めて、メリハリをつけて取り組むことがとても大切です。

ライティングに向いていない人・向いている人

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

決して難しくはない「ライティング」ですが、人によって合う・合わないがあります。

向いていない人

向いていない人は次のような人になります。

  1. 書いたり読んだりするのが嫌いな人
  2. 細かい作業が嫌いな人
  3. 即高収入を希望する人
  4. パソコン、スマホが使えない人

1.書いたり読んだりするのが嫌いな人

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

これは致命的です。

文書を作るにあたって書くだけではなく、資料や説明を読む必要があります。

もちろん納品前にも、自分の書いた文章を最終的にチェックするために読み直す必要があります。

文章を読むことが嫌いであれば、作業は100%苦痛以外のなにものでもありません。

「苦手」は克服できますが、「嫌いなこと」を続けるのはかなり大変です。

2.細かい作業が嫌いな人

ライティング作業は非常に細かい

ライティングの作業は、かなり細かい作業が必要です。

様々な情報が溢れる「情報社会」の現代において「いかに正しい情報を見つけることができるか」は、ライティングにとって重要事項です。

正確な情報を見つけるには、色々な角度から内容を検証する必要があるので細かい作業が必要です。

クライアントにも迷惑をかけてしまう

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

自分は正しいと思って作成した記事の内容が実は違っていたことが判明した場合、内容によっては炎上からサイトを閉鎖しざるを得ない状況になったり、社会的な制裁を受ける可能性が出てきます。

そうなった場合、クライアントに多大な迷惑と損害をかけることになります。

クライアント側でもチェックはしますが、内容が正しくなければチェック作業もかなりの手間になります。

3.即高収入を希望する人

はっきりいってライティングは、はじめるのは簡単ですが、稼ぐのは簡単ではありません。

300文字100円や、1000文字100円案件なんてザラにあります。

そうなると1文字単価は0.1円~0.3円です。

慣れないうちは、300文字でも時間がかかります。

30分かかったとすれば、単価が100円だとすると時給はたった200円です。

副業としては自分の都合に合わせやすいのでおすすめですが、生活費を稼ぐにはとても効率が悪い仕事です。

4.パソコン、スマホが使えない人

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

ライティングとはいっても、原稿用紙に記事を鉛筆で書き上げる時代は終わりました。

パソコンや少なくとも最低限スマホが利用できないと、ライティングの作業は残念ながら不可能です。

どんなに素晴らしい記事が書けても、届くまでにかなりの時間がかかりますし、チェックする方もかなりの時間と手間がかかります。

向いている人

向いている人は次のような人です。

  1. 読むことや調べることが好き、または苦ではない人
  2. 根気がある人
  3. 体力がある人
  4. スキマ時間を活用したい人

1.読むことや調べることが好き、または苦ではない人

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

小説でもネット記事でも、何でもOKです。

ライティングをするにあたって書くことはもちろんですが「読む」のも必要不可欠です。

記事を作成するには、いろいろな情報を収集する必要があります。

読んだり調べたりすることが好きな人には、とても向いている仕事です。

好きでなくても、少なくとも苦でなければライティングはできます。

2.根気がある人

記事の内容によっては、ひとつの事に対して色々な角度から調べることが必要な場合があります。

そうなるとかなりの手間がかかります。

さらに、「記事を仕上げて納品し終了」ではありません。

クライアント側のチェック、つまり検収作業があります。

報酬を出してくれるクライアントがOKを出さない限り何度でも修正して提出する必要があります。

何を言われても頑張れる!という強い精神力と根気があればやっていけます。

3.体力がある人

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

体力がある人も向いています。

思い荷物を運んだり、というような作業は無いので体力は必要ないのでは?と思うかたもいるでしょう。

しかしライティングは場合によっては長時間座ったり、ひたすら入力作業をします。

体力が無いかたには、辛いと感じるかもしれません。

4.スキマ時間を活用したい人

外で働けない人におすすめ

子供が小さくて外では働けない、という専業主婦の方にオススメです。

ライティングは、インターネット環境があればどこでもできます。

作業的な内職とは違い、大きな段ボールを何個も部屋に置いておく必要はないので場所もとりません。

通勤や外出もしないので、着替えたりお化粧も不要です。

子供が病気でも、仕事を休んだり早退する心配もありません。

子供が小さくても、お昼寝時間やちょっとしたスキマ時間をフルに活用できます。

副業としてもおすすめ

また会社員の方の副業としても、休みの日を利用して通勤することなく自宅でできます。

日々の通勤時間を利用して、仕事を探したり、調べものをして休みの日に書き上げるというやり方もあります。

副業ライティングの収入は?

収入は1文字0.1円から

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

ライティングの文字単価(1文字あたりの単価)はピンキリです。

クラウドソーシングの案件では、簡単な案件として流行りのドラマの感想文や、アンケート的な入力で単価0.1円~0.5円程度で100文字~500文字程度が平均的です。

これらは簡単単純な内容なので、ライティングをはじめたばかりの方にとっては取り組みやすいです。

単価をアップするには?

最初のうちは慣れるために、単価の低い案件で数をこなしていくのですが、慣れてくると段々「安い…」と感じてきます。

簡単な入力作業とはいえ、案件が異なるものであれば、申し込みや納品作業を1件ごとに行わなければいけないため、そのぶん手間がかかります。

そこで稼ぐために必要なのが「単価アップ」です。

単価の高い案件は、文字数も多いので一気に稼げます。

単価アップの方法としては次の2つがあります。

  • 文章のクオリティーを上げる
  • 評価と実績を上げる

文章のクオリティーを上げる

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

単価のアップにはスキルを上げて、文章のクオリティーを高くしましょう。

単価アップは、クライアントが単価をアップしてでもお願いしたい人であるということです。

そのためには「正しい文章」「誰にでも読みやすい文章」「魅力的な文章」を心掛けなくてはなりません。

内容が正確かどうかは最低限で、誰でも読みやすく、なおかつ「読んでみたい!気になる!」といったクオリティーの高い文章を作成する必要があります。

評価と実績を上げる

単価アップには、クオリティーを上げることの他に、「多数の実績」「高い評価」を得ることも重要になってきます。

クラウドソーシングであれば、ライターの評価は公表されているので、クライアントがライターを選ぶ際の目安になります。

誰でも低い評価の人よりは高い評価のライターにお願いしたいですよね。

また、申し込み条件として、一定の評価を必要とする案件も多数あります。

手堅くライティングで稼ぎ続けるコツ

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

記事を書くことに慣れてきたら、稼ぎましょう。

とはいっても、ライティングで稼ぐには4つのコツがあります。

  1. 自分の得意分野を探す
  2. 上手い文章を読み込む
  3. モラルを持ったやり取りをする
  4. 締切期限厳守

1.自分の得意分野を探す

記事によっては、書きやすいものと書きにくいものがあるはずです。

自分の経験が使えたり、興味がある分野などの記事は書きやすいですよね。

単価が高いからといって、未知の分野の記事を書くよりは、単価が低くても書きやすい内容のものを選んだ方が効率もあがり読みやすい記事になります。

読みやすい文章が仕上がれば、単価がアップする可能性も高く、スムーズに仕事がしやすくなるのでオススメです。

2.上手い文章を読み込む

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

クオリティーの高い記事が書ければ、単価も高くなり稼げます。

そこで文章のクオリティーをあげるにはどうすればよいかというと「上手い文章を読み込む」ことです。

つまりどうしてこの文章は読みやすいのか?を分析して理解することです。

「文章を上手く書くには?」といった専門書などもありますが、単に読むだけではなく「なぜ上手い文章なのか?」を考えてみましょう。

3.モラルを持ったやり取りをする

ライティングの副業は、ほとんどがオンラインでの作業です。

申し込みから受注、納品、報酬の受け取りはすべてオンラインでやり取りします。

PCやスマホの先にいるクライアントは「人」であるということを覚えておきましょう。

当たり前のことですが、メール上での挨拶、仕事としてのビジネスメールのやり取りは必要です。

馴れ合いのコミュニケーションは不要ですが「きちんとした対応ができるかどうか」は、やり取りのひとつひとつにあらわれます。

今後も仕事をお願いしたいと思われるやり取りを心がけましょう。

4.締切期限厳守

締め切りまでに納品する

初心者でもできる!副業するならライティング【お金がない時の対処法】

期限は絶対に守りましょう。

クライアントは納品後、検収作業や仕上げの作業があります。

仕事として受注したのですから、最低限期限は守りましょう。

どうしても…の時は必ず連絡をする

どうしても守れない場合は、必ず連絡をしましょう。

簡単に思えて、なかなかできないのが「都度の連絡」です。

締め切り過ぎたけど、あと1日あれば終わるから連絡しなくてよいか…といった事は絶対にやめて「なぜ遅れたか、いつまでに仕上がるのか」を必ず連絡しましょう。

一度気まずくなると、今後の取引に影響します。

仕事ではお互いにWIN-WINの関係を築けるように心がけましょう。

まとめ

ライティングの作業は大変な部分もありますが、スキマ時間を活用しての副業にはもってこいです。

特に場所もスキルも要らないので、少しでもかせぎたい!というかたにはおすすめです。

私もいまだにスマホで作業をしているので、PCがなくてもできます。

興味があるかたは、是非クラウドソーシングサイトに登録するところからはじめてみてください。

よく読まれる記事Best3

即日融資カードローン特集

即日融資が好評なカードローン特集

スグ借りたい人向けのカードローンを3つ厳選しました。

審査時間は最短30分、融資まで1時間と急いでいるアナタのお役だち大手の金融機関を紹介します。

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る方法を「即金性」を基準に18個紹介します。

お金を借りる以外にも意外な方法が見つかるかも。

審査が不安な方のためのカードローン

審査が不安な方のためのカードローン

お金を借りたい。。。

だけど審査が不安。

そんなアナタに向けて、安心・安全に借入ができる金融機関を紹介します。

-お金がない

Copyright© キャッシング7 , 2019 All Rights Reserved.