イオン銀行

イオンアシストプラン

投稿日:2017年8月4日 更新日:

イオンアシストプラン

「イオンアシストプラン(旧イオン銀行ネットフリーローン)」はイオン銀行のローン商品です。

ここでは、おまとめや借り換えに人気の「イオンアシストプラン」の審査やメリット・デメリット、借り入れまでの流れを解説していきます。

イオンアシストプランの審査

審査の難易度

イオンアシストプランの審査はやや厳しめ

審査が甘いか?厳しいか?というと、申し込みの条件が「年収200万円以上」なので、専業主婦の方やパート・アルバイト程度の収入では厳しいということがわかります。

イオンアシストプランは金利が低いので、おまとめや借り換えに人気なのですが、おまとめローンの対象は「他社の借入をしている人」となります。

その場合、多重債務者(借金の返済が困難になっている人)という恐れもあります。

お金を貸す側から見ると、無担保、無保証人で、大口の融資、しかも「複数借り入れがあるかもしれない人」への融資審査です。厳しくなるのは当然でしょう。

ちなみに他社の借入が3件以上あると、おまとめや借り換え目的でも、難しいと言われています。

保証会社はオリックス・クレジット(株)

担保や保証人は不要ですが、オリックス・クレジット(株)が保証するので、ここの審査に通る必要があります。

オリックス・クレジット(株)やここが保証会社になっているローン商品で過去に長期延滞をしたり、金融事故を起こしていると、オリックス・クレジット(株)のブラックリストに載っている可能性があるので、審査に通りません。

ちなみにイオンアシストプランには、あくまで目安としてですが、

  • 前年度収入
  • 年齢
  • 現在のお借入状況(住宅ローン含む)

上記3項目を入力するだけの「お借入可能額 カンタン試算!」という簡単なチェック項目があります。

申し込み前にチェックしてみると良いでしょう。

☞ イオンアシストプラン【お借入可能額 カンタン試算!】公式

審査時間

イオンアシストプランの審査時間は、最短1日~3日くらいかかります。

消費者金融などは、即日の最短30分なので比べてしまうと遅く感じますね。

申し込み条件

イオンアシストプランの申し込み条件は4つあります。

  • 日本国内に居住している(外国籍の方は永住許可要)
  • 契約時の年齢が満20歳以上~満60歳未満
  • イオン銀行の普通貯金口座がある
  • 安定かつ継続した収入(原則前年度200万円以上)

ここでネックになるのは2点、口座が必要なのと、年収の制限があることです。

時間はかかりますが、口座は通常誰でも開設すれば良いだけです。

ところが年収が、200万円以下の場合は、自分で上げるわけにもいかないのが辛いところですね。

在籍確認

電話連絡は必ずある

イオンアシストプランでの在籍確認は、申告した勤務先への電話連絡が必須です。

イオンアシストプランの口コミを見ると、たまに在籍確認がなかった!という内容も見られますが、職場への在籍確認は必須です。

在籍確認がなかった!というのは、よほどさりげなく在籍確認をしてれるということでしょう。

在籍確認なしでお金を借りることは可能?

電話連絡をやり過ごす方法

イオン側から見ると、無担保、無保証人のローン商品なので、返済能力の見極めは大切です。

そんな電話による在籍確認ですが「イオン銀行ですが、在籍確認です」というような内容ではなく、あくまで個人名での連絡です。

しかし、銀行名を名乗ることもあるようなので、職場への電話連絡が不安な方はあらかじめ

  • 口座の開設
  • 保険の案内
  • 預金商品の案内
  • 住宅ローンの説明

などで銀行から連絡がくるかもしれない、と職場に伝えておくと良いでしょう。

在籍の確認といっても、勤務年数や役職を尋ねられたりすることはまずありません。

「~さんはいらっしゃいますか?」

というような感じで、

「ただいま席を外しております。」

「本日は終日現場です。」

など、本人がいなくてもここの職場で働いている、という確認さえ取れればOKです。

それでも不安な方は、あらかじめイオン銀行の担当者に、いつ頃連絡がくるのか?どういった感じなのか?男性か女性か?など確認しておくと良いでしょう。

申し込みをして大体3日以内に、在籍確認の連絡がくるそうです。

おまとめもできる!イオンアシストプラン

おまとめもできる!イオンアシストプラン

イオンアシストプランには、利用目的が原則自由な「フリーローン」と、目的がきまっている「目的型ローン」があります。

このフリーローンは、使い途が自由で金利は年3.8%~年13.5%、遅延損害金は年14.6%と低金利です。

限度額は30万円~700万円という大きな限度額なので、他社にある借り入れをまとめるのには最適です。

金利が低い

利息制限法という法律で決められている利息では、1社での借入残高が100万円を超えると法律で金利は年15.0%以下にしなければ、法律違反となります。

イオンアシストプランは、上限金利が年13.5%なので、法定金利よりもさらに低い率に設定されています。

金利は審査によって決まるのですが、上限金利がもともと低いので安心です。

限度額も700万円までなので審査が通れば、おまとめや借り換えも充分可能です。

☞ 低金利で借りれるカードローン特集

おまとめについて

イオンアシストプランはおまとめにも最適なローン商品だといわれています。

おまとめのメリットとしては

  1. 金利が下がる可能性が高い
  2. 支払いの手間が1社に減る
  3. 支払日を忘れる心配がなくなる
  4. 今後の支払い計画が立てやすくなる

など色々ありますが、金利が下がった場合のメリットが一番魅力的です。

イオンアシストプランでおまとめした場合の例

仮に消費者金融で「年18.0%の金利で50万円の借入が他社で3件」ある場合と、それを「イオンアシストプラン1社」にまとめた場合を比べてみます。

今回は1年で完済すると考えてみましょう。

①年18.0%の金利で50万円の借入が他社で3件ある場合

月々45,839円×11ヶ月+最終回45,845円…550,074円

これが3件分なので、総額は1,650,222円で利息分は150,222円です。

②1イオンアシストプラン1社で150万円にまとめた場合

月々134,328円×11+最終回134,323円…1,611,931円

利息分は111,931円なので、②から①を引くと38,291円です。

1年間で完済するとして約4万円の差がでてきます。

もちろん返済期間が長引けば、返済総額も多くなりますので、金額の差額も大きくなります。

これだけでも、おまとめや借り換えのメリットになりますね。

イオンアシストプランのメリット・デメリット

低金利で大口融資可能なイオンアシストプランですが、メリットだけではないようです。

ここではイオンアシストプランのメリットとデメリットを見てみましょう。

デメリット

デメリット

  1. 時間がかかり、即日融資は不可能
  2. 条件が厳しい
  3. 返済のみ
  4. 手数料がかかる

1.時間がかかり、即日融資は不可能

イオンアシストプランの一番のデメリットは「手続きに時間がかかる」ということです。

審査には通常3日くらいかかり、融資までには口座があれば1週間~2週間かかり、口座開設も同時に行うと、2週間~1ヶ月くらいかかります。

ちなみに口座がなくて同時開設の場合は、イオン銀行からキャッシュカードが届いてからになります。

申し込みはインターネットでいつでもできますが、最初の仮審査が通過すると、郵送で書類のやり取りが必要になります。

イオン側から送ってもらった書類に、記入や捺印後、必要書類と一緒に今度はイオンへ返送が必要です。

どんなに急いでも即日融資は不可能なので、時間に余裕のない場合は、即日可能な銀行系のカードローンや、消費者金融に申し込みましょう。

☞ 即日融資のカードローン特集

2.条件が厳しい

イオンアシストプランは、安定して継続した年収があることと、年収200万円が条件のひとつなので、専業主婦や学生、年金受給者は申し込みできません。

専業主婦の方の場合は、50万円までならイオン銀行のもうひとつの大きなローン商品「カードローンBIG」に申し込みができますよ。

審査が甘いキャッシング会社は?通らない・落ちた理由も教えます

3.返済のみ

イオンアシストプランは、返済のみの証書貸付で、返済しながら繰返し利用するということはできません。

ただし審査に通れば、増額分の融資は可能です。

4.手数料がかかる

一般的な銀行系のカードローンの場合はあまり耳にしない「事務手数料」がかかります。

契約1件につき2,700円(税抜)かかり、さらに借入時の印紙代も、負担しなくてはいけません。

メリット

メリット

イオンアシストプランのメリットはたくさんあります。

なんといっても一番のメリットは金利の低さです。

  1. 金利が低い
  2. 目的型ローンならさらに金利が低い!
  3. 申し込みはインターネットで24時かいつでもOK
  4. 総量規制対象外
  5. 返済のみなので借金が増えない
  6. 銀行なので安心

1.金利が低い

上限が低い

イオンアシストプランの金利は年3.8%~年13.5%と下限金利も上限金利もとても低くなっています。

しかも固定金利なので、融資から完済まで、契約時の金利で上がることはありません。

新規申し込みの場合はほぼ上限金利が適用

新規申し込みの場合は、ほとんどが上限金利の適用です。

消費者金融の一般的な上限金利は年18.0%で、銀行系のカードローンでも年14.0%~年16.0%くらいなので、イオンアシストプランはとても低い金利だと言えます。

遅延損害金

さらに注目すべきは「遅延損害金」です。

これは支払日を過ぎてしまった時に課せられる罰金のようなもので、日数ごとにプラスして支払わなくてはいけません。

一般的な遅延損害金は、年20.0%と法律のギリギリラインがほとんどですが、イオンアシストプランの遅延損害金は年14.6%と年5.0%以上も低くなっています。

やむを得ない事情で、支払いが遅れてしまう場合もあるかもしれません。

遅延損害金を払えばよいというものではなく、今後のあなたの信用情報にも関わりますので、必ず連絡は入れておきましょう。

2.目的型ローンならさらに金利が低い

実はイオンアシストプランには、フリーローンと目的型ローンがあります。

その金利はなんと年3.8%~年8.8%と下限金利は同じですが、上限金利が年10.0%を下回っています(2017年8月1日現在)。

フリーローンよりだいぶお得ですね。

「目的型ローン」には、自動車ローン、教育ローン、住宅ローン、リフォームローン、輝く女性サポートローン、ペットローン、サブカルローン、デンタルローンの8種類があります。

どの目的型ローンも、その目的の広い範囲で利用可能で、さらに他社の借り換えも使用目的としてOKです。

つまり、審査が通ればかなりお得なローン商品ですが、審査において目的型ローンの審査からはじかれてしまうと、通常のフリーローンとしての審査になるので、上限金利は上がります。

それでも年13.5%と低い金利ですね。

3.申し込みはインターネットで24時間365日いつでもOK

申し込みはいつでもインターネットでできるので、忙しい仕事の後でも土日の休みを待たずに申し込みができます(審査は営業時間内)。

4.総量規制対象外

消費者金融と違い、イオンアシストプランは銀行のローン商品なので、貸金業法の総量規制の対象外なのです。

総量規制とは、収入の3分の1を超える貸付はしてはいけないという、貸金業の法律です。

参照元:総量規制について

そのため大口融資の審査ができるのです。

5.返済のみなので借金が増えない

イオンアシストプランは融資が決まると、イオンの銀行口座へ融資可能額が一括で振り込まれます。

そのため通常のカードローンとは違い、繰り返しの利用ができません。

つまり、返済のみなので追加の借入ができないので、借入金額は増えることなく減っていきます。

6.銀行なので安心

これはイメージ的な問題なのですが、イオンアシストプランはイオン銀行のローン商品です。

気になる在籍確認など、仮に「イオン銀行」と名乗られても銀行というイメージは「借金」というイメージに結び付くものではありません。

ところが消費者金融は社名で一発で「借金」とわかってしまうので、イメージとしてもあまり良くはありませんよね。

イオンアシストプラン申し込みから融資の流れ

それではイオンアシストプランの流れを見てみましょう。

イオンアシストプランはインターネットの申し込みのみなので、来店などの手間がかかりません。

  1. インターネットで申し込み
  2. 審査
  3. 契約書類の送付
  4. 契約書類の返送
  5. 融資

1.インターネットで申し込み

公式のホームページの申し込みフォームより申し込みをします。

イオン銀行の口座を持っていない場合は、同時に口座開設もできます。

注意)ただし審査に通らなかった場合でも、口座の申し込みをすると原則として口座が開設されます。

2.審査→3.契約書類の送付

審査が通ると、契約書類が自宅へ届きます。

4.契約書類の返送

契約書類が届いたら、内容を確認して署名(自署)、捺印をして必要書類を同封して返送します。以下、必要な書類です。

・本人確認書類:イオン銀行の口座をあらかじめ持っていると、本人確認書類は不要です。本人確認書類としては、運転免許証、パスポート、健康保険証いずれかのコピーか、住民票の写し、印鑑証明書などになります。
・収入証明書:個人事業主や法人代表の方は原則として収入証明書が必要です。

さらに過去においては「300万円までの希望の場合は収入証明書が不要」と大きく記載がありましたが、2017年4月に金融庁より多重債務者対策として銀行にも注意喚起があったため、銀行系のローン商品に関しても審査が厳しくなったと言われています。

給料明細書、源泉徴収票、確定申告の控でしょなどが必要になる場合もありますので、担当者によく確認しましょう。

5.融資

融資方法は「イオン銀行の本人口座へ銀行振込のみ」です。

注意)審査で出た承認金額が融資されますが、希望額が承認金額を下回る場合は、契約書と確認書に希望の融資金額を記入すればOKです。

ただし、イオンアシストプランの最低融資金額は30万円となっているのでこの金額以上で記入します。

返済について

返済方法

イオンアシストプランの返済は、毎月27日にイオン銀行の自動引き落としのみです。

ATMへ行く手間や、忘れることがないのでとても便利な自動引き落としですが、口座残高が返済金額を下回っていると、「延滞」になってしまうので注意が必要です。

返済方式

イオンアシストプランの返済方式は「元利均等返済方式」です。

支払い金額は一定なので、返済計画が立てやすい返済方式です。

しかし、毎月の返済額が一定なので、最初は元金の充当分が少なく、支払いを続けていくと利息充当分が増えていきます。

追加返済

6ヶ月毎のボーナス時に借入額の50%まで可能です。

イオン銀行ダイレクトから

返済元金は1万円から可能で、申し込み期限は、繰り上げ返済希望日の前日までです。

希望日は申し込みの翌日から1ヶ月先の営業日までを選べます。

店舗から

返済元金は10万円から可能で、申し込み期限は、毎月の返済日の15日前まで可能です。

希望日は返済日のみ指定ができます。繰り上げ返済の手数料はどちらも無料です。

余裕があれば、どんどん繰り上げ返済することで支払い期限も短くなり、金額も少なくなります。

まとめ

イオンアシストプランは、条件が決まっているので申し込みの対象は狭くなっています。

しかし、審査が通れば固定金利でずっと低いままの金利で支払いを続けることができます。

しかも基本的には返済のみなので、借金が増えることなく減り続けます。

おまとめや借り換えを考えている方には、ぴったりのローン商品ですね。

他社の借入に悩んでいる方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

◆目的別で探す◆

良く読まれる記事「Best3」

おすすめカードローン”シーン別”ランキング

おすすめカードローン

あなたに、おすすめのカードローンを「シーン」別にランキングにしました。

  • スグ借りたい
  • 審査が不安
  • 女性向け

などなど、あなたにピッタリのカードローンを教えます。

お金がない時の対処法14選

お金がない時の対処法14選

ガチで”お金がナイ”時の対処法を14個まとめました。

  • 弁護士へ相談する!
  • 生活保護をもらう!
  • 保険を見直す!
  • クレジットカードを作る?
  • 掃除をする

どの方法で”お金がない”を解決するか教えます。

日本全国の「消費者金融一覧」

消費者金融一覧

日本全国の消費者金融をまとめました。

出来るだけ近くでお金を借りたい、店舗に来店して安心して借りたい。

独自の審査基準で大手よりも審査が柔軟な場合もある全国の消費者金融はコチラ。

-イオン銀行

Copyright© キャッシング7 , 2018 All Rights Reserved.