カードローン・キャッシング

自営業でもカードローンは利用可能?審査の流れと在籍確認

投稿日:2018年7月6日 更新日:

自営業でもカードローンは利用可能?審査の流れと在籍確認

自営業者だけど、カードローンで借り入れをしたい。

そんな時、気になるのが「審査」です。

ここでは、自営業者のあなたがカードローンで借り入れができるのか、審査の流れや在籍確認について解説します。

自営業でもカードローンで借り入れ可能?

自営業者や個人事業主でも借りられる

自営業者や個人事業主でも借りられる

自営業者や個人事業主でも、カードローンでお金を借りることは可能です。

カードローンの申込み条件は、借りる本人に「安定した収入がある」ことです。

毎月の収入が安定していれば、勤め先の給料でも自営業の収入でも、収入源はどちらでも問題ありません。

会社員と比較して、利用できるカードローンの選択肢が狭くなるということもありません。

審査が不安な方のためのカードローン

事業性資金には使えない

自営業者がカードローンでお金を借りるときは、事業性資金には利用できないということに注意しましょう。

事業性資金とは、簡単に言えば仕事を回していくために必要な資金のことです。

例えば、お店で売る商品を仕入れるのための費用や、取引先への支払いなどが、事業性資金にあたります。

会社員の方は気にする必要はありませんが、自営業の方は覚えておきましょう。

使い道は個人的な支出

カードローンの借り入れ金の使い道として認められるのは、仕事とは離れた個人的な支出です。

例えば、食費や家賃などの生活費、子供の教育費、旅行や趣味に使う費用など、用途は自由です。

クレジットカードをつい使いすぎてしまった時の、支払いのための借り入れでも大丈夫です。

自営業でも借り入れしやすいカードローンとは

自営業でも借り入れしやすいカードローンとは

世の中にはたくさんのカードローン商品がありますが、そのほとんどは自営業でも申込みできます。

金利や審査スピードなど、自分の希望に合わせて選びましょう。

消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンは、安定した収入があれば、自営業でも利用できます。

事業性資金には使えませんが、個人的な支出のためなら使いみちは自由です。

消費者金融は、申込み手続きの利便性や、無利息期間サービスなど、メリットが多くあります。

自営業者でも、初めての契約なら、無利息期間サービスの対象になります。

審査がスピーディなので、急いで借り入れをしたい方には、消費者金融がおすすめです。

即日融資可能なカードローン特集

銀行系のカードローン

少しでも利息を抑えたい方には、銀行系のカードローンがおすすめです。

自営業で融資を受けたことがある人は、個人向けの無担保カードローンは金利が高いと感じてしまうかもしれません。

銀行系のカードローンは、消費者金融より金利が低いのがメリットです。

銀行から融資を受けることになりますが、仕事の帳簿などを見られることは決してありません。

審査の際に、確定申告書など、前年度の個人所得が分かる書類を提出します。

全国のカードローンまとめ

自営業者がカードローンに申込む際の審査の流れ

借り入れ審査は自営業者も会社員も同じ

借り入れ審査は自営業者も会社員も同じ

自営業者でも会社員でも、カードローンの審査の流れは同じです。

Web申込みが主流

最近は、パソコンやスマホからのインターネット手続きでの申込みが主流になっています。

消費者金融なら、午前中に申込みをすれば、当日中に審査結果が出ることも多いです。

カードローン会社の公式サイトに申込みページがありますので、まず入力フォームから申込み情報を入力します。

名前や住所などに続けて勤務先の入力があり、「自営業」を選択して詳細を入力していきます。

申込み完了後

申込み完了後

申込みを完了してしばらくすると、カードローン会社から確認の電話が入ります。

その時の会話で、自営業としてどんな仕事をしているかなどをヒアリングされる可能性が高いです。

普段の仕事のことを、ありのまま伝えれば問題ありません。

確認の電話が終わると、在籍確認の電話が入り、審査結果に問題がなければ、契約手続きに進みます。

契約手続きの際に必要書類の提出を行いますが、スマホで書類を撮影して画像として送信できる場合が多く、郵送の必要はありません。

契約手続きが完了したら、ローンカードを受け取って借り入れします。

審査で必要な書類は?

自営業者のカードローン審査で必要な書類は、次の2つです。

  1. 身分証明書
  2. 収入証明書

1. 身分証明書

身分証明書

まず、必ず提出するものとして、免許証などの身分証明書があります。

運転免許証があれば一番良いのですが、持っていない場合は、パスポートや健康保険証でも大丈夫です。

2. 収入証明書

もう1つは、収入証明書です。

カードローンの審査では、借り入れ希望額が少ない場合は、収入証明書が不要となることもあります。

銀行系、消費者金融ともに、借り入れ希望が50万円未満なら、収入証明書は不要になる場合が多いです。

しかし自営業の場合は、借り入れ希望額に関わらず、提出が必要となる場合もあります。

カードローン会社によって異なりますので、すぐに提出できるように準備しておきましょう。

収入証明書として使える書類は、前年度の確定申告書や、役所で発行される課税証明書などです。

役所の書類は、取得するまでに時間がかかることもありますので注意しましょう。

自営業の在籍確認

自営業の在籍確認

自営業者のカードローンの審査でも、会社員と同じように在籍確認は行われます。

自営業者は、自宅と仕事場が同一の場合も多く、在籍確認はどうなるのかという疑問を持たれるでしょう。

自営業の場合、申込み時に仕事場の連絡先として入力した電話番号に、在籍確認の電話が入ります。

自宅と職場が同一の場合は、自宅で在籍確認の電話を受ければ問題ありません。

自営業ならば自分で在籍確認の電話に出やすいため、かえって対応しやすいのではないでしょうか。

在籍確認なしのカードローン【徹底解説】

ところで話は変わりますが・・・

会社員から自営業に転職したら?

会社員から自営業に転職したら?

会社員の方がカードローンの契約をして、会社を退職して自営業に変わったら、どうなるのでしょうか。

カードローンは、1年から数年の長い期間に渡って利用する可能性もあります。

カードローンの契約中に勤務先が変わった時は、会員サイトなどから勤務先の変更を行います。

これが会社員から自営業という大きな変化の場合でも、同じ手続きになります。

よほど大きな年収の変更がない限り、そのまま利用を継続できる可能性が高いです。

転職後、カードローンでお金を借りる!審査と在籍確認

筆者の経験談

私も経験がありますが、会社員から自営業に変わった段階で、公式サイトから勤務先の情報を変更すれば、問題ありませんでした。

現在、会社員として働いていて、将来フリーランスとして独立するかもしれないという人でも、カードローンに申込みしても問題ありません。

ただし、数ヶ月以内に独立することが決まっているような場合は、勤務先をどう申告すればよいか、コールセンターに電話して相談してみましょう。

まとめ

自営業でも、カードローンでお金を借りることは可能です。

審査の流れは会社員と同じですが、収入証明書はいつでも提出できるように準備しておきましょう。

在籍確認は、仕事用の電話で受けることになります。

自宅が職場の場合は、自宅の電話でも問題ありません。

カードローンで借り入れしたお金は、事業用の資金としては使えませんが、個人的な支出のためなら使い道は自由です。

限度額の範囲内なら繰り返し利用できますので、安心のために契約しておくとよいでしょう。

◆目的別で探す◆

良く読まれる記事「Best3」

お金がない時の対処法14選

お金がない時の対処法14選

ガチで”お金がナイ”時の対処法を14個まとめました。

  • 弁護士へ相談する!
  • 生活保護をもらう!
  • 保険を見直す!
  • クレジットカードを作る?
  • 掃除をする

どの方法で”お金がない”を解決するか教えます。

日本全国の「消費者金融一覧」

消費者金融一覧

日本全国の消費者金融をまとめました。

出来るだけ近くでお金を借りたい、店舗に来店して安心して借りたい。

独自の審査基準で大手よりも審査が柔軟な場合もある全国の消費者金融はコチラ。

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金が必要な人にむけて、すぐにお金を手にする全18個の方法をまとめました。

即金性のあるものを一覧にしていますので、あなたにピッタリのお金の作り方が見つかりますよ!

-カードローン・キャッシング

Copyright© キャッシング7 , 2018 All Rights Reserved.