モビット

審査の前に!モビットのデメリットを解説、金利は高い!

投稿日:

モビットのデメリット

三井住友銀行グループの消費者金融「モビット」。

他の消費者金融との違いや、デメリットは何があるのでしょうか?

モビットの審査をする前のアナタが「オススメ出来る人」なのか「おすすめできない人」なのか?

メリット・デメリットは何か?を解説します。

モビットをオススメ”できない”人

以下に該当する人は、あまりモビットをおすすめできません。

  • なるべく低金利で借りたい人
  • 大型融資を希望する人
  • 対面で詳しく相談しながら契約したい人
  • 収入証明書の準備が難しい人

特に最後の「収入証明書の準備が難しい人」は「WEB完結申し込み」で申し込みが出来なくなるのでオススメできません。※収入証明書が不要の場合もあります

WEB完結申し込み以外でも申し込めますが、その他の申し込みになると、融資までのスピード感や申し込みの手間が、他の消費者金融とあまり変わらなくなってしまいます。

WEB完結申し込みは、電話連絡・郵送無しで審査が可能な上、カードレスでの借り入れが出来るという、モビット最大のメリットです。

収入証明書を準備できない人は、一旦他の消費者金融も検討してみると良いでしょう。

☞ 即日融資可能なカードローン特集

モビットをオススメ”できる”人

早く借りたい人

最短30分で審査・融資まで1時間

モビットは最短30分の審査解答と、申し込みから融資実行まで最短1時間という、驚異的なスピードで借り入れが可能です。

また、ホームページか自動契約機で申し込む際、必要事項の入力後すぐに簡易審査が行われ、画面上に融資可能かどうかと、借り入れ限度額の目安を表示してくれます。

申し込み方法もWEB完結申し込みを利用すれば、電話連絡や郵送手続きなどの面倒なやり取りが無いので、インターネット上のみで手続きが完了いたします。

自動契約機が近くにあれば早い

申し込みの時間帯や審査時間によって即日融資が受けられない場合もありますが、申し込み後にコールセンターへ連絡して早めの手続き希望の旨を伝えれば、審査を急ぎで行ってもらえる場合もあります。

ホームページからのWEB完結申し込みが一番早い方法ですが、近くに自動契約機が設置されていれば、自動契約機での申し込みも同様に早いのでおススメです。

誰にもバレたくない人

消費者金融でお金を借りる人は、ほとんどの方が周りに知られたくないと思っています。

モビットのWEB完結申し込みを行えば、電話連絡や郵送物がないので「誰にもバレずにお金を借りたい!」という人におすすめです。

電話連絡に関しては、職場への在籍確認はもちろんの事、審査完了の連絡も電話ではなくメールでお知らせが送信されます。

手続き上不備があった場合は稀に電話確認があるとの事ですが、通常は電話はかかってきません。

郵便物も届きませんので、家族にバレてしまう心配もありません。

モビットのデメリット

モビットのデメリット【高金利と総量規制】

金利が高い

モビットの金利は年率3.0%~18.0%です。

これは、他の消費者金融と比べると高金利といえます。

では他の消費者金融との比較をご覧ください。

消費者金融 金利 限度額
プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
モビット 3.0~18.0% 1~800万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 4.5~18.0% 1,000円~500万円

モビットの金利3.0%~、という数字だけを見ると、他の消費者金融に比べて低いように感じます。

しかし、金利を比較する際は基本的に「最高金利」を参考にしましょう。

金利は、審査の際に「借り入れ限度額」に応じて決定します。

「借り入れ限度額」が低ければ金利は高く、逆に「借り入れ限度額」が高ければ金利は低く適応されます。

借り入れ限度額が100~200万円ではじめての契約の場合、最高金利である18%が適応される可能性が非常に高いです。

最低金利の3.0%が適応されるには、借り入れ限度額が最高額の800万円ほどまでに適応されないと難しいでしょう。

それでは、金利が18%だと利息はどのくらいになるのでしょうか?

金利は年率なので、毎月の返済額によって支払う利息が変わってきます。

モビットの返済方法は「借入後残高スライド元利定額返済方式」となり、毎月の最少返済額は借り入れ後の残高によって変動します。

最少返済額は以下の表をご覧ください。

借り入れ後の残高 最少返済額
10万円以下 4,000円
10万円超~20万円 8,000円
20万円超~ 30万円 11,000円
30万円超~40万円 11,000円
40万円超~50万円 13,000円
50万円超~60万円 16,000円
60万円超~70万円 18,000円
70万円超~80万円 21,000円
80万円超~90万円 24,000円
90万円超~100万円 26,000円

金利18%で、毎月最少返済額で返済を行った場合の利息を計算してみます。

借入額 毎月の返済額 利息合計 返済額合計 返済期間
10万円 4,000円 2万6,260円 12万6,260円 32ヶ月
20万円 8,000円 5万2,540円 25万2,540円 32ヶ月
30万円 11,000円 8万8,683円 38万8,683円 36ヶ月

10万円の借り入れだけでも利息が2万6,260円と高額なうえ、返済期間が約2年半もかかってしまいます。

では、最少返済額に毎月3,000円を追加してみましょう。

借入額 毎月の返済額 利息合計 返済額合計 返済期間
10万円 7,000円 1万3,384円 11万3,384円 17ヶ月
20万円 11,000円 3万5,290円 23万5,290円 24ヶ月
30万円 14,000円 6万4,611円 36万4,611円 27ヶ月

10万円の借り入れをご覧いただくと、利息が1万2,876円も節約できるうえ、返済期間も約1年半に短縮できました。

このように、金利の高いモビットで借りて利息を抑えたいのであれば、ある程度毎月の返済金額を増やし、返済期間を短くするしかありません。

どうしても返済金額を増やさずに、なおかつ利息も抑えたいのであれば、金利の低い銀行カードローンの申し込みを検討しましょう。

総量規制の対象

モビットは三井住友銀行グループではありますが、運営しているのは別会社の消費者金融となるので、総量規制の対象です。

その為年収の3分の1までの金額しか借り入れが出来ないので「年収÷3=借入限度額」が限度額の目安になります。

モビットの融資限度額は最高800万円と高額ですが、800万円を借り入れられるのは年収2400万円以上の人です。

20代・30代の平均年収は約300万円~500万円前後といわれておりますので、その場合の借り入れ限度額は、多くても100万円~160万円の適応となります。

大型の融資には向いていませんので、モビットで借り入れを行う際は限度額にも注意が必要です。

無利息期間が無い

一定の日数利息が発生しない「無利息期間」を設けている消費者金融は多いですが、モビットには無利息期間がありません。

他社消費者金融の無利息期間は以下のとおりです。

消費者金融 無利息期間
プロミス 30日間(初回借入日の翌日から)
アコム 30日間(契約日の翌日から)
アイフル 30日間(契約日の翌日から)
モビット 無し

借り入れ後すぐに返済が出来る場合、無利息期間内で返済を完了させれば利息0円で完済することができます。

しかし前述のとおりモビットには無利息期間が無いので、すぐに完済できる場合は、無利息期間のある消費者金融で借り入れを行うのがベストです。

無利息期間がある人気カードローン特集

店舗・ATMが無い

モビットのデメリット【無利息キャンペーンがない!】

消費者金融の有人店舗数は減ってきてはいるものの、ちょっとした不明点をその場で聞きながら契約できるので、不安解消にも繋がる為利用する人も多くいらっしゃいます。

しかし残念ながら、モビットは有人店舗がありません。

「契約するときは誰とも会いたくない!」

という方にとっては大きなデメリットではないかもしれませんが

「詳しい説明を聞きながら対面して契約をしたい」

という方にとっては、デメリットになるでしょう。

また、モビットには自社のATMがありませんので、提携ATMを利用すると108円~216円の手数料が発生します。

ただし、自社のATMが無いぶん、モビットは他社の消費者金融に比べて提携ATMの種類と数が豊富です。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行をはじめ、全国の地方銀行、信用金庫、コンビニATM、さらには駅のATMでも利用可能です。

その為不便になるという事はないですが、手数料をかけたくない人にとってはマイナス要素のひとつではないでしょうか。

収入証明書が必要になる場合も

ほとんどの消費者金融で収入証明書が必要になるのは、下記いずれかにあてはまる場合のみです。

  • 50万円を超える金額の借り入れを希望する場合
  • 借り入れ希望額と、他の貸金業者からの借り入れ金額の合計が100万円を超える場合

しかし、モビットは50万円未満の借り入れでも収入証明書が必要になる事が多いです。

その上必要になるかどうかは申し込み後に伝えられるので、実際に申し込みを行ってみないと分かりません。

早く借りたい人にとって、申し込み前に必要書類がハッキリしないというのは結構面倒な事です。

収入証明書は下記のいずれか一点の写しを提出します。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 給与明細書
  • 税額通知書
  • 確定申告書

その為、モビットで借り入れを行いたい場合は、

・本人確認書類(運転免許証、保険証、パスポート等)
・収入証明書

の2点をあらかじめ準備しておく必要があります。

モビットのメリット

ここまでデメリットをご紹介いたしましたが、メリットも確認していきましょう!

最短30分の審査で即日融資

モビットのメリット【最短30分審査が心強い】

急にお金が必要になった!という場合でも、モビットなら最短30分で審査の回答が来ます。

さらに申し込みから融資までは、最短1時間というスピードです。

申込んだ当日に、しかも数時間で融資が行われるのは本当に便利ですよね。

即日融資の為には注意点があります。

収入証明書を準備

デメリットでもご紹介しましたが、借り入れ希望額にかかわらず収入証明書が必要になる場合があります。

必要な時にすぐ提出が出来るよう、あらかじめ収入証明書を準備しておきましょう。

平日14時30分まで

銀行振込での融資希望の場合は平日14時30分までに申し込み手続きを完了させる。

銀行の営業時間の問題ですが、一般的に銀行は15時までの営業です。

銀行振込での融資希望の場合、余裕をもって14時30分ころまでに手続きを完了させましょう。

万が一審査に時間がかかってしまう可能性もありますので、午前中から申し込みを行っていれば確実ですね。

自動契約機は土日・祝日は即日不可

自動契約機で振込融資を申し込む場合でも土日・祝日は即日不可。

多くの自動契約機は、土日・祝日を含む21時まで営業していることが多いです。

しかし即日で振込融資を希望する際は、土日・祝日に自動契約機が営業していても、銀行は営業時間外なので振込の実行は翌営業日となってしまします。

上記に注意をして申し込みを行えば、即日に振込での融資が可能です。

急ぎの場合、コールセンターへ「急いでいるので早めの審査をお願いします」と一言付け加えておけば、状況に応じで可能な限り審査を早めてもらえます。

WEB完結申し込みが可能

モビットのメリット【Web完結申し込みで楽】

さらに急いでいる方には、申し込みから融資までWEBのみで完了する「WEB完結申し込み」がおすすめです!

モビットの申し込み方法はWEB以外に、モバイル、郵送、電話、自動契約機と、複数あります。

WEB完結申し込みは、郵送物・カード発行・電話連絡が無いという特徴があり、すべての手続きをモビットのホームページ上で完了させることができます。

WEB完結の申し込み方法がある消費者金融は、そう多くはありまん。

非常にスピーディーに融資を行ってもらえるので、急いでいる方には特に便利な申し込み方法でしょう。

ただし、WEB完結申し込みには2つ条件があります。

条件1:三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行の口座を持っている

条件2:以下の書類を提出できる

・運転免許証、パスポートのいずれか1つ
・源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分)のいずれか1つ

・社会保険証、組合保険証のいずれか1つ
・給与明細書(直近1ヶ月分) ※上記で直近2ヶ月分の給与明細書を提出する場合は不要

上記の条件を満たしていればWEB申し込みは可能です。

WEB上で情報を入力し、書類提出を行って契約完了後、完了のメールが届きますので、その瞬間からすぐに銀行振り込みでの融資が可能になります。

即日融資可能なカードローン特集

在籍確認の電話が無い

モビットは、WEB完結申し込みの場合職場への在籍確認のお電話はありません。

一般的に消費者金融でお金を借りる場合、在籍確認として消費者金融の担当者が、個人名で申込者の職場へ電話をかけます。

「○○さんいますか?」というように、あくまでも私用の連絡かのようにかけてくれるので、消費者金融からの連絡とはバレないように配慮してくれます。

しかし、いくら個人名で電話をかけるといっても、消費者金融からお金を借りたことがある人からすると、その電話の雰囲気や声のトーンなどでなんとなく分かってしまうものです。

この電話連絡が嫌でなかなか消費者金融等でお金を借りられない人は多いのではないでしょうか?

ほとんどの消費者金融で在籍確認の電話連絡は行われておりますので、モビットのように「電話連絡が無い」と明記している消費者金融は貴重です。

誰にもばれずにお金を借りたい人にとっては、大きなメリットになります!

ただし、この電話連絡が無いのは上記でご紹介した「WEB完結申し込み」の場合のみです!

電話申し込みや、郵送申し込みを行ってしまうと、通常通り在籍確認の電話連絡は行われますので注意しましょう。

まとめ

急いでいる人・誰にもバレたくない人にはおすすめですが、モビットが向いていない人もいます。

これからモビットを申し込もうと考えている人は、デメリットもよく検討したうえで申し込みを進めましょう。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-モビット

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.