お金借りる

初めてお金を借りる!無利息期間カードローンとその条件

更新日:

初めてお金を借りる場合は無利息期間

初回30日間無利息サービスは、大手消費者金融と一部の銀行カードローンで取り扱われています。

あくまで「初回利用者」に限ったサービスですが、スグ返す予定ならば、これほどありがたいサービスはありません。

借り入れが初めてだという人は、初回30日間無利息サービスを取り扱っている金融機関を利用するようにしましょう。

ここでは、無利息期間サービスがある消費者金融・銀行について解説します。

初回30日間無利息で借りられる金融機関はここ

プロミス

プロミスの特徴

プロミスは正式名称を「SMBCコンシューマーファイナンス」といい、三井住友フィナンシャルグループの子会社です。

そのため、プロミスの自動契約機も全国に多数設置されているのですが、三井住友銀行に設置されている自動契約機も利用することが可能となっています。

プロミスの無利息条件

プロミスの無利息期間は「初回利用日から30日間」となっています。

利用するための条件は「プロミスを利用するのは今回が初めてであり、なおかつメールアドレスを登録してWeb明細を利用する」ことです。

Web明細を利用することで、プロミスの利用残高等が記載された明細書類が家に送られてくることを避けられるので、無利息条件に関わらずWeb明細は利用しておいたほうがいいでしょう。

非常にシンプルな条件で利用可能なサービスとなっています。

☞ 無利息期間のランキング

プロミスのポイントサービスで無利息

プロミスは消費者金融としては非常に珍しく、インターネット会員サービスを利用することによって「プロミスポイント」というポイントを貯めることが可能となっています。

そして、貯まったポイントを消費することで色々な恩恵を受けることが可能なのですが、その中に「任意のタイミングで利用できる無利息期間」というものがあるのです。

ポイントサービスに申し込むことで100ポイント、収入証明書類を提出することで160ポイントといったようにポイントが貯まっていきます。

  • 250ポイント消費で7日間
  • 400ポイント消費で15日間
  • 700ポイント消費で30日間

を利用することが可能となっています。

ポイントサービスに申し込んで収入証明書類を提出するだけで、7日間の無利息期間を利用する権利を得ることが可能なのです。

もちろん、100ポイント以上のまとまったポイントをゲットできる機会は上記の2つしかなく、あとは数ポイントをコツコツ貯めていくしかないため、そんな頻繁に無利息期間を利用できるわけではありません。

しかし、自分の任意のタイミングで無利息期間を利用できるというのは他の消費者金融にはないサービスとなっています。

もちろん初回30日間無利息はポイントに関係なく利用できるため、長期で利用するつもりなのであれば、プロミスが一番無利息期間を利用できる機会は多いかもしれません。

プロミスまとめ

アイフル

アイフルの特徴

基本的なサービスについてはプロミスと同じです。

どちらも利用したことのある筆者の印象を申し上げておくと、プロミスよりもアイフルのほうが駅前などの利便性の高い場所に設置されている自動契約機が多いような気がします。

あくまで筆者の行動範囲の中だけの話かもしれませんが、契約手続きのことや返済のことを考えると、自動契約機までのアクセスというのは地味に重要です。

プロミスにしろアイフルにしろ、今から説明する別の金融機関にしろ、どこを利用するか迷った際には「自動契約機が近所にある」という観点から選んでもいいかもしれません。

アイフルの無利息条件

アイフルの無利息期間は「初回契約日から30日間」となっています。

利用するための条件は「アイフルを利用するのは今回が初めてであり、なおかつ無担保キャッシングローンを利用する」ことです。

アイフルでは一般的なキャッシングローン以外にも、おまとめMAXやかりかえMAXといったようなローンを取り扱っており、それらの利用では無利息期間は適用されません。

おまとめや借換え等を意識せずにただ借り入れのためだけに利用するのであれば、何の問題もなく条件が適用されます。

アイフルのまとめ

アコム

アコムの特徴

アコムには「女性専用ダイヤル」というサービスがあり、そちらに電話をかければ必ず女性のオペレーターが対応してくれます。

特に女性の方で消費者金融等を利用するのが初めてで…という方であれば申し込みや相談のために電話をかけるのにも勇気がいることがあるでしょう。

そのような場合にはアコムの女性専用ダイヤルを利用することで、不安をいくぶん和らげることが可能になるのではないでしょうか。

安心して利用できるか、というのも利用する業者・サービスを決める上では大きなポイントになりますからね。

アコムの無利息条件

アコムの無利息期間は「初回契約日から30日間」となっています。

利用するための条件は「アコムを利用するのは今回が初めてであり、なおかつ返済期日を35日ごとで契約する」ということです。

アコムの返済期日には「35日ごと」と「毎月指定期日」の2つがありますが、後者を選んだ場合は無利息期間は適用されません。

無利息期間を利用するためには、返済期日を35日ごとにする必要があります。

アコムまとめ

新生銀行カードローンレイク

レイクの特徴

銀行カードローンで無利息期間サービスを取り扱っているところはあまり多くありませんが、新生銀行カードローンレイクでは、消費者金融同様の無利息期間サービスを利用することができます。

詳しくは後述しますが、新生銀行カードローンレイクではこれまで説明している「初回30日間無利息」というサービス以外にも別の無利息サービスを取り扱っています。

種類の違う無利息サービスから選んで利用できるというのは、他の金融機関の無利息サービスにはないメリットであり、新生銀行カードローンレイクの強みの1つでもあります。

レイクの無利息サービス

レイクの無利息サービスは「契約額1~200万円であれば、初めての方に限り借り入れ金額のうち5万円までは180日間無利息」というものです。

契約額1~200万円で借り入れ金額のうち5万円までという制限はあるものの、180日間つまり約6ヵ月間という長期の無利息期間となっています。

焦らずゆっくりと返済をしたいという方は、新生銀行カードローンレイクの180日間無利息サービスを利用するのがオススメです。

ただし、5万円を超えた金額に関しては通常通りの金利が適用される点には注意が必要です。

新生銀行カードローンレイクの審査を徹底解説

特殊な無利息期間を設定しているノーローン

ノーローンの無利息サービス

ノーローンで取り扱っている無利息サービスは「1週間何度でも無利息」というものです。

期間が30日間でなく1週間と短くなった代わりに、初回限定ではなくしかも何度でも利用可能という特徴を持っています。

急場をしのぐために借り入れを行ってそれ以降は利用しないというのであれば、30日間の無利息サービスのほうが期間が長い分便利でしょうが、定期的に借り入れを行うつもりなのであれば1週間とは言え何度でも無利息期間が利用できるほうが便利です。

「1週間何度でも無利息」の条件

ただし無利息期間を利用するためには条件があり、完済し終わった次の月から改めて無利息期間が利用可能になります。

例えば、4月に無利息期間を利用して借り入れを行いその返済を4月中に終えてしまえばまた5月に改めて無利息期間が利用できますが、返済が終わったのが5月に入ってからの場合、次に無利息期間が利用できるのは6月以降ということになります。

定期的に無利息期間を利用したいのであれば、借り入れを行ったその月に完済してしまうことが重要となります。

無利息期間を活用して損をしないコツ

期間中に返済する

無利息期間は非常に便利なサービスであることは間違いありませんが、期間中に完済できなければ通常通りの利子が付くことになります。

つまり、無利息期間適用中に返済できる当てがあるタイミングで利用するのが、無利息期間を有効活用するためのコツだと言えます。

☞ 無利息期間のあるカードローン特集

給料日から逆算して借りる

オーソドックスな30日間の無利息期間であれば、期間中に給料日等が訪れる可能性は高いはずです。

給料から返済を行って、その後の生活が苦しくならなさそうな金額を借り入れるのが賢明と言えそうです。

ノーローンで借りる

ノーローンで利用できる1週間無利息期間の場合には、給料日直前に利用して給料が入り次第返済するという利用法が理想的でしょう。

イメージとしては給料を前借りしているのと同じ感じかもしれませんね。

新生銀行カードローンレイクで借りる

新生銀行カードローンレイクの180日間無利息の場合には、特にタイミング等を意識する必要はないでしょう。

むしろ、180日間という長い無利息期間にかまけてすっかり返済することを忘れていた、とならないように注意しておくことのほうが重要かもしれません。

「初回利用日」と「初回契約日」の違いに注意

ここまで「初回30日間無利息」という名称で説明を行ってきましたが、実は厳密にはこの「初回」には

「初回利用日から30日間無利息」
「初回契約日から30日間無利息」

の2つのパターンがあります。

例えば4月1日に契約を行ったものの、実際に借り入れを行ったのは5月1日だったという場合に「初回30日間無利息」が初回利用日からなのか初回契約日からなのかによっては大きな違いが生じます。

初回利用日~の場合

初回利用日からだった場合には、無利息期間がスタートするのは実際に借り入れを行った5月1日からになるため、5月いっぱいは無利息期間が利用できることになります。

初回契約日~の場合

初回契約日からだった場合には、実際には借り入れていないものの4月1日から無利息期間が始まってしまっており、借り入れを行った5月1日にはもう無利息期間が終わってしまっていることになります。

無利息はいつからいつまで?を把握する

「無利息期間がいつから始まっていつで終わるのか」ということをしっかり把握しておかないと、無駄に利息を支払うことになりかねません。

契約したその日に借り入れを行うつもりなのであれば、どちらを選んでも問題ありません。

しかし契約だけ先にしておいて後日借り入れを行おうと思っているのであれば「初回利用日から30日間無利息」のところを選ぶことで、無利息期間を無駄なく利用することができます。

まとめ

初回30日間無利息を基本としつつも、業者によっては特徴のある無利息サービスを提供しているところもあります。

どのパターンの無利息サービスを利用するのが自分にとって最も都合がいいかをよく考えた上で、利用する業者を決定するといいでしょう。

☞ 無利息期間のある”カードローン”ランキング

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-お金借りる

Copyright© キャッシング7 , 2017 AllRights Reserved.