お金借りる

新入社員へ!お金の借り方、カードローン審査と申込み

更新日:

新入社員へ!お金の借り方、カードローン審査と申込み

せっかく就職してお給料が貰えるようになったのに「お金が足りない」

こんなピンチを乗り切るための「カードローン」って、新入社員でも利用できるの?

今回は、新入社員のアナタがカードローンでお金を借りるための審査について解説します。

新入社員はカードローン審査に不利?

結論から申し上げましょう。

新入社員のカードローン審査はかなり不利になることが多いです。

なぜ、新入社員が不利なのか?と言うと、カードローン審査で重要になる点が、以下の3つだからです。

  1. 安定した収入を期待できる
  2. 勤続歴が短くない
  3. クレカや支払いの延滞・滞納がないか(信用情報に傷がないか)

新入社員は「安定した収入」と「勤続歴」が約束できないため審査では不利です。

しかし!!!

審査の通過が難しいといっても、全く望みがない訳ではありません。

新入社員がお金を借入れする際に注意すべき点、タイミングそして各カードローンの性質を知ることで、審査に通過することも十分可能。

それではあなたが、カードローン審査を突破する5つのポイントをお伝えします。

新入社員のカードローン審査、5つのポイント

1、勤続歴・安定収入のためにまずは働く

借りたい人には便利なカードローン

カードローン審査の一番の重要な点は「勤続歴・安定収入」です。

カードローンは、

  • 無担保
  • 事業資金を除き用途は不問
  • 即日融資を実施しているところも多い

など、借りたい人にとってはかなり便利な金融商品です。

しかし、貸し手(銀行や消費者金融)からするとリスクが多い商品でもあります。

そのため「(お金を借りたい)あなたが安定した収入を定期的に得られているか」はお金を貸す金融会社にとって外せない要素になってくるのです。

新入社員は勤務歴で不利

新入社員の場合、ある一定の給与を期待できても、継続した収入が見込めるか?という点で不利になってきます。
※公務員などの安定した職の場合は、勤続歴が短くても借入れの可能性は高い

消費者金融の場合は最低半年、銀行の場合は最低1年が審査通過のボーダーラインと言われています。

ちなみに安全圏は「勤続歴3年以上」が目安。

新入社員のアナタがカードローン利用を考えているならば、まずは仕事をしろ!です。

働いて自立した生活をしているんだ!という実績を作ることから始めましょう。

とは言うものの、いますぐお金必要ですよね(汗)

2、難易度低めの消費者金融を利用する

3年働け!と言われても、初任給じゃ全然足りない。

「今スグお金が必要なんじゃ~」

そんなアナタには消費者金融をオススメします。

理由は、なんといっても審査通過度の高さ。平均的に40%前後の審査通過率を誇る大手消費者金融の場合、正社員である程度勤続し(最低6ヶ月は必要!)、他社への借入れ額・件数が少なければ十分審査通過は可能です。

消費者金融ならではの高金利が気になりますが、それ以上に

  • 無利息機関
  • ポイント制度
  • 在籍確認を収入証明で済ます!

などお得な側面も多いのもオススメする理由です。

ただし入社間もない新入社員の場合、実質上年収を計算することが難しい為、収入証明として数ヶ月分の給与明細の提出を促される場合もあります。

年収はともかく、この人は安定した収入があるのか?が最も重要な為、入社したてもしくは数ヶ月の新入社員は大手消費者金融、または「中小規模の消費者金融」を選択することも考えましょう。

大手のような安心感はありませんが、地方発の中小規模の消費者金融は、比較的、審査に寛容な場合が多いです。

審査通過に自信がない方はまず中小規模の消費者金融を狙いましょう!

3、見落としがち!信販系カードローン

信販系?と言われてもイマイチ動向が掴めない方も少なくないのでは?

一般的にカードローンは銀行・消費者金融そして信販系の3種に分かれています。

あまりに前者2者の存在感が強いので埋もれがちな信販系カードローンですが、簡単に言うと「クレジットカードを発行する信販会社」によるカードローンのことです。

信販系カードローンとしてお馴染みのところは、セディナやオリコ、オリックス銀行カードローンが有名ですね!

これら信販系は金利に幅があり、審査に関しては銀行と消費者金融の中間という立ち位置・・・

審査に時間がかかる会社が多く、即日融資は難しいです。

しかし

・セディナやオリコ等信販系のクレカを普段使いしている
・返済も滞りなくしている

そんな場合は、カードローン審査にもプラスのになり得るので申し込みをしてみるのもいいかもしれません。

4、低金利の銀行カードローンは難度高し!

銀行は消費者金融にくらべて低金利で小口融資~大口融資まで幅広く対応しているのが特徴です。

しかし「銀行独自の審査」に加え「保証会社による審査」のダブル審査を導入している為、消費者金融のそれより融資の難易度はグンと上がります。

通常の年収、勤続歴、家族構成等だけでなく、特に過去の借入れ・奨学金や携帯代金の遅延・滞納がないかを徹底的に審査されます。

その為、もし銀行系カードローンに申し込みをしたい場合は、「会社の給与振込先になっている銀行カードローン」を申し込むことが重要です。

普段使いしている銀行ならば、若干審査に有利に働く。。。と言われています。

また地方発の地銀カードローンも、大手銀行並みのサービス・金利で口座ナシで申し込み可能なところもあるので、盲点をついて敢えて地銀カードローンを申し込むのも手と言えるでしょう。

5、希望融資額は控えめにする

正社員の新入社員の場合、借りれたとしても、初期融資額は比較的低額になる傾向があります。

消費者金融・銀行各社でも異なりますが、約30~50万のラインで可決されます。

ただしこの融資額も年収、勤続歴、未婚か否か、持ち家があるのか等でも幅が出てくるのは言うまでもありません。

一般的に信頼度が高い正社員でも、やはり新入社員は審査に通りにくい!その事実を覆すことは出来ませんが、希望融資額を遥かに下回る額で申し込むことが、審査クリアの突破口になるのです。

希望額が50万なら20万、20万なら5万など極力希望融資額を抑えることが重要です。

お金がない!新入社員の為のカードローンQ&A

転職したばかりは審査に通らない?

カードローン(クレジットカードも然り)審査に関しては、転職後は審査に通らないかもしれません。

お金を貸す側から見ると、突然の転職は毎月の定収入が期待出来ないかもしれない。もしくは本当にこの会社で長く働く意思があるのか不明瞭だからです。

その為、転職後にカードローン審査に望む場合

  • 最低でも6ヶ月以上の勤務を続けてから審査に望む(1年以上が理想)
  • 低額の融資を狙う
  • 銀行カードローンの場合は、給与振込・普段使いしている銀行カードローンを申し込む
  • 低額での融資には必要ない収入証明を敢えて添付する

以上の点に留意して借入れ審査に望みましょう。

各金融機関で転職後の審査にも若干幅がありますが、特に短期間で転職を繰り返している・前職の在職歴が短い場合は大きなマイナスポイント。

また転職が決まっている場合、退職届けを出す前にカードローン審査に望むこともナイスアイデアかもしれませんね。

職種によって審査は違う?

当たり前のことですが、

正社員>派遣社員>アルバイト・パート>フリーランサー>無職

の順で審査難易度も異なります。

更に「公務員・大手一流企業や商社・医師や弁護士」などの職種についている方は、審査で有利になる点は言うまでもありません。

また通常の職種であっても、採用基準が高い会社や大手企業傘下の企業、離職率が低い職場の場合は、金融会社でも評判が高く審査でも有利になってきます。

クレカのキャッシングについて

今やバイトの大学生も所持しているクレジットカード。

大きな買い物も所定の回数の支払いに分けることで、少しだけ背伸びした贅沢も出来るのがクレカの大きな魅力です。

基本新入社員のクレカ審査にはカードローン審査と同様に、

  • 安定した収入と勤続歴
  • 家族構成
  • 信用情報に傷があるか否か
  • 職種
  • 年齢

などを総合的に判断。クレカのポイントとして忘れてはならないキャッシング枠についてですが、通常ショッピング枠とキャッシング枠の審査は別に行われます。

基本50万円までのキャッシングの場合は収入証明が必要になることはありませんが、カードローンと同じく総量規制に縛られ年収の1/3以上はキャッシング不可です。

カードローン審査に自信がない、もしくは落ちたからクレカのキャッシング枠を申し込もうとする場合、上記の審査要素プラス借入れ状況や件数が特に重視される点は忘れてはなりません。

新入社員用のカードローン

新入社員でも通りやすいカードローンはないの?というか新入社員専用のカードローンは巷に存在するのでしょうか?

結論から申し上げると、新入社員専用カードローンはありません。

ただし25歳以下限定のクレカ(三井住友デビュープラスカード)は「学生や新入社員の新規会員獲得」に力を入れており、キャッシング枠を利用することで50万円まで借入れが可能になっています。

勤続歴が短く社会経験が浅い新入社員でも、カードローンを利用することなくピンチを乗り切れるのは魅力的と言えますね!

年収は最低どれくらい必要?

カードローンを申し込むに当たり、一体いくら位が年収の最低ラインなのでしょうか?

各金融機関により審査に差異があるのは事実ですが、ボーナスを含め年収が200万をボーダーラインとして考えるのが一般的です。

しかし、カードローンでお金を借りる場合、年収が低いから必ずしも審査がマイナスとは言えません。

年収が200万以下の場合でも、勤続歴が長く今まで延滞等の信用情報に傷がなければ、銀行系のカードローンの審査も通過する可能性はあります。

あまり自分自身の年収に囚われず、まずは5~30万円の低額融資を申し込んでみてはいかがでしょう?

内定後・入社前の審査は不利?

内定を貰ってさあ安心!お金を借りましょう、消費者金融(銀行)に!と思っても、実際働きに出るまではカードローン審査に通過することはまずありません。

「勤続歴」そして「安定した収入」が約束されるのは、入社後6ヶ月~数年経って以降・・・

就職するまでにアルバイト・派遣社員等で既に安定した収入があれば消費者金融、銀行関わらず審査通過も可能ですが、無職の場合はいくら内定を貰っていても審査通過は見込めません。

ただし小規模消費者金融の幾つかは、内定決定をある種の担保にして少額の融資を行う業者もあります。

ですが、その例外を除き、内定後入社前のカードローン借入れは実質不可能と考えた方がいいでしょう。

過去の支払い・クレカで金融事故

携帯の割賦代金を滞納してしまった、月々のクレカの支払いが追いついていないなど・・・

いわゆる普通の支払いとは異なり、信用取引において支払いを延滞・滞納してしまうと後々大変なことになります。

日本にはJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターという3つの信用情報を共有する機関が存在します。

延滞しても支払いしているから大丈夫という訳ではなくて、少しでも信用情報にネガティブ情報が残ってしまうと、クレカの新規申し込みができなくなり、携帯電話の分割購入すら不可能になってしまいます。

どんなに年収が高く、勤続歴が長くともカードローン審査に可決されることはありません。

これらのネガティブ情報は5年間、情報が消えずに残ります。

一般的に消費者金融はCIC、JICCの2者、銀行の場合はプラス全国銀行個人信用情報センターへの照会もしている為、過去に延滞をしたかも?という新入社員の方は要注意です。

まとめ

使い勝手の良さとお財布に忍ばせる安心感が半端ないカードーローン!

ただし新入社員時代からカードローンに頼ってしまうと、借りては返しの無限ループに陥ってしまう場合もなきにしもあらず。

何事も程々にそして計画的に借入れ出来る方だけにカードローン利用をオススメいたします。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-お金借りる

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.