お金を借りる

お金を借りる理由【11個考えてみた】

投稿日:

  1. 携帯・スマホ代を借りる
  2. 結婚式のお金を借りる
  3. スノボウェアの費用を借りる
  4. 車・バイクの費用を借りる
  5. 部屋・マンションの費用を借りる
  6. 電車賃を借りる
  7. テナント費用を借りる
  8. ワーホリのお金を借りる
  9. 専門学校のお金を借りる
  10. 飲み屋のお金を借りる
  11. パチンコのお金を借りる

願望・目的別のお金を借りる理由を探っていきます。

あなたの(又は気になる相手の)お金を借りる理由はなんでしょうか?

携帯・スマホ代を借りる

携帯・スマホ代を借りる

現代人のデイリーライフに欠かせないアイテムが携帯電話。全てのスケジュールにエンターテインメント、支払いをスマホで一本化している方も多いはず。

でも流行りのiPhoneなど最先端のガジェットを月賦で購入した場合、毎月の出費も意外と痛いんです。

統計を見てみると新料金プラン(かけ放題)

  • 端末料金が残っている場合の平均電話料金……9021円
  • 端末料金支払い済みの平均電話料金……6912円

実際に数字を見てみると各種端末料金の差はあれど、やはりかなりの出費になってくることがわかりますね。

突然の出費が重なると、スマホ代を捻出出来なくなってしまうケースも十分考えられます。

しかし、約1万円前後のスマホ代が支払えないが故に、すぐカードローンに頼るのは【ダメ】

昨今の銀行・消費者金融カードローンは、スマホもしくはパソコンからの操作だけで即日の審査でスグの借入も可能ですが、千円~数万円の少額融資は、どこの業者も高額な利子が課されます。

管理人
管理人

電話代に困ったら知り合いや友人、家族にお金を借りることをオススメいたします。

大手消費者金融の多くは、初回に限り1ヶ月利子が無料になるキャンペーンを行っているところもあります。

なので・・・

今月だけどうしても携帯代が払えない!友達に借りるのはちょっと。

という方には、1度限りのチャンスということで、キャンペーンを利用して借入するのも手と言えるでしょう。

格安SIMを検討してみては?

どうしてもスマホ代がかさんでしまう方には各種格安SIMに乗り換えるのもイイかも!

端末代の支払いが完了した場合、平均3,000円以下に料金を抑えることも可能です。

LINEアウトやスカイプを組み合わせることで、更に電話料金を節約することも出来るので、あなたの携帯プラン1度見直してみる価値ありかも?

結婚式のお金を借りる

結婚式のお金を借りる

人生の分岐点であり2人喜びと悲しみの共有を誓う大イベントこそが結婚式。

時代の流れと共に結婚式のあり方も変化していますが、やはり気になるのがその出費。

管理人
管理人

私の場合は近所の洒落たレストランで軽くパーティーをしただけですが、ざっと70万は飛んでいきました。

食事代以外にも飲み放題プランに、素敵なウェディングケーキそして引き出物など、それなりの人数をもてなすのは大変だった思い出がありますね!

因みに結婚式の例として教会・レストラン・ホテルなどが様々な挙式プランを用意していますが、その平均予算は

●招待客約50名の平均結婚式予算……約250万!

(参照元:結婚式費用の相場って? - ぐるなびウエディング

少人数で演出にこだわらないカジュアルスタイルの結婚式も多くなっていますが、それでも50~100万円は見積もる必要があるでしょう。

後払い可能な式場は以外と少ないので、前払いが必須と考えるとご祝儀に期待をするのは禁物です。

結婚費用を賄うには、銀行からの借入をオススメいたします。

銀行ではブライダルローンを用意しているところもあり、満20歳以上で定収入があれば借入可能。

オススメは固定金利7%で300万までの借入可能な「楽天銀行目的型ローンブライダル」です。

結婚式、結婚指輪に新婚旅行と目的が制限されていますが、毎月1万円からの返済でもOK!金利も消費者金融のそれに比べて低いので検討の価値は十分にあると言えるでしょう。

人生で1度限りの結婚式(と思いたい)、悩んで悩んで節約して涙を飲むのなら、少し無理をしてでも後悔のない結婚式で新たな門出を迎えたいものですね!

結婚式の費用が足りない時はブライダルローン

スノボウェアの費用を借りる

スノボウェアの費用を借りる

スノボってお金がかかるんです…

ウインターシーズンになるとあちらこちらの量販店でスノボウェアがお目見えしますが、その値段の張ることには驚愕せざるを得ません。

  • スノーボード
  • 手袋
  • ウェア上下
  • ブーツ

ざっと換算しても約10万円はくだらない計算です。勿論上は天井知らず。

クリスマスシーズンにスノボ一式一括購入できる程、懐に余裕がある人ばかりではありません。

お金はないけどどうしてもスノボを(レンタルではなく)楽しみたい方は、やはりクレジットカードの分割かキャッシングで購入する方が多いようですね。

しかしクレカを持っていないまたは持てない方は、消費者金融もしくは銀行のカードローンをオススメいたします。良い物を揃えるとなるとウン十万円は確実に飛んでしまう分、低金利の銀行カードローンで融資を受けて分割で支払うのも悪くありません。

また大手の消費者金融は初回限定で1ヶ月金利無料キャンペーンを実施しており、来月に一括返済が可能な場合は利用価値大アリと言えるでしょう。

無利息期間がある人気カードローン特集

車・バイクの費用を借りる

車・バイクの費用を借りる

都市部の車所有率は年々下がっていますが、車やバイクがあって困るものではありません。

地方では、車がないと生活もままなりませんが、問題になるのがその値段。新車となると給与の2、3ヶ月分は余裕で飛んでしまいます。

そんな時に注目したいのがカーローンです。消費者金融に銀行ローンなど様々な選択肢が考えられますが、車の購入に限り特にオススメしたいのが「東京UFJ銀行のネットDEマイカーローン」です。

変動金利2.975%で最高1000万円まで借入が可能。更にネット申し込み後、最短審査で結果が分かるのも嬉しいですね。

しかし、どうしても銀行系のローン審査に自信がない場合は、消費者金融に頼る前に車販売のディーラーさんに相談しましょう。

ディーラーローンは信販会社と契約者の間にディーラーが介入することで若干金利が上がりますが、審査の上では上記の銀行系カーローンより審査は難しくありません。

過去の信用情報に傷があったり、定収入が期待できない場合は審査で落ちることもありますが、基本ディーラー側にもマージンが入るので審査面でもプッシュしてくれる模様です。

素敵な車でドライブ。彼女と一緒に新車で旅行・・・

車があれば行動範囲も広がります。新車は高いからと諦める前に、1度カーローン(もしくはディーラーローン)を検討してみましょう。

自動車ローンの審査と金利の比較、オススメはコチラ

部屋・マンションの費用を借りる

部屋・マンションの費用を借りる

新生活のスタート、単身赴任に新たな部屋を借りる必要がある方、挙手をお願いいたします。

私も経験があるのですが、部屋を借りるのって、予想以上の出費になってくるもの。敷金2ヶ月分は分かるのですが、礼金も請求されて、私の場合保証会社を間に通さねばならなくて、想像以上の大金が必要でした。

例えば家賃十万円の新居に映る場合、その5倍~6倍の総予算が必要になってくると考えていいでしょう。敷金、礼金だけではなくて鍵交換、保険、前家賃に不動産業者への手数料など、支払うべきは次から次へと出てきます。

その為いい部屋、理想の部屋を借りるにはそれなりの出費を覚悟しないといけません。

そんな時は引越し専用ローンを借りればいいと思いがちですが、残念ながら住宅ローンはあれど、引越しローンはありません……

その為引越し代が高すぎて初期費用が賄いきれない場合、銀行のフリーローンをオススメいたします。使徒目的は問われませんが追加融資ができない分、金利は若干低く5~15%で借入が可能です。

ただし追加で融資が必要になる可能性が排除できない場合は、銀行カードローンを申込みましょう。

メガバンクや地元自銀だけでなく、インターネットバンクでもフリーローンは申込可能なので、消費者金融や銀行カードローンを申し込む前に1度トライしてみてはいかがでしょうか。

電車賃を借りる

電車賃を借りる

電車賃が足りない!

そんな絶対的ピンチの窮地に立たされた時があります。どうしても外せない約束があり、何が何でも目的地まで到達しなければいけなかったのです。

そんな私がとった行動は漫画でありがちな、交番に駆け込んでお金を借りることでした。

その時の警察官は、すんなり貸してくれず、まだ若い私の言い訳をフムフムと聞くだけでなかなかしぶとい……

しかし、私の切羽詰った様相に根負けしてか、身分証の提示を条件に1000円を貸してくれました。勿論その後は菓子折り持参で1000円はきっちり返済しました。

公衆接遇弁償費

この貸し借りは「公衆接遇弁償費」と呼ばれ、原則1000円までが限度になっています。

しかし、この制度を悪用し借りては使い、また借りる方も少なくなく、実際警察官も貸し借りには慎重になっているようですね。

また各駅でも交通費(片道のみ)を貸してくれるところもあるようですが、こちらは公衆接遇弁償費のように制度化されている訳ではありません。

「電車賃」にどうしても困ったら、まず警察署に相談することをオススメいたします。

お金を借りる場所「警察署・交番で借りる」を確認する

テナント費用を借りる

テナント費用を借りる

新たにお店を開業したい!そんな時頭を悩ますのが、テナント費用です。

敷金、礼金に、手数料……それ以外にも内装費用に保険代など、当初の予想額より大幅に予算オーバーしてしまうこともしばしば。

事業用ローンも数多く用意されていますが、やはり金額も大きくなってくるので審査も若干厳しい模様。消費者金融でのフリーローンなどは、しばしば事業用資金としての使用を禁じているところもあるので注意が必要です。

そこでオススメしたいのが無担保、保証人なしで最大1000万まで融資可能なビジネストクの事業用ローン。

100万以上の融資の場合、金利は8~15%となっており、総量規制の対象外になっているので、年収に関係なく融資の可能性を探れるのは嬉しいですね。

ワーホリのお金を借りる

ワーホリのお金を借りる
カナダ、オーストラリア、ドイツにデンマーク。これらの国々に共通するのがワーキングホリデー制度の実施国なんです。

現在はポルトガル、スロバキアなどマイナー国家へのワーホリも可能になり、スペインやハンガリーなどの国々とも将来的に協定が結ばれる予定です。

カナダのトロントにワーキングホリデーで滞在したことがあるのですが、かなりの出費がかさむんですね。

私は所持金20万で強行突破、語学学校にもいかずバイト三昧で日々の生活を営んでおりました。

基本ワーキングホリデーは就労が可能なビザが発行される為、現地で飢え死にするようなことはまずありません。

しかし

ビザ申請代金や高額な残高証明(オーストラリアの場合約5000ドル程、カナダでは必要ありませんでしたが……)が必要になることも。それプラス日々の生活費に語学学校の費用等、100万円が安心して海外生活に望める最低のラインだと思います。

海外では言葉や文化の違いで働くことも日本のようにうまく行きません。その為現地でのバイトだけを頼りにするのはリスクが伴います。

もしワーホリ渡航前にどうしても現金が足りなくなってしまった場合、消費者金融に足が向いてしまいがちです。若干金利が高くても即日融資が可能なのは魅力的ですが、留学・ワーホリの場合、オリコの教育ローンをオススメいたします。

留学期間は手数料のみ帰国後に定額返済も可能、そして追加融資などの融通も効くので、ワーホリ資金の調達に困った時は是非問い合わせてみましょう。

専門学校のお金を借りる

仕事をしながら、2もしくは3年制の専門学校に通う方も多いことでしょう。

学びたいだけれど、学費がどうしても工面できない!そんな時は奨学金が一番始めに思い浮かびますが、奨学金の場合入学試験や在籍時の成績が考慮されたり、親の年収等の理由で利用できない場合もあります。

その為効率よく金利が低く、比較的借りやすい教育ローンを申し込むのが資金作りの一番近道と言えるでしょう。

国の教育ローンとしても有名な日本政策金融公庫が提供するローンは、年利2.05%と銀行・消費者金融と比べても圧倒的に低い金利が目を引きます。家族の世帯年収や指定された特例に当てはまる場合、学生1人あたり350万円まで融資が可能です。

もし国の教育ローンを利用できない場合、セディナやオリコなどの信販会社も教育ローンを用意しています。

これらの信販会社の利用限度額は500万までとなっており、大口融資も可能、そして手続きから入金までの時間が短いこともあり人気を集めています。

飲み屋のお金を借りる

飲み屋のお金を借りる
仕事帰りに軽く一杯のつもりが、毎日塵も積もれば山となる訳で……

お金の出費が重なる年末年始は特に金欠になりがちです。勿論適度のお酌は構いませんが、過度な晩酌はあなたの健康だけでなく財布の中身も軽くしてしまいます。

飲み代に費やすお金は勿論働いて得る訳ですが、どうしても足りない場合はまず消費者金融にレッツゴー。

友人に少額を借りる方もいると思いますが、信用を失いかねないのでオススメ出来ません。飲み屋に費やすお金をわざわざ消費者金融で作るのも賛否両論あると思いますが、プロミスやアイフル、アコムなどは比較的審査難易度も低く少額融資にも対応しています。

1枚カードローン専用カードを作ってしまえば、いざというときのお守り代わりになることでしょう。

でもやっぱり消費者金融に行く前にバイトをするなり、副業で稼ぐなりして、安易に借金をしない手立てを考えることが先決です。

パチンコのお金を借りる

パチンコのお金を借りる

パチンコって面白いですよね。クセになると言うか無限のループにハマってしまう究極のギャンブルだと思うんです。

しかし、パチンコで勝ち続けるのは勿論不可能。

トータル面では結局いつも損してしまう。その穴埋めをするが如く、ドンドンお金をつぎ込んでしまうと言う訳です。

パチンコの還元率は比較的高いと言われていますが、実際はホールによってバラツキがあるのも当たり前。

数百万を数日で溶かしてしまう人も少なくありません。正直パチンコにハマって、借金をするのはオススメしません。

当たり前のことですが、ギャンブルと言う博打に投資する為、お金を借りることは正しい選択ではないことは明白です。

自身のパチンコ依存に対処するのは簡単なことではありませんが、パチンコ含めギャンブルはあなたの生活を破綻させる恐れがあることを忘れてはなりません。

どうしてもと言う場合は消費者金融で小口融資をする方法もありますが、基本毎日汗水垂らして働いて稼いだお金です。

毎月遊べる限度額を決めて、それ以上のお金は費やさないという強い精神力を持ってパチンコに望みましょうね。

まとめ

11コのお金を借りる理由について解説しました。

まあ、お金を借りずに収入の範囲内で生きるのが良いのは間違いありません。

しかし、そうは言っても「お金がない」時期もあります。

一人で頑張れない時は、誰かに助けてもらうことも考えましょう。

よく読まれる記事Best3

即日融資カードローン特集

即日融資が好評なカードローン特集

スグ借りたい人向けのカードローンを3つ厳選しました。

審査時間は最短30分、融資まで1時間と急いでいるアナタのお役だち大手の金融機関を紹介します。

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る方法を「即金性」を基準に18個紹介します。

お金を借りる以外にも意外な方法が見つかるかも。

審査が不安な方のためのカードローン

審査が不安な方のためのカードローン

お金を借りたい。。。

だけど審査が不安。

そんなアナタに向けて、安心・安全に借入ができる金融機関を紹介します。

-お金を借りる

Copyright© キャッシング7 , 2019 All Rights Reserved.