葬儀・葬式

香典代の相場とカードローンでお葬式前に5万円借りる方法

投稿日:

香典代の相場とカードローンでお葬式前に5万円借りる方法

友人、知り合い、会社関係の人が亡くなった場合のお香典は5,000円~1万円程度です。

しかし、亡くなったの方の親等があなたに近くなればなるほど、お香典の相場も跳ね上がります。

お香典はお通夜に渡さなければならないので、その日のうちに、どんなに待っても2日ほどで用意する必要があります。

故人が親族のため、お香典が高額でお金が足りない。

足りないお香典を誰かに借りるわけにもいかない。

そんな時の解決策をここでは提案します。

カードローンで1万円~5万円のお金を借りる

カードローンでお金を借りる

香典代が足りない時におすすめなのが、カードローンでお金を借りる方法です。

カードローンには、銀行系、消費者金融系、信販系と大きく3つの種類があります。

この中で選ぶべきなのは消費者金融系です。

なぜなら、銀行系と信販系では審査から融資実行まで最短で3日~1週間ほどかかってしまうからです。

しかし、消費者金融系であれば最短30分から1時間ほど、つまり即日でお金を借りられます。

消費者金融系の中でも大手を選んでおけば、サービスが手厚く、大半がメガバンクと提携しているので信頼性も申し分ありません。

お通夜までに足りないお香典代を借りるなら、カードローンを利用することをオススメします。

☞ 即日で5万円を融資可能なカードローン

お香典の金額・相場

香典代の相場とカードローンでお葬式前に5万円借りる方法

お香典の相場は、あなたから見て故人がどのような関係にある方か・あなたの年齢によって金額が変わります。

ここではお香典の相場を、故人との関係、あなたの年齢別に分けて説明します。

故人が家族、親族の場合

祖父母の場合

20代なら1万円、30代なら3万円、40代なら5万円が相場です。

また、あなたが20代であったとしても、学生で収入がないという場合はこの限りではありません。

お香典代をあなたに代わって両親が出したり、孫同士がキリの良い金額になるように調整して数千円ずつ出し合い、「孫一同」という形で取りまとめることもあります。

両親、義理の両親の場合

10万円が相場と考えておくべきでしょう。

40代以上であれば10万円~が相場です。

20代の場合、3万~10万円、30代であれば5万~10万円を目安にという見方もあります。

しかし、この3万円~や5万円~といった数字は特別な事情がある場合の数字だと考えておくべきです。

たとえば、先ほど祖父母の項で説明した20代学生のケースです。

20代の学生で安定した収入が無いから3万円を包んだとしても、周囲から理解を得られるでしょう。

ですが、30代にもなって5万円というのはどうでしょうか。

あなたのご兄弟の内、誰かが喪主を務めることになります。

その喪主が支払う葬儀費用の平均は190万円にもなるからです。

そもそもお香典には、葬儀費用や遺された人達(喪主)の生活を助けるものという意味があります。

かたや喪主として190万円の葬儀費用を支払い、かたや息子、娘でありながら特別な事情もないのに香典を5万円しか用意しない。

あなたの両親の葬儀であることを考えれば、周囲の親族が納得する特別な事情が無い限り、20代でも30代でも10万円は用意するものだと考えておくべきです。

義理の両親についても、自分の両親の場合と相場、考え方は同じです。

兄弟、姉妹

香典代の相場とカードローンでお葬式前に5万円借りる方法

20代なら3万円~5万円が相場で、30代、40代では5万円が相場です。

おじ、おば、いとこ、その他の親戚

20代は1万、30代は2万、40代は3万が相場です。

故人が会社の上司、同僚、部下の場合

20代は5千円、30代は5千円~1万円、40代は1万円~が相場です。

ただし、故人が会社関係の人の家族であった場合、40代の相場は1万円~ではなく、1万円と考えておけばよいでしょう。

故人が友人、知り合い、ご近所、学生時代の恩師

20代は5千円、30代は5千円~1万円、40代は5千円~1万円が相場です。

故人が前項の会社関係の人や友人、知り合いであった場合、弔問は1人で行くのではなく複数で行くことが多いと思います。

その場合、上記の相場を参考にして1人でお香典を包む金額を決めるのではなく、いっしょに弔問する人達と事前にいくら包んでいくか相談しておくことをおすすめします。

なぜなら、あなたのお香典の金額だけ、一緒に行く人達よりも高かったり低かったりすると、あとあと気まずい思いをするからです。

まとめ

誰かが亡くなるなんて、普段は考えることもないでしょう。

ですが訃報はある日、突然訪れます。

その時、すぐにお香典を準備できるよう、普段からある程度まとまったお金を用意しておくべきなのは言うまでもありません。

しかし、お香典代が高額でどうしても足りないということもあるかもしれません。

そんな時、カードローンでお香典代を借りることを考えてみてはいかがでしょうか。

☞ 葬儀費用がない時はローン(キャッシング)で借りる

◆目的別で探す◆

良く読まれる記事「Best3」

おすすめカードローン”シーン別”ランキング

おすすめカードローン

あなたに、おすすめのカードローンを「シーン」別にランキングにしました。

  • スグ借りたい
  • 審査が不安
  • 女性向け

などなど、あなたにピッタリのカードローンを教えます。

お金がない時の対処法14選

お金がない時の対処法14選

ガチで”お金がナイ”時の対処法を14個まとめました。

  • 弁護士へ相談する!
  • 生活保護をもらう!
  • 保険を見直す!
  • クレジットカードを作る?
  • 掃除をする

どの方法で”お金がない”を解決するか教えます。

日本全国の「消費者金融一覧」

消費者金融一覧

日本全国の消費者金融をまとめました。

出来るだけ近くでお金を借りたい、店舗に来店して安心して借りたい。

独自の審査基準で大手よりも審査が柔軟な場合もある全国の消費者金融はコチラ。

-葬儀・葬式

Copyright© キャッシング7 , 2018 All Rights Reserved.