おまとめローン

おまとめローンのデメリット5つ!知らないと損します!

更新日:

おまとめローンのデメリット5つ!知らないと損します!

何件もある借入を1社にまとめる「おまとめローン」

借金を把握するのも楽になりますし、手間も手数料も軽減されます。

「1本化ローン」や「借換えローン」とも言われメリットばかりのように思われています。

ところが、このおまとめローンはメリットだけではありません。

メリットだらけのはずの「おまとめローン」にはどんな落とし穴があるのでしょうか?

今回はこの「おまとめローン」のデメリットについて解説します。

おまとめローンのデメリット5つ

1、まさかの?借金が増える!

おまとめローンのデメリット5つ!知らないと損します!

「借金が増えるデメリット」があります。

借金を減らすための「おまとめローン」が、どうして借金を増やしてしまうのでしょう?

  • a、金利が上がる?
  • b、支払い総額が増える?

a、金利が上がる?

小口はまとめても金利は下がらない場合があります。

小口で何件か利用をしている場合、

例えばA社が18%で10万円、B社が18%で10万円、C社が15%で30万円の残高があるところに、中小のD社が18%で50万円の案内をしてきます。

1社にまとめたいがために、金利を考えずにまとめてしまったことで、C社分の30万円まで18%になってしまいます。

合計しても100万円を超えない小口を、単にまとめるだけでは、審査の手間と、利息制限法の上限金利まで金利が上がる可能性もありデメリットだらけです。

借入件数が多いことで、毎月の手間にいっぱいいっぱいになっていたときに、1社におまとめの案内がきたら、ついついお願いしてしまいますよね。

基本的に消費者金融は小口の限度額(借入可能額、枠)に関しては、上限金利の設定がされていて金利が高くなっています。

特に大手ではなく中小の消費者金融の場合は、利息制限法のギリギリの金利の商品になる可能性が高いでしょう。

しかも中小の消費者金融の場合は、カードがなく、返済方法が銀行振込のみだったりするので、手数料負担も大きいですよね。

契約してみたら、前に借りていたところの方が金利が低かった。

なんてことのないようにまずは金利をよく確認して、できれば一番金利が低い会社に相談してみましょう。

b、支払い総額が増える?

これが一番恐いですよね。

金利も低く、支払い最低金額も低い、おまとめローンで1本化したのに、支払い総額が増えてしまったら・・・

実はこの恐ろしい事実が、あり得るのです。

というのも、1本化によって金利が下がったからといって、月々の支払い金額を下げてしまうとこの恐ろしい結果を招くのです。

月々の支払い金額が減れば、そのぶん元本への充当分は減ってしまいます。

そうすると、当然支払い期間はどんどん延びてしまいます。

もちろん支払い後の残高に、金利が加算されて、支払い総額が当初よりも増えてしまうのです。

例として、下記の表を見てみましょう。

借入金額「100万円」金利「年15%」の場合
回数 返済額 元金 利息 残高
1 40000 27500 12500 972500
2 40000 27844 12156 944656
3 40000 28192 11808 916464
30 40000 39427 573 6434
31 6514 6434 80 0
累計 1206514 1000000 206514 0
借入金額「100万円」金利「年11%」の場合
回数 返済額 元金 利息 残高
1 40000 30834 9166 983166
2 40000 31116 8884 966178
3 40000 31402 8598 949034
28 40000 39448 552 16557
29 21006 20816 190 0
累計 1141006 1000000 141006 0
借入金額「100万円」金利「年11%」の場合
回数 返済額 元金 利息 残高
1 26000 16834 9166 983166
2 26000 16988 9012 966178
3 26000 17144 8856 949034
28 26000 25614 386 16557
29 16708 16557 161 0
累計 1238708 1000000 238708 0

他社合計100万円で毎月支払い額40,000円の借入を、上限金利の年利15.0%から年利11.0%の商品1本にまとめたと仮定します。

年利が4.0%も低くなっているので、毎月40,000万円ずつ払っていくことで、支払い総額が65,508円も安くなります。

ところが、金利は年利4.0%低いままで月々の支払い金額を26,000円に下げてみましょう。

すると、なんと年利4.0%マイナスしたにも関わらず、年利15.0%で毎月40,000円よりも、支払い総額は32,194円も、回数は17回も多くなってしまうのです。

つまり、1本化で金利とともに、支払い金額まで下げてしまうと、逆に支払い期間が延びてしまい、支払い総額つまり利息合計金額が増えてしまうのです。

2、繰返しの利用ができない!

おまとめローンは返済のみ

通常カードローンは、返済をしながらも、限度額内であれば繰返しの利用ができます。

しかしおまとめローンはそもそも借金の負担を軽減するためにあるローン商品です。

いくら返済を続けても、借入れはできず、返済のみとなります。

いままで繰返しの利用をして、生活を成り立たせてい方には辛いところです。

もともと返済のみの場合はおまとめを

しかし2010年6月に施行された「総量規制」より以前に、既に収入の3分の1を超える借入をしている人の場合を考えててみましょう。

この場合はもう返済のみなので、金利の低いところに1本にまとめるのは、かなりオススメです。

ただし、のちほど説明しますが「過払い金」が発生する場合、まとめてしまうと、あまりメリットにならない可能性があります。

3、審査に通りにくい!

おまとめローンの審査は、通常のカードローンと比べると、厳しくなっています!

そもそもおまとめローンは、他社の借入れをまとめるので、総額は大きくなります。

貸す業者側からすれば、1本にまとめることは、大きな利息収入になります。

今まで他社に支払われていた利息を、そっくり全て自社だけがもらうことになるのですから大きな利益になるわけです。

それなら審査は簡単なのでは?

と思うところですが、ちょっと考えてみてください。

あなたが貸す側だとし、いつのまにか借金が増えてしまい、支払いが辛くなった人の借金をまとめる気になりますか?

・さらに増えてしまうのではないか?
・そのうち支払いができなくなるのではないか?

こんな心配がでてきませんか?しかも仮に支払えなくなったときの損失は小口ではなく、大口です。

そのため貸す側も、大きな利息収入は欲しいが、大きなリスクはいらないので、慎重に審査をすることになるのです。

ポイントとしては・・・

支払いをしてくれる人には貸したい!

多重債務に見えても、毎月きちんと支払いを続けている人には喜んで貸したいのです。

例えば、他社の借入において、件数が多くて借入残高が少ない人よりも、件数が少なくて借入残高が多い人の方が、評価が高くなります。

それは、信用があるからこそ大きい限度額で借りれるイコール信用できる、ということに繋がるのです。

おまとめローン審査に通りやすい人の特徴

問い合わせも気を付けよう

審査の際にチェックされる信用情報ですが「問い合わせ」にも注意が必要です。

いくら今現在、借入している会社でまとめるとしても「審査」は必要です。

どこの条件が良いかを決めたくて何社にも申し込みをしてしまうと、信用情報で問い合わせをした事実がわかってしまいます。

しかも申し込みの事実は、半年をこえない期間は登録内容が残ります。

半年以内に2件~3件以上の問い合わせは、債務が増える危険があるとして敬遠されてしまいます。

信用情報では、新規の申し込みなのか、増額の申し込みなのか、再度の申し込みなのか、まとめの申し込みなのか、申し込みの種類まではわかりません。

4、過払い金返還でブラックに?

ブラックリスト入り

過払い金返還請求をしたばっかりに、ブラック入りしてしまうことがあるのです!

払い過ぎた利息を返してもらうのは当然の権利だと、法律で認められています。

しかし

過払い金の返還は手続きが複雑なので、弁護士や司法書士に依頼することになり、債務整理とみなされる場合があるのです。

過払い金請求

これは全ての人に当てはまるわけではありませんが、当てはまる場合、知らないとハッキリ言って損します。

2010年6月に貸金業法の改正が施行がされ、年利29.2%などの「グレーゾーン」と呼ばれる金利がなくなりました。

そのため、利息制限法で定めている金利以上での契約、取引があった場合、利息制限法の年利15.0%~18.0%で計算し直します。

その際に多く払っていた利息分を「過払い金」として返還請求できます。

過払い金の時効は、最終返済から、10年間以内となっています。※同じ会社で再度の借入をしている場合、タイミングや状況によっては、時効や対象金額が変わるので注意。

利息制限法

借入金額 10万円未満 10万円以上100万円未満 100万円以上~
上限金利 年利20.0% 年利18.0% 年利15.0%

これは完済したあとでも、時効の前であれば請求できます。

確実に過払い金が多いのであれば、支払い中の会社でも相殺され、なおかつ過払い金が多い場合返還されます。

そのため「おまとめ」予定の借入先が全て、過払い金対象で、過払い金の方が残高を上回っているのであれば、全額完済できるので、わざわざおまとめする必要はありませんよね。

しかも昔は過払い金の返還をすると、信用情報で金融事故扱いとされ、ブラック入りでした。

しかし、現在では過払い金の請求は、当然の権利となっているのでブラック扱いはされなくなりました。

債務整理扱いに

過払い金を請求し、相殺するつもりだったのにも関わらず、残金が残ってしまった場合はどうなるのか?というと「債務整理」扱いになってしまうので、イコール5年間は消えないブラック入りです。

おまとめして、完済してからでも過払い金の返還請求はできるので、心当たりがある場合は、CMでお馴染みの無料相談をオススメします。

例えもう借りるつもりはなくても、ブラックに載るのは嫌ですよね。

ちなみに消費者金融の「モビット」はもともと上限金利を守っていたので、過払い金はまずでないでしょう。

5、恐怖!新たな借金が増える?

これは意識の問題なので、個人差があり、絶対とは言い切れませんが、おまとめローンを組んで支払いが楽になると、

あれ?借金が減った?

というような感覚に陥る場合があります。

特に月々の最低支払い金額が下がってしまうと「借金」の重さが軽くなってしまうのです。

通常は、おまとめローンは返済のみの商品です。

そのため新規の借入や完済したはずの業者で、再度の借入をしてしまう場合があります。

審査で信用情報を見れば、借入れをまとめたことはわかってしまいますが、支払いの遅れなどがなく、総量規制内で問題がなければ、新規の借入も、再度の借入も、審査は通ります。

さらに小口でも審査に通ると、次は「増額」の誘惑があります。

おまとめローンの審査の際にも、借入総額よりも多目の金額で枠が取れる可能性もあります。

カードローンを利用したことがある方はわかると思いますが、例えば増額の案内の連絡がくると、貯金が増えたような感覚で嬉しくなってしましますよね?

これって冷静に考えると「もっと借金を増やしませんか?」という当たり前のことなのですが、なかなかその場では理解するのが難しいんですよね。

その場では借りないけど、今後のために枠だけとっておこうと思っていたのに、気づくと限度額いっぱいの借入れ。

要するに「借金を増やさない!というあなたの意志」が一番のポイントなのですね。

そうならないためにも、おまとめローンで完済したら、契約書の返却をして「解約」をしましょう。

おまとめローンのメリット4つ

おまとめローンのメリット4つ

とはいっても何件もある借入れが「おまとめローン」によって1本化されるのは、魅力的ですね。

もちろん「おまとめローン」のメリットはあります。

1、支払い総額が減る!

一番重要なのはここですよね。

つまり借金が減る!ということです。

おまとめを考えるということは、ある程度の件数と金額の方が多いのではないでしょうか?

金額が多ければ支払う利息も多くなります。

一般的におまとめをするのは、今よりも低い利息の商品の場合にまとめるはずです。

①借入金額「50万円」金利「年18.0%」

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20000 12500 7500 487500
2 20000 12688 7312 474812
3 20000 12878 7122 461934
31 20000 19539 461 11206
32 11374 11206 168 0
累計 631374 500000 131374 0

②借入金額「50万円」金利「年17.0%」

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20000 12917 7083 487083
2 20000 13100 6900 473983
3 20000 13286 6714 460697
31 20000 39448 301 1572
32 1594 20816 22 0
累計 621594 500000 121594 0
回数 返済額 元金 利息 残高
①+② 1252968 1000000 121594 0

③借入金額「100万円」金利「年15.0%」

回数 返済額 元金 利息 残高
1 40000 27500 12500 972500
2 40000 27844 12156 944656
3 40000 28192 11808 916464
30 40000 39427 573 6434
31 6514 6434 80 0
累計 1206514 1000000 206514 0

④借入金額「100万円」金利「年11.0%」

回数 返済額 元金 利息 残高
1 40000 30834 9166 983166
2 40000 31116 8884 966178
3 40000 31402 8598 949034
28 40000 39448 552 16557
29 21006 20816 190 0
累計 1141006 1000000 141006 0
例えば、50万円ずつの借入れが2社(それぞれ年18.0%①、年17.0%②とする)で合計100万円の借入れがあるとします。

1社にまとめると、自動的に利息制限法で、年利15.0%③になりますが、さらに条件の良い年利11.0%④とも比べてみましょう。
(支払い金額は、全て月々40,000円とします。)

●支払い利息

・①+②…252,968円
・③……206,514円
・④……141,006円

③に関してはまとめるだけで、46,454円も借入総額が減ります。

④に関しては、111,962円も減るので驚きですよね。

ただしあくまで支払い金額は当初と変わらない、というところがポイントです。

逆に月々の支払いが、苦しいということであれば、返済シミュレーションを活用してみましょう。

月の支払いを多少減らして、尚且つ借入総額も減らせる支払い金額を見つけましょう!

2、支払いの手間がなくなる!

手間の負担

借入件数が多いと、支払いも大変です。

大手などは、自動で銀行引き落としにできたり、カード入金でもコンビニATMから入金は出来ます。

しかし、中小の消費者金融などはカードすらなく、自分で手続きをする「銀行振込のみ」となっています。

支払日が全て同じであれば、手続きは手間ではありますが、同日に手続きは終わります。

ところが支払い日がそれぞれ違ってしまえば、何度も銀行に通う手間がでてきてしましまいますし、手数料もかなりかかりますし、積み重なるとそれだけで大きな負担です。

延滞金や手数料のことを考えれば、支払日前に手続きをすましておけば問題はありません。

しかし仕事をしていると、平日の昼間、銀行の営業時間内の振り込みはかなり困難です。

焦って間違えてしまっては、そもそも手間が増えるだけです。

痛い手数料

手間も負担ですが、手数料も負担です。

例えば銀行ATMからの振込で、1件あたり216円で、時間外手数料が加算されれば、プラス108円で、合計324円となってしまいます。

これが月に3件だと972円です。

年間で考えたら、11,664円と銀行の金利がマイナス金利の世の中では、これはかなり痛い出費です。

3、借金を把握しやすく!

借り入れを1本化することで、総額や金利、返済額をより把握しやすくなります。

借金を把握するのはとても大切です。

今後の返済計画をきちんと立てておかないと、自分がどのくらいまで返済をしているのか、あとどのくらい返済をしなくてはいけないのか?

これが何件にもなると、把握がとても大変です。

きちんと把握をしておかないと、うっかり支払日を忘れて延滞なんてことにもなってしまいます。

ところが1本化することで、把握するのは1社になるので、より把握しやすくなります。

特に返済シミュレーションは、返済をしていくうえで、返済額の中の元金充当額、支払い利息、支払後の残高がわかります。

しかも支払金額の増減や、金利に関しては入力ひとつで変化が目に見えるのでとてもわかりやくなっています。

とくに消費者金融の「プロミス」のシミュレーションはわかりやすくオススメです。

参照:プロミスご返済シミュレーション

4、気持ちが楽に!

毎月何件もの借入れをしていると、やはりストレスがたまります。

1社ならまだしも、2件、3件となればストレスはそのぶん大きくなります。

おまとめローンで1本化すれば、その1社のことだけを考えればよいので、先が見やすくなりますし、何か支払いに対して「怪我をして遅れてしまう」であるとか、「出先で提携先がわからない」など問題があっても、相談は1社のみなので気も楽です。

ところで話は変わりますが

実はとても便利そうな「おまとめローン」にもデメリットなるものがあることはわかっていただけたと思います。

ところで話は変わりますが、ちょっとおまとめローンに関する違う話題についてお話をしたいと思います。

おまとめローンに向かない会社

実はおまとめローンに向かない会社というものがあるのです!

それは…

消費者金融の「モビット」です。

モビットといえば、

・年利3.0%~18.0%
・限度額800万円
・Webで完結
・在籍確認不要(条件有り)
・店舗なし

と、テレビCMでもかなりお馴染みの会社ですよね。

なぜおまとめに向かないのか?というと「おまとめ、借り換え専用の商品がない」からなのです。

限度額が800万円もあれば充分じゃ?とはいっても、消費者金融の場合「総量規制」が問題になってくるのです。

総量規制対象のモビットで、800万円の申し込みをするには、なんと年収2,400万円必要ということです。

一般家庭にはありえない金額です。

専用の商品があれば、総量規制の例外に該当しますが、モビットには残念ながら存在しません。

そのためおまとめには向かないのです。

おまとめローン詐欺に注意

次は「おまとめローン詐欺」についてです。

おまとめローンを希望しているかたは、多重債務者が多く、かなり焦っている状況です。

そこを狙った詐欺が「おまとめローン詐欺」を働いているのです。

おもにそういった詐欺では、大手の会社を狙うことはなく、中小の貸金業者を狙ってきます。

多重債務者は大抵大手を諦める傾向があり、どこから漏れるのか個人情報を入手して「おまとめや借り換え」といった誘い文句で連絡をしてきます。

手数料を騙し取る

かなり一般的な手口ですが、借金のまとめをするのに、先に手数料や手付金を支払わせます。

振り込みが確認とれると、その後は一切連絡が取れなくなります。

手数料の金額は、数万円のため警察へ被害届を出すにしては大袈裟なので泣寝入りをするはめになります。

連絡先にはプリペイド式の携帯電話等を使用してきます。

連絡先が090や080は、まず詐欺です。

契約書を書かせる

実際におまとめはするものの、最初の段階で、理不尽な要求の契約書にサインをさせます。

契約時にはそんな説明は一切ないのですが、良く読むと確かに記載があるのです。

契約書というものは、字が小さく内容も難しいので敬遠しがちですが、どんな契約書でもよく読みましょう。

毎月手数料をとる

おまとめは自分でしたにも関わらず、実は影で融通したのだと信じこませ、年間契約として毎月一定の金額を請求されます。

おまとめローンで何回か審査に落ちていると、騙されやすい内容です。

ヤミ金の場合

おまとめをする代わりに、法廷金利を超える金利で契約させます。

違法なのですぐに訴えましょう。

さらに借金を増やす

電話やDMで借金のおまとめを勧誘し、連絡が来ると、なんと他の消費者金融に申し込みをさせます。

「増額同様、返済の実績が必要です」

などと、もっともらしく説明をしてくるのです。

多重債務者などは、逆にそんなものかな?と信じこんでしまい、詐欺にあいます。

その際に手数料として、履歴の残らない小包やレターパックで送金依頼をしてきます。

他にもいろいろとあの手この手で、詐欺はあとを断ちません。

少しでもおかしいな?と思ったら警察でも弁護士でも相談しましょう。

まとめ

「おまとめローンのデメリット」は知らないとはっきり言って損なものばかりです。

そもそも借金は、あってもマイナスなだけです。

もちろん、どうしても急な出費で困っていたけれど、借金のおかげで助かった!というかたもたくさんいらっしゃるはずです。

しかし借金は慢性化すると、どんどんお金に対する感覚が無くなっていきます。

くれぐれも計画的な利用をしましょう。

おまとめローン審査に通りやすい人の特徴

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-おまとめローン

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.