おまとめローン

おまとめローンのデメリット5つ!知らないと損します!

投稿日:2018年3月24日 更新日:

おまとめローンのデメリット

「おまとめローン」は、「1本化ローン」や「借り換えローン」とも言われ、多重債務に苦しむ方にとっては、メリットばかりのように思われています。

しかし、この「おまとめローン」はメリットばかりではありません。

メリットだらけに思える「おまとめローン」に、どんな落とし穴があるのでしょうか?

今回は「おまとめローン」のデメリットについて解説します。

目次

おまとめローンのデメリット5つ

1. まさかの借金が増える!?

おまとめローンのデメリット5つ!知らないと損します!

「おまとめローン」にすると「借金が増える」可能性があります。

借金を減らすための「おまとめローン」が、どうして借金を増やしてしまうのでしょうか?

  • 金利が上がる?
  • 支払い総額が増える?

金利が上がる?

小口(少額)の借り入れは、おまとめによって金利が上がってしまう場合があります。

例えば、

  • A社:年18.0%で10万円
  • B社:年18.0%で10万円
  • C社:年15.0%で30万円

の借り入れ残高があるところに中小の消費者金融のD社から「年18.0%で50万円」の案内がきたとします。

借金を1つにまとめたいからと、金利を考えずに借り入れしてしまうと、C社分の30万円まで年15.0%から年18.0%になってしまうのです。

合計で100万円を超えない借り入れの場合、単にまとめるだけでは、利息制限法の上限金利まで金利が上がってしまう可能性があります。

おまとめローンを契約してみたら、前に借りていたところの方が金利が低かった・・・なんていうことのないように、まずは金利をよく確認して、できれば金利が一番低い消費者金融を検討しましょう。

支払い総額が増える?

「おまとめローン」によって、支払い総額が増えてしまう場合があります。

これが一番恐いですよね。

金利が低く、支払い最低金額も低いおまとめローンで1本化したはずなのに、支払い総額が増えてしまったら・・・

実は、1本化して金利が下がったからと月々の支払い額を少なくしてしまうと、支払い総額が増えるという恐ろしい結果を招くことがあるのです。

月々の支払い額が減れば、その分、元本への充当分が減り、支払い期間は延びてしまいます。

金利は支払い後の残高に加算されるので、月々の支払い額を減らすことで、支払い総額が当初よりも増えてしまうのです。

下記のシミュレーションで見てみましょう。

複数から合計100万円で年15.0%の借り入れがあり、月々40,000円の支払いをしていると仮定します。
借入「100万円」金利「年15%」月々「40,000円」の場合
回数 返済額 元金 利息 残高
1 40,000円 27,500円 12,500円 972,500円
2 40,000円 27,844円 12,156円 944,656円
3 40,000円 28,192円 11,808円 916,464円
30 40,000円 39,427円 573円 6,434円
31 6,514円 6,434円 80円 0円
累計 ① 1,206,514円 1,000,000円 206,514円 0円
借入「100万円」金利「年11%」月々「40,000円」の場合
回数 返済額 元金 利息 残高
1 40,000円 30,834円 9,166円 969,166円
2 40,000円 31,116円 8,884円 938,050円
3 40,000円 31,402円 8,598円 969,648円
28 40,000円 39,448円 552円 20,816円
29 21,006円 20,816円 190円 0円
累計 ② 1,141,006円 1,000,000円 141,006円 0円
借入「100万円」金利「年11%」月々「26,000円」の場合
回数 返済額 元金 利息 残高
1 26,000円 16,834円 9,166円 983,166円
2 26,000円 16,988円 9,012円 966,178円
3 26,000円 17,144円 8,856円 949,034円
47 26,000円 25,614円 386円 16,557円
48 16,708円 16,557円 151円 0円
累計 ③ 1,238,708円 1,000,000円 238,708円 0円

上記は、合計100万円で月々支払い額40,000円の借り入れを、上限金利の年15.0%から年11.0%の商品に1本化した場合のシミュレーションです。

金利が4.0%も低くなっているので、今まで通り毎月40,000万円ずつ払っていけば、支払い総額は65,508円も安くなります。

返済額 ① 1,206,514円 ー ② 1,141,006円 = 65,508円

それでは、年11.0%で月々の支払い額を26,000円に下げてみましょう。

すると、なんと金利が4.0%も低くなっているのにも関わらず、年15.0%で毎月40,000円の返済をしていた時よりも、支払い総額は32,194円も増えてしまうのです。

返済額 ① 1,206,514円 ー ③ 1,238,708円 = ー32,194円

この場合、返済回数は31回払いから48回払いになり、17回多くなります。

つまり、ローンの1本化で、金利とともに月々の支払い額まで下げてしまうと、支払い期間が延び、逆に支払い総額(利息)が増えてしまうのです。

2. 繰返しの利用ができない!

おまとめローンは返済のみ

おまとめローンは返済のみ

「おまとめローン」は、借金をまとめることで負担を軽減する、返済のためのローンです。

通常のカードローンは、返済をしながらも限度額内であれば繰返しの利用ができます。

しかし「おまとめローン」は、返済のための商品ですので、新たな借り入れはできず、返済のみとなります。

カードローンを繰返し利用して、生活を成り立たせている方には、おまとめローンは不向きです。

返済のみの場合はおまとめローンを

2010年6月に施行された「総量規制」より以前に、既に収入の3分の1を超える借り入れをしている方は、おまとめローンがおすすめです。

この場合は、もう返済のみの利用になるので、金利の低い商品に1本化することで、負担を軽減できる可能性が高いです。

ただし、後ほど説明しますが「過払い金」が発生する場合は、まとめてしまうとメリットにならない可能性がありますので注意が必要です。

3. 審査に通りにくい!

審査に通りにくい

おまとめローンの審査は、通常のカードローンと比べると厳しくなっています!

おまとめローンは複数社からの借り入れをまとめるので、借り入れ総額が大きくなります。

貸す側からすれば、1本にまとめて総額が大きくなれば、大きな利息収入になります。

今まで他社に支払われていた利息を、すべて自社だけが受け取れるのですから、大きな利益になるわけです。

それなら審査は簡単なのでは?と思うところですが、そう甘くはありません。

貸す側にとっては、いつのまにか借金が増えてしまい、支払いが難しくなった人の借金をまとめることは、リスクが伴います。

  • さらに借金が増えてしまうのではないか?
  • そのうち支払いができなくなるのではないか?

こんな心配が出てきます。

しかも、おまとめローンは大口のため、もしも支払えなくなった時の損失は、通常のカードローンより大きくなります。

そのため貸す側も、利息収入は欲しいが、できるだけリスクは避けたいので、審査には慎重になるのです。

それでは次に、おまとめローンの審査を受ける時に注意するポイントを挙げます。

支払いをしてくれる人には貸したい!

支払いをしてくれる人には貸したい

貸金業者は、多重債務に見えても、毎月きちんと支払いを続けている人には、喜んで貸したいものです。

他社からの借り入れ状況を見た時に、件数が多くて借り入れ残高が少ない人よりも、件数が少なくて借り入れ残高が多い人の方が、審査での評価は高くなります。

大きい限度額で借りられるということは、それだけ信用があると判断されるからです。

おまとめローン審査に通りやすい人の特徴はコチラ☟で解説しています。

おまとめローン審査に通りやすい人の特徴

問い合わせ件数に気をつけよう

現在、借り入れしている貸金業者で1本化するとしても「審査」は必要です。

審査の際にチェックされる信用情報の中で、「問い合わせ件数」には注意しましょう。

どこの条件が良いかを知りたくて何社にも申込みをしてしまうと、信用情報で問い合わせをした事実が記録されてしまいます。

問い合わせ記録は、半年間は信用情報機関に登録されます。

半年以内に2件~3件以上の問い合わせをすると、債務が増える危険があるとして、敬遠されてしまいます。

信用情報では、新規の申込みなのか、増額の申込みなのか、再度の申込みなのか、まとめの申込みなのか、申込みの種類までは分かりません。

4. 過払い金返還請求でブラックに?

過払い金返還でブラック

過払い金返還請求をしたばっかりに、ブラック入りしてしまうことがあります!

払い過ぎた利息を返してもらうのは当然の権利であると、過払い金返還請求は法律で認められています。

しかし、過払い金の返還は手続きが複雑なので、弁護士や司法書士に依頼することになり、「債務整理」とみなされる場合があるのです。

過払い金返還請求とは?

払い過ぎた利息は「過払い金」として返還請求できます。

これはすべての人に当てはまるわけではありませんが、当てはまる場合は、知らないとハッキリ言って損をします。

2010年6月に貸金業法の改正が施行がされ、年20%から年29.2%の間の「グレーゾーン」と呼ばれる金利がなくなりました。

そのため、利息制限法で定めている金利以上での契約、取引があった場合には、利息制限法の上限金利の年15.0%~20.0%で計算し直します。

その際に、多く払っていた利息分を、過払い金として返還請求できるのです。

過払い金の時効は、最終返済から10年以内となっています。

但し、同じ貸金業者から再度の借り入れをしている場合、タイミングや状況によっては、時効や対象金額が変わるので注意が必要です。

利息制限法の上限金利

利息制限法

もしあなたが、2010年6月の貸金業法の改正以前の取引で、利息制限法の上限より高い金利で借り入れしていれば、過払い金が発生しています。

利息制限法の上限金利は以下の通りです。

借入金額 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

過払い金は、完済した後でも、時効の前であれば請求できます。

確実に過払い金が多い場合は、支払い中の借り入れは相殺され、なおかつ過払い金は返還されます。

「おまとめ」予定の借り入れがすべて過払い金対象で、過払い金の方が残高を上回っているのであれば、全額完済できるので、わざわざおまとめする必要はありませんよね。

以前は、過払い金の返還請求をすると、信用情報で金融事故扱いとされ、ブラック入りでした。

しかし現在では、過払い金の請求は当然の権利となっているので、借り入れ残高より過払い金の方が上回っているのであれば、ブラック扱いはされなくなりました。

「債務整理」の扱いに注意

過払い金を請求し相殺するつもりだったのに、残金が残ってしまった場合は「債務整理」の扱いになってしまいます。

つまり、5年間は記録が消えないブラックの状態になります。

おまとめローンで完済してからでも過払い金の返還請求はできますので、もし残金が残ってしまう心配がある場合は、CMでお馴染みの無料相談をおすすめします。

たとえもう借金するつもりはなくても、ブラックになるのは嫌ですよね。

ちなみに消費者金融の「モビット」はもともと上限金利を守っていたので、過払い金はまずでないでしょう。

5. 恐怖!新たな借金が増える?

借金が減ったように錯覚してしまう

新たな借金が増える

おまとめローンを利用すると、新たな借金を増やしてしまう恐れがあります。

これは意識の問題なので個人差がありますが、おまとめローンを組んで支払いが楽になると、

あれ?借金が減った?

というような感覚に陥る場合があるからです。

特に月々の支払い金額が少なくなると、借金の重さが軽くなって、借金が減ったように錯覚してしまうのです。

新たに借り入れしてしまう

おまとめローンは、返済のみの商品ですので、新たな借り入れはできません。

そのため、完済したはずの貸金業者から、新規の借り入れや再度の借り入れをしてしまうことがあります。

審査で信用情報を見れば、借り入れをまとめたことは分かってしまいますが、支払いの遅延などがなく、総量規制内で問題がなければ、新規の借り入れも、再度の借り入れも、審査には通ります。

増額という誘惑

さらに小口(少額)の借り入れで審査に通れば、次は「増額」という誘惑があります。

おまとめローンの審査の際にも、借り入れ総額よりも多めの金額で枠が取れる可能性もあります。

カードローンを利用したことがある方は分かると思いますが、増額の案内が届くと自分の貯金が増えたような感覚で嬉しくなってしまいますよね。

これは「もっと借金を増やしませんか?」という案内なのは明らかなのですが、お金に困っている時は、なかなか冷静に考えるのは難しいものです。

すぐには借りないけれど、今後のために枠だけとっておこうと思っていたのに、気がつくと限度額いっぱいに借り入れしていた・・・。

要するに「借金を増やさない!」というあなたの意志が一番重要なのですね。

新たな借金を増やさないために、おまとめローンで完済したら、元の借り入れ先との契約は必ず「解約」しましょう。

おまとめローンのメリット4つ

おまとめローンのメリット

ここまでデメリットを挙げてきましたが、とはいっても、複数の借り入れが「おまとめローン」で1本化できるのは魅力的ですよね。

もちろん「おまとめローン」にはメリットもあります。

1. 支払い総額が減る!

支払い総額が減る

「おまとめローン」で、借金を減らすことができます!

一番重要なのはここですよね。

おまとめを考えているということは、借り入れ件数と金額が多いのではないでしょうか?

金額が多ければ、支払う利息も多くなります。

おまとめローンで今よりも低い金利の商品にすれば、支払い金額は減ります。

返済シミュレーションで見てみましょう。

50万円ずつの借り入れが2社(それぞれA.年18.0%、B.年17.0%)で合計100万円の借り入れがあると仮定します。

借入「100万円」金利「年18.0%・年17.0%」月々「40,000円」の場合

A. 借入「50万円」金利「年18.0%」月々「20,000円」

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20,000円 12,500円 7,500円 487,500円
2 20,000円 12,688円 7,312円 474,812円
3 20,000円 12,878円 7,122円 461,934円
31 20,000円 19,539円 461円 11,206円
32 11,374円 11,206円 168円 0円
累計 631,374円 500,000円 131,374円 0円

B. 借入「50万円」金利「年17.0%」月々「20,000円」

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20,000円 12,917円 7,083円 487,083円
2 20,000円 13,100円 6,900円 473,983円
3 20,000円 13,286円 6,714円 460,697円
31 20,000円 19,699円 301円 1,572円
32 1,594円 1,572円 22円 0円
累計 621,594円 500,000円 121,594円 0円

AとBの合計

借入合計 返済額合計 元金合計 利息合計 残高
A+B ① 1,252,968円 1,000,000円 252,968円 0円

借入「100万円」金利「年15.0%」月々「40,000円」の場合

回数 返済額 元金 利息 残高
1 40,000円 27,500円 12,500円 972,500円
2 40,000円 27,844円 12,156円 944,656円
3 40,000円 28,192円 11,808円 916,464円
30 40,000円 39,427円 573円 6,434円
31 6,514円 6,434円 80円 0円
累計 ② 1,206,514円 1,000,000円 206,514円 0円

借入「100万円」金利「年11.0%」月々「40,000円」の場合

回数 返済額 元金 利息 残高
1 40,000円 30,834円 9,166円 969,166円
2 40,000円 31,116円 8,884円 938,050円
3 40,000円 31,402円 8,598円 906,648円
28 40,000円 39,448円 552円 20,816円
29 21,006円 20,816円 190円 0円
累計 ③ 1,141,006円 1,000,000円 141,006円 0円

上記は、合計100万円で毎月支払い額40,000円の借り入れを、(A)年18%と(B)年17%から年15.0%と年11%の商品に1本化した場合のシミュレーションです。

支払い金額は、すべて月々40,000円とします。

まとめるだけで支払い総額が減る

1社にまとめると、自動的に利息制限法で年15.0%になるので、まとめるだけで46,454円も支払い総額が減ります。

返済額 ① 1,252,968円 ー ② 1,206,514円 = 46,454円
(利息 252,968円 ー 206,514円 = 46,454円)

金利が低い商品ならさらに減る

さらに条件の良い年11.0%の場合と比較してみましょう。

こちらはなんと111,962円も減るので驚きですよね。

返済額 ① 1,252,968円 ー ③ 1,141,006円 = 111,962円
(利息 252,968円 ー 141,006円 = 111,962円)

ただしこれは、あくまで月々の支払い額が当初と変わらないというところがポイントです。

もし月々の支払いが苦しいということであれば、消費者金融のサイトの返済シミュレーションを活用してみましょう。

返済シミュレーションでは、月々の支払い額を減らして、かつ支払い総額も減らせる金額を見つけられます。

2. 支払いの手間がなくなる!

支払いの手間がなくなる

手間が減る

「おまとめローン」にすることで、支払いの手間が減ります。

借り入れ件数が多いと、毎月の支払いが大変です。

大手消費者金融は、自動で銀行の口座引落しにできたり、ローンカードでコンビニATMから入金が出来ます。

しかし、中小の消費者金融はローンカードがなく、自分で手続きをする「銀行振込みのみ」となっています。

もし支払日がすべて同じであれば、手続きにそれほど手間はかかりませんが、支払い日が違っていれば、何度も振込み手続きをする手間がかかります。

また、支払日前に振込み手続きを済ませておけば問題はありませんが、仕事をしていると、平日の銀行の営業時間内の振込みは難しい場合もあります。

焦って手続きを間違えてしまえば、さらに手間が増えますし、うっかり手続きを忘れて延滞金が発生してしまったということにもなりかねません。

痛い手数料が減る

「おまとめローン」で支払いを1本化することで、振込み手数料を減らせます。

手数料は1回の金額は少額ですが、積み重なると大きな負担になります。

例えば、銀行ATMから振込みする場合の手数料は、1件あたり216円で、時間外手数料の108円もプラスされれば、合計324円です。

これが月に3件あれば972円、年間では11,664円になります。

銀行の金利がマイナス金利の今の世の中では、これはかなり痛い出費です。

3. 借金を把握しやすい!

借金を把握しやすく

借り入れを1本化することで、借り入れ総額や利息、返済額をより把握しやすくなります。

自分の借金を把握することは、とても大切です。

今後の返済計画をきちんと立てておかないと、自分がどのくらいまで返済をしているのか、あとどのくらい返済をしなくてはいけないのか、分からなくなってしまいます。

これが何件もの借金になると、把握するのはさらに大変です。

きちんと把握をしておかないと、うっかり支払日を忘れて延滞なんていうことにもなってしまいます。

借り入れを1本化することで、把握するのが1社からの借り入れのみになるので、複数から借り入れしている時よりも把握しやすくなります。

返済シミュレーションを活用すれば、支払い総額のうちの元金充当額、利息、支払後の残高が分かります。

支払い金額や金利を入力すれば、返済回数や利息の変化が目に見えるので、検討しやすくなっています。

特に大手消費者金融の「プロミス」の返済シミュレーションは、分かりやすいのでおすすめです。

参照:プロミスご返済シミュレーション

4. 気持ちが楽になる!

気持ちが楽

借り入れを1件にまとめれば、多重債務のストレスから解放されます。

何件も借り入れをしていると、件数が多ければ多いほどストレスが溜まります。

おまとめローンで借金を1本化すれば、その1件のことだけを考えればよいので、先の見通しも立てやすくなります。

また「怪我をして返済が遅れてしまう」とか「出先で提携先ATMが分からない」など、返済時に何か問題が発生しても、1社のみに相談すればよいので気持ちも楽です。

ところで話は変わりますが・・・

とても便利な「おまとめローン」にもデメリットがあることは、お分かりいただけたと思います。

ところで話は変わりますが、おまとめローンに関して違うお話をしたいと思います。

おまとめローンに向かない会社

実は、おまとめローンに向かない貸金業者があります!

それは、消費者金融の「SMBCモビット」です。

SMBCモビットといえば、

  • 年利3.0%~18.0%
  • 限度額800万円
  • Web完結申込み
  • 在籍確認不要(条件有り)
  • 店舗なし
    (2018年5月時点での調査に基づく)

と、テレビCMでもかなりお馴染みの消費者金融ですよね。

なぜおまとめに向かないのか?というとSMBCモビットは「おまとめや借り換え専用の商品がない」からなんです。

限度額が800万円もあれば充分では?と思うかもしれませんが、消費者金融の場合、「総量規制」が問題になってきます。

総量規制対象のSMBCモビットで800万円の申込みをするには、なんと年収が2,400万円必要ということになります。

一般家庭ではありえない金額ですね。

おまとめ専用の商品があれば、総量規制の例外に該当するので、年収の3分の1以上の借り入れが可能ですが、SMBCモビットには残念ながらおまとめ商品がありません。

そのため、おまとめ目的の借り入れには向かないのです。

おまとめローン詐欺に注意

おまとめローン詐欺に注意

「おまとめローン詐欺」には注意が必要です。

おまとめローンを希望している方は、多重債務者が多く、精神的にかなり焦っている状況です。

そこを狙うのが「おまとめローン詐欺」です。

おまとめローン詐欺は、大手消費者金融ではなく、中小の消費者金融への申込み者を狙ってきます。

多重債務者は大手消費者金融を諦める傾向があるので、どこからか個人情報を入手して、中小の消費者金融を語って「おまとめや借り換え」といった誘い文句で勧誘してきます。

手数料を騙し取る

かなり一般的な手口ですが「おまとめローン詐欺」では、先に手数料や手付金を支払わせて騙し取ります。

振込みが確認出来ると、その後一切連絡が取れなくなります。

騙し取る手数料の金額は数万円なので、警察へ被害届を出すのは大袈裟だと泣寝入りをする人もいます。

連絡にはプリペイド式の携帯電話を使用してきます。

連絡先電話番号が090や080で始まる場合は、詐欺である可能性が高いので注意しましょう。

契約書を書かせる

契約書を書かせる

契約書にサインする時は、特に注意が必要です。

詐欺の場合、実際におまとめの貸付けはするものの、理不尽な要求の契約書にサインをさせます。

契約時にはそんな説明は一切ないのですが、よく読むと確かに記載があるのです。

契約書は、字が小さく内容も難しいので敬遠しがちですが、どんな契約書でもよく読んで内容をしっかり確認しましょう。

毎月手数料を取る

おまとめは自分でしたにも関わらず、実は影で融通したのだと信じこませ、年間契約として毎月一定の金額を請求する詐欺があります。

おまとめローンで何回か審査に落ちていると、騙されやすい手口です。

ヤミ金の場合

ヤミ金の場合

ヤミ金は、おまとめをするのではなく、法定金利を超える金利で貸付けをします。

これは違法なので、すぐに訴えましょう。

さらに借金を増やす

電話やDMで借金のおまとめを勧誘し、連絡が来ると、なんと他の消費者金融に申込みをさせる手口があります。

「増額する時と同様に、返済の実績が必要なんです。」

などと、もっともらしく説明をしてくるのです。

多重債務者は、逆にそんなものかな?と信じこんでしまい、詐欺に遭ってしまいます。

その際に手数料として、履歴が残らない小包やレターパックで送金依頼をしてきます。

「おまとめローン詐欺」は、この他にもいろいろなパターンがあり、あの手この手で騙してくるので、詐欺被害は後を断ちません。

少しでもおかしいな?と思ったら、警察や弁護士に相談しましょう。

まとめ

「おまとめローンのデメリット」は、知らないと損をしてしまうものばかりです。

もちろん借金はないに越したことはないのですが、「どうしても急な出費で困ったけれど、借金できたおかげで助かった!」という方もたくさんいらっしゃるはずです。

しかし、借金は慢性化すると、どんどん感覚が麻痺してしまいます。

借り入れする前に返済のことまでしっかり考えて、計画的に利用しましょう。

☞ おまとめローン審査に通りやすい人の特徴はコチラ

◆目的別で探す◆

良く読まれる記事「Best3」

おすすめカードローン”シーン別”ランキング

おすすめカードローン

あなたに、おすすめのカードローンを「シーン」別にランキングにしました。

  • スグ借りたい
  • 審査が不安
  • 女性向け

などなど、あなたにピッタリのカードローンを教えます。

お金がない時の対処法14選

お金がない時の対処法14選

ガチで”お金がナイ”時の対処法を14個まとめました。

  • 弁護士へ相談する!
  • 生活保護をもらう!
  • 保険を見直す!
  • クレジットカードを作る?
  • 掃除をする

どの方法で”お金がない”を解決するか教えます。

日本全国の「消費者金融一覧」

消費者金融一覧

日本全国の消費者金融をまとめました。

出来るだけ近くでお金を借りたい、店舗に来店して安心して借りたい。

独自の審査基準で大手よりも審査が柔軟な場合もある全国の消費者金融はコチラ。

-おまとめローン

Copyright© キャッシング7 , 2018 All Rights Reserved.