お金借りる

ペット(犬・猫)の手術費用、お金がない?保険は効くの?

投稿日:2018年11月8日 更新日:

ペット(犬・猫)の手術費用、お金がない?保険は効くの?

大切なペットが病気になってしまった時の治療費がいくらかかるかご存知でしょうか?

ペットの病気に備えてお金を用意している人が少ないのが現状です。

このページでは、ペットが病気になった時にどうやってお金を用意すれば良いかについて説明していきます。

ペットの病気・怪我にかかるお金

ペットの治療費は国の保険制度はまかなえない為、全額自己負担になり、高額になります。

まずは、ペットが病気になった時の治療費の相場についてまとめます。

犬にかかる治療費と相場

初診料

犬の初診料の相場ですが、1,000円から2,000円が相場です。

薬を出してもらう場合は、更に2,000円から10,000円程度かかることが多いです。

ワクチン接種

犬は感染症にかかりやすいので1年に1回程度予防接種をする必要があります。

ワクチン接種の相場ですが、

・狂犬病ワクチン:約3,500円~
・5種混合ワクチン:約5,000~6,000円程度
・9種混合ワクチン:約8,000~10,000円程度

になります。1年に1回程度の負担ですが意外と大きな負担と思われる方もいるのではないでしょうか?

手術代

手術代は、病気によって大きく異なりますが、手術代の相場は、

・ガン:約30,000円~約300,000円程度
・心臓病全般:約800,000円~約1,000,000円程度
・椎間板ヘルニア約150,000円~約350,000円程度

このほかに、通院費や入院費がかかるので治療費は更にかさんでいきます。

参照:犬の診察料・手術費用の相場について | Qpet(キューペット)

猫にかかる治療費と相場

次に猫の治療費について説明します。

初診料

猫の初診料の相場ですが、1,000円程度が相場になっています。

ワクチン接種

猫も犬同様、感染症にかかりやすいのでワクチン接種の必要があります。

・ワクチン(3種混合):約4,500円程度
・ワクチン(4種混合):約6,500円程度

になっています。

手術代

手術代は、病気によって大きく異なりますが、手術代の相場は、

・紐などの誤飲で腸閉塞を起こした場合:約150,000円~約200,000円程度
・骨折:約200,000円~約250,000円程度

になっています。

猫も犬同様、通院費や入院費がかかるので治療費は更にかさんでいきます。

参照:動物病院でかかる猫の治療費。その目安はどのくらい? | PECO(ペコ)

ペット手術費の捻出方法5つ

次に、急なペットの手術費の捻出方法について5つ紹介します。

1.クレジットカードの分割払い

1つ目の捻出方法は、クレジットカードの分割払いです。

今は多くの動物病院でクレジットカードの利用は可能です。

クレカ分割のメリット

クレジットカードの分割払いとは、1回で支払う金額を毎月分割して支払うことが出来る方法です。

この分割払いであれば毎月の負担額が少なくなります。

デメリット

クレカ分割払いのデメリットは、利息がかかることです。

分割の回数が増えるとその分利息は高くなります。

どうしても利息を払いたくない!でも支払いは先送りにしたい場合は、ボーナス払いというものがあります。

ボーナスの出る季節の、夏(6月~8月)、冬(12月~1月)に支払いを先送りにする方法です。

ボーナス払いであれば利息はかかりません。

2.クレジットカードのキャッシング枠を利用

2つ目のペットの手術費の捻出方法は、クレジットカードのキャッシング枠を使う方法です。

キャッシング枠とは、クレジットカードでお金を借りることが出来る枠のことです。

クレジットカードのキャッシングでお金を借りて大切なペットの手術費に充てることが出来るのです。

キャッシングのデメリットは、分割払いと同じで利息がかかることです。

利息は、返済期間が長くなればなるほどかさんでくるので出来るだけ早く返済することがポイントです。

3.クレジットカードのリボ払い

3つ目のペットの手術費の捻出方法は、クレジットカードのリボ払いです。

クレジットカードのリボ払いとは毎月一定金額を返済する方法です。

クレジットカードの分割払いと違うのは、リボ払いの場合は、1回の返済金額がとても少なることです。

一般的には10万円支払った場合、リボ払いを利用すると1回の返済額は4,000円程度になります。

リボ払いの大きなメリットは1回の返済金額が少なることです。

リボ払いを利用すれば1回当たりの負担額を少なく返済をすることが出来ます。

しかし、リボ払いのデメリットは、返済期間が長くなるので利息がかさみやすいことです。

リボ払いを利用する時は、計画的な利用が必要です。

4.生命保険の契約者貸付を利用

4つ目のペットの手術費の捻出方法は、生命保険の契約者貸付を利用することです。

生命保険には、契約者貸付という機能があります。

契約者貸付とは、生命保険を解約した時のお金を担保にしてお金を借りる方法です。

自分で支払った保険料を担保にしているのでお金を借りた時の利息は非常に低くなります。

手続きも簡単に出来るので1週間くらいで手元にお金が入ることもメリットです。

5.不用品の売却

5つ目のペットの手術費の捻出方法は、不用品を売却してお金を作ることです。

メルカリなどのフリマアプリが普及しているので本当に必要な人に不用品を売ることが出来ます。

高く売れることも多く比較的すぐにお金を手にすることが出来るようになっています。

ペット手術費には保険が効くの?

そもそもペット保険とはペットが病気や怪我になった時の治療費を保険金で補ってくれる保険です。

人間でいう医療保険のようなものです。

ペット保険のメリット

ペット保険の主なメリットは3つあります。

高額な治療費に備えられる

メリットその1

ペット保険の1つ目のメリットは、高額な治療費に備えられるということです。

ペットの治療費は、全額自己負担になるので高額になりがちです。

特に手術をすると治療は膨大になる恐れがあります。ペット保険に入っておけば、高額な治療費に備えることが出来ます。

治療費を気にせずにペットの治療に専念出来る

メリットその2

ペット保険の2つ目のメリットは、治療費に気にせずにペットの治療に専念出来ることです。

人間どうしてもお金の心配があるとお金の方に神経が向いてしまします。

またお金がないと治療を受けることに躊躇してしまうことがあるかもしれません。

ペット保険に履いておけば治療費をカバーしてくれるのでペットの治療に専念しやすくなります。

メリットその3

ペット保険の3つ目のメリットは、窓口精算が出来ることです。人間の医療保険の場合は、保険金が下りるのは病院での精算をした後です。

保険金は後払いになるので治療費の精算の時に手持ちのお金が苦しくなってしまいます。

しかしペット保険は、動物病院によってですが窓口で保険金の精算を受けることが出来ます。

この方式であれば治療費の支払いの時に負担が少なるので大きなメリットになります。

ペット保険のデメリット

ペット保険の主なデメリットは、3つあります。

デメリットその1

ペット保険の1つ目のデメリットは、保険金が十分でない可能性があることです。

保険の保障率によっては、保険金が十分支払われることがなく自己負担が想定以上に大きくなってしまう可能性があることはデメリットになります。

デメリットその2

ペット保険の2つ目のデメリットは、保険料が割高になってしまう可能性があることです。

ペット保険は治療費の30%~100%保障してくれるものが一般的です。

当然保障率が高くなればなるほど保険料は高くなります。

いくら保障が大きくても保険料の支払いの負担が大きすぎてしまったら意味がありません。

デメリットその3

ペット保険の3つ目のデメリットは、ペットの年齢が上がってしまうと保険料が高くなってしまうことです。

保険会社からすればペットの年齢が高くなるとそれだけ病気のリスクは大きくなるので当然です。

しかし、ペット保険が必要なった時に保険料の負担が大きくなってしまう可能性があります。

日本のペット保険の現状

日本のペット保険の普及率がまだまだ低くペット保険の加入率は5%程度です。

しかしペット市場は現在ものすごく伸びている市場ですし今後も有望な市場であるといえます。

ペット先進国のスウェーデンはペットを飼うのが非常に厳しく、ペットを飼う際はペット保険の加入を義務付けています。

今後日本もペット保険の加入が義務付けられる時が来るかもしれません。

保険に入っていないときはカードローンでしのぐ

あなたが、もしペット保険に加入していない、加入できない場合はカードローンでペットの治療費をしのぐ方法があります。

カードローンとは?

カードローンとは、お金を借りることを専門にしたサービスのことをいいます。

カードローンのカードでお金を借りることが出来ます。

クレジットカードのようにショッピングに利用することは出来ません。

お金を借りる専門のカードのこといいます。

カードローンのデメリット

カードローンには主なデメリットが3つあります。

1.利息がかかる

カードローンの1つ目のデメリットは、利息がかかることです。

クレジットカードのキャッシングと同じなのですが、お金を借りると当然利息がかかります。

利息は、利用する人の信用状況や属性、利用金額によっても異なりますが。

一般的に少額であると法律の上限金利である18%の利息がかかります。

2.信用状況や属性によっては利用出来ない可能性がある

カードローンの2つ目のデメリットは、信用状況や属性によって利用出来ない可能性があることです。

カードローンを利用するには当然審査があります。

しかし利用者の信用状況や属性によってはカードローンの利用が出来ない可能性があるのです。

3.発行までに時間がかかる

カードローンの3つ目のデメリットは、発行までに時間がかかること場合があることです。

カードローンは大きく分けて銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンがあります。

銀行系のカードローンは消費者金融系に比べて利息が低いことが多いですが、即日の発行に対応していません。

一方の消費者金融系カードローンは、利息は高いですが、即日利用出来るメリットがあります。

利用するカードローンの種類によっては発行までに時間がかかることがあります。

カードローンのメリット

カードローンの主なメリットは4つあります。

申込が簡単

カードローンの1つ目のメリットは申込みが簡単なことです。

インターネットで申込みが完結出来るカードローンもあるので非常に簡単に申込みをすることが出来ます。

資金使途が自由

カードローンの2つ目のメリットは、資金使途が自由であることです。

マイカーローンや住宅ローンなどは当然ながら資金使途は決まっていますが。

カードローンは資金使途が自由です。当然ペットの治療費にも使うことが出来ます。

コンビニで利用出来る

カードローンの3つ目のメリットは、コンビニでも簡単に利用出来ることです。

ほとんどのコンビニのATMで利用出来るのは大きなメリットになります。

無担保・無保証人で利用出来る

カードローンの4つ目のメリットは、無担保、無保証人で利用出来ることです。

ローンの種類によっては担保や保証人が必要なものがありますがカードローンは原則、無担保、無保証人で利用することが出来ます。

手軽に利用出来るという意味で非常に便利になっています。

よく読まれる記事Best3

即日融資カードローン特集

即日融資が好評なカードローン特集

スグ借りたい人向けのカードローンを3つ厳選しました。

審査時間は最短30分、融資まで1時間と急いでいるアナタのお役だち大手の金融機関を紹介します。

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る方法を「即金性」を基準に18個紹介します。

お金を借りる以外にも意外な方法が見つかるかも。

審査が不安な方のためのカードローン

審査が不安な方のためのカードローン

お金を借りたい。。。

だけど審査が不安。

そんなアナタに向けて、安心・安全に借入ができる金融機関を紹介します。

-お金借りる

Copyright© キャッシング7 , 2019 All Rights Reserved.