お金借りる

ペット(犬・猫)の手術費用、お金がない?保険は効くの?

投稿日:2018年11月8日 更新日:

ペット(犬・猫)の手術費用、お金がない?保険は効くの?

大切なペットが「大きな病気」になった時や「ケガ」をした時に気になるのが、その治療費です。

最近では高額の手術費用が話題なっており、ペット用の保険が盛況。

しかし、ペット保険の適用範囲や保証金額は限られており、やはり不安はぬぐい切れませんね。

このページでは、ペットの手術費用などで高額の医療費用が請求された時のお金について解説します。

ペットの手術費

ペットの治療費の平均と相場

通常、1回の手術費用だけで15,000円~60,000円ほどが相場です。

もちろん、手術の内容によりますが、平均して「犬のヘルニア手術」では15万円、「猫の骨折」では7万円程度の手術費用がかかります。

さらに、治療費の1日当たり平均金額をある保険サイトで見てみますと、以下のようになります。

通院 8,000円
入院 12,000円
手術 100,000円

参考:ペット保険比較研究所

骨折や椎間板ヘルニアなどの複雑な手術では、手術費用だけで40~50万円と高額の請求を受けることもあるようです。

動物病院の検査でお金がかかる場合

ペットの初診料は1,200円、レントゲン検査は1枚4,000円程度で、その他検査費用も1,500円~5,000円程度と検査だけでもかなりの費用になります。

犬同士の喧嘩で簡単なケガをした場合でも、検査だけでも7千円程度がかかってくるのです。

一部の動物病院でも検査漬けにするところともあり、検査だけで1万円以上の高額になる場合もあるのです。

検査の結果、大きな病気が見つかれば、高額負担になってしまいます。

ペットの手術必要で高額を要求されたら

動物病院で検査の結果に基づいて、手術費用をいきなり請求されることも出てきて、金策に走らないといけない場合もあります。

高額の手術費用を請求された場合、すぐにその費用を用立てることは難しい場合もあるのです。

可愛いペットのためと泣く泣く支払うことになってしまいますが、すぐに用立てることができない場合にはその資金をねん出に苦労することになります。

ペットの手術費用は分割にできる?

クレジットカードの使える動物病院も増えていますが、どこでも確実にカードが使えるわけでありません。

病院によっては何回かに分割して支払うこともできる場合もありますが、これも確実とは言えません。

従って、確実に分割にできるとは言い切れないのです。

ペットの手術費用は保険が効く?

ペット保険では、手術費用がすべて効く訳ではありません。

ペット保険で適用が除外されるケースには、既往症や先天性異常検査で判明した病気などは適用になりません。

猫のスコティッシュフォールドなどのように先天的に骨の組成が弱いというように、人気のある品種ほど先天的な病気を抱えている場合は多いのです。

そのような場合には、保険が効かないケースもあるのです。

その他にも、代替医療ワクチン等の予防接種によって予防できる病気や、傷病にあたらないもの、自然災害によって負ったケガなどは適用除外になる場合が多いのです。

ペットの高額手術費用は全額補償されるケースは少ない

また、ペット保険で補償される金額の割合は、50%・70%・それ以上の場合など、100%にはならない場合が多いのです。

保険のプランによって変わってきますが、100%の場合には保険料もかなり高くなります。

ヘルニアなどで50万円がかかった場合には、50%の保険割合では自己負担は25万円かかってしまいますし、70%でも自己負担は15万円になります。

しかも、保険での補償は後から請求することによって支払われるため、その間、自費で支払う必要があるのです。

保険が使えるとしてもある程度の期間は自費で用意する必要があり、しかも全額戻って来るわけでもありません。

ペット保険と種類

ペット保険は、現在では種類も多くなっており、10社以上から発売されており、同じ保険でも補償割合を選べるようになっています。

例えば、価格.comなどを見ますと、「うちの子」、「フリーペットほけん」、「うちの子ライト」、「PS保険」などが人気の上位です。

ペットでも、さまざまな種類があり、希少な猫や犬と雑種の犬、猫もいます。

希少品種の場合には特定の病気を発症しやすいものもありますが、雑種の場合には比較的病気などに対する抵抗力は高いと言えます。

また、ペットは、犬、猫だけでなく、最近ではウサギ、ハムスターなど広い範囲にわたっており、発症する病気などの適用範囲を見て保険を選ぶ必要があるのです。

ペット保険のタイプ

ペット保険には、補償金額の決め方によって3つのタイプに分けられます。

①補償をかかった費用に対する定率で選べるタイプ
②補償額が一定額に決められているタイプ
③100%全額補償タイプ

の3つです。

健康保険でも100%の保険はありませんので、そこまで求めますとかなり保険料は高くつきます。

私たち人間で言えば、定率タイプは健康保険に近いイメージになりますし、定額タイプは医療保険に近いタイプと言えます。

しかも、特定の品種特有の病気の場合には適用除外になることもありますので、加入前によく適用範囲を確認して入る必要があります。

雑種の場合には大きな病気やケガの可能性は低いため、保険料の安い定額タイプがおすすめです。

高額手術費用にはカードローンの利用を考える

ペット保険を掛けたとしても、全額の補償は難しいですし、補償が受けられるまでには時間がかかります。その間の資金をどう工面するかの問題があります。

例えば、50万円以上の手術費用の場合には、自己負担も15万円から25万円とかなりの高額になるため、保険以外の支払い方法を考えておく必要があるのです。

キャッシングのリボ払いでペットの高額手術費用も負担を少なくできる

ペットの高額手術費用の支払いに、カードローンのキャッシングを利用し、毎月一定額を返済するリボ払いにすることにより、負担を少なくできます。

カードローンのキャッシングでは、取り敢えず全額を支払って、保険が下りた段階で保険分を部分繰り上げ返済し、残りの部分はリボ払いで毎月一定額の支払で済ますことができます。

カードローンには、主に大手消費者金融系カードと銀行系カードとがあります。

銀行系カードローンは、金利は少し安いですが、実際にカードが使えるまで1週間ほどかかり、しかも審査が厳しく通るのは4~5人に一人です。確実に借りられるわけではありません。

大手消費者金融系カードローンの場合には、無人店舗の自動契約機に行けば、30分~1時間でカードを発行してもらえます。

審査も銀行系カードと比べますと通りやすく、2人に1人は通ることができます。(延滞がなければもっと審査に通る可能性は高くなります)

従って、急に高額のペットの手術費用を要求されても充分に間に合うことができるのです。

金利は、17%台と少し高くなりますが、ATMでいつでもいくらでも返済ができますので、保険がおりれば、すぐにその分を返済できます。保険がおりた時と、ボーナスで返済することも可能です。

カードローンのキャッシングを利用するには

大手消費者金融系カードローンでキャッシングを行うには、まず無人店舗の自動契約機に行くか、ネットで申し込む形になります。

ネットで申し込む場合には、即日での発行は21時くらいまでに申し込み、無人店舗に取りに行くことになります。

申し込みの際には、本人確認書類として運転免許証と、50万円以上の利用枠の申し込みには収入証明書として源泉徴収票あるいは直近の給与明細書などが必要です。

そして、申し込んでから自動契約機の席で30分から1時間待てばカードを受けとることができますので、店舗内にあるATMから必要金額を引き出すことができます。

即日融資可能なカードローン特集はコチラをチェック

即日融資可能なカードローン特集

まとめ

ペットには私たちのような国民皆保険の健康保険制度はなく、高額な手術費用がかかることも多い中で、その手術費用の負担は大きいと言えます。

従って、高額なペットの手術費用を一時的に立て替えたり、半分近くを自費で負担することにもなりますので、その費用をどう工面するかの問題があるのです。

それを解決する方法として、カードローンによるキャッシング利用をご紹介しました。

ペットと安心して暮らすためにも、カードローンなどを用意しておくようにしてください。

良く読まれる記事「Best3」

お金がない時の対処法14選

お金がない時の対処法14選

ガチで”お金がナイ”時の対処法を14個まとめました。

  • 弁護士へ相談する!
  • 生活保護をもらう!
  • 保険を見直す!
  • クレジットカードを作る?
  • 掃除をする

どの方法で”お金がない”を解決するか教えます。

日本全国の「消費者金融一覧」

消費者金融一覧

日本全国の消費者金融をまとめました。

出来るだけ近くでお金を借りたい、店舗に来店して安心して借りたい。

独自の審査基準で大手よりも審査が柔軟な場合もある全国の消費者金融はコチラ。

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金を作る18の方法

今すぐお金が必要な人にむけて、すぐにお金を手にする全18個の方法をまとめました。

即金性のあるものを一覧にしていますので、あなたにピッタリのお金の作り方が見つかりますよ!

-お金借りる

Copyright© キャッシング7 , 2018 All Rights Reserved.