プロミス

プロミスのデメリット、借入れする前に要チェック

更新日:

プロミスのデメリット、借入れする前に要チェック

プロミスで借入れする前に確かめたいことは「プロミスのデメリット」

「簡単に借りれる」なんて言葉に釣られて、後から後悔なんて絶対にしたくないアタナへ。

ここでは、プロミスのデリットとメリットについて解説します。

プロミスのデメリット【1、総量規制の対象】

プロミスのデメリット【1、総量規制の対象】

年収・借入れ額に見合った融資

プロミスは総量規制の対象です。

まず覚えておいてほしいことは、プロミスのような消費者金融は総量規制の対象になるということ。

総量規制とは「年収の1/3までしか借入れ出来ない」という貸金業法の1つ。つまり年収が300万円のケースは、最大で100万円までしか借入れ出来ないことを意味します。

もしあなたに他社からの借入れがある場合は、そのMAX100万円の可能融資額から他社からの借入れ金額をマイナスした金額のみが融資可能になる訳ですね。

銀行カードローンと異なり、審査が比較的優しい印象があるプロミスですが、上記の総量規制の縛りはとても大きなものになってきます。

例え年収の1/3以下の融資を希望したとしても、現在の給与そして経済事情をよく考えること!毎月確実に返済が可能な額を借入れて、消費者金融でパンクすることがないように細心の注意を図ることが大切です。

専業主婦・年金生活者は借入れ不可

各消費者金融、クレジットカード会社共に共通して言えることですが、借入れは絶対条件として定収入があることが挙げられます。

バイトでも契約社員でもフリーランスでも構いません!

雇用形態は問われませんが、とにかく毎月定収入があることが絶対条件になってきます(フリーランスや芸術系などの職業形態は、毎月の収入にバラつきがあることが多く契約に不利な場合あり)。

・無職の学生
・専業主婦
・年金生活者

の場合は借入れすることができません。

もし少額融資でも借入れが必要な時が訪れてしまったら、週に数回のアルバイトでもパートでも構いません。毎月の定収入を確保することから始めましょう!

また無収入でも借入れ可能!と謳う金融機関はブラックのいわゆる闇金の確率が高いので絶対に甘い言葉に誘惑されず、まずは少しの仕事をするところから始めましょう。

プロミスのデメリット【2、高金利】

プロミスのデメリット【2、高金利】

上限金利が適応された場合のシミュレーション

一番気になるのがとにかく金利!

消費者金融なので高金利だということは分かっているけれど……プロミスの金利は4.5~17.8%で推移しており、他の消費者金融と大差ない数字となっています。

ここで着目してほしいのがとにかく上限金利!最低金利が適応されるのは、最高限度額500万近くを借入れした場合のみ。総量規制が適応されるプロミスが故、付きまとう金利は大概最高金利の17.8%です。

例えば10万円を借入れし、半年で返済するプランを立てた場合。

10万円×適応金利17.8%÷365日×180日が実質の金利となります。

つまり約8778円が半年間における金利としてのしかかっていく訳です。

これが高いか安いかは個々人の判断に任せますが、毎月の最低返済額のみでの返済だけでは元金がとにかく減らない!

つまりプラスαで上乗せして毎月返済し、それらを元金返済に充てることが返済期間を短くすることがコツになっていきます。プロミスではHPから返済プランのシュミレーションが出来るので、気になる方は是非トライしてみてはいかがでしょうか?

おまとめも向いていない

いくつかの金融機関からお金を借りては、返済し・・・この最悪なパターンは自転車操業と言われ、金融商品由来の破産を生む大きな要因として知られています。

銀行、消費者金融に問わず多くの金融機関が借金の1本化商品を発表していますが、プロミスにもおまとめローンは存在します。

基本的に追加での融資は一切受けず、既存の借金を各金融機関が代行して支払うのがおまとめローンの鉄則。新規で借入れ出来ないのは玉に傷ですが、いくつもの金融機関の返済に追われている方にはおすすめのおまとめローン。

ただしプロミスのおまとめローンのスペックを覗いてみると、

●金利6.3~17.8%
●最高融資額300万まで

と高金利でありながら、限度融資額が低いのでおまとめローンとしての資質は決して高いとは言えないのが現状です。

おまとめローンを選ぶ1つの基準が低金利であるので、プロミスのそれは金利の面でも劣っているのは明白。

更に限度額が低いので利用出来る人も限られてくるので、おまとめローンを考えている方は、銀行や消費者金融でも中小規模のSGファイナンスなど低金利のおまとめローンをおすすめいたします。

「おまとめローン」一覧

ただしプロミスのおまとめローンは定収入さえあれば即日審査・融資可能なので、とにかく今すぐ立て替えてほしい!そんなスピード重視の方には向いているのかもしれません。

プロミスのメリット【1、即日融資】

プロミスのメリット【1、即日融資】

最短1時間融資

プロミスはとにかく早く借りたい人!スピードの重視の方向け。

今すぐお金を借りたい人に向けて、最短即日融資を実現したのがプロミスです。

プロミスの審査

9時から21時までの審査回答時間内であれば、最短30分で借入れの可否が分かるのも嬉しいです。

お急ぎで融資を考えている方には、下記の手順でも申込をすることをオススメします。

1、WEB上で申し込みを済ませた状態で
2、最寄りの無人契約機から契約を行う

特にWEBでの契約に関してはローンカードが家に到着するまで時間がかかるので、最短借入れを考えている方は無人契約機と合わせて契約を!

スムーズにいけば最短1時間でローンカードを入手可能で、即日当日借入れも可能です。

ただしWEB完結申し込みの場合、キャッシュレスでの融資になる為、ATMからの借入れは出来ない点には注意しましょう。

10秒で振り込み完了!瞬フリサービス

プロミス一番の強みとして知られているのが、瞬フリサービスです!

なかなか素敵なネーミングのこのサービスは、簡単に言うと「24時間365日最短10秒で銀行振り込みによる振込融資」を意味します。

平日、週末・祝日問わずに好きな時間に10秒で振込される画期的なサービスは、消費者金融の雄プロミスだからこそ出来る特殊なサービス。

三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている方限定のサービスですが、いつ何時に訪れるか分からないピンチの際はとても心強いです(しかも利用手数料が無料なのも嬉しい!)。

両銀行の口座を持っていない方でも瞬フリサービスを利用可能ですが、平日9時~14時50分まので申し込みに限るという条件が付いてしまう為、週末・祝日の利用は出来ないので要注意!

プロミスのメリットとして一番に挙げられる瞬フリですが、利便性が大変高い為、プロミスでの借入れを考えている方は、三井住友銀行もしくはジャパンネットバンクの口座を用意してから審査に臨みましょう。

【関連記事】即日融資可能なカードローン

プロミスのメリット【2、30日間無利息サービス】

プロミスのメリット【2、30日間無利息サービス】

初回限定!金利ゼロってスゴイ

プロミスならある条件を満たすだけで、30日間の無利息サービスが利用できちゃうんです。

以下に表にまとめていますが、各消費者金融で無利息キャンペーンも若干異なります。

銀行では消極的な金利ゼロキャンペーンを消費者金融が力を入れるその訳・・・

それは新規契約者の獲得をする為「初回限定!初めて利用する場合にのみ」30日間の無利息サービスが適応されます。

ただし各消費者金融により、

●契約日の翌日からキャンペーンが適応されるケース
●初回利用時からキャンペーンが適応されるケース

の2パターンに大別される為、金利ゼロを最大限に実感できるのは後者の初回利用時からの金利無料キャンペーンと言えますね。

気になるプロミスの場合は初回利用時の翌日から金利ゼロキャンペーンがスタートするので、1ヵ月で返済可能な小口融資をご希望の方にとってはとても魅力的なサービスと言えるでしょう。

消費者金融名 無利息金利適応期間 金利
プロミス 初回借入れ後1カ月 4.5~17.8%
アイフル 契約日翌日から1カ月 4.5~18%
アコム 契約日翌日から1カ月 3~18%
ノーローン 借入れ日翌日から1週間 4.9~18%
レイク 契約日の翌日から1カ月または半年 4.5~18%

プロミスのメリット【3、WEB完結】

プロミスのメリット【3、WEB完結】

消費者金融の申し込み手順って正直面倒くさいですが、それ以上に厄介なのが在籍確認。

いくら匿名で電話をしてくれると言っても、やはり在籍確認は避けたいですよね。

さてプロミスの借入れ審査では、身バレを防ぎながら借入れ出来るのでしょうか?

WEB完結で身バレを防ぐ

プロミスでは自宅への郵送物一切なし!
キャッシュレスでクールに借入れが出来ちゃう!

WEB経由で借入れまでOKなWEB完結方式の申し込み方法は、詳細な個人情報を入力すること、そして収入証明(給与明細や源泉徴収書など)と在籍証明(社員証や社会保険書)を添付することで、在籍確認の電話を回避することも可能です。

融資方法が振込融資、返済が口座振替に限定されてしまいますが、特に家族・会社に内緒で申し込みをしたい方にはおすすめの申し込み方法と言えるでしょう。

全ての手順をWEB上で行う、個人情報入力には根気が要りますが、特に三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、365日即日口座振り込みにも対応可能なのは魅力大!

ただし上記で述べたように、WEB完結方式での申し込みの場合カードレスキャッングのみに対応しているので、カードを所持することは不可能。

どうしてもローンカードが欲しい!という方は、無人契約機や店頭での契約をおすすめいたします。

「WEB完結」以外で在籍確認を回避

WEB完結以外にもプロミスコール、店頭窓口や無人契約機など申し込み方法は多種多様。

しかしお金を借りる以上、職場への確認電話は必須です。

WEB完結以外で申し込みをした場合でも、事前にプロミスコールで相談の上、いくつかの条件を満たすことで在籍確認を回避することも可能です。(100%ではありませんが……)その条件として

●社会保険証
●収入を証明する為の給与明細2~3ヵ月分

を提出することで在籍確認の代わりとして審査をしてくれるケースも多く見られます。

特に無人契約機や店頭窓口で申し込みを考えている方で身バレを極力防ぎたい!そんな方は上記の書類を事前に用意して審査に臨みましょう!

プロミスのメリット【4、その他】

プロミスのメリット【4、その他】

おとくらぶの優待サービス

プロミスが提供する各種優待サービスが満載の会員限定サービスこが、おとくらぶです。

プロミス会員であれば、過去に利用していた方も利用可能!(ただし半年以上利用がない場合は不可)

気になるサービス内容はというと、国内外の高級ホテルやアミューズメントプレイスで使える優待クーポンと言えば分かりやすいでしょう。

ちょっぴり高めな大江戸温泉の入館料が500円以上優遇されたり、今はやりの上島珈琲店での飲食代が10%引きになったりと……男性だけでなく女性陣のハートを掴むような内容が目白押し。

消費者金融なのに、とってもお得に食に遊びを楽しめる!それこそがプロミスの真髄なのです。

ポイントサービス

上記のおとくらぶでもお腹いっぱいになってしまいそうですが、プロミスではポイントサービスも実施しています。ネットでお買いものをしてポイントをザクザク貯めるのと同様に、プロミスでも利用をする度にポイントが貯まります。

例としてあげると

●収入証明の提出……160ポイント
●会員専用のWEBにログイン……10ポイント
●取引履歴・返済日お知らせメールの受信……1ポイント

使えば使うほどコツコツとポイントが貯まっていく仕組みになっているのです。ポイントが貯まると連携ATMでの手数料が無料で利用可能になったり(40ポイント)、はたまた無利息キャンペーンを利用できるようになります(7日間無料250ポイント、30日間無料700ポイント)。

どうせ消費者金融を利用するのなら、いろんなサービスが付帯してお得に使いこなせる優秀なカードローンを利用したいですもんね!

そんな消費者心理をよく理解しているのがプロミスなんですね。

返済日お知らせメール

またプロミスの会員サービスでも嬉しいのが、返済日を忘れてしまわない為の確認メールを日付指定で知らせてくれる点。

1日前でも1週間前でも構いません、あなたの都合がいい日にプロミスから返済に関してのメールが届くので、ついうっかりなんてもう言わせません。

消費者金融でお金を借入れする際に最も留意しなければならないのが返済に関して。万が一返済が遅れたり滞ったりしてしまうと、自分の信用情報に傷がつき新たな借入れやクレカ新規制作が不可能になってしまいます。

上手にお金をやりくりできる自分でいたい、そんなあなたの背中をそっと押してくれるのが返済日お知らせメールの強みです。

限度額変更申し込み

新たにカードローンを作るのは嫌。でももう少しだけ限度額を上げたいそんな方は、会員メニューから限度額変更を申し込み可能です。

もちろん申請を行えば必ず限度額が上がる保証はありませんが、

●最低半年は良好な利用実績がある(返済が遅れたりしていないこと!)
●他社とのカードローン契約を新規で行っていない
●50万以上の限度額変更の場合、収入証明を提出する

以上のことを押さえれば、比較的柔軟に限度額を変更できます。

クレジットカードのキャッシングサービスのように一時的に限度額を上げることはプロミスではできませんが、毎月コツコツと利用して返済も着実に行っている!

そんなあなたはイザという時の為に、限度額を少しだけ上げる手続きを踏むことも一つの選択肢になっていくことでしょう。

まとめ

似ているようで各消費者金融特徴が大きく異なるという事実。

プロミスのような最大手の消費者金融は新規会員獲得に奔走しながらも、やはり定収入がある顧客のみを対象に融資しているのが大前提。

消費者金融が故の高額な利率も気になりますが、30日間金利無料キャンペーンやお得感満載の優待サービスなどを上手に使えばトータル面ではかなり使い勝手がよいカードローンとして機能することでしょう。

今必要無くても、いつか訪れるピンチに備えてそっと1枚プロミスカードをお財布に忍ばせてみるのも素敵なアイデアかもしれませんね。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-プロミス

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.