プロミス

プロミスの返済について

更新日:

プロミスの返済について

プロミスの「返済」に関する内容を解説します。

プロミスの返済金額

「残高スライド元利定額」で決まる

残高スライド返済

プロミスの毎月の返済金額は、直近の借入残高に応じて変わる「残高スライド元利定額返済方式」で決まります。

最初の借入後、返済のみを続けていれば残高が少なくなっても、決められた毎月の返済額は、変わることはありません。

しかし返済途中で、いくらかでも借入をすると、その残高に応じて返済額が増えたり減ったりします。

例)初回で50万円の借入をした場合

13,000円が返済額として設定されています。

このまま返済のみを続けた場合は、残高が30万円になっても10万円になっても、返済額は13,000円のままです。

返済金額を下げる方法

少し裏技的な方法として返済金額を下げることが出来ます。

それはある程度残高が減ったら「少ない金額を借入する」という方法です。

ある程度返済を続けていき、残高を減らしたうえで少額の借入をすると、残高に応じて月の返済額を下げることができます。

例)初回で50万円を借入して13,000円を払い続け、残高が29万円まで減った段階で1万円利用

その時点での最終借入残高は30万円なので、返済額は11,000円に自動的に下がります。

もちろん今まで通り13,000円以上の支払いを続けてもOKですが、最低の支払い金額が下がるので、どうしても支払いが難しい時には便利です。

返済金額の計算方法

最終借入後残高 返済金額
(1,000円未満切り上げ)
返済回数
30万円以下 借入残高
×
3.61%
~36回
30万円超え

100万円以下
借入残高
×
2.53%
~60回
100万円超え 借入残高
×
1.99%
~80回

毎月の返済金額は、最終借入額によって算出されます。

例えば借入残高が10万円の場合は、

10万円 × 3.61% = 3,610円 ですが1,000円未満切り上げのため、4,000円が最低支払金額になります。

返済日について

5日、15日、25日、末日

プロミスの返済日は、5日、15日、25日、末日から都合の良い日を選べます。

ただし三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の金融機関からの口フリ(口座振替)を選んだ場合、返済日は固定して5日となります。

初回の返済日に関しては、借入日によって変わるので、必ず契約時に確認しましょう。

早めの入金

返済期日以降の入金は次月分

プロミスの返済は「前回返済期日の翌日から返済期日までに返済した場合、翌月の返済日に更新される」となっています。

前回入金日の翌日から、返済期日までの間であれば、いつでも次の返済日の分として処理されます。

※ただし口フリの場合は、毎月期日通りの引き落としとなるため、追加入金は可能ですが、早め入金はありません。

プロミス以外の借入先によっては、返済日の10日前や2週間前からでないと、追加入金とみなされて返済日が更新されない金融機関もあるので注意が必要です。

プロミス「早め入金」はスゴい

以前、私が勤めていた消費者金融では「返済日の1週間前からでないと返済処理」できなかったので、プロミスはすごいと思いました。

『余裕があるときにいれてしまいたい』『ついでに翌月分として処理してほしい』というお客様がいたときによく問い合わせが来ていました。

2つの返済方法

プロミスの返済方法はいくつかあるので、自分に合った返済方法を選びましょう。

ここでは「ATM・コンビニ」と「銀行」での返済を紹介します。

1、ATM・コンビニから返済する

銀行口座の履歴にプロミスへの返済履歴を残したくない方や、いつもは口座引き落としの方の追加返済におすすめなのが、カードを使ったATMからの返済です。

ATMからの返済

ATMからの返済は、提携先によって手数料が異なるので注意が必要です。

・手数料が無料のATM…プロミス、三井住友銀行のATM
・手数料有料のATM…ゆうちょ銀行(要Web明細登録)、イーネット、ローソンATM、セブン銀行ATMなど

その他指定の地方銀行や、クレジットカード会社からも利用が可能です。

ゆうちょ銀行は、郵便局があるところに設置されているので、銀行やコンビニが近場になくても郵便局があれば利用できます。

手数料無料のコンビニ

  1. ローソン、ミニストップ・・・Loppi
  2. ファミリーマート・・・Famiポート

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートのメディア端末なら手数料が無料です。

プロミスのATMは手数料無料で、なおかつ全国に10万台以上もあります。

しかし周りの目が気になるのも確かですし、市外にでてしまうとなかなか見つからない場合があります。

一番気軽に利用できる提携先と言えば、コンビニのATMですが、こちらは手数料がかかってしまい、積み重なると金利に加えて負担になります。

そんなときは返済のみの限定利用で、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートのコンビニに設置されているメディア端末を利用すると、手数料無料で返済できます。

2、銀行から返済する

銀行振込の方法はいくつかありますが、手数料と営業時間をポイントに考えてみましょう。

銀行振込

1)銀行の店頭やATMからの振込

プロミスの指定口座へ振込みます。

通常の銀行の場合、平日15時を過ぎた振込は翌日に反映されるので、時間の制限があります。

さらに手数料は自己負担です。

2)インターネットからの振込

スマホ、PC、ケータイから24時間返済できます。

インターネットバンキングを使って、銀行振込で返済します。

「手数料は無料」で「土日祝日、24時間瞬時に返済が反映」される点がメリットです。

カードがなくても返済でき、サービス停止時以外はいつでも手数料無料で手続きすることができます。

口フリ(口座振替)

口フリを利用すれば、返済日に自動で返済額が引き落としになります。

返済日をうっかり忘れることもなく、手間も手数料も一切かかりません。

ただし引き落としの際に、残高がたりない…ということのないようにしましょう。

残高が足りないと、遅延とみなされて遅延損害金がついてしまいます。

デメリットとしては、期日と金額が固定のため、早めの入金や、毎月の返済時に多めに返済することができないという点が挙げられます。

今月は余裕があるから多めに返済したい!というときは、カードを利用して手数料無料のATMからや、インターネット返済をオススメします。

申し込みは、契約後にプロミスの会員サービスからします。

「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」の場合は返済手続きの当日に反映され、前日までに登録すると、次回の返済日から適用されたりと便利です。

ローンカードなしの場合の「返済方法」

カードがない場合の返済方法は、銀行か店頭の2通りとなります。

銀行の場合

プロミスはもともと申込から契約まで「Webで完結」ができます。

書類のやりとりは一切不要なので、カードの発行も必要ありません(必要な場合は後日発行可能)。

返済はどうするのかというと「Webで完結」では予め返済方法を口フリ(口座振替)で登録します。

「Webで完結」をするには登録の口座指定があるので確認が必要ですが、

三井住友銀行
みずほ銀行
東京三菱UFJ銀行

の三大メガバンクの普通口座は、どれもOKとなっています。

上記以外の契約でも、もちろん口フリは登録さえすれば可能ですし、プロミス指定の銀行口座への振込(手数料自己負担)やインターネット返済(手数料無料)でも返済はできます。

店頭の場合

カードを忘れてしまった場合、プロミスの店舗窓口(お客様サービスプラザ)からも返済は可能です。

店頭で返済をするには本人確認が必要なため、身分証明書を持参することと、営業時間内に手続きするということに注意しましょう。

本人以外に返済をさせることは法律的に禁止されているので、どうしてもという場合には委任状や公的な書類が必要になってきます。

一括返済の方法は4通り

  1. 店頭
  2. 銀行振込
  3. インターネット返済
  4. ATM

一括返済時には必ず日付と金額を確認しましょう。

一括返済するにあたって、大切なのが日付と金額確認です。

プロミスでの契約は実質年率での契約になっているため、1日ごとに一括返済の金額は変わります。

仮に一括返済後に1,000円未満の残高が残ってしまった場合、プロミスでは利息も生じず、返済の義務もなくなりますが「完済」扱いにはなりません。

信用情報では、残高が残ったままの状態になってしまうので注意が必要です。

1、店頭

全国にあるお客様サービスプラザは、18店舗です(2017年10月現在)。

営業時間は平日の10:00~18:00となっていて、身分証明書を持参で来店しましょう。

できれば事前に金額を確認し、来店するこを伝えておくとスムーズです。

店舗により営業日や営業時間が異なる場合があるので、事前にチェックしておきましょう。

2、銀行振込

銀行振込は平日15:00までに振込を終了しないと、翌日扱いになってしまいます。

1日ずれると金額もずれてしまい一括返済になりません。

再度振込となると、手数料もさらにかかってしまうのできをつけましょう。

3、インターネット返済

インターネットからの銀行振込は、端数ぶんまで振り込めます。

サービス停止時以外は、24時間いつでも返済OKで手数料も無料なのでオススメです。

4、ATM

プロミスや提携先のATMへの入金で一括返済もできます。

しかし、端数は入金ができないので多目に入金することになります。

ATMのお釣りについて

ATMより多目に入金をしても硬貨のお釣りはでません。

その場合は「来店して受けとる」「口座への振込」「次回の利用で相殺」のどれかを選択します。

完済か解約か?

一括返済するにあたって重要なのが、単なる完済なのか、解約希望なのかです。

単なる完済の場合は、とりあえず1回終了させよう、といったもので契約書もカードもそのままでもOKです。

契約してからの取引に延滞などの問題がなければ、そのまま再度の利用が可能です。

解約希望の場合は契約自体を解消することになるので、契約書の返却も必要になります。

そのためには過不足なしで、ぴったりの金額で入金しなければいけません。

契約書の返却後、利用は一切できないので、仮に利用が必要になった場合は、再度申込からの契約が必要です。

住宅ローンなど大きなローンを考えている場合は、信用情報だけでは完済したという情報しか確認できないので「解約証明書」の発行や「契約書」の返却をしてローン先に提示しましょう。

プロミスの延滞について

1日でも延滞をしてしまった場合、延滞しそうな場合は、必ずプロミスに連絡を入れましょう。

たった1日の延滞だからと軽く考えて繰り返してしまうと、次のようなリスクが発生する可能性があります。

・電話連絡や通知により借入が周りにバレる
・遅延損害金が発生する
・プロミスの借入がSTOPする
・増額審査が通らない
・プロミスでの強制解約や一括請求
・信用情報機関に延滞情報を登録される
・プロミスのブラックリストに載る
・プロミスが保証会社になっているローン審査に通らない
・他のローン審査に一定期間通りにくくなる、など

このように延滞をし続けるリスクはかなり大きなものです。

一日遅れの対処法

延滞は支払日の次の日から始まります。

ついうっかりと、といった1日の遅れであれば、気づいた時点ですぐに入金をして、連絡をしましょう。

いつもは延滞なく取引しているのであれば、入金が確認とれた時点で終了です。

とく利用がSTOPになることはありません。

1日遅れのプロミスからの督促としては、登録している携帯電話か自宅への電話連絡になります。

内容としては、入金日のお知らせ、延滞理由、いつ入金できるかの確認です。

通常の銀行振込の場合は、平日の15時までに振り込まないと確認がとれないので注意が必要です。

延滞の理由

延滞をする「理由」も大きなポイントです。

プロミス側としては、なぜ支払いが遅れたのかという理由を、とても重要視します。

理由によっては今後の取引にも、支障をきたすためです。

重要度軽め

・単なるうっかりミスの場合

単にうっかりしていた!ということであれば、特に重要視されることはありません。

対策としては、忘れないようにすればよいので、2通りあります。

1)返済方法を口フリにする

2)会員ページにて、支払日前のお知らせメール送信の設定をする

ただしついうっかりでも、毎月延滞が続くと信用は下がってしまうので気を付けましょう。

重要度中

・遅れがち

毎月の遅れが続くと、延滞日数や回数にもよりますが、カードの利用はSTOPになります。

繰り返しの利用でやりくりしている場合には、死活問題です。

単なる「忘れ」の場合には口フリや、お知らせメールを利用しましょう。

・給料日の変更による遅れ

お金が用意できなくて、遅れながらも入金はできる場合です。

例えば転職などで勤務先が変わり、給料日が変わった場合です。

給料さえ入れば問題なく入金はできるはずです。

この場合は早めにプロミスへ連絡をすれば、早めに対処できます。

できるだけ支払日前に手続きをしましょう。

プロミスにその旨を説明すれば、「支払日の変更」ができます。

返済日の変更は、それまでの利息分の支払いが必要になったり、契約書の変更が必要になる場合など人によってそれぞれ手続きが必要です。

返済日の変更方法は自動契約機、店頭窓口、郵送、インターネットの4通りありますが、まずは電話で可能かどうかを相談しましょう。

そもそも契約書には変更事項の申告は絶対と記載があるので、勤務先が変わったらすぐに連絡を入れましょう。

重要度大

・支払い金額が用意できない

毎月お金が用意できない場合です。

自営業などでお金が入らない場合や、実は仕事をやめてしまった場合など色々理由はあると思います。

支払えないのは仕方がないと、延滞日数が増えてしまえばペナルティーとしての遅延損害金もどんどん増えてしまします。

そうなると支払いはどんどん困難になっていきます。

対処法としては「プロミスに相談する」しかありません。

正直に相談すれば、解決策は色々とあるはずです。

フリーダイヤルや、メールでの相談もできます。

悩む前に必ず相談しましょう。

電話や通知はいつから?

プロミスの初期延滞に関しては、1日めから電話連絡がきます。

電話

優先順位も、登録先の携帯電話、自宅、勤務先への順番で、携帯電話に関しては、電話に出ているのが本人か確認してから社名を名乗ります。

自宅や勤務先に関しては担当者の個人名で連絡がくるので、即プロミスとバレることはありません。

貸金業の規制法において、第三者に借り入れの事実を伝えたり、生活を脅かすような取り立ては禁止行為となっていて、違反すればプロミスが営業停止になってしまいます。

そのため、いきなり怒鳴られたり、恫喝されるといったことはありません。

郵便

連絡がとれなければ、ハガキなどの郵便で督促状が届きます。

こちらは差出人はプロミスではなく、「事務センター」などとなっています。

とはいっても何通も同じような書類が届けば、同居家族は不審に思うでしょう。

内容証明

さらに連絡がとれないと、内容証明にて一括請求されます。

これは支払期限と金額が記載されていて、その期限を過ぎれば訴訟を起こす、との内容が記載されています。

さらに裁判になれば、給料の差し押さえなどの法的措置をとられます。

信用情報においても、1日でも延滞すれば情報は登録されます。

しかしこれはあくまで延滞しているという内容です。

延滞が2ヶ月を超えると信用情報機関に「事故」として登録され、5年を超えない期間登録されてしまいます。

そうなるとまずローン関係の審査は全て通らない、と思っておいた方が良いでしょう。

住宅ローンやカーローンなどを考えていると、人生設計にまで影響を及ぼすことになります。

延滞利息(えんたいりそく)は恐ろしい

プロミスの延滞で恐ろしいのが「遅延損害金」いわゆる「遅延の利息」です。

なんとこの利息は、20.0%ととても高くなっています。

しかしこれでも遅延損害金として、法律で許された上限の金利なのです。

通常の利息がこの利息に変更されて計算されるわけではなく、通常の利息に延滞日数分の遅延損害金が加算されていくので、大きな痛手になります。

計算方法は「借入残高×遅延損金÷365日×延滞日数」で計算します。

例えば30万円で10日延滞した場合は、

300,000円×20%÷365日×10日分=1,644円

となります。

借入残高が大きければ大きいほど、延滞日数が長ければ長いほど、この遅延損害金も大きくなるので、延滞は絶対に止めましょう。

返済の短縮方法

利息は日々加算されていくので、返済期間は短い方が返済総額も少なくすみます。

なるべく短くしたい返済期間ですが、どうすれば短縮できるのでしょうか?

なかなか返済が終わらない場合は?

返済を早く終わらせるには、どんどん入金をしましょう。

毎月指定された返済金額通りに支払いを続けると、なかなか返済が終わらない…、なんてことになりがちです。

プロミスの定める返済金額通りに支払いを続けていくと、借入残高

・10万円の場合は月4,000円×32回
・30万円の場合は月11,000円×36回
・100万円の場合は月26,000円×58回

となっています。

残高マックスに対して利息がかかる

プロミスの返済方法は「残高スライド元利定額返済方式」なので、最初のうちは利息の割合が大きく、支払いを続けていくと、だんだん小さくなっていきます。

支払い初期のうちは、元金の割合が少ないので残高はなかなか減らず、しかも、入金の翌日からその残高に対して利息が生じてしまうので、残高が減りません。

例えば・・・

月11,000円×36回で30万円の支払いの場合、

・初回は元金が6,550円で利息は4,450円
・30回目には元金は10,040円で利息は960円

と元金と利息の割合がかなり変わってきます。

初回の入金を増やす

ところが初回の入金で10万円多く入金すると、通常36回のところ22回程度で支払い終わります。

利息だけで考えても、36回の場合は「87,289円」で22回の場合は約「38,000円」と5万円近くも少なくなります。

支払いを早く終わらせるには、早い段階で、余裕があるときにどんどん入金をして、元金を減らしてしまった方が利息の支払いも少なくて済むのです。

注意点

ここで一点注意として、返済方法として口フリを設定している場合は、支払い金額を増やすことはできないので随時自分で手続きが必要です。

ちなみにプロミスでは新規の契約に限り、メールアドレスを登録し、Web明細を利用すると、30日間の無利息期間のサービスを受けられます。

一番お得に利用するなら、このサービスを利用しましょう。

返済シミュレーションで返済計画

プロミスの公式サイトには「ご返済シミュレーション」というとても便利なシミュレーションがあります。

シミュレーションは2通り「ご返済期間シミュレーション」と「お借入可能額シミュレーション」があります。

どちらも予め借入利率欄には17.8%の年率が記載されていているのでそのままりお便利で、自由に変更もできます。

1)ご返済期間シミュレーション

借入金額、毎月の返済金額、借入利率を入力して返済期間を算出します。

通常の返済計画を立てるのにオススメです。

2)お借入可能額シミュレーション

毎月の返済金額と返済期間から、利用可能額を算出します。

自分の返済能力を考えた上で、借入できる金額がわかるので、無理なく返済できます。

2つのシミュレーションは、

・回数
・返済額
・元金
・利息
・残高
・それぞれの累計

が記載されていて、とても見やすくなっています。

多目に入金したあとの返済計画や、いつまで支払いを続けるのかを確認するのにも、金利が下がった場合の返済計画にも利用できます。

さらに同ページには、10万円~50万円まで、10万円ごとの1年~最長5年の返済回数と、各回数ごとの返済金額と返済総額が「返済早見表」として記載されていています。

プロミス以外のローンにおいても、気楽に誰でも利用できるので活用しましょう。

おまけ、利用明細書の内容

ATMなどの返済時に発行される「ご利用明細書」の内容について見てみましょう。

カード番号や取引日時、ATM番号や契約番号の他にも取引に関する重要な内容が記載されています。

中でも知っておくべき重要な何点かについて、説明します。

・元金充当分…今回返済した金額のうち、元金に充当される金額です。この部分が多くなると借入残高はどんどん減ります。
・遅延利息充当分…遅延利息に充当される金額です。延滞に対するペナルティー的な支払いなので延滞しない限りは、記載もなく払う必要はありません。
・その他充当分…前回の返済時の不足分に充当する金額です。
・返済後残高…返済後の残高です。
・返済後過不足金…返済後の不足金や、完済後の預り金額です。ここに記載がある場合はプロミスのコールセンターへ連絡をしましょう。
・次回返済日…次回の返済日です。入金額が利息分を下回ると次回返済日はそのままです。連絡なしで利息分のみの入金の場合には、担当者より確認の連絡があります。
・ご利用可能額…現在利用できる金額です。
・最終借入日…最後に借入した日付です。
・最終借入後残高…最後に借入した際の借入残高です。
・最終契約日…最後に契約した日付です。

明細書が発行されない返済方法の場合は、インターネットの会員サービスで確認しましょう。

きちんと返済をするには、明細書の内容のりかは不可欠です。

まとめ

プロミスの返済は厳しい取り立てや、こわい取り立ては一切ありません。

最初の延滞の電話連絡などは、かなり親切丁寧なお知らせ程度の連絡です。

しかし、そこで気を付けないとどんどん延滞をしていくことで法的な措置を取られる可能性はあります。

特にプロミスは大手消費者金融なので、融資もさることながら督促のプロでもあります。

延滞は、プロミスに迷惑をかけるのと同様に、自分の信用も落ちてしまうので結果として自分にとっても大きなマイナスになるということをよく理解しておきましょう。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-プロミス

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.