プロミス

プロミス審査まとめ、時間や流れ、基準を解説!

更新日:

プロミス審査まとめ、時間や流れ、基準を解説!

プロミスの審査や基準、融資までの流れについて一連のステップをまとめました。

いやぁ、プロミスってなかなかスペック高めの消費者金融なんですよ!

※実際にプロミスを利用したライターがプロミス審査について語ります。

プロミス審査は甘い?厳しい?

プロミス審査は甘い?厳しい?

プロミスの審査通過率

プロミスの審査通過率は約40%です。

これは消費者金融の中で良くも悪くもない通過率です(消費者金融の中ではアコムの通過率が約50%と高い数値を誇っています)。

プロミスの審査は20歳~69歳までの方で、定収入さえあれば申し込み基準は満たしています。

しかし、定期的な収入ない場合、学生や主婦、無職の方は問答無用でお金を借りることはできません(専業主婦・年金生活者は利用不可)。

正社員として毎月の給与が安定している場合は、審査通過率も高くなりますが、アルバイトなど毎月の収入にばらつきがある場合は”若干”審査で不利になることもあるようです。

審査通過が難しい場合

審査通過が難しい場合

25歳未満の若年層や65歳以上の場合、在職歴が極端に短い方は融資の額が少なくなる傾向にあります。

更に他社での借り入れ件数が5件以上、もしくは過去に携帯料金などの支払いを遅延している場合、プロミスでの借り入れは難しくなってきます。

以上のことからプロミスの審査は消費者金融の中では通りやすい訳でも無ければ、通りにくいわけでもないと言えます。

借りれる人にとっては、初回利用に限り金利無料で利用することが可能なので、消費者金融が初体験の方にはオススメできるカードローンと言えるでしょう。

おすすめカードローン”シーン別”ランキング

プロミス審査の流れと手順

プロミス審査の流れと手順

審査の流れ

気になるプロミスの審査方法はWeb経由の申込みの場合、申込みフォームに年収や借入状況などの個人情報を入力するだけ!

必要情報の入力の煩わしさはありますが、最短30分で融資の可否が分かります。

365日、24時間対応可能なweb申し込みはカード発行なしの場合、郵送物もなく誰にも内緒で借入・返済までネットでできるのは嬉しいですね。

カード発行

カード発行を希望する場合、最寄りの無人契約機での契約をオススメいたします。

タッチパネルに必要情報を入力し、申込用紙をスキャンしてスタンバイするだけ!審査待ちの際に在籍確認の電話がありますが、ここはカード利用方法のビデオを見ながらゆっくり結果を待ちましょう。

申込用紙に不備があるもしくは質問がある場合は、備え付けの電話で相談できるのでご安心を。契約後は直ぐにカード発行可能なので、ピンチをしのぐ1枚としてお財布に忍ばせておくといいでしょう。

審査の特徴

プロミスは店頭窓口、無人契約機だけではなくネット上で融資まで完結する審査システムも網羅しています。即日融資して欲しいけど、「あれっ、今金曜の夜中だった」なんて方も安心の土日も含めた審査と融資が可能です。

週末の場合と限度額

銀行振込の場合は週をまたぐ形になるので、週末即日融資が必要な場合は無人契約機に行く必要が出てきます。

限度額については50万以上の融資を希望する方は収入証明が必要。初回は融資額が抑えられる傾向があり、大きい額を借りたい場合は毎月の返済を滞りなく支払いながら実績を積む必要があります。

またプロミスの審査で重要になる定収入と勤続年数ですが、いくら在職歴が長くてもフリーランサーや水商売等の職種は審査で不利になることもしばしば。

可能ならば確定申告書や収入証明を用意しておきましょう。身バレが怖いあなたには在籍確認の電話の代わりに、社会保険証と給与明細2ヶ月分で電話回避も可能なので要チェックです!

必要書類

基本どんな審査方法でも必要書類は同じですので、 TPOに合わせた審査を選びましょう。

①身分証明書

  1. 運転免許証
  2. パスポートもしくは健康保険証

⇒この2点に関しては、プラス住民票などの書類が必要なので注意!

上記の記載住所と現住所が異なる場合は、社会保険料や公共料金の領収書等の書類が必要になってきます。

②収入証明書類

希望融資額が50万以上または他社の借り入れ合計が100万以上の場合は、収入証明書類の提出が義務付けられています。

  1. 源泉徴収
  2. 確定申告書
  3. 最新の給与明細2ヶ月分

時間

プロミスの融資までの時間はさすが大手と言わざるを得ない即日審査が特徴です。

最短30分審査、融資まで1時間!と謳っているように、今すぐピンチを乗り切りたい方にはピッタリ。

即日融資に関して三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている場合に限り、最短10秒で振り込みしてもらえる瞬フリサービスも利用可能です。

上記の口座を持っていない場合でもWEB申し込み後に自動契約機からカードを受け取ることで即日融資も可能。WEB申し込みには簡単入力とフル入力の2種類ありますが、電話連絡の必要がない後者がオススメです。

また審査に自身がない方は審査可否の可能性がすぐ分かる3秒診断を申込み前にトライしてみましょう。

プロミス審査に落ちる人、通らない人の特徴

プロミス審査に落ちる人、通らない人の特徴

消費者金融だから大抵審査は通るだろうと思う方も多いと思いますが、実際申し込みの約半数以上が審査落ちする現実・・・

プロミスに限らずカードローン審査で最も重要になるのが個人の信用情報です。過去に滞納歴がないか、そして毎月固定給を得ているのか。この2点こそがプロミスの審査で最も重要な要素になっています。

プロミスの審査に落ちる人の特徴として、

  1. 過去数ヶ月以内に他社に多重申し込みしている。
  2. 過去の借入状況に事故情報が有り、信用情報機関に登録されている。
  3. 他社からの借り入れ合計が年収の1/3を超えている。
  4. 在籍確認が取れない。
  5. フリーランスや芸術・芸能分野などの職種

が主なマイナス要素だと言われています。

当たり前ですが返済能力があって尚且つ社会的信用度が低いと判断された場合、容赦なく審査落ちしてしまうのが現状です。

プロミス審査と銀行カードローンの審査比較

プロミス審査と銀行カードローンの審査比較
プロミスのような消費者金融と銀行カードローンは似ているようで異なる審査システムが導入されています。

プロミスが独自の審査基準を持っているのと異なり、銀行の場合は保証会社が銀行の代わりに審査を担当するのです。

昨今の社会情勢もあって以前は審査で突っぱねていたような融資にも柔軟に対応している銀行も少なくありません。

しかしその審査難易度はやはり未だに高く、平均審査通過率は約20%だと言われています。

銀行の中には消費者金融が保証会社を務めるところも多く存在し、中には複数の保証会社で審査を行っているところもあります。

例えば三井住友銀行の保証会社はプロミスが担っており、プロミスの審査に通過できたのなら三井住友銀行の審査に通る可能性も高いと言えます。

総合的に見ても銀行は総量規制対象外、専業主婦でも借入できる等メリットも多いのですが、世帯年収・住宅ローン・勤続年数など細かな点も審査対象になってきます。

低金利で尚且つ大口融資も可能な銀行ローンですが、やはり審査難易度に関しては消費者金融に比べて厳格に判断されます。

>>銀行系カードローンの特集

まとめ

審査に不安を感じる人も多いと思いますが、毎月の定収入があるのなら、そこまで審査に神経質になる必要はありません。

消費者金融が故の高金利が玉に傷ですが、プロミス利用が初めての方なら金利無料キャンペーンを利用できるのは見逃せません。

使う程ポイントや優遇サービスも利用出来るので、お財布に一枚あっても損はしない、そんなお得感満載のカードローンこそがプロミスなのです。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-プロミス

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.