プロミス

プロミスでお金を借りたガチ体験談

更新日:

プロミスでお金を借りたガチ体験談

  • プロミスでお金を借りたいけどキャッシングって何だか不安
  • プロミスの自動契約機で申込むのって便利そうだけど借りるまでの流れを知りたい

あなたがもし、こんな不安を抱えていて最初の一歩を踏み出せないでいるなら、今日の体験談はすごく参考になるかもしれません。

今回は実際にプロミスを使ったことのある「塚本さん(仮名)」にお会いすることができました。

申込みからお金を借りるまでの流れを含めた貴重な体験談を話していただきました。

実際にプロミスでお金を借りたことのある人の体験を聞けば、あなたの不安や悩みも解決するかもしれません。

プロミス ガチ体験談の概要

プロミスでお金を借りたガチ体験談

いつ借りましたか?

・リーマンショック後の2009年4月

どこから借りましたか?

・プロミス

どうして借りましたか?

・リーマンショックの影響で給料が10万円ダウンした
・家賃やクルマのローンの支払いができなくなった

いくら借りましたか?

・15万円借りた

どうやって返しましたか?

・少額借入だったので支払い回数が36回
・毎月の支払は6000円程度。
・ダブルワークでアルバイトを始めた
・節約とアルバイトで稼いだお金の一部で毎月1万円~2万円ずつ繰り上げ返済していった
・実際は36回もかからずに、12回の1年で完済できた。
・予定よりかなり早く完済できた。

プロミスでお金を借りたガチ体験談

プロミスでお金を借りたガチ体験談

きっかけは23万円まで減った驚愕の給料

僕は愕然とした・・・

給与明細の金額が税引き後で23万円。いつも見る給与明細の金額よりも10万円も低いではないか!!

理由は残業代がすべてカットになったからだった。こんなに安い給料は大学を卒業したての新卒の初任給以来だ。

残業代カットの原因はリーマンショックによる不景気だ。僕が働いていた不動産ファンド業界はとくにリーマンショックの影響を大きく受けていた。同業他社の外資系企業では、残業代カットどころかファイヤーが横行していた。「ファイヤー」とは「首切り」の通称だ。

海の向こうからやってきた青い目をしたゼネラルマネージャーから、ある日とつぜん肩をたたかれる。

「今すぐ荷物をまとめて帰りなさい。そして明日から会社へは来なくていい」

こんな感じでいきなり首切りにあうらしい。景気の良いときはすさまじい給料で荒稼ぎできる外資系不動産ファンドだが、不景気になったとたんこの手のひらの返しようだ。

残業代カットで済んだ僕は彼らに比べて幸せだったのかもしれない。だが、このタイミングでの残業代カットは僕にとっては最悪のタイミングでもあった。

マイカーの購入

プロミスでお金を借りたガチ体験談

じつはこれより半年ほど前に、僕は人生初の大きな買い物をしていた。そのせいで300万円ほどあった貯金を、僕は完全に使い果たしていたのだ。

そもそも貯金が苦手で、ボーナスが入ってもすぐにガールズバーやキャバクラ代に消えてしまう。そんな僕が何とか貯めた300万円をすべて使いこんでいた。

貯金を全部使ってしまった理由は念願だったマイカーの購入のためだ。しかもずっと憧れだったSUVタイプの外車だ。

中古の外車は壊れるという噂を聞いたので、新車購入の一択。もちろん新車延長保証をつけて万全の態勢へ。

ただ、外車なので排気量が桁外れにでかい・・・

エコカーブームの日本では考えられないような4.7L V8 エンジンのハイオク仕様。

この時に車両本体価格のみならず、排気量のせいで諸費用が結構ふくらんでしまった。結局、頭金に300万円を全部投入。

やがて来る未曾有の大不況を前に、何で外車を、しかも新車で購入するなんてバカなんじゃないのか?と思われたかもしれない。

たしかに、当時の僕はリーマンショックに対する認識が甘かった。アメリカ発のサブプライムローンの破綻が日本へどれほどの影響を及ぼすのか。

外資系企業は影響を受けるだろう。もしかすると本国からの支持で撤退なんてこともありえるかもしれない。

だが、国内企業のうちへの影響は限定的だろうとタカをくくっていた。カッコつけて言い訳をするつもりはないのだが、そう思わせるだけの理由もあった。

当時の東京の不動産市況はバブルの時ほどではないが、売買取引価格が非常に高値で堅調に推移していた。

ここ数年、ずっと上がり続けていたのだ。

またリーマンブラザーズが破綻する1年前の2007年には東京ミッドタウンが開業したばかりで市況全体が活気に沸いていた。

その後も大型の開発案件が行われるという情報も入っており、オフィスの賃料収入も高騰して収益物件の利回りも良かった。

そんな活況を呈していた東京の不動産市況が、まさかあそこまで落ち込むとは当時の僕には考えつかなかったのだ。

念願の外車SUVの購入により貯金を使い果たしてしまっていたせいで、手元に蓄えがまったくない状況。そこに、とつぜんの大幅賃金カットで給料は新卒の手取り並みまで下げられてしまう。

まさにダブルパンチ状態で、これでは家の家賃や車のローンも払えない

週末はダブルワーク

背に腹は代えられない。とりあえず週末はバイトでもしてダブルワーク状態でいくことに決めた。

幸い、なぜかうちの会社の就業規則にはアルバイト禁止とは書かれていなかった。

もちろん会社には週末アルバイトをするなんてことは言わない。言えば止められるだろうし、あとから就業規則にバイト禁止と盛り込まれる可能性だってある。

バイトをしていることがバレるまでは放っておく。給料がまた上がればすぐに辞めればいい。

しかし、バイトで稼いだ給料が入ってくるのは早くて1ヶ月後から2ケ月後。すぐにやってくる目の前の支払いにはとてもじゃないが間に合わない。

「間に合わないな・・・どうしようか・・・」

何か良い方法はないか途方に暮れてしまった。

出会うべくして出会った無人契約機

プロミスでお金を借りたガチ体験談

それは突然目に飛び込んできた!!

いつも目の前を通っているのに、いつも見ているはずなのに・・・

普段はまったく気にならなかった物置きのような建物。だが、今日は黄色がやけに鮮やかに見える。

プロミスの無人自動契約機だ。

田舎の精米所をちょっと大きく、もっとキレイにしたような独特の雰囲気を醸し出す無人契約機の建物。

「キャッシングか・・・」

たしかに、これならすぐにお金を借りられる。

世間一般ではキャッシングにあまり良いイメージはないようだが、僕はとくに悪いイメージを持ってはいなかった。

なぜなら、知り合いの中にキャッシングを頻繁に利用している大学時代の先輩がいたからだ。その人は後輩の面倒見がよくて、よく僕を焼き肉に連れて行ってくれた。

たまにお金が無い時があるらしく、「そんな時は割り勘!」とはならないのがこの先輩のスゴイところ。

後輩と飯を食う時は先輩がおごるもの!という強いポリシーの持ち主なのだ。

その為、お金がない時は「ちょっとキャッシングで金を借りてくるわ」と言っておごってくれた。そんな身近な先輩がお金を借りた方法がキャッシングだったということもある。

僕にはキャッシングに対する抵抗感や悪いイメージがまったくなかった。

「プロミスで借りるか」とキャッシングを利用することに決めた僕は、家に帰って申込みに必要なものをパソコンで調べることにした。

「最短30分~1時間程度とか言ってるし簡単だろう」とタカをくくっていた僕はお金を借りられる方法が見つかり不安から解放されていた。

そしてなぜか希望に満ちあふれていた。しかし、このあと僕に大きな試練が襲いかかるとは、この時はまだ知るよしもない。

せまりくる試練!勤め先確認は僕の出世を妨げるのか!!

手続き自体はめちゃくちゃ簡単だった。無人契約機の画面に沿って順番に必要なことを入力していくだけ。

無人契約機の最大のメリットと言えば、誰にも会わずに手続きができるということだ。反対にデメリットらしいデメリットが見当たらない。

店頭だと人に色々聞かれたりするのが煩わしい。その点、無人自動契約機ならタッチパネルを触るだけでオッケー。

実際には監視カメラでばっちり様子を見られているのだが、相手の姿が見えないので気にならない。借入も少額借入の50万円以下にしたので収入証明も必要なかった。

1時間程ですべての審査と手続きが終わり、その場でカードが発行された。そのカードですぐに15万円を借りることができた。

ここまでの流れが本当に早い

だがこの時、僕は大きな不安で心が押しつぶされそうになっていた。不安の原因は僕の会社へ直接電話する在籍確認だ。

最初は電話確認の存在をまったく知らず楽勝気分で僕はいた。しかし、直接会社へ電話をして行う在籍確認なるものがあると、途中で知った僕は絶望の淵に追いやられていたのだ。

キャッシングでお金を借りることは正直、他の人には知られたくない。変な噂を立てられても困る。

なにより、うちの会社は不動産ファンド系の会社だ。証券化された資産・不動産を取り扱う金融と不動産の両方にまたがる事業を行っている。

そのため社員の金銭感覚について結構シビアに判断していると聞いたことがあった。

万が一、プロミスの担当者の電話確認がいかにも胡散臭くて、僕がキャッシングの借入をしようとしていることが会社にばれたらどうなるのか・・・

バレたらこの先の出世は絶望的かもしれない・・・

人事の人と廊下ですれ違うたびに厳しい視線を投げつけられるのだろうか・・・

とよからぬ想像ばかりして不安になりまくっていた。

しかし、実際には特に何の変化も影響もなかった。会社に本当に電話確認がきたのかどうかもわからない。

実際は審査の時点にすでに会社へ電話確認が行われているらしいのだが、こちらには全くわからなかった。

次の日、出社しても誰にも何も言われなかったし聞かれることもなかった。

あとで調べたら、電話確認では個人の名前で電話をしてサラッと本人が在籍しているかどうか確認するだけのものらしい。

こうして僕が勝手に頭の中で作り上げていた大きな不安と試練は、僕が特に何もすることもなく、勝手に乗り越え、いや勝手に崩壊していったのだった。

プロミスで借りたことで変わった僕の金銭感覚

少額とはいえ、切羽詰まった状態での借金を抱えたことで、僕は毎日の出費に1円単位で敏感になった。というのも、カードローンには繰り上げ返済なるものがあるからだ。

コンビニでついつムダ使いしてしまうくらいなら、そのお金を少しでも返済にまわしたいと思うようになった。

まず、毎週買っていたヤンマガやヤンジャンなどの漫画雑誌を買うのを辞めた。

次にカフェイン依存症かというくらいコーヒー好きざった僕だが、毎日最低5缶は買っていたコーヒーを1日1缶まで減らした。

普段のちょっとしたムダ遣いが気になりだしてから、やがてそれは生活全体におよんでいった。家計全体を含めたムダを徹底的に失くしていこうという意識がめばえ始めた。

完済までの道のりは意外なほどあっけなく

徹底的にムダ使いをなくす性格に変わっていった僕は、少しでもお金が貯まったらとにかく繰り上げ返済にあてることにこだわった。

週末はバイトもした。減った給料では払いきれないローンの返済などにあて、あまったバイト代はすべて繰り上げ返済につかった。

そしてわずか12回、たった1年間の返済ですべて完済してしまった。

本来は36回払いで月々6,000円の返済だったはずなのに。しかし、数回を1万円の繰り上げ返済に、あとはすべて毎月2万円の繰り上げ返済を行っていた。

だから予定より24回もはやく返済が終わってしまったのだ。

消費者金融系のカードローンは金利が高いという話をよく聞く。でも実際に使ってみて思うのだが、正直、僕はあまり金利の影響を感じなかった。

借入が少ないからというのもあるかもしれない。また、どんどん繰り上げ返済をしていったので元本がサクサク減っていった。

だから金利の影響も少なかったのではないかと思っている。つまり、借入が少なくて早く返済できるなら金利の影響リスクを最小限に抑えられるということだ。

実際にキャッシングを利用してみて思うこと

ある日とつぜん給料が大きく落ち込んだ僕にとって、差し迫った家賃やローンの支払いをするにはキャッシングでお金を借りるしか方法は無かった。

とはいえ、人にキャッシングをすすめるかと言えば積極的にはおすすめできるものではない。やはり借りなくていいなら借りない生活をするのが一番だからだ。

ただ、どうしても一時的にお金が必要な状況というのは、誰にでも起こりえることだと思う。

そんな時にキャッシングと上手に付き合える術を持っていれば、キャッシングはとても力強い味方になってくれるはずだ。

すぐにまとまったお金を借りて支払いの準備ができるというのは、替えがたい価値があると思う。

しかも、今ではコンビニのATMからキャッシングと返済が出来てしまうほどの手軽さと便利さだ。

ただし、プロミスATMと三井住友銀行ATMが手数料無料なのに対して、コンビニATMのばあいは手数料を取られるので注意が必要だ。

結果的に僕はキャッシングのおかげで一番苦しい時期を乗り越えることが出来た。

その甲斐もあってか金銭感覚が研ぎ澄まされて、お金との付き合い方のスキルがあがったように感じている。

この体験談に出てくる人

名 前:塚本 浩二(仮名)
年 齢:31歳(プロミス利用当時)
住 所:都内在住
住まい:中古マンションを3年前に購入してフルリノベーションする
勤務先:不動産会社勤務
利用歴:利用したことのあるカードローンはプロミスのみ。
他借入:プロミス利用時は車のローンとクレジットカードのリボ払い
家 族:プロミス利用時は独身、現在は妻と子供3人の5人家族

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-プロミス

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.