主婦・専業主婦

主婦が生活費をカードローンで借りる方法

更新日:

主婦が生活費に困ったら?カードローン?

・生活費が足りないのはやりくりが下手だから?
・毎月生活費が赤字に…そんなときの出費!
・もうすぐボーナスだけど、その前にどうしてもまとまったお金が必要…

冠婚葬祭は突然ですし、子供の習い事や、教育費も突然用意が必要になったりします。

そんなとき、夫や身内に相談してどうにかなれば良いのですが、なかなか言いにくかったり、絶対に言えない!というのが「お金」。

ここでは、主婦が生活費を借りる方法を解説します。

主婦がお金を借りるには?

主婦がお金を借りるには?

主婦がお金を借りる場所は2ヵ所!

主婦がお金を借りるには下記の2ヶ所があります。

「銀行系のカードローン」は金利が低くて「銀行」という安心感があります。
「消費者金融」はスピーディーな審査や融資までの手続きで即日融資がしやすいところが魅力です。

どちらもお金を借りるには「申し込み」から「審査」をして「契約」し「融資」を受けます。

主婦にも2種類あります!

主婦にも2種類あります!
上記のどちらで借りればよいのか?

実はお金を借りるにあたって、主婦には2種類にわけられます。

・パートやアルバイトで働いてる主婦
・専業主婦

少しでも安定した収入があるかないかでお金を借りる条件が変わってきます。

パートやアルバイトで働いてる主婦がお金を借りる

パートやアルバイトで働いてる主婦がお金を借りる

少しでも収入があれば借りれる

お金を借りるには、返済がつきものです。返済をするには毎月の安定した収入が大切です。

パートやアルバイトをしていれば、その返済を自分でやりくりできるので、信用も高く、「銀行系のカードローン」「消費者金融」どちらでも契約可能。

金額はそれほど高くはありませんが「即日10万円が融資されるだけでも大金」ではないでしょうか?

年収の1/3以上は借りれない

年収の1/3以上は借りれない
消費者金融においては貸金業法の「総量規制」という法律の関係で他社を含め収入の3分の1を超える貸付はできません。

金利の低さは「銀行系のカードローン」がオススメで、スピードを考えるのであれば「消費者金融」をオススメします。

「消費者金融」では金利が多少高くても、無利息期間サービスを取り扱っているところもあります。

パート、アルバイトの主婦にオススメ消費者金融

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • レイク

これらは無利息期間サービスがあるので、直ぐに返済を計画しているのであればオススメです(無利息期間適応のシステムや条件が違います)。

どこも申し込みから最短1時間で融資可能なので、時間がとれない忙しい主婦の方向けです。

パート、アルバイトで働いているのであれば夫の扶養内かと思いますので、年収100万円くらいであれば利用枠も30万円くらいにはなります。

50万円以下の貸付であれば収入証明書は不要ですので、勤務先への電話確認さえOKであれば直ぐに手続きできます。

>>パート・アルバイトの方にもオススメ【即日融資特集】

専業主婦がお金を借りる

さて専業主婦は家事がどんなに大変でも収入は「0円」です。

つまり上記で述べたように、収入がない専業主婦は「消費者金融」では申し込みすらできません。

詳しく知りたいかたは、下記を読んでみてください。

総量規制とは

銀行系のカードローンには「銀行法」。
消費者金融は「貸金業法」という法律があります。

過去に消費者金融、サラ金において高い利息でどんどん貸して、多重債務者を増やし、返済が滞ると恐喝や恫喝により督促したり、借金苦で自殺者がでたりと社会的な問題となりました。

そのため以前からあった貸金業規正法は2010年6月に改正されました。

ポイントとなるのは 年29.2%まで許されていたグレーゾーン金利の廃止です。

グレーゾーンが廃止されたことで「10万円~100万円までの貸付は上限年18.0%」となりました。

そして多重債務者をなくすために、収入の3分の1を超える貸付はできないという「総量規制」が施行されました。

いままでの借入が収入の3分の1を既に超えている場合、新たな貸付はできません。除外や例外はあるものの、これらに違反すると、業者に対して行政処分が執り行われ業務停止などになります。

参考元:総量規制とは | 貸金業法について

専業主婦は「消費者金融」には申し込みすらできない、借りれないのはそんな理由からなのです。

しかし絶対に申し込みができないのか?といえば「配偶者貸付」を使えば申し込みは可能です。

配偶者貸付とは?

配偶者貸付は、夫婦合算で借入金額を考えるので、収入証明や同意書、さらに婚姻関係を証明する書類も必要になります。

夫が同意していれば、良いかもしれませんが、そうであれば夫に申し込んでもらった方が簡単です。

しかも「配偶者貸付」の商品自体はほとんど大手消費者金融にありませんので、取り扱っている業者を探すのも大変です。

専業主婦はどこでお金を借りる?

専業主婦はどこでお金を借りる?
そうなると専業主婦がお金を借りるには、総量規制対象外の「銀行系のカードローン」以外にありません。

「銀行系のカードローン」はあくまで銀行という安心感があるのはもちろん、最近ではパソコンやスマホで申し込めて来店不要の契約ができたりもします。

大手銀行はもちろんですが、地方銀行でも「専業主婦が利用できるカードローン」もあり、金利も消費者金融よりは低くてオススメです。

限度額は20万円~最高で50万円くらいまで利用できるところが多いです。

在籍確認で夫にばれるのでは?と心配する方もいるかと思いますが、勤務先への電話確認等は一切ありません。

・専業主婦で生活できること自体、夫に安定した収入があるからである。
・夫にばれることで夫婦仲に影響して、返済が難しくなる。

以上の理由から専業主婦でも利用ができます。

専業主婦も安心☟
銀行系のカードローン

メガバンクのオススメカードローン

メガバンクは全国どこでも口座が作れるのでとても便利です。

口座があればコンビニやネットからでも利用ができるのでとても便利です。

口座がなくてもカードローンが利用できるところもあるので、自分がどのように契約をしたいのかで選ぶのも良いでしょう。全てネットと郵送で完結できたり、来店で契約したりと色々です。

・みずほ銀行
・三井住友銀行

また、ネット銀行のカードローンは時間帯が幅広く使えて便利です。

・楽天銀行
・じぶん銀行

地方銀行のカードローンは利用者の居住地や勤務先住所を制限するところも多いのですが、条件があてはまればなお得に使えて便利です。もともと口座をもっていれば手間もかからずスピーディーです。

・横浜銀行
・千葉銀行

女性にオススメのキャッシング

女性にオススメのキャッシング

「銀行系のカードローン」や「消費者金融」はたくさんありますが、初めてだと色々不安や心配があります。

そんなときに安心感があるのは「女性専用プラン」です。

オペレーターも全員女性☟
女性向けカードローン

「銀行系のカードローン」も「消費者金融」も女性専用のプランなどをもうけているところはあるので、女性専用プランから調べてみると良いでしょう。

ただし、金利が安くなるなどのサービスがあるわけではなく、担当者が皆女性だったり、女性スタッフのみが出るフリーダイアルがあったりします。

カードもおしゃれなデザインのものや、銀行系だとキャッシュカードと一緒になっているものもあり、利用時に周りに気づかれないのでオススメです。

更にネットで完結するものもあり、カードなしで手続きできるものもあります。

主婦は気づかれずにお金を借りたい!

主婦は気づかれずにお金を借りたい!
さて、借りるところが決まったら次は申し込みです。

その際に気になるのが「ばれない?」ということです。

お金のことはとてもデリケートな内容なので、家族に内緒で借りたいのが主婦の本音です。

・無駄遣いしているのでは?
・計画性がないから?
・ぜいたくしているから?

こんな風に思われたくない主婦が内緒でお金を借りるにはどうすればよいのでしょうか?

来店契約

申し込みに関しては、インターネットや電話でして「契約」や「カード発行」を来店でしましょう。
そうすれば「郵送物」が発生しないのでバレることはなく契約できます。
郵送物がない契約を探してみるのも手です。

平日の午前中など使うと比較的空いているのでオススメです。

担当者にきちんと伝える

申し込みの段階で担当者にしっかりと伝えましょう。領収書やDMなどは予め禁止にして申し込みをしておけば安心です。

どうしても郵送が発生してしまうのであれば、本人以外が受け取れない「本人限定書類」や「郵便局留め」にしてもらいましょう。

「親展書類」は本人以外が開けてはいけないものですが、家族であればあまり気にせずに開けてしまう可能性があります!

支払いは忘れずに!

絶対に忘れてはいけないのが「支払い」です。予め設定することで支払いの「お知らせメール」がきたり、自動で引き落としをしてくれるところもあります。

いくら貸金業改訂で横暴な取り立てがなくなったとはいっても、支払いをしなければ連絡はきますし、期間によっては法的措置もとられます。

どうしても間に合わないということであれば事前に連絡しましょう。

きまずくて連絡できないとどんどん状況は悪くなります。必ず連絡はしましょう。

まとめ

主婦が「お金を借りる」のは、なかなか一歩が踏み出せないかもしれません。

しかし一番こわいのは、督促や返済ができなくなることではありません。

「借入に歯止めがきかなくなること」です。

ちょっとの出費に「まあ、借りれば良いかな?」という考え方が出てきてしまうと、返済も借りて返していけばよい、の繰り返し似なってしまいます。

そこさえクリアできれば、少額からも利用でき、手数料も0円だったり、無利息期間サービスがあったり、いきなりの出費に慌てなくて済みます。

上手に取り入れて計画的に利用をしましょう。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-主婦・専業主婦

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.