主婦・専業主婦

主婦が生活費をカードローンで借りる方法

更新日:

主婦が生活費に困ったら?カードローン?

「生活費が足りなくて赤字」
「急にお金が必要になった」
「欲しいものがあるけれどお金を使いづらい」

主婦にとって、毎月のお金をやりくりするのは大変です。

しかし、ギリギリで生活しているときに限って冠婚葬祭などの急な出費が発生するものです。

また、欲しい服や欲しい物があっても自由にお金を使えないという主婦も多くいます。

どうにかしてまとまったお金が必要!という主婦の為に、今回は主婦がお金を借りる方法と、夫にバレないためのコツをご紹介します!

主婦でもお金は借りられる!

主婦がお金を借りるには?

主婦がお金を借りる方法は、主に以下の二種類です。

  • 銀行のカードローン
  • 消費者金融のキャッシング

どちらも融資までの流れはほとんど同じです。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 融資実行

という流れで進んでいきます。

では何が違うのでしょうか?

簡単にメリットデメリットをご紹介します。

銀行

メリット:低金利(平均金利14~15%)
デメリット:審査が厳しく融資までの時間が遅い

消費者金融

メリット:柔軟審査で融資までの時間が早い
デメリット:高金利(平均金利18%)

金利を抑えたいのであれば銀行で申し込みをし、少しでも早く借りたいのであれば消費者金融で申し込みをしましょう。

また、一言で「主婦」と言っても、働いていて収入がある「兼業主婦」と働いていない無収入の「専業主婦」に分かれます。

専業主婦だと消費者金融で借りられないことがほとんどなので注意が必要です。

働いている主婦がお金を借りる方法

主婦にも2種類あります!

パートやアルバイトをしている主婦の場合、給与の金額にかかわらず毎月安定した収入があれば、銀行も消費者金融も申し込みが可能です。

女性向けのおすすめカードローン特集

ほとんどの銀行、消費者金融の申し込み条件は「安定した収入がある人」です。

「年収○○円以上」という申し込み条件を設けているところはあまりありません。

総量規制に注意

年収の1/3以上は借りれない

消費者金融で借りる場合「総量規制」という法律があり、他の借り入れも含めて年収の1/3までしか借りることが出来ません。

これは消費者金融やクレジットカード会社などの「貸金業者」が対象なので、銀行のカードローンは対象外です。

例えば、パートで年収70万円の主婦が消費者金融で借り入れできる金額は、

70万円×0.3=21万円

となり、最高でも21万円までしか借り入れすることが出来ません。

どうしてもまとまったお金を借りたいという人は消費者金融ではなく、総量規制の縛りが無い銀行のカードローンを申し込みしましょう。

総量規制(そうりょうきせい)とは?

年収が低い場合は銀行の審査に不利になる

パートやアルバイトで働いてる主婦がお金を借りる

給与が少なくても安定した収入があれば、銀行と消費者金融どちらでも申し込みは可能ですが、審査には多少影響してきます。

あまりにも収入が低いのに借り入れ希望額を高額にすると、返済能力が無いと判断されてしまい審査落ちになってしまいます。

希望の借入額は10万円前後にしておくのが無難でしょう。

専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦はどこでお金を借りる?

働いてない専業主婦の場合、基本的に申し込みが出来るのは「銀行カードローンのみ」となります。

ほとんどの消費者金融で専業主婦の申し込みはNGになっています。

その理由は、先ほどお伝えした消費者金融の「総量規制」です。

総量規制は収入がある人が前提となりますので、収入が無い場合はそもそも申し込みの対象外となるのです。

その為、専業主婦は銀行のカードローンで申し込みを行いましょう。

中には、専業主婦の申し込みがNGという銀行もあるので、専業主婦の申し込みが可能な銀行をいくつかまとめました。

銀行名 金利 限度額
みずほ銀行 14.00% 10~30万円
イオン銀行 13.80% 30~50万円
楽天銀行 14.50% 10~50万円
じぶん銀行 14.50% 10~30万円
ソニー銀行 14.50% 10~50万円
ジャパンネット銀行 14.50% 10~1,000万円
東京スター銀行 14.60% 10~50万円

みずほ銀行やジャパンネット銀行、イオン銀行など、聞いたことのある銀行ばかりですね。

専業主婦が申し込み出来る銀行は、地方銀行を含めるともっと多いです。

上記銀行は全国どこに住んでいても申し込みは可能ですが、地方銀行だと地域が限定されていることも多いので要確認です。

全国のカードローンまとめ

配偶者貸付の利用

どうしても銀行ではなくて消費者金融で借りたい!という場合「配偶者貸付」という制度があります。

配偶者貸付を利用すると、総量規制の「1/3までの貸付」という条件は変わりませんが、配偶者と収入を合わせた金額で契約することが出来ます。

つまり収入がない専業主婦でも、夫の収入で申込みが出来るようになるのです。

しかしこの配偶者貸付は、配偶者の同意書が必要な上、婚姻関係を証明するための住民票や戸籍謄本が必要になりますので、夫に内緒で借りたい主婦にはおすすめできません。

さらに、現在配偶者貸付を行っている消費者金融はほとんどないので、専業主婦の場合は銀行で借りることをおすすめします。

夫の職場への在籍確認はほとんど無し

通常、個人の収入で申し込みをすると、ほとんどと言って良いほど職場への「在籍確認」があります。

専業主婦の申し込みの場合、夫の職場に在籍確認の連絡が入ることはほとんどありません。

※ジャパンネット銀行や一部地方銀行では在籍確認の連絡が入る可能性があります。

審査の際、申し込み者本人の連絡先に確認の電話がくることもありますが、契約内容に相違があった場合の確認などの連絡なので、心配することはないでしょう。

在籍確認なしでお金を借りることは可能?

夫に内緒!バレずにお金を借りるコツ

お金を借りるほとんどの主婦に共通しているのが「夫に内緒」ということ。

同じ家に住んで生活を共にしている夫に、バレずに借りるコツをご紹介します!

夫にバレてしまうケースはこんな時!

キャッシングを行った主婦が夫にバレてしまうときはどんな時なのでしょうか。

夫バレしてしまう原因は主に以下の3つです。

  1. 財布の中身を見られる
  2. 郵送物を見られる
  3. 借り入れ後の行動で不信に思われる

カードローンは、専用のカードをATMの機械などに入れてお金を引き出すのが主流です。

その為、財布のわかりやすい場所にカードが入っていたり、返済した際の明細書などを入れたままにしておくと、なにかの拍子に財布を見られてバレてしまったというケースが多いです。

さらに、その専用カードや毎月の利用明細などが郵送で届き、夫に見られてしまう場合もあります。

自分の名前が入っているカードや明細を見られてしまっては隠しようがないですよね。

また、郵送物をきちんと管理していても、真面目な人ほど顔や行動に出やすいもの。

夫との会話の中でカードローンに関することをうっかり口にしてしまったり、見慣れない服や物があったり、普段と違う環境に不信感を持たれ、夫に追及されてしまう事もあるようです。

夫にバレない為にすべきこと

主婦は気づかれずにお金を借りたい!

郵送物の管理を徹底する

契約完了後はほとんどの銀行・消費者金融で、キャッシングをするためのカードや、契約書などの郵送物が届きます。
届く郵送物は主に以下の4つです。

  1. キャッシングの為のカード
  2. 契約書
  3. 利用明細
  4. 支払いを延滞したときの督促状

まず、返済を忘れてしまって延滞してしまうと必ずと言って良いほど督促状が郵送で届きますので、返済は遅れないように注意しましょう。

その他の郵送物は夫にバレてしまう原因になりますので

「本人限定受け取り」
「日時指定」

が出来る場合は、必ず指定しましょう。

指定が出来ない場合は送付されるのがいつになるかを調べ、夫よりも早く受け取らなくてはなりません。

毎月利用明細が送付される場合は、可能な限り郵送を停止し「WEB明細」に切り替えをしましょう。

そうすれば毎月明細書が郵送で届くことなく、WEB上で確認することが出来ます。

また、

・無人契約機で契約可能
・WEB上で契約が完了するWEB完結申し込みが可能

なところで申し込みを行うと、郵送物を極力減らすことが出来ます。

延滞をしないよう注意する

返済を延滞してしまうと、督促状が届きます。

さらに督促状を無視してしまうと、自宅や勤務先に電話連絡があります。

夫の収入で契約をした専業主婦の場合、夫の勤務先に電話連絡が入ってしまう事もあります。

どうしても返済が間に合わない!という場合は、返済日を過ぎてしまう前に自分から連絡をしましょう。

「〇日までに支払う」という連絡をしていれば、金融機関や消費者金融によっては返済日をずらしてくれるところも結構多いです。

申し込み時は電話連絡の有無を確認する

専業主婦の場合、夫の職場へ在籍確認の電話連絡は行われないことがほとんどです。

しかし、パート・アルバイトの主婦の場合は在籍確認が行われることが多いです。

また、在籍確認以外にも電話連絡が入ることがあります。

例えば、申込み完了後の連絡、申し込み内容に不備があった場合の確認、審査完了の連絡などなど…

電話連絡があった時に近くに夫がいれば

「今の電話だれ?」

と聞かれてしまうかもしれません。

申し込みの際は電話連絡はあるのかどうか、電話連絡のタイミングなどをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

主婦の私が内緒で借りた体験談

女性にオススメのキャッシング

パートをしていた私が、大手消費者金融の「プロミス」で夫に内緒でお金を借りた体験をご紹介します。

当時、パートでの収入はありましたが夫の扶養内でしたので、年収は100万円未満。

借り入れできるか不安でしたが、とても簡単に契約でき最後まで誰にもバレずに完済いたしました。

主婦にはプロミスレディースがおすすめ

お金を借りる時、男性がオペレーターだと質問もしにくいし、すこし抵抗がありますよね。

そこではじめてお金を借りる事に不安だった私は、オペレーターが女性オンリーの「プロミスレディース」を利用しました。

プロミスレディースは、主婦はもちろん水商売や学生などの女性専用のカードローンです。

自身に収入があることが前提なので専業主婦は申し込み出来ませんが、申し込みから借り入れまで全て女性オペレーターが丁寧に対応してくれます。

私は申し込みの際に審査や返済について質問したり「夫に内緒なのでばれないようにしたい」という要望も伝え、電話連絡のタイミングや郵送物が送られてくるタイミングを調整してもらえました。

オペレーターも全員女性☟
女性向けカードローン

借り入れと返済について

申し込みはWEBから行い、1時間もたたないうちに審査完了の電話連絡あがありました。

この電話連絡は15分ほどです。

申し込み内容の確認や、借りるお金の使い道などを伝え、融資実行の日や今後の返済などの説明をされました。

申し込みを行ったのが平日の夕方でしたが、翌日の午前中には融資が実行され、指定の口座にお金が振り込まれていました。

申し込みを午前中までに行えば、即日の融資も可能です。

返済も簡単で、毎月最少返済額以上の金額を、プロミスが提携しているATMから操作して入金します。

コンビニに設置してあるATMはほとんど提携ATMなので、買い物のついでに返済することも出来ますし、通常のATMを操作しているようにしか見えないので、まわりにも気づかれません。

郵送物・電話連絡は基本的にない

プロミスで借り入れから完済までを経験した中で郵送物があったのは、はじめの専用のカードが郵送されてくる時の1回だけでした。

しかし、追加で借り入れを行ったり、返済を忘れてしまって延滞してしまった時はハガキが届くそうです。

電話連絡についても、契約後は延滞しなければほとんどありません。

たまに新しいサービスの案内で営業の電話はありましたが、電話NGと伝えたところ、それ以降は電話連絡はありませんでした。

まとめ

主婦がお金を借りる方法をご紹介しました。

家族にバレない為にはいくつか注意点がありますが、難しいことではありません。

どうしても生活費が足りないときや、欲しいものを購入したいとき、カードローン・キャッシングでお金を借りる方法を検討してみましょう。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-主婦・専業主婦

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.