お金借りる

年末年始・正月にお金を借りる場所と方法

更新日:

年末年始・正月にお金を借りる場所と方法

年末年始は本当にお金がかかります。

新年にむけて、ゆとりあるお財布事情は気持ちも豊かにしてくれます。

しかし、もし口座にお金がなかったら?

ここでは、年末年始・お正月に「どこでお金を借りることができるのか」をポイントとともに説明します!

年末年始にお金を借りたい

年末年始にお金を借りたい

できれば12/30まで

銀行もそうですが、12月30日を過ぎてしまうと窓口が休みに入ってしまいます。

カードローンを利用した際に「口座振り込みが希望」の場合は、12月30日の15:00までに手続きをしないと、翌年の1/4まで確認がとれなくなってしまいます。

年中無休のイメージがあるネットバンキングも、システムメンテナンス等があるので年末年始はどこまで利用ができるのかを調べておきましょう。

在籍の確認が取れる書類を用意

キャッシングの申し込み先によっても異なりますが、職場へ電話での在籍確認が必要な場合「いつまで在籍確認がとれるか」も重要になってきます。

どうしてもすぐに契約したい場合は、申し込み先の会社やタイミングによっては社員証や給料明細、源泉徴収票でOKとして後日確認にするなど交渉してみるとよいでしょう。

年末までにカードを作っておく

年末年始ドタバタしないためにもなるべく早めの申し込みをして、年末年始の前にカードを作っておきましょう。

カードさえ作っておけば、ATMを利用するだけなので簡単です。

スグ借りたい方はこちら☟
即日融資可能なカードローン

「できれば早めに借りておく・準備しておく」とはいっても年末年始ギリギリ、または真っ只中に申し込みをして、審査を受けてカードを発行し融資を受けることは可能なのでしょうか?

年末にお金を借り得ることが出来る場所を解説します。

年末にお金を借りれる場所

年末にお金を借りれる場所

消費者金融で年末に申込みした場合

銀行は、12月31日~1月3日まで窓口が休みです。あらかじめカードがあればATMや提携先から利用は可能ですが、時間帯や手数料などはあらかじめ調べておくと安心です!

大晦日12月31日は「プロミス」なら間に合う!

なんと消費者金融大手「プロミス」は大晦日の18:00までに申し込みをして審査が通れば最短当日融資が可能です!

元旦1/1は休みですが、1/2から通常通り9:00~の営業時間になっています。無人契約機も同じ営業時間です。

ATMも1/1は休みで1/2の7:00~なので注意が必要です。

Web申し込みは24時間年中無休ですが、12/31の18:00~1/1の申込の審査結果は1/2以降の回答となります。

プロミスのメリット

  • 来店不要!Webで完結あり
  • 新規契約で初回利用の翌日より30日間金利無料のサービスあり
  • 50万円以下は収入証明不要(他社含め100万円以下の場合)

特にプロミスの30日間無利息サービスは、契約翌日からではなく、利用した翌日からなのであらかじめ契約だけしてカードを作っておくと、とてもお得です。

参照元:年末年始休業のお知らせ【プロミス】公式サイト

アコムは無人契約機が年末年始に通常稼働!

大手消費者金融「アコム」では窓口は12/30~1/3まで休みでありながら、無人契約機(むじんくん)は通常稼働しています!

もちろんATMも年末年始は年中無休で利用可能です。Webの申し込みも24時間できるので、審査が通れば即日融資も可能です。

アコム参照元:年末年始の営業時間について | 【公式サイト】キャッシング、カードローンなら消費者金融のアコム

アイフル

「アイフル」は窓口は12/31~1/3まで休みとなっていて、12/31~1/2までは無人契約機(無人契約ルーム「てまいらず」)も休みです。年末は12/30の18:00で終了です。それ以降は1/3から通常営業となります。

インターネットの受付だけなら年中無休24時間対応ですが、窓口か無人契約機が稼働していないと審査はできません。

契約翌日から30日間は無利息のサービスがありますので、急な出費に借り入れができます。こちらは契約日翌日からなので、利用しないと30日が過ぎてしまうので注意が必要です。

参照元:年末年始営業のご案内 | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

モビット

10秒簡易審査のあるモビットは「Webで完結」が有名です。

年末年始は12/31まで通常営業しています。

ただし1/1は休業で1/2~会員専用サービス「Myモビ」、自動音声案内、銀行、コンビニ等の提携先ATMの利用は営業時間7:00~となっています。

参照元:モビットからのお知らせ:キャッシング、カードローン、ローンはモビット

レイク

新生銀行レイクは2つの無利息プランが人気です。

はじめての契約であれば、

  1. 5万円までの貸付分で180日間無利息
  2. 30日間無利息

上記どちらかを選べます。どちらのほうが得かも公式ページのシミュレーションで調べられます。

レイクの年末年始は12/31~1/3までが窓口は休みです。自動契約機は1/2から18:00までOKです。電話による申し込みも1/2から順次手続きしてもらえますが、休み期間中の申込みに対しての回答もあるのでかなり込み合うでしょう。

参照元:お知らせ | レイク公式:キャッシングなら新生銀行カードローン レイク

銀行系カードローンは使えない

銀行系カードローンは使えない

銀行系のカードローンは12/31~1/3までほぼ休みです。

早いところだと12/30から休みに入ってしまいます。つまり営業は1/4~なので、ギリギリの申し込みは年末年始に間に合わない可能性があります。

ネット銀行を賢く使う

年末に限らず15:00以降や土日は銀行のやり取りが難しいのですが、ネット銀行をうまく使うと、通常の銀行やり取りよりは便利です。

対応できる業者であれば即日振り込みや、手続きができます。

楽天銀行

大手インターネットショッピング「楽天市場」の銀行なので、すでに持っている方も多いでしょう。

楽天銀行の「楽天銀行スーパーローン」、更に「アコム」では楽天銀行の口座への振り込みキャッシングに24時間年中無休で対応しています。

ジャパネット銀行

こちらも大手のネット銀行です。

「プロミス」「オリックスVIPローンカード」ではジャパンネットの銀行口座への振り込みキャッシングに年中無休、24時間対応しています。

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の口座を持っていると、CMでお馴染みの三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の申し込みがスムーズです。本人確認項目が省略できたり、返済時に自動で引落ができるのでうっかり支払日を忘れることがないので安心です。

「モビット」は、三菱東京UFJ銀行の口座があると「WEB完結」サービスを利用することができます。

「アコム」の場合は、三菱東京UFJ銀行の銀行口座への振り込みキャッシングは、平日の振り込みは15:00以降も可能です。

三井住友銀行

「プロミス」の年中無休で24時間口座へ10秒で振り込み可能の「瞬フリ」が手数料0円で利用できます。

「アコム」では振り込みの利用が遅くまで可能です。「モビット」では「WEBで完結」申込みの対象口座です。

まとめ

銀行系のカードローンよりも消費者金融の方が年末年始の申し込みはしやすく、契約もできます。

しかし年末年始は「駆込み需要」といってドタバタしがちなので、申し込みもとても込み合うと考えておいた方がよいでしょう。

カードを作っておけば、とっさの時にすぐに利用できるのでとても便利ですし、ネット銀行は年中無休で利用ができるのですが、口座の開設には時間がかかるのであらかじめ用意しておきましょう。

前もって余裕ある手続きをしておくと、年末年始も余裕をもってむかえられます。

注意)年末年始の内容については公式ページで確認してください。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-お金借りる

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.