審査

即日審査のカードローンはコチラ

更新日:

即日審査のカードローンはコチラ

今回は即日審査で融資が可能なカードローンの「借入場所」「注意点」「借り方」について解説します。

即日審査が可能な消費者金融

即日審査が可能な消費者金融

即日審査・借入れの代表格と言えば消費者金融。

過去のグレーゾーン金利や攻撃的な取立てのイメージが付きまとい、なかなか悪いイメージを払拭出来ません。

しかし

現在の消費者金融は法定金利を厳守、消費者目線のサービスを提供し利便性も高く安心して利用出来るツールになっています。

消費者金融は銀行と比べ審査が柔軟ですが、過去の借入状況や事故情報、仕事の有無は厳格に調査されます。

特に専業主婦や仕事をしていない方は借入対象外になる為注意してくださいね。

スグ借りたい!
☞ 即日融資可能なカードローン特集

プロミス

プロミス

プロミス
金利 4.5~17.8%
審査時間 30分~1時間
金利無料キャンペーン 有り
Web完結申し込み 有り

消費者金融の代表格とも言えるプロミス。現在は三井住友ファイナンシャルグループ傘下の消費者金融。

最短1時間融資を謳い、実際の審査時間は「30~1時間弱」とスピード重視のあなたにオススメです。

プロミスの特徴であり一番のメリット「初回限定30日金利無料キャンペーン」を利用すれば金利ゼロで借入れ可能です。

通常、金利は4.5~17.8%と高いですが、

1、とにかく時間がない!
2、今すぐ融資して欲しい!
3、初めてプロミスを利用する!

そんな方にはプロミスの即日借入強くオススメいたします。

また個人情報保護に特に力を入れており、在籍確認電話の有無を電話相談で回避することも可能なのも嬉しいですね。

プロミス審査まとめ、時間や流れ、基準を解説!

アイフル

アイフル

アイフル
金利 4.5~18%
審査時間 30分~1時間
金利無料キャンペーン 有り
Web完結申し込み 無し

他の消費者金融が次々と銀行傘下に収まる中、未だに独立系消費者金融として頑張っているのがアイフル。

昨今の金融業界でも苦戦を強いられているアイフルですが、他の消費者金融と比べても基本的なスペックは変わりません。

金利は安定の高金利4.5~18%で推移していますが、プロミスと同様「初回限定に限り30日金利無料で利用可能」です。

店舗、HPや無人契約機どの方法で申込みをしても即日審査には変わりません。

平均30分から1時間程度で審査は終わりますが、早急な融資が必要な場合は、

「無人契約機で審査→カード受け取り後に借入」

するのが王道の借入れ方法と言えるでしょう。

比較的審査が通りやすく、審査通過率は44~48%というデータも出ています。

消費者金融での借入れは初めて、もしくは他の消費者金融で断られた方はトライしてみるといいでしょうね。

アイフルのまとめ

モビット

モビット

モビット
金利 4.8~18%
審査時間 30分~数時間
金利無料キャンペーン 無し
Web完結申し込み 有り

大手消費者金融の中でも若干影が薄い感が否めないモビットですが、勿論モビットも即日審査・借入OK。

審査時間は30分から数時間と幅がありますが、HPからの申込み後コールセンターにTELすることで審査時間を短縮することも可能。

上記のプロミス、アイフルと異なり初回限定30日間金利無料キャンペーンは用意されておらず、カードローン初体験の方は迷わずプロミスやアイフルに申込みしましょう。

ただしモビットは「Web完結申し込みをすることで郵送物・在籍確認なしで審査が可能」です。

その際条件として

  1. 三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行の口座
  2. 2ヶ月分の給与明細
  3. 勤務先が確認出来る社会保険証

が最低限必要です。

この必要書類が用意出来るのであれば、誰にもバレずに借入可能なのがモビット最大のメリットと言えるでしょう。

モビット

即日審査可能な銀行カードローン

即日審査でお金を借りたい人が銀行ローンを避ける理由。それは金利の低さと相反した厳格な審査にあります。

消費者金融の最高金利が18%とすると銀行の金利は約15%、なおかつ貸金業法が適応されない銀行は「総量規制に関係なく借入可能」です。

消費者金のサービスの一つである無利息キャンペーンは適応されませんが、銀行カードローンも指定の口座を持っている場合は即日審査・借入れが可能。

ここでは即日融資可能な2銀行を紹介致します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
金利 3.5~14%(コンフォートプランの場合)
審査時間 数時間~1ヶ月
金利無料キャンペーン 無し
Web完結申し込み 有り

3大メガバンクの1つで、今や全国民の5人に1人が口座を所有しているみずほ銀行。

みずほ銀行が提供するカードローンは、

・金利3~7%のエグゼクティブプラン
・3.5~14%のコンフォートプラン

に別れます。事前にどちらかを選ぶことは出来ませんが、やはり銀行が故の低金利が目を引きますね。

みずほ銀行のカードローンは申し込み方次第で即日審査から1ヶ月待ちと審査時間も異なります。

口座を持っている場合はWeb完結申し込み、所持していない場合は銀行窓口で審査を行うことで即日審査に融資も可能です。

ただし

審査時間も消費者金融と異なり曖昧な点は否めず、どうしても今日中に審査結果を知りたい、もしくは即日融資をして欲しい!そんな方は平日の朝にWeb完結申し込みをする必要が出てきます。

総量規制も適応されず、定収入のない専業主婦の借入もOKですが、必ずしも即日融資が約束されるとは言えず、スピード重視の方はやはり消費者金融をオススメいたします。

みずほ銀行ATMにカードローンの申し込み!即日借りれる?

横浜銀行

横浜銀行

横浜銀行
金利 1.9~14.6%
審査時間 最短当日~翌営業日
金利無料キャンペーン 無し
Web完結申し込み 無し

横浜市民にとっては馴染みの横浜銀行は、地銀の中でもダントツトップ1の総資産額を誇る大規模地方銀行。

来店不要、即日融資も可能な銀行として数えられる数少ない銀行の1つでありますが、横浜銀行唯一の欠点は地方制限がある点です。

・年齢制限は20~69歳
・定収入があり横浜銀行の口座を所持していること

これに加え「東京都内、神奈川県内、群馬県前橋・高崎・桐生市」に住んでいる(もしくは勤務)している必要性があります。

消費者金融と比べると圧倒的に低い「金利1.9~14.6%」を誇り、月々の最低返済額が2000円~と低額に設定されている点は見逃せません。

即日審査・融資に関しては横浜銀行の口座を所持していること前提で、HPもしく電話で申し込み後に“急いでいる”旨を伝えることで即日振込も可能。

ただし即日審査・融資を希望する場合は午前中の早い時間に申し込みをする必要があります。

銀行カードローンは審査が厳しいと思われがちですが、プロミスが保証会社として審査を承っているので、プロミスで借入れ出来た方は審査に通る可能性も高いと言えるでしょう。

カードローンを利用出来る人が限られてしまいますが、銀行だから審査が厳しいし、時間もかかる!とは一概には言えません。

対象地域に住んでいる(働いている)場合は横浜銀行カードローンも検討の価値があると言えるでしょう。

横浜銀行カードローン

即日審査・借入れの注意点

もはや当たり前になってきたカードローンの即日審査。

銀行ローンはさておき、審査に数週間~1ヶ月かかるものはほぼ皆無と言えるでしょう。

しかし

即日借入ともなると申し込み時間や曜日等で、当日の借入れが難しくなる場合も……それでは即日審査・借入れの際に注意しておきたい点をいくつかおさらいしてみましょう。

HP、無人契約機、店舗手続きの違い

HP、無人契約機、店舗手続きの違い

特にスピード重視の場合は無人契約機

契約方法もホームページ、無人契約機に店舗(銀行)や電話による審査方法等幅がありますよね?

どれも同じ基準で審査が行われますが、特にスピード重視の場合は無人契約機での手続きをオススメいたします。

消費者金融、銀行ともにカードを受け取る必要がある為、無人契約機での審査後すぐにカードを手にすることで、即日融資が可能。

店舗での手続き

また直接店舗(銀行)での申し込みは様々な質問や返済シミュレーションなど、親身に相談に乗ってくれるので、カードローン初心者にはオススメです。

ホームページで申込み

ホームページ経由でカードローンを申し込みする方も多いですが、メリットとしては自宅を出ることなく24時間好きな時に審査ができる点が挙げられます。

数ヶ月分の給与明細や社会保険証が用意出来る場合は在籍確認を省いたWeb完結申し込みで楽々審査が出来るので、とにかく時間に追われている方や身バレが怖い方にオススメの申し込み方と言えるでしょう。

必要書類と在籍確認の有無

必要書類と在籍確認の有無

必要書類

カードローンの審査に必要な書類は意外にシンプル。

絶対条件として必要なのが身分証明書、当たり前ですね!運転免許書もしくは健康保険証(マイナンバー)を手元に用意してください。

ただし健康保険証などの顔写真が確認出来ない、または引越し等で現住所と異なる場合は、公共料金の領収書や住民票が必要になるので覚えておきましょう。

また収入証明に関しては例外もありますが、消費者金融で50万以上、銀行で100~300万以上の借入れを希望する際に、源泉徴収や給与明細の写しが必要。

ただし前述のモビットやオリックス銀行のように希望額によらず問答無用に収入証明を求められるケースもあるので注意しましょう。

在籍確認

カードローンを借りる際に最も気になる点として挙げられる在籍確認ですが、基本「在籍確認は避けられない」と認識してください。

モビットやプロミス、銀行ローンでは各口座を所持している場合に限り、みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなどでWeb完結申し込みが可能になり、在籍確認を省くことは可能です。

また少額融資の場合プロミスやアイフルなどは社員証や給与明細等の書類で、在籍確認を免除してくれる場合もあるので、気になる方はコールセンターに相談してみましょう。

審査に自信がない方へ

お金を借りたいけど自信がない……審査が緩いと言われる消費者金融とて、申込者の約半数が審査落ちする事実を考えても、やはり即日でお金を借りることは簡単なことではありません。

多様な働き方が当たり前になってきた今、フリーランスや非正規雇用でプライベートを大切に生きる方が増えています。

しかし時代の流れとは逆行するように、借入れに関しては正規雇用尚且つ定収入があることが第一条件。

私はお金借りれるのかな?消費者金融がダメならもう闇金しかない……そう思う前に今一度自分の信用度をチェックしてみることから始めませんか?

クイック審査で簡易チェック

消費者金融、銀行カードローンともに簡易審査で借入可能かどうかを判断することが可能です。勿論簡易チェックなので、例えOK判定が出たとしても本審査でNGが出ることも……簡易チェックで判断される基準は

  • 生年月日
  • 借入状況
  • 雇用形態
  • 年収

などザックリとした情報のみ。

これらの情報から審査の合否を大まかに判断することで、本番の審査落ちを事前に防ぐことが出来るのです。

全ての消費者金融、銀行で導入されているシステムではありませんが、3秒(10秒)診断やお試し診断などの名称で仮審査が実施されています。

例えばアイフルのような大手消費者金融の仮審査で落ちた場合は、プロミスやアコム、モビットの本審査がOKという大逆転は狙えません。

その場合はより小規模もしくは地方発の消費者金融に狙いを定めて借入れをしてみましょう。

いきなり本番で審査落ちすると信用情報機関にバッチリ記録されてしまうので、上手にクイック審査を活用してくださいね。(仮審査は落ちても信用情報にキズはつきません)

信用情報機関で情報開示

知っているようで知らないのが信用情報機関。

クレジットカードやカードローンがもはや当たり前になった今、金融機関の取引情報の重要性は増すばかり。

信用情報機関とは簡単に説明すると、人それぞれの信用情報を管理する機関のこと。

つまりクレジットカードやカードローンを申し込んだり、返済が滞りなく支払われているか、延滞等の事故情報はないか?を逐一記録しており、現在日本にはCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3社が存在しています。

その中でも特にカードローン利用の際に照会されるのがCICとJICCです。

(金融機関により異なった組み合わせの信用情報機関に問い合わせをしています。)

その為自分自身の信用情報に延滞や滞納、多重申し込みなどのマイナス要素が重なると、カードローンの審査にも大きく影響を与える訳です。

これらの情報はそれぞれの信用情報機関で共有され、信用情報の種類により6ヶ月から最長5年間情報が消えません。

その為過去に返済が遅れたり、携帯料金を未納してしまったそんな情報も知らず知らずの内に共有され、カードローン発行の大きな隔たりになることも頻発しています。

カードローン審査に落ちてしまったもしくは自信がない方は、まず信用情報機関へ情報開示を行うことをオススメいたします。

CIC、JICCの場合郵送、窓口、ネット経由、全国銀行個人信用情報センターの場合は郵送で情報開示を行っているので、不安に思う気持ちが微塵でもあるのなら迷わず全ての機関に問い合わせてみましょう。

ただし情報開示の際は過去の住所や電話番号の正確な情報が求められるので注意してくださいね。

借入れ出来ないケース

今まで即日借入のアレコレをお話ししてきましたが、自分自身で気づかぬ内に「借入れ出来ない事象」を作っているパターンが多く見受けられます。

銀行と消費者金融でも借入れ出来る、出来ないは異なりますが、

  • 年収の1/3以上の借入れ(消費者金融)
  • 無職、専業主婦(消費者金融)
  • 他社の借入れ合計が年収の1/3を超えている(消費者金融)
  • 過去に返済が滞ったもしくは延滞している(消費者金融、銀行)
  • 同時期に3社以上のカードローンに申込みしている

上記のケースに当てはまる場合、まずカードローンの借入れは不可能なので覚えておきましょう。

お金に切羽詰るとついついカードローンもあちこち申し込んでしまいがちですが、まずは自分の身の丈にあった限度額と会社選びが大切です。

そして数万円の少額融資ならアコムやプロミスの無料金利キャンペーン、大口融資が必要なら数社を跨がず1社に絞り金利負担を軽くするなど、それぞれの特徴を見極めて審査に望みましょう。

まとめ

今時のカードローンは迅速審査に即日融資が当たり前になっています。

しかし

カードローンの利便性が高くなったが為に、自身の金銭管理能力を強く要求され点を忘れてはなりません。

広告塔のイケメン俳優や女優ばかりに目が行きがちですが、それぞれの金融商品の詳細に特徴を正確に理解して、本当に困った時の最後の砦としてカードローンを利用してくださいね!

☟スグ借りたい人向け
>>即日融資可能なカードローン特集

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

即日融資で10万円借りる方法!バレずに最短1時間

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-審査

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.