総量規制

総量規制対象外カードローンでお金を借りたい人はコチラ

投稿日:

総量規制対象外

消費者金融では、年収の三分の一以上の借り入れはできません。

しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外ですので気にせず借りることができます。

この記事では、総量規制対象外の融資とはどのようなものなのか、どのような審査が行われるのかについてご紹介します。

総量規制対象外の融資

銀行カードローンは対象外

総量規制対象外の融資を検討するときに、候補となるのが銀行カードローンです。

総量規制は「消費者金融を対象とした貸金業法の決まり」ですので、銀行には適用されません。

銀行の融資は、全て総量規制対象外ですので「年収の3分の1」縛りを気にする必要がありません。

銀行の審査

銀行カードローンの場合、いくらまで借入れできるかは銀行の審査によって決められます。

年収の3分の1を超える金額でも、銀行が審査に合格させれば借入れできます。

銀行の融資は審査が厳しいというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、個人向けのカードローンはそこまで厳しくありません。

インターネットから気軽に申込みができて、審査も素早く行ってくれます。

その日のうちに借り入れも

審査結果が申込みの当日中に出て、即日融資で借入れできることもあります。

実際に、総量規制が原因で消費者金融で借りられなくなった人が、銀行カードローンで借入れするケースが増えていました。

しかし、銀行カードローンで借りやすい状況が続いたため「過剰な融資が原因で返済不能になる人」が増えており、ニュース・新聞等で問題視されました。

今までの銀行カードローンは「総量規制の対象外であること」や「収入証明書不要で借入れしやすい」ことをメリットとして積極的にPRしていましたが、今後はそのような広告手法は使われなくなると考えられます。

また、各銀行独自に、自主的に貸付額の上限を設ける可能性があります。

とはいえ、銀行カードローンの商品に変化が出る可能性はありますが「総量規制対象外」であることには変わりありません。

すでに消費者金融で借入れがある人は、主な銀行カードローンの商品詳細を確認しておくのがおすすめです。

おすすめの銀行系カードローン

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 三井住友銀行カードローン みずほ銀行カードローン
最大限度額 500万円 800万円 1000万円
金利 年1.8~14.6% 年4.5~14.5% 年3.0~14.0%
即日融資 可能 可能 可能
(口座開設済の場合)
口座開設 不要 不要 必要
無人契約コーナー あり あり なし

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」


三菱東京UFJ銀行が提供している個人向けカードローンが「バンクイック」です。

インターネットから申込みをして最短30分で審査回答、最短即日融資が可能です。

主要支店にテレビ窓口と呼ばれる無人の契約設備があり、消費者金融の自動契約機のような申込み方法もできます。

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンはバレずに審査できる?在籍確認は?


三井住友銀行カードローンも、インターネットからの申込みで即日融資が可能です。

窓口に無人のローン契約コーナーがあり、誰とも合わずに即日カード発行が可能です。

三井住友銀行の預金口座を利用していない人でも申込みできます。

みずほ銀行

みずほ銀行ATMにカードローンの申し込み!即日借りれる?


みずほ銀行カードローンは、一般向けのコンフォートプランと、低金利のエグゼクティブプランの2種類があります。

最大限度額が1000万円と高額なのも特徴です。カードローンの利用にはみずほ銀行の口座開設が必要です。

同時申込みも可能ですが、日数がかかりますので要注意です。

銀行以外の選択肢

銀行以外の選択肢として、消費者金融にも総量規制対象外のローンがあります。

これは、借入れ中の複数の借金を一本化する「おまとめローン」と呼ばれる商品で、総量規制の例外と位置づけられています。

例えば、消費者金融のアイフルには「おまとめMAX」という商品があります。

同じアイフルでも、通常のカードローンは総量規制の対象ですが、おまとめMAXは総量規制対象外です。

おまとめローンが例外となる理由は、利用者の返済を支援する目的のローンだからです。

総量規制の趣旨は、借りすぎによる返済困難を防ぐことにありますので、返済を支援するローンには適用する必要がありません。

アイフルのおまとめMAXの金利は最大年15%で、アイフルの通常のカードローンと比べると3%ほど低くなります。

一本化する前は複数あった返済日が1回だけになりますので、返済計画もたてやすくなります。

ただし、返済に特化した商品のため、通常のカードローンのように自由な追加借入れはできません。

総量規制対象外で即日融資は可能?

総量規制対象外で即日融資は可能?

銀行カードローンでもスグ借りれる

総量規制対象外の銀行カードローンの中にも、即日融資が可能な商品はあります。

インターネット申込みが主流になった結果、素早い審査回答を行う銀行カードローンが増えてきました。

もちろん、全ての銀行で即日融資が可能というわけではありませんので、審査が即日で完了するものを自分で選ぶ必要があります。

銀行カードローンをタイプ別に分けると、主に全国展開のメガバンク、地方銀行、ネット銀行の3種類です。

その中で即日融資を利用しやすいのは、メガバンクのカードローンです。

また、もともと普通預金を利用している銀行のカードローンならば、その日中にお金を借りることができる可能性が高いです。

全国のカードローンまとめ

消費者金なら即日可能

総量規制の対象になってしまいますが・・・

「今すぐ少額のお金が必要」な場合には、消費者金融もお薦めします。

大手のプロミスやアコムの他にも中小規模の消費者金融は多くあり、そのほとんどがWebで申し込みをすれば、来店不要で借り入れを行う事が可能です。

カードローンの戦国時代、規模の小さな消費者金融でも「即日審査・融資」そして「1000円からの少額融資」にも対応可能な所も少なくないのです。

また、特にお急ぎの方には、各消費者金融の無人契約機から審査を行う方が良いです。

審査からカード発行まで、最短1時間で完了する場合もあり、その足でコンビニなどのATMから借り入れを行う事が可能です。

ただし、その際は「運転免許証」や「保険証」などの本人確認書類や、借入額によっては「収入証明」も必要なので注意して下さい。

即日でお金を借りたい方はコチラ

総量規制対象外のカードローンを利用するメリット・デメリット

総量規制対象外のカードローンを利用するメリット・デメリット

デメリット

総量規制対象外のローンは、計画的に利用しないと「借りすぎになる可能性」があるのがデメリットです。

カードローンの契約には審査がありますので、1社単独で返済不能になるほど借入れすることはありません。

しかし、世の中にはさまざまなローン商品があります。

住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローン、クレジットカードの分割払いやリボ払いなどもあります。

色々な融資サービスを少しずつ利用した結果、返済が困難になるということは十分あります。

どれぐらいの金額までなら無理なく返済できるかを、自分で見極めながら利用する必要があります。

メリット

総量規制対象外のカードローンのメリットとして「借り換え」や「おまとめ」目的で利用しやすいということがあります。

複数の借入れを金利の低いカードローンにまとめて整理できれば、利息が軽減され、返済もしやすくなります。

総量規制対象外の融資ならば、増額申込みなどを活用して高い限度額で利用しやすいのがメリットです。

総量規制対象外の審査

総量規制対象外の審査

在籍確認はある?なし?

カードローンの審査では、勤務先の在籍確認が必ず行われます。これは、申込みした人に安定した収入があることを確認するためです。

総量規制対象外の銀行カードローンでは、必ず電話連絡で在籍確認が行われます。書面で在籍確認が可能なのは消費者金融のみです。

審査の流れ

総量規制対象外の融資でも、特に審査が複雑になったり、厳しくなることはありません。

銀行カードローンの申込みは、自宅で手続きができるインターネット申込みが便利です。

パソコンやスマホを使って、名前や住所、勤務先の情報とともに、年収額や借入れ希望額も入力します。

このとき、借入れ希望額が年収の3分の1を超えていても問題ありません。

ネットから申込みが完了すると、本人確認の電話や在籍確認があり、早ければ当日に審査結果の連絡が入ります。

決定された限度額などを確認し、問題なければ契約完了です。あとはカードを発行したり、銀行振込で借入れをするという流れです。

総量規制の罠は複数社に渡る?

他社の借り入れも総量規制に合算

私の個人的体験になりますが、借り入れを数社から行った結果、クレカのキャッシングで生活が回らなくなってしまった時期がありました。

当時は仕事をしており、年収は500万円弱と一人暮らしには十分な生活が出来るレベルではあったのです。

しかし、ついついギャンブルにのめり込んでしまい、カード1枚で手軽に低額から借り入れが出来る事からドツボにハマってしまい、借りては返済の繰り返しでした。

ただ、返済だけは滞らずにしていた為、融資額は増額しましたし、いざという時、金に困る事は無いと安心しきっていました。

しかし、突然の「カード利用不可」という現実に襲われ、1社ではなく3社全ての消費者金融のカードが使えないという最悪の事態に見舞われました。

この寝耳に水の出来事の原因は、借入総額が年収を越えてしまった為でした。

「総量規制とは何か?」について、きちんとした意味を知らずに借り入れを繰り返した結果の苦い思い出です。

忘れてはいけないのは、総量規制とは、決して1社からの借入額にだけ適応されるものでは無いと言う事です。

複数の消費者金融から借り入れしても、年収の1/3までしか借り入れが出来ない事は注意しなければいけません。

消費者金融のおまとめローンは例外扱い

もし、あなたが複数の借り入れ先があるのであれば、返済を1本化してみましょう。

これを、おまとめローンと言います。借り入れ先が1カ所だけであれば、返済計画も簡略化出来ますし、何より精神的にも安心します。

銀行カードローンでもおまとめローンを見かけますが、実は、消費者金融はおまとめローンの限りにおいては、総量規制の対象外になるのです。

金利が異なる返済を一本化する事により、総量規制が適応されない為、大口融資も期待出来るのがメリットと言えます。

その際は、なるべく低金利の消費者金融を選ぶようにしましょう。

また、借り入れ先が複数以上(3、4社~)ある場合、いくら消費者金融と言えど、大手からの融資は難しくなってしまいます。

その場合、地方都市にある規模の小さな消費者金融のドアを叩いてみる事をお勧めします。

多くの中小消費者金融は、ネットでの審査が大手に比べ柔軟な為、申し込みをする価値はあると言えるでしょう。

総量規制のおさらい

総量規制(そうりょうきせい)とは?

総量規制は法律で決められたルールで、貸金業者から借りることができる金額は、年収の3分の1までが上限となるというものです。

仮に年収が300万円の人がいれば、その人が借りられる金額の上限は100万円までです。

この規制の対象は、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングなどです。

総量規制で重要なのは、全ての消費者金融からの借入れの合計(総量)が、年収の3分の1を超えられないということです。

ある会社から年収の3分の1近くまで借りている場合は、別の会社に申込んでも審査に合格できません。

このような状況でさらにお金を借りるには、総量規制対象外の融資を利用する必要があります。

まとめ

総量規制とは、貸金業法の決まりで、カードローンで借入れできる上限は年収の3分の1までというルールです。

銀行の融資には適用されませんので、総量規制対象外の融資を利用したいときは、銀行カードローンがおすすめです。

総量規制対象外だからといって、審査基準が厳しくなることはありません。即日融資が利用できることも多いです。

総量規制対象外の融資を利用するときは、他社からの借入れも含めて、計画的に利用することが大切です。

どれくらいの金額までなら無理なく返済できるかを、しっかりと検討してから利用しましょう。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-総量規制

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.