学生

学生ローン、オススメしない学生の借り入れ方法

更新日:

学生ローン、オススメしない学生の借り入れ方法

若さが故に散財を繰り返して放蕩生活。若気の至りとも言いますが、青春時代は色々と物入りです。

困った時の消費者金融と言いますが、意外と知られていないのが学生ローンの実態。

今回は学生限定で借り入れ出来る学生ローンについて考察したいと思います。

学生ローンの審査や在籍確認

学生ローンと消費者金融の違い

学生ローンと消費者金融、銀行カードローンの違いは大差ありません。

お金に困った人に融資をする点では全く同じですが、融資対象者が学生限定に限るのが学生ローンです。

消費者金融では借りれないけれど、学生であるだけで融資の可能性が十分高まります。昨今ではスマホの操作1つで即日融資もOKと言う手軽さも人気の秘密です。

学生ローンと消費者金融の違いとして

  1. 未成年でも融資可能(18歳以上)
  2. 学生証一枚で親、勤務先への確認電話なし

という点が大きな特徴の違いと言えるでしょう。

ただし定期収入がないケースは学生ローンでも融資対象外になってくるので注意が必要です。

勤務先への在籍確認がない為、虚偽申請する方も多いようですが、返済が遅れるもしくは滞る可能性も高まるので、このような借り方は絶対NGです!

学生ローンのメリット・デメリット

学生であることが一番の強み。

学生証プラス免許証(健康保険や住民票などでも代用可能)、そして定収入があればまず学生ローンの審査に落ちることはないので、融資の敷居の低さこそが最大のメリットです。

しかし、裏を返せば

  • 学生であれば誰でも借りれる!
  • すぐに融資してもらえる!

為に借り入れに対する危機感がなくなってしまうのも事実。学生という身分を武器にお金を借りる訳なので、遅延や踏み倒しも多く、それが故に多くの学生ローンでは金利が高めに設定されています。

学生ローンの借り方

基本消費者金融や銀行ローンと手順は似ていますが、学生ローンではインターネット申込みが主流になっています。

高田馬場などの学生街では多くの学生ローンがあり、それらの店舗では直接店内で契約をすることも可能です。

申込み手順としては各学生ローン会社のHPから新規申し込みをして、必要事項を記載し確認の電話を待つだけ。

消費者金融や銀行カードローンと異なり、確認電話と学生証・身分証明の提出だけで審査が行われることもあり、勤務先や大学、親への確認電話は一切ありません(遅延や滞納がある場合は除く)。

ただし契約書などは登録住所へ送付されるので、親御さんと同居している場合は十分注意を払いましょう(社名を伏せて送付してくれるなどの配慮は勿論あります)。

学生ローンをオススメしないその理由

学生ローンを借りたことがあるからこそ、学生ローンをあまりオススメ出来ない理由があります。そうそれこそが、未熟さ故の金銭管理能力にあるのです。

とりあえず利子が低くない

学生ローンだから滅茶苦茶金利が高いという時代は過ぎ去りました。私が高田馬場の学生ローンにお世話になった時は、ゆうに20%を超える高金利でしたが、昨今は一番高い学生ローンでも20%止まりになっています。

銀行ローンに比べると平均15~20%の金利は高く感じますが、例えば大手消費者金融アイフルの金利4.5~18%と比べてもそこまで大差はありません。

学生として直ぐにでも飛びつきたくなる学生ローンですが、定収入がある20歳以上の学生の場合は、大手消費者金融の初回限定金利ゼロキャンペーンを利用することでよりお得にピンチを乗り切ることも可能です。

お金がないと不安に駆られてしまいますが、よくよく先のことを考えて融資に望みましょう。

詐欺が横行

巷では学生ローンを利用出来る学生だけをカモにした詐欺が増えています。

私も学生時代に、いわゆる名義貸しのアルバイトというものに引っかかり、学生ローンで多くの借金を背負わされてしまいました。

手口としてはネット経由で高額アルバイトとして、学生ローンの調査を面木にお金を借りさせて、その1割を報酬として貰うというもの。

新宿界隈ではこの手の違法バイトが目立ち、強面の方々と初々しい学生さんが某ルノ○―ルで面接、そしてそのまま近隣の学生ローン(もしくは消費者金融)に消えていく姿を多く見かけます。

一応名目上の借用証明は結びますが法的拘束力はなく、数ヶ月の返済をこなした後に連絡が途切れ、残るのは不甲斐ない自分の後ろ姿と借金だけという結末に・・・

金銭感覚や管理能力に乏しい若者だけをターゲットにした詐欺だからこそ、これらは未だに横行しています。

お金に困った、楽してお金をゲット出来ないかな?と安易に考えてしまいがちですが、一歩判断を間違えると、その後の人生に大きな影を残すことになるので十分注意を払いましょう!

因みに私は大手消費者金融2社、学生ローン2社計4社で、総額120万の借金を背負ってしまったバカ者であります。

若い時に借金癖が付いてしまう

学生のうちはコンパに合コン、遊びに旅行……etc

お金があってもあっても、湯水のごとくお金は減っていきます。学生であるだけで簡単に融資可能な学生ローンが、そんな心の隙間に忍び寄る!

すぐに融資してもらえるそんな便利な学生ローンだからこそ、利用を間違えれば借金地獄に陥ることも。ご利用は計画的にと言いますが、若い時代の借り入れは余程自己管理能力がある方にしかオススメ出来ません。

とにかくお金が必要になったら、まずは働く!このシンプルな方程式を忘れてはなりません。

どうしてもお金に困ったら……

来週までにどうしても授業料を振り込まなければ!もしくは欲しい商品をオークションでどうしても買いたい!青春時代を生きる若者の金銭事情はなかなか複雑です。

そんな時は深呼吸してから、まず自分に何が出来るか?そしてどうしても融資という手段しか選択肢に残されていないのか?ということをゆっくりと考えてみましょう。

あなたが欲しいそのお金、本当に今すぐ必要ですか?

お金を借りるその前に

学生ローンを借りる前にまず考えよう!いくら必要で、何の目的でお金が必要なのか?学費や資格習得、はたまた冠婚葬祭なのか?それとも単なるショッピングや娯楽の為?

学生ローンは少額融資にも対応しており、1000円~50万円まで即日融資も可能ですが、やはり踏みとどまって欲しいのが著者ココロ。

学生ローンに手を出す前に、日払い・週払いでお金を稼げるバイトしたり、イラナイ物を売却処分したり。

または親、友人に一時的な援助を頼む、もしくは今流行りのクラウドソーシングで副業を始めるなど、お金の作り方は学生ローンだけに依存しません。

便利で即日融資に対応しているからと言って、自分自身で出来ることをしないで学生ローンを頼るのはまだまだ時期相応です。

お金のピンチは自身の生活や金銭管理を見直すいいチャンスとプラスに考え、意識改革に望むことも大切になってきます。

学生ローン業者をよく吟味

どうしても学生ローンで融資が必要な場合も、業者選びには十分注意を払いましょう。

都内には多くの学生ローンが点在していますが、例えば未成年で融資可能な学生ローンはアイシーローンやカレッジ、フレンド田など限られてきます。

また首都圏の学生のみ、年齢制限が20~34歳と制限されてくるケースも・・・

それぞれの学生ローンが優待サービスや紹介制度、はたまた大学入学費用や海外渡航などへの融資は特別金利を用意しているなど、特徴も様々です。

消費者金融や銀行カードローンにはない学生向けのサービスが多く揃っているので、どうしても学生ローンを…という方は自分の目的にあった学生ローンを探しましょう。

>>即日・簡単審査OKオススメの学生ローン

まとめ

学生ローンのイロハについて今回はお話しさせていただきました。

お金は人生の伴侶、だけれども若いうちから借金癖を覚えてしまうと・・・

あえて結末は書きませんが、悲惨な将来があなたを待っている場合だって否定できません。

学生だからこそ遊びたい!お金が欲しい!そんな情熱は、仕事にそして夢に託して健全なマネーライフを送れるように日々精進していきましょう。

学生ローンの記事一覧

-学生

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.