銀行系カードローン

ゆうちょ銀行カードローンでお金を借りる

更新日:

ゆうちょ銀行カードローンでお金を借りる

ゆうちょ銀行には3種類のローン商品があります。

  1. カードローン…したく
  2. フリーローン…夢航路
  3. ホームローン…夢舞台

これらの3種類のローン商品、実はスルガ銀行のローン商品なのです。

「?」と思う方も多いかもしれません。

ゆうちょ銀行はこれらのローン商品の窓口となっているだけで、実際の審査や契約は、スルガ銀行が行います。

ゆうちょ銀行自体は全国にあるので、地域制限なく、口座がなくても個人で申し込みができます。

それではゆうちょ銀行のカードローン「したく」について詳しくみていきましょう。

目次

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の審査

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の審査

「したく」の審査は甘くはないが、条件範囲は広い

「したく」の審査は銀行系カードローンなので、他銀行のカードローンの審査と同じように、

  • 信用情報
  • 属性情報

を利用して審査を行います。

もちろん信用情報にブラック情報があれば、審査は難しくなります。

とくに金融事故に関しては、ほぼ契約不可能と考えておきましょう。

また、社内データにブラックとして登録されている「社内ブラック」も注意が必要です。

審査はスルガ銀行、スルガ銀行の保証会社であるSDP(株)が行います(SDPはスルガ銀行が100%出資する信販会社)。

過去にスルガ銀行や保証会社の関連で、長期延滞や債務整理などの金融事故を起こしている場合、信用情報の登録は消えていても社内の履歴としては残っているので、審査に反映されます。

信用情報の開示方法と属性情報について

他社の借り入れも注意が必要?

「したく」は銀行系のカードローンなので総量規制対象外となります。

参照元:総量規制について

総量規制の対象外ではありますが、いくらでお金を借りれるというわけではありません。

どこの銀行にもいえることですが、大体「年収の3分の1程度の金額」が返済可能な金額と考えられています。

他社での借入がすでに年収の3分の1近い方は審査に影響します。

ただし総量規制の対象外ではあるので、厳密に金額がいくら以上はNGといった決まりはありません。

他社の借り入れ件数

他社の借り入れ件数も、審査のときにチェックされます。

ある意味、借入金額以上に重要で、小口でも件数が多ければ、

  • 他社での借入金額が少ないのは信用がない
  • この先も借入が増える可能性がある
  • 多重債務者になる可能性が高い

と、認識されてしまうので、審査での評価も低くなります。

他社の借入件数が何件からNGというのは社内の規定なのでわかりません。

目安としては他社4件以内であれば、融資の可能性があると考えられます。

勤務年数

安定した収入は、返済能力にもつながります。

あちこち転職をしている人より、長く勤務している人の方が収入は安定しています。

少なくとも1年間は現在の勤務先に在籍していると安心です。

「したく」の貸付条件

  1. 申し込み時の年齢が20歳以上、70歳以下
  2. 安定した収入
  3. 保証会社の保証が受けられる

①申し込み時の年齢が20歳以上、70歳以下

「したく」は契約年齢が70歳までと、他のカードローンと比べても申し込み可能な年齢が幅広くなっています。

利用は満76歳までと年齢の条件は高くなっているので、高齢者の方には都合が良いカードローンです。

②安定した収入

「したく」は安定した収入があれば、パート、アルバイトでも契約が可能です。

年金受給のみの高齢者や、専業主婦でもOKなので間口が広いカードローンだと言えます。

③保証会社の保証が受けられる

保証会社の審査に通らなければ、契約はできません。

「したく」の場合はスルガ銀行、スルガ銀行の保証会社であるSDP(株)が保証会社となっています。

「保証会社」とは、仮にあなたの支払いができなくなったときに、支払いを代わりに保証してくれる会社です。

そのため審査も保証会社が行い、保証会社の保証を受けられることが、申し込み条件のひとつになっています。

この保証会社のシステムは、銀行系カードローンの場合によく見られます。

消費者金融はもともと、無担保、無保証人の少額融資をしてきたので、審査や債権回収のしっかりとしたノウハウがあり、保証会社を利用しなくても自社で対応できます。

しかし銀行系カードローンの場合、カードローンだけを専門に行っているわけではありません。

ですので「保証会社」というシステムを利用して消費者金融に手数料を支払い、審査や支払いの保証を委託しているのです。

「したく」の審査時間

審査は最短30分、融資までは最短10日です。

「したく」の審査は最短30分、遅くとも即日の審査が可能です。

このスピードは、消費者金融と同じくらいの早いスピードなのですが・・・

融資までは書類のやり取りが必要なので、まず即日融資は不可能です。

お金を借りるまでに、最短でも10日はかかります。

即日融資を希望するかたは、消費者金融や即日可能な銀行系のカードローンをオススメします。

☞ 即日融資可能なカードローン

「したく」の申し込みからの流れ

審査は早いけれど、融資までの時間がかかってしまう「したく」はどんな流れになっているのでしょうか?

①申し込み

申し込み方法は3種類のあります。

電話

きちんと話をしながら申し込みをしたい方向け

祝日、12月31日~1月3日を除く平日9:00~19:00にフリーダイヤルで申し込めます。

インターネット

いつでもどこでも、インターネット環境があれば申し込みOK

PCスマホから24時間申し込み可能です(審査は営業時間内)。

郵送

インターネットや電話で資料請求をすると、説明書、申込書、返信用封筒が送られてきます。

来店

スルガ銀行ローン取扱い店のゆうちょ銀行店舗窓口で直接申し込みができます。

全国200ヶ所以上あり、公式サイトより検索できます(2017年8月現在)。

②仮審査実施

審査の際に勤務先へ在籍確認あり。

③審査結果

  • 電話…最短でも30分
  • インターネット…即日中
  • 郵送…郵送での連絡
  • 来店…結果に数日かかる場合あり

④申込書の郵送

自宅もしくは勤務先へ申込書が郵送されます。

インターネットの場合、申し込みフォームに郵送先を指定する項目があります。

⑤申込書の記入と返送

申込書に必要事項の記入をして、本人確認書類などの必要書類のコピーと一緒に返送します。

⑥本審査実施→⑦ローンカードの自宅へ郵送

本審査が通過した後にローンカードが郵送されます。

⑧カード到着の連絡後

カードの送付台紙に記載のある電話番号へ連絡します。

カードローン「したく」利用開始手続き専用の電話番号への連絡をしないと、カードローンの利用ができません。

⑨融資

カードを利用して、ATMから利用可能です。

  • ゆうちょ銀行ATM…預入、返済手数料一切無料
  • スルガ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • タウンワークネットワークサービスATM
  • イオン銀行ATM

手数料がかかる場合は、自己負担になります。

⑩返済

専用ローンカードを使って、ATMより入金します。

  • ゆうちょ銀行ATM…預入、返済手数料一切無料
  • スルガ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • イオン銀行ATM
返済日

毎月1日(銀行休業の場合、翌営業日)

20日~1日の間に入金します。

返済金額

借入残高によって最低返済額が決まります。

追加返済

随時OKです。

在籍確認の内容は?

「したく」の勤務先への電話確認は必須です。

在籍確認で「カードローンの在籍確認です!」と言われることは絶対にありません!

担当者が個人名で「~さんいらっしゃいますか?」という具合に勤務先へ連絡します。

これで、在籍していると確認がとれればOKです。

本人が電話にでても良いのですが、その際に「本人確認」として生年月日などを確認する場合もあります。

そうなると、他の人に聞かれた場合「?」と思われがちです。

ちなみに「いません」という回答の場合、在籍確認にはならないので、「次はいついらっしゃいますか?」や「明日はいらっしゃいますか?」などさりげなく在籍確認をします。

それでも「気になる」「心配だ」という方は、あらかじめ以下のように伝えておくと良いでしょう。

  • クレジットカードの在籍確認がくる
  • 生命保険の案内で電話がくる

それでもどうしても電話の在籍確認は嫌だ、という方は在籍確認が書類でOKなどのところを探すとよいでしょう。

在籍確認なしでお金を借りることは可能?

必要書類について

必要書類は「本人確認書類」と、希望額が50万円以上の場合は「所得確認書類」です。

本人確認書類

詐欺などの被害を防ぐために、申し込み者が本人かどうかを確認するための大切な本人確認です。

申込書の記入の氏名や生年月日、住所などが、本人確認書類と違っていると申し込みはできません。

  • 運転免許証
  • 顔写真付き住基ネットカード
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 特別永住者などの記載のある、外国人登録証明書や在留カード、特別永住者証明書

上記いずれか(コピー)が必要です。

さらに運転免許証以外の場合、住所が確認できる3ヶ月以内の公共料金の請求書や領収書(コピー)、国税、地方税の領収書(コピー)か、3ヶ月以内の住民票、印鑑証明書、納税証明書が必要です。

所得確認書類

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 給料明細書2ヶ月分
  • 確定申告書第1表、第2表

希望金額が50万円を超える場合には、上記のコピーが必要です。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」のメリット・デメリット

ゆうちょ銀行カードローン「したく」のメリット・デメリット

ゆうちょ銀行のカードローン「したく」のメリットやデメリットをみてみましょう。

メリットやデメリットが自分にとってどんな影響があるのか、本当にメリットなのかデメリットなのかをよく見極めましょう!

デメリット

デメリットは4つあります。

  • 即日融資は不可能!融資までの時間がかかる
  • 金利が銀行系で比べると高い
  • ローンカードなど郵送書類は絶対必須
  • ローンカードに「ローンカード」の記載あり

即日融資は不可能!融資までの時間がかかる!

書類の郵送が必須なので、最短でも融資までは10日かかります。

金利が銀行系で比べると高い

新規契約の金利はほとんど上限金利となります。

「したく」は年7.0%~年14.9%の範囲内で審査によって決定します。

消費者金融の場合、年18.0%がほとんどなのでそこと比べると低いのですが、他の銀行系のカードローンの場合更に低いところも多々あります。

銀行・商品名 金利(実質年率) 限度額
みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
3.0%~7.0% 10~1,200万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン
プレミアムコース
1.59%~7.99% 10~1,200万円
ソニー銀行
カードローン
2.5%~13.8% 10~800万円
イオン銀行カードローン BIG 3.8%~13.8% 10~800万円
楽天銀行
スーパーローン
1.9%~14.5% 10~800万円
三井住友銀行
カードローン
4.0%~14.5% 10~800万円
静岡銀行カードローン
セレカ
4.0%~14.5% 10~500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6% 10~500万円
スルガ銀行カードローン
リザーブドプラン
3.9%~14.9% 10~800万円
ゆうちょ銀行カードローン
したく
7.0%~14.9% 10~500万円
セブン銀行
カードローンサービス
15% 10~50万円
じぶん銀行
じぶんローン
2.2%~17.5% 10~800万円

しかも「したく」は限度額が高ければ金利が下がる、というシステムにはなっていないので、上限金利の14.9%の可能性がかなり高くなります。

ローンカードなど郵送書類は絶対必須

申込書は勤務先でもOKですが、ローンカードは自宅へ郵送です。

もしも家族が開けてしまえば、バレてしまう可能性はあります。

ローンカードに「ローンカード」の記載あり

これも気にする家族の場合、バレてしまう可能性があります。

つまり・・・

  • 時間に余裕がない
  • 低い金利にこだわりたい
  • 書類の郵送や家族バレ絶対NG

の方は向いていませんので、他の銀行系のカードローンを探しましょう!

とくにスピード重視であれば消費者金融もオススメです。

10万円借りる方法!即日融資でバレずに最短1時間

メリット

つぎはメリットです。

  • 年齢制限が高い
  • 専業主婦でも契約可能
  • 50万円までは身分証明書のみでOK
  • ゆうちょATMの手数料無料
  • 最低返済額は3,000円から
  • 口座の開設や印鑑が不要
  • 郵便局→ゆうちょ銀行というネームバリューの高い安心感

年齢制限が高い

新規契約は70歳、利用は満76歳まで可能です。

ちなみに年金収入のみでもOKです。

専業主婦でも契約可能

配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でもOKです。

申し込み時の申告は配偶者の勤務先詳細となりますが、在籍確認はありません。

ただし自宅か携帯へ意思確認の連絡があります。

50万円までは身分証明書のみでOK

むかしは身分証明書のみでOKだったようです。

2017年4月に金融庁より、銀行系のカードローンの過剰貸付が問題になったため、50万円以上の場合は収入証明書が必要になりました。

最近では銀行系のカードローンは、どこも同じように50万円以上から収入証明書を、必要としているところが多いです。

ゆうちょATMの手数料無料

全国に約27,300台ある、ゆうちょ銀行ATMでは手数料無料で利用できます(2016年3月末現在)。

最低返済額は3,000円から

利用額が10万円以下なら、最低返済額は3,000円からと、とてもリーズナブルです。

余裕があるときには、多目に返済してもOKです。

多目に入金した分に関しては、元金に充当されるので返済期間がぐんぐん短くなります。

最低金額が低くて、多め入金がOKだと、自分の都合に合わせてやりくりできるのが便利ですね。

口座の開設や印鑑が不要

「したく」では専用のローンカードを作成するので、ゆうちょ銀行やスルガ銀行の口座は一切不要です。

印鑑も不要なので余計な手間はかかりません。

以外に印鑑は忘れがちなので、もともと必要ないと気が楽です。

郵便局→ゆうちょ銀行というネームバリューの高い安心感

もともと国営だった郵便局の郵便貯金なので、その安心感は大きいです。

郵便局は全国どこにでもあるので、生活に密着しているという点でも身近な存在です。

つまり・・・

  • 長く使いたい
  • 正社員じゃなくてもOK
  • 専業主婦でもOK
  • 口座がなくてもOK

76歳まで利用可能で、パート、アルバイトでも、専業主婦でも年金収入のみでもOK!という勤務形態の条件の広さは、イコール「申し込み」のしやすさにつながります。

もちろん多重債務だったり、金融事故をおこしていれば別ですが、高額の希望でなければ契約はそれほど難しくないと言えそうです。

契約までに時間はかかりますが、口座も不要なので手間としてはかかりません。

ゆうちょ銀行のATMなら手数料も無料なので、生活圏内にゆうちょ銀行があるかたにも向いています。

全国のカードローンまとめ

ゆうちょ銀行のクレジットカードもキャッシングOK

ゆうちょ銀行のクレジットカード「JP BANKカード」は銀行としてのキャッシュカードの機能と、クレジットカードの機能が1枚で利用できるとても便利なカードです。

ショッピングはもちろんですが、今回はこのクレジットカードのキャッシング機能についてみてみましょう。

カードブランドは3種類です。

  • VISAカード
  • マスターカード
  • JCBカード

VISAカード、マスターカードには若者向けのALente(アレンテ)と一般カード、ゴールドカードがあります。

JCBカードには若者向けのEXTAGE、一般カード、ゴールドカードがあります。

年会費について

現在、年会費が無料のクレジットカードはかなりたくさんあります。

そんななかで「JP BANKカード」は一体どうなのでしょうか?

「JP BANKカード」の年会費は、ゴールドが10,800円で、その他は初年度無料で翌年以降は1,350円です。

若者向けのカード、ALenteは翌年度以降も前年度に年1回以上カード利用があれば年会費無料です。

EXTAGEにおいてはは5年間無料となっています。

その他のカードは、

  • 公共料金の支払いをJP BANKカードで支払う
  • ゆうちょ銀行を給料口座にする
  • ゆうちょ銀行の口座を年金自動受取りにする
  • 1年間の支払いが30万円以上

などのいずれかの条件をクリアすると、翌年の年会費が無料になるので、お得です。

ゴールドカードの年会費については、前年度の利用金額が100万円~翌年の年会費が20%~50%優遇されます。

キャッシングの金利と利用から支払いまで

JP BANKカードの金利は実質年率15,0%と、消費者金融で借り入れをするよりは、3,0%も低くなっています。

支払いは一定額の支払いの「リボ払い」と「一括払い」の2種類から選べます。

  • リボ払い・・・アレンテは30万円まで、ゴールドは50万円までの利用枠
  • 一括払い・・・キャッシング利用枠の範囲内で設定

利用方法は下記の通りです。

  • CD、ATM(要クレジットカード暗証番号)
  • 口座へ振込(インターネットか電話で申し込み)

返済は支払い口座からの引き落としですので、忘れる心配はありません。

20歳以下の学生でもお金が借りられる!

ここでの注目すべきポイントですが、大抵のカードローンは20歳からのところ、「JP BANK」は高校生不可でありながらも、18歳から申し込みがOKです!

つまり学生でもキャッシングできちゃうんです。

ただし!

  • VISA、マスターカードブランドのみ
  • 申し込みの際に親権者の氏名や連絡先を記入し、その後承諾確認の連絡があり
  • 30万円まで(ゴールドカードのみ50万円まで)

条件が全てクリアできれば、買い物からお金の借り入れまでできて、キャッシングの金利も消費者金融より低いカードなので、1枚あると便利です!

デメリットは?

「発行までに時間がかかる」「金利はそれほど低くない」この2つです。

発行までに時間がかかる

返送後に審査をして、審査が通るとカードの発行となりますが、申し込みから大体1ヶ月はかかってしまいます。

いますぐキャッシングが必要な方は、即日融資可能な消費者金融や銀行系のカードローンを調べた方がよいでしょう。

金利はそれほど低くない

キャッシングの金利は消費者金融と比べると低いのですが、他の銀行系のカードローンと比べるとやや高めかもしれません。

金利重視の方は、他の銀行系のカードローンがオススメです。

うれしいメリット

他にもうれしいポイントはいくつかあります。

・利用額に応じてポイントがつく(ゴールドカードは2倍)
・ETC、WAON、iD(ケータイ)、PiTaPa、プラスEX、QUICPayなど、カードによって異なる機能の追加
・カードの提示するだけでOKな、いろいろな店舗での会員優遇サービスあり
・ゴールドカードにおいては、最高5,000万円の海外や国内旅行での傷害保険が自動で付いてきます。
・空港ラウンジサービスの利用(ゴールドカードは無料)
・安全性の高いセキュリティ

ゆうちょ銀行のセキュリティの安全性は高く、送金時に一度しか使えないワンタイムパスワードや、フィッシング詐欺対策、トロイの木馬対策など安全性の高さが安心につながります。

「JP BANKカード」をメイン使いする予定で、よく飛行機を利用するかたにはオススメです。

まとめ

実は全国に支店がある銀行は、メガバンクのみずほ銀行とゆうちょ銀行だけです。

それだけゆうちょ銀行は、私たちにとってとても身近な銀行です。

そのぶん安心感が高く、信頼がおける銀行ともいえます。

ゆうちょ銀行には、信用貸付のカードローンの他にも、担保貸付の商品などもたくさんあります。

とはいってもカードローンは結局は借金です。

自分の使い勝手に合わせて、都合よく使っていくにはとても便利ですが、計画性をもって利用しましょう。

いまは、独自のカードローンはありませんが、そのうちゆうちょ銀行カードローンもできてくると思うので楽しみですね。

良く読まれる記事一覧

”シーン別”カードローンおすすめランキング

おすすめカードローンランキング

当サイトおすすめのキャッシングサービスを5個まとめました。

  1. 即日融資
  2. 女性向け
  3. 無利息期間
  4. 低金利で借りたい
  5. 審査が不安な方

あなたに合うサービスをランキングにしています

スグ10万円借りたい人はこちら

10万円借りる!即日融資はコチラ!

今スグ10万円借りたい人向け。

誰にも知られずコッソリと即日融資を受ける方法です。

全国のカードローンまとめ

北海道から沖縄まで、全国のカードローンを集めました。

お金を借りるのは「都市銀」「地方銀行」「大手消費者金融」「中小消費者金融」どこで借りるのがベストでしょうか?

-銀行系カードローン

Copyright© キャッシング7 , 2017 All Rights Reserved.